>> 【無料】超有料級Amazon欧米輸入スタートアップマニュアルを受け取る

【30日無料】PRIMAとは【10カ国のAmazonのデータを高速で収集できるリサーチツール】

【30日無料】PRIMAとは【10カ国のAmazonのデータを高速で収集できるリサーチツール】

はいみなさんこんにちは~~~~。

ひこーる(@hiko_ru)です。

悩む人
悩む人

PRIMAってどんなツールなの?リサーチを自動化できるってホント?

こういった疑問や悩みにお答えいたします。

この記事のテーマ

【30日無料】PRIMAとは【10カ国のAmazonのデータを高速で収集できるリサーチツール】

この記事の内容

  • PRIMAとは【Amazon欧米輸入のリサーチを圧倒的に効率化してくれます】
  • 【解決策あり】PRIMA唯一の欠点はデータを取得したい国の大口アカウントが必要なこと
  • PRIMAを使ったリサーチ効率化の考え方【ぶっちゃけ全てを任せることは難しいです】

このような内容になっています。

この記事の信頼性

この記事を書いている僕のメインの仕事はAmazon輸入というものになります。国内のネットショップから仕入れることもあります。基本は海外から商品を仕入れて日本のAmazonで販売。販売歴は7年ほどになりました。Amazonだけの最高月収は120万円ほどです。

他にもブログやアフィリエイト、投資など幅広くやってます。

売上実績

読者さんへの前置きメッセージ

この記事では全10カ国のAmazonから高速かつ正確にデータを抽出してくれるツールであるPRIMAについて解説しています。PRIMAを使えば簡単に必要な情報を集めることが出来ます。リサーチをしているけどなかなか思うように進まない人や今よりも更に効率化をしたい人は多いはず。リサーチを今よりも効率化したい人には必見の内容です。

この記事の結論

  • PRIMAとは【Amazon欧米輸入のリサーチを圧倒的に効率化してくれます】
  • 【解決策あり】PRIMA唯一の欠点はデータを取得したい国の大口アカウントが必要なこと
  • PRIMAを使ったリサーチ効率化の考え方【ぶっちゃけ全てを任せることは難しいです】

スポンサードサーチ

PRIMAとは【Amazon欧米輸入のリサーチを圧倒的に効率化してくれます】

【30日無料】PRIMAとは【10カ国のAmazonのデータを高速で収集できるリサーチツール】

まずはPRIMAがどんなツールかを解説します。

  • 全10カ国のAmazonのデータを高速で収集してくれる
  • 抽出できるデータはこちら【全部で68項目】
  • ASINやEANをキーに日本と海外のAmazonのデータを比較できる
  • 新品・中古・コレクターのコンディション切り替え可能
  • タイマー機能を使うと設定した時間に自動で抽出を始めてくれる
  • 価格改定モードも搭載されている

主な機能はこんな感じ。

それぞれ深堀り解説します。

PRIMAの見た目はこんな感じ

結構シンプルな作りになっています。

PRIMAの見た目はこんな感じ

設定画面はこちら

抽出したいデータが選択できる設定画面はこんな感じ。

設定画面はこちら

ズラッと項目が並んでいるので、抽出したい項目だけを選択しましょう。

全部抽出してもいいですが、時間もかかりますし邪魔になるだけです。

必要最低限を選ぶとより早くデータの収集が出来ます。

全10カ国のAmazonのデータを高速で収集してくれる

日本のAmazonを含む全10カ国のデータを高速で収集することができます。

抽出できるAmazonはこちら。

  • 日本
  • オーストラリア
  • アメリカ
  • カナダ
  • メキシコ
  • イギリス
  • ドイツ
  • フランス
  • スペイン
  • イタリア

以上の10カ国になります。

Amazon輸入で使うメインどころは全て入っていると思います。

抽出できるデータはこちら【全部で68項目】

PRAMAではAmazonのほぼ全てのデータを抽出することができます。

PRIMA1
PRIMA2
PRIMA3
PRIMA4
PRIMA5
PRIMA6
PRIMA7

こんな感じです。

これらのデータの中から好きなデータだけを選択して抽出することができます。

ASINやEANをキーに日本と海外のAmazonのデータを比較できる

データはASINやEANをキーにして抽出することができます。

例えば、日本のデータとアメリカのデータを同じASINで抽出すると簡単に価格差を比較することができます。

Excelで利益計算表などを作っておくと、そこにデータを落とし込むだけで簡単に利益商品だけを手に入れることができます。

もちろんアメリカだけではなく上で紹介した様々な国のデータをしたくできます。

手動でやってるとはリサーチしきれない数も、PRIMAに任せておけば全て自動で抽出してくれます。

あなたは抽出されたデータを参考に利益商品だけを仕入れればOKということです。

新品・中古・コレクターのコンディション切り替え可能

PRIMAでは新品・中古・コレクターのコンディションを切り替えて使うことができます。

新品セラーだけではなく中古セラーの人にも役立つツールになっています。

PRIMAのようなデータ抽出ツールで中古でも対応しているものは少ないと思います。

欧米輸入で中古商品を主に取り扱っているセラーは少ないと思います。

意外と穴場かもしれないので、攻めてみると面白いかもしれません。

タイマー機能を使うと設定した時間に自動で抽出を始めてくれる

タイマーを設定しておくとことで、好きな時間にツールを稼働させることができます。

例えば、PCを使わない仕事に出かけている間にツールを稼働させるということも可能です。

ただしPRIMAはPCの電源をつけておかないと稼働できませんので注意が必要です。

価格改定モードも搭載されている

データを比較するだけではなく価格改定ツールとしても使うことができます。

設定をしておけばPRIMAが自動で価格改定をしてくれます。

正直、プライスターなどの価格改定ツールよりも精度が高いとは言えません。

しかしツール代を節約するのであれば、使えなくはない機能だと思います。

【初心者必見】プライスターの賢い使い方9選【価格改定のおすすめオリジナル設定も公開します】 【初心者必見】プライスターの賢い使い方9選【価格改定のおすすめオリジナル設定も公開します】

【解決策あり】PRIMA唯一の欠点はデータを取得したい国の大口アカウントが必要なこと

【解決策あり】PRIMA唯一の欠点はデータを取得したい国の大口アカウントが必要なこと

PRIMAはMWSのAPI及びSP-APIを利用しています。

これを使うにはデータを抽出したい国の大口アカウント契約が必要になります。

グローバルセリングでアカウントを連携しなければ大口アカウントの月額料金が個別に発生します。

月額料金を節約したいのであれば必ずグローバルセリングで連携しましょう。

  • グローバルセリングを使ってアカウントを連携すれば何カ国でも39.99ドル
  • 登録作業は最大3回でOK
  • グローバルセリングはアカウントリスクが高いって聞くけど?

ここからはこんな感じで解説します。

グローバルセリングを使ってアカウントを連携すれば何カ国でも39.99ドル

大口アカウントは、グローバルセリングで連携をしないとバラバラに請求されます。

単純に通常の倍の価格になるのでオススメはできません。

しかしグローバルセリングを使うことで、何ヶ国でも39.99ドルになります。

ツールを使うことが目的であるならば、グローバルセリングを利用すると節約できます。

» Amazonグローバルセリングについて見てみる(Amazon公式ページ)

登録作業は最大3回でOK

全10カ国で利用する場合でも3回の登録作業でOKです。

理由は、アメリカヨーロッパなどはアカウントがもともと連携されているからです。

  • オーストラリア
  • 北アメリカ【アメリカ、カナダ、メキシコ】
  • ヨーロッパ【イギリス、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア】

このようになっています。

すべてのAmazonでデータ抽出をしたいのなら3回登録作業しましょう。

グローバルセリングはアカウントリスクが高いって聞くけど?

アカウントリスクが高くなるのは物販をする場合です。

輸出などで物販をする場合は発送の遅延や診断調査などでアカウント閉鎖や停止のリスクがあります。

ツールしか使わないのであればこういったリスクもありません。

PRIMAを使うという目的だけであれば、グローバルセリングを利用しても問題ないと思います。

スポンサードサーチ

PRIMAを使ったリサーチ効率化の考え方【ぶっちゃけ全てを任せることは難しいです】

PRIMAを使ったリサーチ効率化の考え方【ぶっちゃけ全てを任せることは難しいです】

今回はPRIMAの概要について簡潔にまとめてみました。

最後にPRIMAを使うときに知っておくべきことやリサーチの考え方を簡単に解説しておきます。

  • リサーチツールはリサーチを効率化するもので全てを任せるものではない
  • 機械的な作業はPRIMAに任せる。あなたはあなたにしか出来ないことをする
  • リサーチを効率化したい人は使ってみて損はないと思います

こんな感じです。

それぞれ深堀り解説します。

リサーチツールはリサーチを効率化するもので全てを任せるものではない

たまにリサーチツールを使えば自動で稼げると思ってる人がいます。

ぶっちゃけそれは正解でもありますし間違いでもあります。

リサーチツールは使う人の力も重要

PRIMAのようなツールは使う人の技量も必要になります。

ただ単にデータを抽出しているだけではなかなか稼ぐことができません。

例えば、

  • 抽出するデータ
  • 抽出するタイミング
  • 仕入れをするタイミング
  • 仕入れをする場所

このように得たデータをどのように使うかが非常に重要です。

リサーチツールは、まっすぐ使うのではなくて少し人とずらした使い方をするとより効果を発揮してくれます。

機械的な作業はPRIMAに任せる。あなたはあなたにしか出来ないことをする

ASINが一致しているような商品はPRIMAのようなツールで簡単に抜け出すことができます。

あなたがリサーチすべきは、ASINが一致していない商品やAmazonでは販売されていない商品です。

複雑なリサーチは現在でもツールで抽出する事は難しいです。

簡単なリサーチはツールに任せる。

あなたはあなたにしかできないリサーチをすると効率的に稼げるようになります。

リサーチを効率化したい人は使ってみて損はないと思います

PRIMAの基本的な特徴と使うときに考えておくべきことについては以上です。

実際、使ってみるとわかりますがリサーチはかなり効率化できると思います。

月額7,980円と少々高額なツールではありますが、あなたがするべきではないリサーチの部分を全て自動でやってくれます。

リサーチを全て任せたいのではなく、リサーチをできるだけ効率化したいという人にとっては使って損は無いツールだと思います。

【30日間無料体験あり】PRIMAを試してみる

PRIMAは初めて使う人限定で30日間無料の体験ができます。

30日以内に解約をすれば一切お金はかかりません。

リサーチを効率化したい人は試してみても良いと思います。

【おまけ】PRIMAについてのよくある質問

【おまけ】PRIMAについてのよくある質問

最後にPRIMAでよくある質問をまとめておきます。

Macでも使えますか?
使えません。Windows専用のツールです。
2台同時に動かしたい。
ライセンスを取得すれば可能です。
追加ライセンスは2,980円/月で利用できます。
デスクトップクラウドには対応していますか?
しています。お名前.comのようなサービスを使えば自宅のPCを使わなくても利用可能です。

ということで今回は以上です。

今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

【無料】超有料級Amazon欧米輸入スタートアップマニュアル公開中

今だけ、LINEか無料メルマガに登録することでAmazon欧米輸入スタートアップマニュアルをプレゼントしています。

これを見るだけでAmazon欧米輸入を始める準備が整います。

「本気で稼ぎたいけど、やり方がわからないから困っている」という人は受け取ってみる価値があると思います。

»無料でスタートアップマニュアルを受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください