モノトレーサーとは?効率的な使い方13選と無料会員登録の方法を徹底解説【完全無料のリサーチツール】

【2023年8月版】モノトレーサーの効率的な使い方13選と無料会員登録の方法を徹底解説【完全無料のリサーチツール】

ひこーる
ひこーる

このブログのリンクは広告を含んでいる場合があります。ひこーるのことを「応援してもいいよ!」という人はアフィリエイトリンクから購入していただけると嬉しいです!「お前なんか応援しない!」という人はリンクを踏まずに検索をしてお買い物や契約がオススメです。

この記事では仕入れ判断に無料で使えるモノトレーサーを紹介しています。

Keepaなどは有料で手が出しにくい。

まずは無料のツールでAmazon物販のリサーチを試してみたいという人にはピッタリだと思います。

モノトレーサーの概要や使い方を知りたい人には参考になると思います。

悩む人
悩む人

リサーチや仕入れ判断に役立つツールが知りたい。無料で使えるオススメのツールってある?モノトレーサーってどんなツールなの?

ひこーる
ひこーる

OK!任せて!Amazon物販歴10年以上のひこーるがモノトレーサーを徹底的に紹介するよ!

この記事はこんな内容
  • 【無料ツール】モノトレーサーってどんなツール?【KeepaやDELTA Tracerのようなランキンググラフツール】
  • モノトレーサーで確認できる10の情報【誰でも使える機能】
  • 無料会員登録でさらに3つの機能が開放される【リスクなし】
  • モノトレーサーの無料会員登録の方法

この記事を読めばこれらのことが分かるようになっています。

この記事を書いた人
icon
ひこーる
  • 在宅副業を2014年に開始して2016年に独立
  • Amazon物販10年目/ブログ6年目
  • Amazon最高月利120万円/ブログ130万円
  • Twitterもやってます
  • 詳しいプロフィールはこちら

この記事の結論

  • 無料で使える仕入れ判断ツールとしてはかなり優秀
  • 商品ページ内でデータを確認できないので少しタブ移動の手間が必要となる
  • Amazon物販を試しにしてみたいけど有料ツールはちょっと躊躇するという人にはピッタリ
あわせて読みたい

無料で使えるクイックショップと一緒に使うとさらに効率UP!

クイックショップで電脳せどりのリサーチ効率が爆上がりした話【完全無料の拡張機能】

目次 非表示

  1. 【無料ツール】モノトレーサーってどんなツール?【KeepaやDELTA Tracerのようなランキンググラフツール】
  2. モノトレーサーで確認できる10の情報【誰でも使える機能】
  3. 無料会員登録でさらに3つの機能が開放される【リスクなしなので登録しておいて損はない】
  4. モノトレーサーの無料会員登録の方法を画像付きでわかりやすく解説【登録しておいて損はない】
  5. 【まとめ】無料で使えるモノトレーサーを活用して今よりもリサーチを効率化しよう!

-朗報-

こちらから無料のメルマガに登録すると、

・ひこーるオリジナルスプレッドシート

がすぐに受け取れます。

このシートを使えば、

  • ASIN一致商品の一括リサーチ
  • 利益計算
  • 商品管理
  • プライスターへの商品登録

など、Amazon欧米輸入に必要な商品管理のほぼ全てが完結します。

無料配布はいつ終了するか分からないので、気になる人はお早めに。

シートの概要はこちら

【無料ツール】モノトレーサーってどんなツール?【KeepaやDELTA Tracerのようなランキンググラフツール】

【無料ツール】モノトレーサーってどんなツール?【KeepaやDELTA Tracerのようなランキンググラフツール】

まずはモノトレーサーの基本的な情報から。

こんな感じ。

それぞれわかりやすく解説します。

モノトレーサーはKeepaやDELTA Tracerのようなランキンググラフや商品詳細を無料で確認できるツール

結論からお伝えするとモノトレーサーはKeepaやDELTA Tracerなどと類似の商品情報確認ツールです。

ちなみにKeepaのランキンググラフがこちら。

商品ページ上にランキンググラフ

Amazon物販のリサーチでは、このようなランキンググラフが非常に重要です。

しかしKeepaなどのツールは有料。

どうしても有料ツールには抵抗があるという人もいますよね。

そんな人にオススメなのが、モノトレーサーです。

モノトレーサーKeepaDelta Tracerなどと同じようなランキンググラフを無料で見ることがでる嬉しいツールです。

モノトレーサーの実際の画像14
モノトレーサーの実際の画像13
モノトレーサーの実際の画像15
ひこーる
ひこーる

完全無料で利用できるので、Keepaを使ってる人でも併用してもいいと思いますよ!それぞれのグラフに特徴があるの併用することで見えてくるものもあると思います!

ASINやJAN、キーワードで検索できる

モノトレーサーのサイトにアクセスすると、ASINやJAN、キーワードで検索ができます。

リサーチしたい商品のASINやJAN、キーワードを使って検索してみましょう。

≫ モノトレーサーで検索してみる

クイックショップの実際の 画面1

検索するとこのような検索結果の画面が表示されます。

モノトレーサーの実際の画像2

クイックショップからならワンクリックでモノトレーサーが開く

ASINやJANをわざわざコピペしなくてもクイックショップという拡張機能からならワンクリックでモノトレーサーが開きます。

クイックショップの実際の画像14
ひこーる
ひこーる

モノトレーサーを効率的に使いたいならクイックショップも同時にインストールしよう!

モノトレーサーで確認できる10の情報【誰でも使える機能】

モノトレーサーで確認できる10の情報【誰でも使える機能】

モノトレーサーは無料の会員登録をしなくても、誰でも7つの情報がカンタンに確認できます。

実際の画面を参考にしながら1つずつ紹介します。

商品詳細情報【商品名/商品画像/サイズ/ASIN/JAN/カテゴリ/規格番号/メーカー名/ランキング】

まずは商品の基本情報。

モノトレーサーの実際の画像3

確認できる項目はこちら。

  • 商品画像
  • サイズ
  • 商品名
  • レビューの有無
  • バリエーションの有無
  • ASIN
  • JAN
  • カテゴリ
  • ランキング
  • サブカテゴリ
  • 企画番号
  • メーカー

各サイトへのリンクボタン

Amazonの出品制限や料金シミュレーション、他にもヤフーショッピングや楽天市場にもワンクリックで移動できます。

モノトレーサーの実際の画像3
  • 商品詳細ページ
  • 出品制限確認
  • FBA料金シミュ
  • レビュー
  • Keepa
  • ヤフーショッピング
  • 価格ドットコム
  • ヤフーオークション
  • 楽天市場
  • メルカリ
  • NETSEA
  • ビックカメラ
  • ヤマダ電機
  • ヨドバシドットコム

損益分岐点

今いくらで販売されていて、いくらまでで仕入れをすれば利益が出るかが確認できます。

モノトレーサーの実際の画像6

例えば、この商品の場合はカート価格が6,545円です。

そのままの金額で売れた場合、FBA利用なら4,902円が入金されることがわかりますよね。

ひこーる
ひこーる

つまりこの金額を基準に仕入れ判断をすればOKということです!

月ごとの販売数

過去3ヶ月間の販売数データを確認できます。

ランキングの推移から概算で算出されているようなので、完璧に信頼することはできませんが、参考にはできそうですね。

モノトレーサーの実際の画像5
ひこーる
ひこーる

ちなみにKeepaを使っているならキーゾンというツールを使えば、このようにランキンググラフが数値化できます!

キーゾン

ランキンググラフ

グラフの新品や中古、1ヶ月や3ヶ月のボタンをクリックすれば自由にデータを変更して閲覧が可能。

類似ツールのDELTA Tracerと基本的な使い方は同じです。

モノトレーサーの実際の画像8
ひこーる
ひこーる

ちなみにDelta Tracerは有料ですが、同じようなランキンググラフをAmazonの商品ページ上に表示させられます!

NEW TYPE DELTA TRACERのグラフは4つ

有料でもいいから、高精度なランキンググラフをAmazonの商品ページ上に表示させたいという人はDelta Tracerを使ってみてもいいかもしれませんね。

手数料と利益計算

該当商品の手数料や粗利を簡易的に計算ができます。

モノトレーサーの実際の画像7

この機能についてはワカルンダクイックショップを導入しておけば商品ページ上で確認ができます。

モノトレーサーを使ってついでに利益計算として使うのならアリですが、リサーチを効率的に進めたいのであればワカルンダクイックショップを使ってもいいかもしれませんね。

ワカルンダの拡張機能

ワカルンダ

クイックショップの拡張機能

クイックショップの実際の画像3

バリエーション

該当商品がバリエーション商品なら、バリエーション情報も確認できます。

モノトレーサーの実際の画像9

確認できる情報は3つ。

  • ASIN
  • 新品最安値
  • レビュー数

レビュー数を見れば、どのバリエーションが人気かをカンタンに確認ができます。

ひこーる
ひこーる

バリエーション商品のリサーチが難しいと感じるなら、このような情報を参考にしてみましょう!

カート獲得率

どのセラーがどのくらいの価格で、どれくらいの確率でカートを獲得しているのかが把握できます。

モノトレーサーの実際の画像11
ひこーる
ひこーる

例えば1人のセラーのカート獲得率が異様に高いようなら、理由を探ってみましょう。理由を特定して、あなたも出品をすればカートが獲得できそうなら仕入れる価値がありそうですね!

楽天市場とヤフーショッピングで売られている同じ商品が確認できる

JANが登録されている商品なら、楽天市場とヤフーショッピングのデータも確認が可能。

モノトレーサーの実際の画像10
ひこーる
ひこーる

電脳せどりをしているなら、このページから直接飛んで仕入れることもできるので便利ですね!

過去のランキング/新品出品者数/新品最安値をリスト表示

ページを一番下にスクロールすると過去の情報も確認できます。

ライバル数の動きやランキングの動きで回転がある程度把握できます。

モノトレーサーの実際の画像12

無料会員登録でさらに3つの機能が開放される【リスクなしなので登録しておいて損はない】

無料会員登録でさらに3つの機能が開放される【リスクなしなので登録しておいて損はない】

ここまでの機能は会員登録をしていないユーザーでも使える機能でした。

ここからは無料の会員登録をした人がだけが使える機能です。

それぞれの特徴と使い方の例を紹介します。

お気に入り登録

気になる商品をお気に入り登録できます。

お気に入りは「+お気に入り登録」をクリックするだけ。

モノトレーサーの実際の画像16

お気に入り登録した商品は右上の「+お気に入り」からいつでも簡単に確認ができます。

モノトレーサーの実際の画像20
ひこーる
ひこーる

一度リサーチした商品を後日確認したい場合などに役立ちそうですね!

検索履歴

過去にモノトレーサーを使って閲覧した商品を一覧で確認ができます。

モノトレーサーの実際の画像18

モノトレーサーユーザーの表示

モノトレーサーのユーザーが該当の商品を検索した回数を確認ができます。

モノトレーサーの実際の画像19

ここでユーザー数が多い場合は、潜在的なライバルの可能性あり。

今は出品者数が少なくても将来的には飽和する可能性もあるので、仕入れるときにはチェックをしておきたい指標の1つですね。

モノトレーサーの無料会員登録の方法を画像付きでわかりやすく解説【登録しておいて損はない】

モノトレーサーの無料会員登録の方法を画像付きでわかりやすく解説【登録しておいて損はない】

ここまででモノトレーサーでできることをお伝えしました。

ここまでお伝えした内容は全て無料で利用ができます。

一部、無料の会員登録は必要ですが、カンタンな登録を済ませるだけで利用可能。

ぶっちゃけ、とくにリスクはないので、リサーチに役立ちそうと感じるなら、登録しておいて損はないと思います。

それでは、登録方法を紹介します。

それぞれ画像付きで解説します。

新規登録画面から会員情報を入力

まずはこちらからモノトレーサーの登録画面を開きます。

» 【無料】モノトレーサーの登録ページを開く

会員情報情報の登録画面が表示されるので入力しましょう。

入力が済んだら「利用規約 と プライバシーポリシー に同意します。」にチェックを入れて「新規登録」をクリックします。

新規登録画面から会員情報を入力

メール認証をする

登録したメールアドレス宛に認証コードが届きます。

画面上に認証コードを入力して「ログイン」をクリックしましょう。

メール認証をする
ひこーる
ひこーる

以上です!カンタンですよね!たったこれでモノトレーサーの全ての機能が利用できます!

【まとめ】無料で使えるモノトレーサーを活用して今よりもリサーチを効率化しよう!

【まとめ】無料で使えるモノトレーサーを活用して今よりもリサーチを効率化しよう!

全機能が無料で使えるモノトレーサーを紹介しました。

どうですか?

無料でこれだけの機能が使えるのって魅力的じゃないですか?

もう一度カンタンにまとめておきます。

無料会員登録でさらに3つの機能が開放される
モノトレーサーの無料会員登録の方法

モノトレーサーの唯一の欠点はAmazonの商品ページ上に情報が表示できないこと。

もしあなたが「Amazonのページ上で同じような情報が見たい」

そう思うなら、KeepaDelta Tracerがオススメです。

しかしこれら2つのツールは有料。

無料でもいいし、別のページに移動するのも大丈夫!っていう人はモノトレーサーを導入して損はないと思います。

もちろん、KeepaDelta Tracerを使っている人も、別の視点からのリサーチができるので、導入をお忘れなく。

そのほかのリサーチ効率化に役立つツールに関する記事