【期間限定無料】リサーチが100倍早くなるかもしれないスプレッドシートを受け取る

【保存版】Amazon欧米輸入の仕入れ前にチェックすべき15項目をまとめて解説

【保存版】Amazon欧米輸入の仕入れ前にチェックすべき15項目をまとめて解説

ひこーる
ひこーる

この記事は広告を含んでいる場合があります。広告収入はこのブログ運営を行なっていく上で非常に大切な収入源です。気になるサービスや商品があればこのサイトのリンクから登録や購入をしていただくことで、運営に必要な資金が集まり、さらに役立つ記事の作成時間が確保できます。ご協力いただけますと幸いです。

今回はAmazon欧米輸入で、仕入れをする前にチェックしておくべき15項目を紹介します。

仕入れ前ってチェックすることが多いて大変ですよね。

しかもチェックを怠ると、販売できなかったり輸入できなかったりで大惨事になることも。

そんな状況を発生させないために、仕入れ前には必ずこの記事で紹介する15項目をチェックしましょう。

ひこーる
ひこーる

Amazon物販歴10年以上のひこーるが解説します!

この記事を読めばこれらのことが分かるようになっています。

ひこーる
ひこーる

この記事を書いたひこーるの概要はこちら。

ひこーるの概要
  • 在宅副業を2014年に開始して2016年に独立
  • Amazon物販10年目/ブログ6年目
  • Amazon最高月利120万円/ブログ130万円
  • 詳しいプロフィールはこちら

この記事の結論

  • 最低でもこの記事で紹介する15項目をチェックしておけば仕入れミスを最小限に抑えられる

1万件のデータを20秒以内にリスト化できる爆速抽出ツールはこちら。

送料や手数料にかかわる3つの商品スペックをチェックする

送料や手数料にかかわる3つの商品スペックをチェックする

まずは商品のスペックをしっかりと確認しましょう。

送料や手数料にかかわる3つの商品スペックをチェックする
ひこーる
ひこーる

仕入れ前には必ずこの3つの情報を確認しておきましょう!

商品サイズ

サイズは仕入れの重要な指標です。

例えば、大型サイズの商品は標準サイズの商品と納品するFCが異なる可能性が高いです。

さらに転送会社によっては容積計算というサイズを重さに換算して転送料金に反映する場合があります。

例えばぬいぐるみのような大きくて軽い商品なら、想像以上に転送料金が発生してしまい赤字になることも。

大型サイズと理解した上で仕入れるのであれば問題ありませんが、知らずに仕入れてしまうと損する可能性があります。

必ずチェックをして、無駄な手数料を発生させないように注意しましょう。

商品カテゴリー

こちらも商品サイズと同じ理由です。

ファッションカテゴリーは通常商品と別のFCになる可能性が高いです。

ファッションカテゴリーに分類される商品を仕入れる場合はまとめて仕入れすることをオススメします。

またジャンルによっては大きな関税が発生する場合もあります。

例えば革製品ならこんな感じ。

関税率
サンダル8%~
ジャケット10%~16%
バッグ14%
ブーツ30%または一足4,300円のいずれか高い方
手袋10%~
ベルト16%
財布16%
化粧ポーチ16%

このように、無税の商品がある中で革製品は高額な関税が発生します。

革製品以外にも関税が発生する場合があるので、新しいジャンルやカテゴリーにチャレンジするときは必ずGoogleで検索したり、ジェトロやミプロなどに問い合わせて確認をしましょう。

ひこーる
ひこーる

ちなみにファッション系商品の販売には家庭用品品質表示法が適用されるので注意が必要!

商品重量

重量がありすぎると転送料に大きく影響します。

おおよそ3,000gを超えてくると転送料の負担が大きくなります。

重量がある商品を仕入れる場合は、転送料を慎重に計算しないと予測よりも高額な料金が発生するかもしれません。

利益や売れ行きに直結する7つの商品情報をチェックする

利益や売れ行きに直結する7つの商品情報をチェックする

次にその他の商品情報を確認していきましょう。

重要な項目は7つ。

ひこーる
ひこーる

それぞれ解説します!

ランキンググラフ

ランキンググラフは仕入れ判断になくてはならない存在です。

Keepaのランキンググラフ

ランキンググラフを見ることで、過去の売れ行きや売れた個数が判断できます。

仕入れ個数を判断するには必須なので必ずチェックしましょう。

カート価格

リサーチ時のカート価格は想定販売価格です。

つまりその価格で販売した時、どれくらいの利益が出るかの計算に使用します。

利益計算においてとても重要な数字なので必ず確認しましょう。

FBM(自己発送セラー)の最低価格

カート価格と同時に確認しておきたいのが、FBM(自己発送セラー)の最低価格。

例えばこのような状況のとき。

価格カート取得中
FBA最低価格5,000円
FBM最低価格3,500円

リサーチしたタイミングではFBAセラーがカートを取得しているかもしれません。

基本的にFBMよりもFBAの方がカート獲得率は高いです。

しかしFBAとFBMの価格差があまりに大きい場合は、FBMがカートを取得することもあります。

よって、FBAに対してFBMの価格があまりにも低いなら要注意。

実際に出品してみると、低価格で出品しているFBMがカートを独占して予想していた価格でカートがれない可能性があります。

リサーチした段階で、カート獲得率やFBMの最低価格を見て、怪しそうなら少し様子見をした方がいいかもしれません。

過去の価格推移

例えばこんな価格推移の商品があります。

価格推移の例

このグラフを見ると、今は過去の価格に比べてかなり高水準ということがわかります。

もちろんそれでも回転しているので、この価格のまま売れる可能性も十分あります。

しかし過去のデータを参考にするのであれば、平気で1,000〜1,500円くらいは値下がりそうな感じですよね。

特に12月ごろは今よりも1,500円も低い価格で安定してしまっています。

つまりこの商品はいつそのくらいの価格帯まで価格が下落してもおかしくないということ。

仕入れるときは、最悪の場合の価格競争も頭に入れつつ判断しなければなりません。

ひこーる
ひこーる

このような商品は赤字ストッパーをうまく活用して、無駄な赤字を防ぎましょう!

ライバル出品者数

ライバル出品者数は売れ行きに大きく影響します。

例えば、1ヶ月に1つ売れる商品を仕入れたいとします。

その場合、ライバルが多くても回転が良ければ売れる可能性があります。

逆に回転が悪くてもライバルも少なければ売れる可能性があります。

イメージ的にはこんな感じ。

出品者数月間販売数月間予想回転数
2人2個1個
10人10個1個
50人50個1個

いくらたくさん売れている商品でも、それと同じくらいライバルがいれば月間の予想回転数は同じです。

むしろライバルが増えれば増えるほど価格競争に巻き込まれる可能性が高くなりリスクが上がります。

ライバル数とランキンググラフをしっかりとチェックして売れる個数を適切に判断しましょう。

バリエーション商品かどうか

バリエーション商品のリサーチは少し特殊です。

理由はランキンググラフが信用できないことが多いから。

例えば以下の4つのバリエーションをご覧ください。

4つとも違うバリエーションですが、ランキンググラフである緑のギザギザは全て同じ動きをしていますよね。

ちなみに価格を示す青い線はバラバラの動きをしています。

このように、バリエーション商品の場合はランキンググラフが統一されて表示されることがあります。

よってバリエーション商品をリサーチするときは必ず他のバリエーションのランキングの動きもチェックしましょう。

同じ動きをしているなら、ランキンググラフ以外の指標を頼りに仕入れ判断をする必要があります。

詳しい方法については以下の記事にまとめています。

色違いなどのバリエーションは要注意

バリエーション商品は色違いなだけで大きく金額差があるものが多いです。

例えばこちら。

カラー価格
ブラック3,000円
ホワイト10,000円
レッド10,000円
ブルー9,800円
イエロー11,000円

バリエーション商品のランキンググラフだけを見ると、10,000円のホワイトもよく売れているように見えると思います。

しかし冷静になって考えてみましょう。

あなたがお客様だとして、色違いで3倍以上の金額を支払うでしょうか。

ブラックが3,000円で買えるのにホワイトに10,000円を払うかどうかをお客様目線で考えてみましょう。

おそらくほとんどのお客様は3,000円の商品を買うと思います。

バリエーション商品のリサーチをするときはお客様目線になることが重要。

セラー目線だけでリサーチをしてしまうと大きな利益が出そうな商品を見つけたら他のバリエーションを確認せずに仕入れてしまうこともあります。

しかし冷静に判断してみると該当のバリエーションが売れない可能性が高いというのもわかるはずです。

物販は商品が売れて初めて利益になります。

見込み利益はあくまでも見込み利益。

利益が取れる価格で販売して売れないと意味がありません。

レビュー

商品レビューが極端に悪いカタログをたまに見かけることがあると思います。

例えば、

  • 塗装が酷くイメージと違った
  • すぐに故障した
  • カタログに記載していた通りの動作をしなかった

など。

このような商品はレビューに記載れていることが多いです。

いくら利益率が高くても、回転が良くても商品自体に不備があるなら仕入れない方がいいです。

なぜなら、

  • セラー評価に悪い評価がつけられる
  • 返品が多く不良在庫になる
  • 返品が続くと出品停止になる

などいいことが一つもないからです。

レビューを確認して、あまりにも評価が低いなら利益があったとしても回避しましょう。

法律や規約にかかわる5つの制限情報をチェックする

法律や規約にかかわる5つの制限情報をチェックする

最後に規制や法律関係を確認します。

最低限、チェックすべきポイントは5つ。

ひこーる
ひこーる

それぞれ詳しく解説します!

セラースケットの危険度

セラースケットの危険度はAmazon物販を長く安定して続けるためにも大切な指標です。

危険度判定

危険な商品ページにはこのように表示されます。

「危険度の表示」が便利

できるだけ無駄なリスクを回避したいなら、導入して参考にしてみる価値は十分あると思います。

気になる人は20日間無料でお試しできるので、使ってみてはいかがでしょうか。

出品制限の確認

新しいアカウントは多くの商品に出品制限がかかっている可能性が高いです。

利益が出るからといってすぐ商品を仕入れるのではなく、リサーチの段階で必ず出品制限を確認しましょう。

出品制限

確認方法や一定の条件で出品制限ができる商品についてはこちらの記事もあわせてどうぞ。

並行輸入品を出品しても良いかどうか

並行輸入品の商品はすべての商品カタログに出品していいというわけではありません。

基本的には並行輸入品と記載がある商品ページに出品するのがAmazonのルールです。

ただし並行輸入品でも並行輸入品という記載がない商品ページがあるのも事実です。

正規品のページと並行輸入品の表記がないけど並行輸入品の商品カタログを見極める必要があります。

見極め方についてはこちらのページで詳しく解説しているので参考にしてみてください。

正規販売代理店が出品しているか

「正規販売代理店」と記載をして販売している出品者がいます。

そういったセラーがいる商品ページに出品すると、出品取り下げの依頼や真贋調査などのトラブルになる可能性が高いです。

正規販売代理店がなぜ説明欄や出品者名に正規代理店と記載をしてるのか考えると答えがわかると思います。

ちなみに「並行輸入品」と記載がある商品ページなら出品しても問題ない可能性が高いです。

しかし並行輸入品の記載がないページで正規販売代理店と記載された出品者がいるのであれば出品は避けましょう。

輸入に規制や許可が必要かどうかの確認

輸入に関しては様々な法律やルールが適用されます。

特に注意が必要なのはこちら。

  • 食品衛生法
  • 電波法
  • 電気用品安全法
  • 薬機法
  • 関税法
  • ワシントン条約
  • その他危険物系の輸入

この辺は特に注意が必要です。

輸入に規制や許可が必要な商品についてはこちらのページを確認してください。

【まとめ】必ず仕入れ前にチェックして無駄な仕入れミスを極力減らそう!

【まとめ】必ず仕入れ前にチェックして無駄な仕入れミスを極力減らそう!

ということで今回はAmazon欧米輸入で仕入れ前に確認しておくべき最低限15項目を解説しました。

もう一度まとめます。

送料や手数料にかかわる3つの商品スペックをチェックする

最低限これらの情報を確認しておけば大きな仕入れミスにはつながりません。

仕入れをしてしまう前に、必ずこれらの情報を確認しましょう。

そしてできるだけミスを減らし健全なビジネスを目指すと、きっといい結果につながるはずです。

この記事が参考になった人にオススメな記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です