【期間限定無料】リサーチが100倍早くなるかもしれないスプレッドシートを受け取る

Amazon物販のキャッシュフローをプロが解説|お金が増えない3大原因と現金の増やし方について

お金が増えない3大原因と現金の増やし方について

ひこーる
ひこーる

この記事は広告を含んでいる場合があります。広告収入はこのブログ運営を行なっていく上で非常に大切な収入源です。気になるサービスや商品があればこのサイトのリンクから登録や購入をしていただくことで、運営に必要な資金が集まり、さらに役立つ記事の作成時間が確保できます。ご協力いただけますと幸いです。

この記事ではAmazon物販のキャッシュフローについて解説しています。

Amazon物販ではキャッシュフローがかなり重要。

キャッシュフローを意識せずに仕入れをしてしまうとすぐに資金が尽きてしまうかもしれません。

稼げるイメージができているのに資金不足で失敗してしまわないように、必ずキャッシュフローを意識してビジネスに取り組みましょう。

ひこーる
ひこーる

Amazon物販歴10年以上のひこーるが詳しく解説します!

この記事を読めばこれらのことが分かるようになっています。

ひこーる
ひこーる

この記事を書いたひこーるの概要はこちら。

ひこーるの概要
  • 在宅副業を2014年に開始して2016年に独立
  • Amazon物販10年目/ブログ6年目
  • Amazon最高月利120万円/ブログ130万円
  • 詳しいプロフィールはこちら

この記事の結論

  • 回収額よりも仕入額が上回っている間は手元の資金は増えない
  • 不良在庫を処分すれば停滞しているお金を現金として増やせる
  • 経費などの計算は細かすぎても雑すぎてもダメ!
  • いつまでも1つの商品にこだわり過ぎず、全体で利益を出すことが重要

1万件のデータを20秒以内にリスト化できる爆速抽出ツールはこちら。

Amazon物販でお金が増えない3大原因とは

Amazon物販でお金が増えない3大原因とは

まずは結論から。

ひこーる
ひこーる

それぞれわかりやすく解説します!

不良在庫として溜まっている

例えば、

  • FBA倉庫に数ヶ月間放置している商品がある
  • 一度売れたけど返品されて自宅の片隅に置いてある商品がある
  • 破損して届いたけどどう対処したらいいのかわからない商品がある
  • 仕入れるだけ仕入れて納品していない商品が家に溜まっている


これらは圧倒的に利益を食い潰すものなので、放置せずに最優先で対処すべきです。

仮に販売した商品で粗利10万円を稼いでも、これらの仕入れ資金が10万円分なら1円も増えていませんよね。

よって、不良在庫は最優先で対処しなければなりません。

ひこーる
ひこーる

不良在庫の処分の方法は後で詳しく解説します!

そもそも計算間違いをしている

Amazon欧米輸入の主な経費の例はこちら。

  • 商品の仕入れ代金
  • アメリカ内での送料
  • 転送会社の手数料
  • 関税と消費税
  • 国際送料
  • 納品代行手数料
  • FBA倉庫までの送料

少なくともこれらくらいの経費が発生します。

あなたはこれらの経費を正しく計算できていると胸を張って言えますか?

おそらくかなり雑に扱っている人もいると思います。

1円単位で正確に計算する必要はないけど、できるだけ誤差は縮めておく

欧米輸入の場合は為替レートなどがあるので1円単位で計算するのはほぼ不可能です。

実際には不可能ではありませんが、ぶっちゃけ粗利を出すのに1円単位の計算は不要。

それは時間の無駄です。

それよりも数円〜数十円の誤差でもいいので、確実に計算をまとめる。

そして大切な時間をリサーチに回した方が間違いなく有意義です。

為替レートを加味して大きめに見積もる

例えば、

  • 1ドル150円なら151円で仕入れ値を計算する
  • クレジットカードの為替手数料を高めに計算しておく

こうすることで、

  • 「実は利益が出ていなかった…」を避けられる
  • 仕入れ基準が自動的に上がり実際の利益率が向上する

このようなメリットがあります。

ひこーる
ひこーる

利益計算をするときは厳しめの設定をすることでリサーチ力の向上にもつながります!

ひこーるオリジナルスプレッドシートを使えば自動で計算できる

とはいっても不安な人も多いと思います。

そんなときは、ひこーるオリジナルのスプレッドシートを活用してみてください。

イメージはこちら。

ひこーるのリサーチ方法1

データを入力すればこんな感じで粗利や利益率などが自動で算出されます。

もちろん為替データも常に最新のものを読み込ませているので利益の誤差も少ないです。

ひこーる
ひこーる

期間限定で無料配布しているので興味がある人はこの機会に受け取っておいてくださいね!

回収しているお金よりも仕入れしているお金が多ければ銀行口座のお金は増えない

メチャメチャシンプルに解説します。

  • Aという商品を10万円で1つ仕入れた
  • Aは売れて手元に15万円として返ってきた
  • Bという商品を15万円で仕入れた
  • Bという商品はまだ売れていない

この場合、Aという商品で一時的に5万円増えています。

しかしその増えたお金でBという商品を仕入れたので手元にお金は残っていません。

利益が出ているはずなのに手元のお金が増えない人はほとんどがこの状態です。

つまり利益分が商品としてある状態。

ひこーる
ひこーる

この場合は心配しなくても確実に資産が増えています!ご安心ください。

この例ではかなりシンプルな商品状況なので理解しやすいと思います。

しかし実際は毎日のように仕入れして、何百という商品数を扱います。

だからこそ、管理が難しですしお金が増えている実感が湧きません。

もしも、利益が出ているはずなのに増えていないと気持ちが不安になったときは、この話を思い出してみてください。

そうすれば、現金ではなく在庫という資産が増えていることに気付くはずです。

Amazon物販で手元のお金を増やしたい時の3つの対処法

Amazon物販で手元のお金を増やしたい時の3つの対処法
悩む人
悩む人

お金が増えない原理はわかったけど、やっぱり早くお金を増やしたい!

そう思う人も多いと思うので、ここからは手元のお金を増やす方法を3つ紹介します。

ひこーる
ひこーる

それぞれ解説します!

仕入れ額を一時的に抑える

利益を含めて、回収している金額以上に仕入れする金額が大きければ手元のキャッシュは増えません。

上でも解説したとおり利益分は商品として存在することになるからです。

じゃあどうすればお金が増えるかというと、仕入れ資金を一定にすることです。

例えば、こんな感じ。

仕入れた金額回収した金額増減
1月10万円11万円+1万円
2月10万円11万円+1万円
3月10万円11万円+1万円

このように仕入れた金額を一定に保ち、在庫もうまくコントロールすれば確実に現金が増えます。

もちろん不良在庫や返品などもあるのでここまでキレイにはなかなかいきませんが、基本的にはこの考え方です。

ただし、利益を増やす段階では現金を増やすのが難しいです。

なぜなら「利益を増やす=売上を伸ばす」ということだからです。

つまり仕入れ額を大きくする必要があるということですね。

ひこーる
ひこーる

仕入額を上げる段階では、利益も仕入れに回すことになるのでキャッシュは増えないと思ったほうがいいです。

不良在庫をしっかり売る・損切りする

不良在庫は最大の敵と言ってもいいくらい極悪です。

例えば、1万円の利益を得ようとします。

そうすると仮にROIが10%だとすると10万円分の仕入れが必要。

10万円分仕入れて、それが売れて初めて1万円の利益です。

しかし不良在庫は違います。

同じように1万円の利益を目指して10万円分の仕入れをしたとします。

仮にこの10万円分の商品が売れ残ったり、中古で返品されたりしたらそのまま10万円分の赤字です。

このように利益を作るのは難しいですが、赤字を出すのは簡単です。

だからこそ、不良在庫などの取り扱いには細心の注意が必要なんです。

不良在庫が出た場合には最優先で対処しましょう。

例えば、

  • 商品ごとに販売までの猶予を決めて、それを過ぎたら価格を下げてでも在庫処分する
  • 返品されたら中古で販売するのか、仕入れ元に返品するのか、他販路で売るのかを決める

絶対にやってはいけないのが放置です。

放置はそのまま赤字としてジリジリとあなたを苦しめます。

何度も言いますが、必ず対処するようにしてください。

利益計算が間違っていないかを確認する

これは物販をするなら大前提です。

上でも解説しましたが、経費や利益の計算は1円単位である必要はありませんが、できるだけ誤差がないようにしましょう。

この計算ができていないと、赤字商品をひたすら仕入れてしまう可能性があります。

「ライバル不在で美味しいな〜!」と思っていた売っていたら、実は赤字でジリジリとあなたの資産が減っていたということを避けるためにも、計算には最新の注意を。

ひこーる
ひこーる

不安な人は無料なのでひこーるのスプレッドシートを活用してみてくださいね!

Amazon物販でキャッシュが増えるまでの流れを解説

Amazon物販でキャッシュが増えるまでの流れを解説

最後にAmazon物販でお金が増えるまでの流れを紹介しておきます。

まずはあなたが稼ぎたい目標利益を決めて、その利益を目指せる仕入れ資金を準備することが大前提です。

その資金が準備できて初めて現金が増えます。

流れはこちら。

ひこーる
ひこーる

それぞれ解説します!

1ヶ月で稼ぎたい目標利益を決める

まずは1ヶ月で稼ぎたい目標利益を決めましょう。

そうすれば、自然とあなたに必要な資金がわかります。

ここではわかりやすいようにROI(投下資本利益率)を使って考えてみましょう。

ROIを超簡単に説明すると、投下したお金(仕入れ値)に対しての利益の割合です。

10万円の仕入れをして11万円で帰ってきらた、ROIは10%です。

目標利益 RIO10%の場合の
必要資金
ROIが25%の場合の
必要資金
ROIが50%の場合の
必要資金
5万円50万円20万円10万円
10万円100万円40万円20万円
20万円200万円80万円40万円
30万円300万円120万円60万円
50万円500万円200万円100万円
100万円1000万円400万円200万円

このように、まずは1ヶ月で稼ぎたい金額を決める。

そしてそれにはどれくらい資金が必要で、どれくらいの利益率が必要なのかを知る。

そうすることで、お金が増えるまでの道のりが明確に見えてきます。

ひこーる
ひこーる

この目標設定はかなり重要なので覚えておいてください!

投資感覚で少しずつ資金を増やすイメージを持つ

Amazon物販は投資に近いです。

  • 10万円分の仕入れをして12万円になって返ってくる
  • 12万円分の仕入れをして14万円になって返ってくる

実際はもっと複雑ですが、シンプルに見るとこんな感じです。

お金を商品、商品をお金にグルグルと回して少しずつ増やすイメージ。

よって、物販で稼いだお金は基本的に他で使ってはいけません。

少しずつ増やして資金を貯めます。

そしてあなたが目標とする利益に必要な資金が貯まるまでグルグルと回し続けましょう。

ひこーる
ひこーる

これができれば徐々に利益額が増えてきます!

資金が貯まったら仕入れ金額を固定する

ある程度の資金が貯まったら仕入額を固定します。

仕入額を固定することで支出を制限して商品ではなくお金が増えます。

この表の感じですね。

仕入れた金額回収した金額増減
1月10万円11万円+1万円
2月10万円11万円+1万円
3月10万円11万円+1万円

仕入れた金額を固定して、しっかり回収する流れができればお金は増え続けます。

ひこーる
ひこーる

Amazon物販で現金を増やすイメージはこんな感じです!

【まとめ】キャッシュフローを意識して在庫数と手元資金の増減を適正に保とう!

【まとめ】キャッシュフローを意識して在庫数と手元資金の増減を適正に保とう!

ということで今回はAmazon物販のキャッシュフローについて解説しました。

もう一度まとめます。

Amazon物販で成功するにはキャッシュフローの管理が超重要。

そのためには資金の流れをしっかり理解しましょう。

  • どれくらい仕入れたのか
  • どれくらい利益が出たのか
  • どれくらい在庫があるのか
  • どれくらい不良在庫があるのか
  • どれくらい稼ぎたいのか
  • どれくらい資金が必要なのか

数字ばかりで嫌になるかもしれませんが、物販は数字と戦うビジネスモデルです。

逃げていては絶対に稼げないので、少しずつ勉強して打ち勝っていきましょう。

この記事が参考になった人にオススメな記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です