Amazon欧米輸入とは【副業を始めるなら物販がオススメな理由を解説します】

Amazon欧米輸入とは【副業を始めるなら物販がオススメな理由を解説します】

はいみなさんこんにちは~~~~。

ヒコマです。

今からAmazon欧米輸入を始めようとしている人

「Amazon欧米輸入って稼げるの?」

「メリット・デメリットを教えて欲しい」

「どれくらいの資金が必要なの?」

こういった疑問や悩みにお答えいたします。

この記事の内容

  • Amazon欧米輸入とは
  • Amazon欧米輸入のメリット・デメリット
  • 資金はどれくらい必要なのか

このような内容になっています。

 

この記事を書いている僕のメインの仕事はAmazon輸入というものになります。海外から商品を仕入れて日本のAmazonで販売をしています。販売歴は7年ほどになりました。Amazonでの月商は常時450万円~600万円ほどをキープしAmazonだけで月収は120万円ほどです。

売上実績

基本的に外注は使わずほとんどの作業を一人でやっています。一人でもこれくらいは出来るということが伝われば嬉しいです。ちなみにAmazon欧米輸入に関係する業務は1日2時間もしていません。業務の簡略化や外注化をうまく使うことで比較的簡単に稼げるビジネスモデルです。

 

本記事ではAmazon欧米輸入についてのメリットやデメリットを解説します。

Amazon欧米輸入を含む副業を始めてみようか悩んでいる方には必見の内容になっています。

スポンサードサーチ

Amazon欧米輸入とは

Amazon欧米輸入とは【副業を始めるなら物販がオススメな理由を解説します】

Amazon欧米輸入とは

Amazon欧米輸入を簡単に説明します。

海外で仕入れた商品を日本のAmazonで売る

輸入なので仕入先はもちろん海外になります。

販売先は日本のAmazonが一般的です。

一番シンプルな方法はAmazon.comで仕入れてAmazon.co.jpで販売する手法です。

すべての作業が自宅で完結する

基本的に家のPCを使って業務を進めます。

自宅の外に出る必要性はありません。

24時間いつでも仕事が出来る

商品の仕入先は海外のネットショップです。

ネットショップは基本的に24時間365日営業しているのでいつでも仕事をすることが出来ます。

Amazon欧米輸入の始め方は?

Amazon欧米輸入を実践するには最低でも以下のものを準備して下さい。

  • PC
  • プリンター
  • ネット環境
  • EXCELもしくはスプレッドシート
  • クレジットカード
  • 銀行口座
  • Amazon販売用アカウント

最低限これらがないとAmazon欧米輸入を始めることが出来ません。

どうやって利益商品を見つけるのか

日本のAmazonと海外のAmazonやネットショップを見比べて価格差のある商品を仕入れます。

もちろん価格差だけではなく実際に売れているかの確認、ライバルの多さや値下がりのリスクなど総合して仕入れを判断します。

主な売れ行きの確認はモノレートというサイトを使います

Amazon物販を実践している人なら誰でも知っているくらい有名なサイトです。

モノレートを見てみる

モノレートの使い方についてはこちらのページにまとめています。

モノレートの使い方

どうやって輸入するのか

輸入には主に転送会社というサービスを利用することになります。

オススメはMyUSという老舗の転送会社です。

MyUSの登録方法

関税って何?

関税は輸入に縁がなければあまり聞き覚えのない言葉だと思います。

どれくらいの費用が必要なのか検討も付きませんよね。

Amazon欧米輸入を実践するなら関税や消費税についてはある程度知っておく必要があります。

関税については以下のページで解説しています。

DHLの領収書Amazon欧米輸入に必要な関税の知識をわかりやすく解説

仕入れた商品はどうするのか?

海外から仕入れた商品は日本のAmazonの倉庫に納品します。

AmazonFBAというサービスです。

これを利用することで商品の販売、発送、決済など面倒な作業はAmazonがすべて請け負ってくれます。

参考 商品の保管から配送まで<br /> すべてFBAにおまかせAmazon.co.jp

一度覚えれば簡単ですが最初は大変です

ここまでで説明したのが大まかなAmazon欧米輸入についての内容になります。

もちろんもっと細かな知識や作業も必要になります。

最初は聞き慣れない用語が多かったり、仕入先が英語だったりで戸惑うことが多いかもしれません。

しかし慣れてしまえばとても簡単に稼ぐことが出来るのがAmazon欧米輸入の特徴です。

Amazon欧米輸入をやるメリット

Amazon欧米輸入をやるメリット

ではここからは簡単にAmazon欧米輸入を実践するメリットについて解説いたします。

時間的・場所的な拘束がない

まず時間について説明します。

Amazon転売は、その名の通りAmazonで販売を行いますので基本的には24時間年中無休で商品を販売し続けることができます。

また仕入先もネットショップなので24時間自由に仕入れをすることが出来ます。

あなたが本業の仕事をこなしていようが、旅行に行っていようが、寝ていようがAmazonは自動で販売し続けてくれます。

商品を仕入れて納品さえしてしまえば、あとはAmazonに任せているだけで、販売、お金の管理、発送までを自動で行ってくれます。

ノマドワークも可能

PCが一台あれば作業ができるので自宅でも外出先でもホテルでもネット環境さえあればどこでも作業することができます。

ただし完全にノマドワーカーを目指すのであればAmazonFBA倉庫への納品作業は外注化する必要があります。

やればやるだけ稼ぐことができる

Amazon欧米輸入には基本的に収入の限界はありません。

商品をたくさん仕入れて販売すればその分利益は大きくなります。

ただし仕入れるときはご自身の資金とクレジットカード枠を踏まえた上で仕入れをしましょう。

資金が多ければ多いほうが大きな収入を作ることが出来る

Amazon欧米輸入では資金が多ければ多いほど収入が作りやすいです。

理由としては、仕入れができる商品の幅が増えるからです。

資金が少なければ仕入れた商品を早く売り切る必要があります。

そうしないと資金が尽きてしまうからんですね。

よって資金が少ない場合は商品の回転率を常にシビアに意識し続ける必要があります。

次に資金が多くある場合。

資金が多くあるとある程度回転率が遅くても仕入れることが出来ます。

そういった商品を扱えることが出来るようになってくると商品の幅も増えますよね。

取り扱っている商品数が増えるということはそれだけ販売機会も多くあると言うことです。

回転率が遅くても利益率が高い商品を扱うことが出来るようになります。

資金が少ないとキャッシュフローの関係で回転率の遅い商品は扱えませんからね。

よって資金は多いに越したことはありません。

ビジネスというくくり中では簡単な部類

安く商品を仕入れて高く売る。

これさえできれば必ず利益が出ます。

商品をゼロからデザインして作るわけではありません。

基本的には「すでに存在している商品の需要を見極めてより安く仕入れ高く販売する」

これだけです。

輸入の場合は多少の英語なども必要になりますが、Google翻訳などを使えば問題ないです。

汎用性が高い

Amazonで販売ができるようになれば他でも販売することができます。

簡単に他の販路を作りたいのであればメルカリやヤフオク!がおすすめです。

また、少し難易度は上がりますが楽天市場やヤフーショッピングなどへの出店も行うことができます。

Amazon転売をすることでネット通販で行う小売のノウハウを学ぶことができます。

あとはそれを生かして他のプラットフォームにも活用するだけで収入の柱を増やすことができます。

失敗した時のダメージが少ない

基本的に僕がお伝えする内容は有在庫販売です。

有在庫販売とは、実際に商品を買い付けてから販売する方法です。

Amazon転売を行う場合、ツールや無料のサイトなどを利用して「売れる商品」を仕入れます。

なので余程テキトーなリサーチをしない限りは大きく赤字になることはありません。

もし赤字になったとしても1商品数百円程度です。

1商品数千円以上の赤字を出す場合は、かなりの高額商品を扱っているかリサーチ不足か計算ミスくらいです。

ビジネスの中では失敗時のダメージが極端に少ないことがわかっていただけると思います。

スポンサードサーチ

Amazon欧米輸入をやるデメリット

Amazon欧米輸入をやるデメリット

収入に応じて確定申告が必要

これはAmazon欧米輸入に限らずの話です。

副業で収益が上がったなら必ず確定申告はしましょう。

僕は専門家では無いので税理についてこのブログでは詳しく書くことができません。

不安なら税理士さんに相談することをオススメします。

あと会社が副業をOKしていることも確認をしてください。

もしバレて会社をクビになっても僕は責任を取ることができません。

できるだけ健全な状態でビジネスを進めた方が精神的にも安心して取り組むことができます。

最初は我慢が必要

どの仕事でも同じことが言えると思いますが、いきなり大きく稼ぐことは難しいです。

しっかりと準備が必要です。

それは副業に使えるお金もそうですし知識もそうです。

Amazon欧米輸入も立派なビジネスです

いくら副業と言ってもお金稼ぎに変わりはありません。

勉強して頑張って初めてお金を稼ぐことができます。

Amazon内にはバケモノのように稼いでいるセラーさんもいます。

その中に混じって戦うことになるので正直大変です。

入社してすぐに先輩よりも仕事ができることなんてほとんどないのと同じです。

まずはしっかりと時間を使ってスキルを習得する必要があります。

Amazon欧米輸入を始めるのにどれくらの資金が必要なのか

Amazon欧米輸入を始めるのにどれくらの資金が必要なのか

正直資金がなくてもできなくはないです。

僕も最初は20万円から始めました。

しかし資金は多いに越したことはありません。

出来ればAmazon欧米輸入に使えるお金を30万円ほど準備する

まずひと月の利益を10万円程度に設定するなら余剰資金は30万円ほど準備することをオススメします。

そうすることである程度は安定した資金繰りが可能です。

資金が少ない場合はアルバイトをする

資金が少ない方は、まずはアルバイトや今されているお仕事で貯金をして資金を増やすことをオススメします。

よくお問い合わせで「資金が少ないですがAmazon欧米輸入を始めたい」とのご連絡をいただきます。

資金が少ないても始めることは出来ますが、圧倒的に非効率なのでオススメは出来ません。

まずはアルバイトなどでしっかりと資金を貯めてから始めたほうが圧倒的に早く結果を出すことが出来ます。

スポンサードサーチ

まとめ

Amazon欧米輸入は慣れれば簡単ですが最初の努力は必要です。

「誰でも簡単に毎月10万円稼げます!」

こういった文言を見れば一度冷静に考えてみてくださいね。

もし本当にそうならみんなやってますからね。

どんな副業も最初は大変

ここでお伝えしたかったのは、どのお仕事も一緒ですがまずは頑張る必要があるということです。

しっかりと経験を積んで諦めずに取り組んでみてください。

興味があればこちらもどうぞ

Amazon欧米輸入に興味があって近道をして稼ぎたいならこちらもどうぞ。

Amazon欧米輸入単純転売マニュアル

Amazon欧米輸入コンサル

Amazon欧米輸入を実践する場合、教材やコンサルは必要なのか?

上では一応、教材やコンサルを紹介しています。

では実際、Amazon欧米輸入をするのに教材やコンサルがいるのかについて最後に簡単に解説します。

答えは不要です

Amazon欧米輸入のノウハウというのはネットを検索すればほとんど出てきます。

よってお金をかけずに自分の力で頑張れるなら教材やコンサルは不要です。

ただし近道したいなら使うのもアリ

独学でも出来ますが近道したいなら使うのもアリです。

時間を取るかお金を取るかの二択

独学でやる場合、答えは常に自分で探し続けないといけません。

よって間違った方向に進んでいても気がつくのに長い時間を要することがあります。

しかし教材やコンサルを買っておけば基本的にすぐに答えを知ることが出来ます。

お金を使わずに時間を使って独学で頑張るか、お金を使って時間を節約して一気に稼げるようになるかということです。

Amazon欧米輸入は真面目に向き合えば稼げる

ということで最後になります。

ここまでAmazon欧米輸入について簡単に説明しました。

実際に僕はAmazonで7年ほど販売していますが、真面目にやれば間違いなく稼げます。

ただしビジネスとして向き合って下さい。

副業だからと適当にやっていてはなかなか稼げません。

今の自分を変えたい、将来もっとこうなりたい。

そういった思いがあるのならAmazon欧米輸入ビジネスは副業の第一歩としてオススメのビジネスモデルです。

それでは今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください