【期間限定無料】リサーチが100倍早くなるかもしれないスプレッドシートを受け取る

Amazon.comのアカウント作成方法を画像付きで徹底解説【プライム会員の登録方法もあわせて紹介】

Amazon.comの購入用アカウント作成方法を画像付きで徹底解説【プライム会員の登録方法もあわせて紹介】

ひこーる
ひこーる

この記事は広告を含んでいる場合があります。広告収入はこのブログ運営を行なっていく上で非常に大切な収入源です。気になるサービスや商品があればこのサイトのリンクから登録や購入をしていただくことで、運営に必要な資金が集まり、さらに役立つ記事の作成時間が確保できます。ご協力いただけますと幸いです。

この記事ではAmazon.comの購入用アカウントの作成方法とプライム会員に登録する方法を解説しています。

さらにAmazon欧米輸入をするならプライム会員になっておいて方がいい理由も紹介。

Amazon欧米輸入に興味はあるけど、Amazon.comの登録方法がわからないという人には参考になると思います。

ひこーる
ひこーる

ちなみに日本のAmazonであるAmazon.co.jpのアカウントとは別物です。

この記事を読めばこれらのことが分かるようになっています。

ひこーる
ひこーる

この記事を書いたひこーるの概要はこちら。

ひこーるの概要
  • 在宅副業を2014年に開始して2016年に独立
  • Amazon物販10年目/ブログ6年目
  • Amazon最高月利120万円/ブログ130万円
  • 詳しいプロフィールはこちら

この記事の結論

  • 日本とアメリカのAmazonは別アカウントなので別々に作成が必要
  • 住所は転送会社と自宅を登録しておくと便利
  • キャッシュフローとリードタイムを考えてもプライム会員には登録した方がいい

目次 非表示

  1. Amazon.comのアカウントの作成方法を画像付きで解説
  2. 住所とクレジットカードの登録方法を画像付きで解説
  3. Amazonプライム会員になる方法を画像付きで解説
  4. Amazonプライム会員になった方がいい理由【仕入れに使うならならなきゃ損かも】
  5. 【おまけ】Amazon.comのアカウントを作成すると他の国のアカウントも自動で作成される
  6. 【まとめ】Amazon欧米輸入をするならサクッとアカウントを作っておきましょう!
目次へ

1万件のデータを20秒以内にリスト化できる爆速抽出ツールはこちら。

Amazon.comのアカウントの作成方法を画像付きで解説

Amazon.comのアカウントの作成方法を画像付きで解説

それではAmazon.comのアカウントを作成していきましょう。

登録方法は簡単なのでサクッと終わらせちゃいましょう。

ひこーる
ひこーる

それぞれ画像付きで解説します!

Amazon.comを開く

まずはAmazon.comを開きます。

このような見覚えのあるレイアウトのページが表示されると思います。

Amazonトップ
ひこーる
ひこーる

ちなみにAmazonのレイアウトは世界で共通!どの国のAmazonを見ても直感的に操作できるように設定されています!

Hello, sign in Account & Listsの中の「New customer? Start here.」をクリック

画面右上あたりにHello, sign in Account & Listsという項目があります。

ここにカーソルを合わせると以下のような画面が表示されます。

そこに「New customer? Start here.」と表示があるのでクリックしましょう。

サインイン

アカウント作成に必要な項目を入力して完了

クリックするとアカウント登録画面が表示されます。

アカウント登録画面

以下の情報を入力します。

項目入力
Your nameフルネームをローマ字で入力
Mobile number
or email
電話番号もしくはメールアドレスを入力
Password任意のパスワードを6文字以上で入力
Re-enter
password
上で設定したパスワードを再度入力

入力ができたら「Continue」をクリックします。

これでAmazon.comのアカウント作成は完了です。

ひこーる
ひこーる

簡単ですよね!次は住所やクレジットカードの登録方法を紹介します!

住所とクレジットカードの登録方法を画像付きで解説

住所とクレジットカードの登録方法を画像付きで解説

それではここからは発送先の住所とクレジットカードの登録を進めましょう。

ひこーる
ひこーる

こちらも特に難しくないのでサクッと済ませちゃいましょう!

アカウント設定画面を開く

まずは「Account」をクリックしてアカウント設定画面を開きます。

アカウント設定画面を開く

「Your Adsdress」から住所を登録

設定画面を開くと「Your Adsdress」という項目があるのでクリックします。

「Add Address」をクリック

住所登録画面を開くと「Add Address」という表示があるのでクリックします。

add Addresses

初めて住所を登録するときは「Add Address」のみ表示されていると思います。

ひこーるはすでに複数件登録しているので、画面のように登録済みの住所が登録されています。

MyUSなどの転送会社の住所を登録

まずはMyUSなど、あなたが利用する転送会社の住所を登録しましょう。

まだ転送会社の登録が済んでいない場合は、先に転送会社の登録を済ませてから登録してもいいですし、ここを飛ばして後で登録してもいいと思います。

  • 転送会社って何?
  • どこの転送会社がおすすめなの?

という人はとりあえず業界でもかなり老舗のMyUSでいいと思います。

MyUSの特徴は、

  • 古くからある転送会社
  • アメリカのフロリダに拠点がある
  • 英語のみ対応で日本語は未対応
  • 商品の扱いは若干雑
  • 他の転送会社よりは比較的安いサービス料金

とにかく安い転送会社を探しているなら使ってみる価値はあると思います。

ひこーる
ひこーる

ある程度、欧米輸入に慣れてきたら他の転送会社も試してみていいと思います!

ちょっと話がそれましたが、住所の登録を進めましょう。

MyUSの住所を登録するときはこのように入力します。

MyUSの住所を入力

MyUSに登録する場合の記載例をまとめます。

項目入力
Country/RegionUnited States
Full nameあなたの名前をローマ字で入力
Phone numberMyUSの電話番号
Address 1行目MyUSにログインしたら記載されている住所の1行目をコピペ
Address 2行目MyUSにログインしたら記載されている住所の2行目をコピペ
CitySarasota
StateFrorida
ZIP CodeMyUSの郵便番号

MyUSに迷惑がかかってもいけないので、いくつかの項目を伏せながら解説しています。

MyUSに登録した人がこの表を見たら、どこの情報を入力すればいいかすぐにわかると思います。

ちなみにオプションとして、MyUSの営業時間などの登録も可能です。

登録しておくと、その時間にあわせて配送をしてくれるので、不在による遅延が防げます。

面倒でなければ時間だけでも登録しておきましょう。

項目入力
When is…Monday-Friday
9AM-5PM
HolidaysClosed
Where should…Property staff

最低限この登録だけで問題ありません。

ちなみにMyUSは土曜日も受け取りスタッフがいることがあるとのことでしたが、必ずいるわけではないみたいです。

確実に受け取るなら月曜日から金曜日の設定でいいと思います。

入力が完了したら「Add address」をクリックして登録します。

ひこーる
ひこーる

追加情報の入力も可能ですが、無視してOKです!

自宅の住所も登録

MyUSの住所が登録できたら次は自宅の住所も登録しておきましょう。

Amazon欧米輸入では基本的にMyUSなどの転送会社を介して輸入しますが、商品のサイズや大きさによっては直送した方が安く済む場合もあります。

そんな時のためにあらかじめ自宅の住所を登録しておくと、あとあと便利です。

先ほどと同様に「Add Address」をクリックして登録画面を開きます。

add Addresses

日本の住所を登録するときは英語表記の住所への変換が必要です。

変換方法がわからない人は以下のサイトなどを参考にしてください。

入力例はこちら。

日本の住所入力例
項目入力
Country/RegionJapan
Full nameあなたの名前をローマ字で入力
Phone number+81を先頭につけてからあなたの電話番号
Address 1行目区町村
Address 2行目マンション名や部屋番号
City
State都道府県
ZIP Code郵便番号

サイトを参考にしながら入力すれば難しくないと思います。

入力が完了したら「Add address」をクリックして登録します。

ひこーる
ひこーる

これで住所の登録は完了です!

「Your Payments」からクレジットカードを登録

次に決済に使うクレジットカードを登録していきましょう。

ちなみにひこーるのおすすめはこのカード一択です。

話を戻しまして。

住所のときと同様にアカウント設定画面を開きます。

「Your Payments」という項目をクリック。

クレジットカード登録

「Add a payment method」を選んで「Add a credit or debit card」をクリック

ページが変わって以下のような画面が表示されます。

Add a payment methodをクリック

ひこーるは複数枚のクレジットカードを登録しているのですでに画面上にカードが表示されています。

初めて登録する場合は「Add a payment method」のみ表示されていると思うのでクリックします。

クリックすると以下のような画面が表示されます。

Add a payment methodをクリック

「Add a credit or debit card」をクリックしましょう。

仕入れに使用するクレジットカード情報を入力

クリックするとカード情報の入力画面が表示されます。

決済に使うカード情報を入力しましょう。

クレジットカード情報を入力
項目入力
Card numberカード番号
Name on cardカードに登録されている名前
Expiration dateカードの有効期限

入力が完了したら「Add your card」をクリックして登録完了です。

複数枚登録する場合はこの作業を繰り返します。

キャッシュフローを考える場合は締め日の違うカードを複数枚登録しておくと便利です。

Amazonプライム会員になる方法を画像付きで解説

Amazonプライム会員になる方法を画像付きで解説

次にAmazonプライム会員の登録も済ませておきましょう。

プライム会員は日本と同様に有料のサービスで、会員になると、

  • 配送料基本無料
  • 通常会員よりも早く届けてくれる
  • プライムメンバー限定セールがある

物販に関して言えばこれらのような利点があります。

料金はそれなりにしますが、キャッシュフローやリードタイムを考えるなら登録しておいた方がいいと思います。

詳しくは次の章で解説します。

プライム会員の登録方法はこちら。

ひこーる
ひこーる

それぞれ詳しく解説します!

アカウント設定画面を開く

まずはいつも通りアカウントの設定画面を開きます。

アカウント設定画面を開く

「Prime」をクリック

「Prime」を開きます。

プライムをクリック

「Choose your plan」から任意のプランを選択して「Join Prime」をクリック

そうするとプライム会員についての紹介ページが表示されます。

少し下にスクロールすると会員プランの選択画面があります。

プライムのプランを選択する
ドル月額換算差額
1週間トライアル1.99ドル
月額14.99ドル14.99ドル
年額139ドル11.58ドル3.41ドル

1年以上継続する強い気持ちがあるなら、最初から一年契約がおすすめ。

その方が月額会員よりも毎月3.41ドルもお得です。

1年以上継続するかわからない人は、とりあえず月額会員になって、自信がついたら一年契約でもいいと思います。

プランが選択できたら「Try Prime」をクリックします。

ひこーる
ひこーる

これでプライム会員登録が完了しました!Amazon.comから仕入れる準備はこれで完了!

Amazonプライム会員になった方がいい理由【仕入れに使うならならなきゃ損かも】

Amazonプライム会員になった方がいい理由【仕入れに使うならならなきゃ損かも】

プライムに登録した方がいいと紹介しましたが、

悩む人
悩む人

固定費が発生するけど、本当にお得なの?

と思う人もいるはず。

ということでここからはプライム会員になった方がいい理由を解説します。

ひこーる
ひこーる

それぞれ詳しく解説します!

少額でも送料無料で購入できる

プライム会員になると少額商品でも送料無料で購入できます。

非会員の場合は35ドル以上まとめ買いをしないと送料が発生します。

しかし毎回仕入れで35ドルを超えるかはわからないですよね。

35ドル分の商品が見つからなければ、

  • 送料を負担して仕入れる=送料が無駄
  • 総額35ドル以上の商品が見つかるまで購入を待つ=リードタイムが無駄

どちらも損しかありません。

スムーズかつストレスフリーにビジネスを進めるなら、固定費が発生してでもプライに入っておくべきです。

配送スピードが圧倒的に早い

プライム会員の場合、最短翌日には商品が届きます。

しかし非会員の場合は、プライム会員より2日〜1週間くらい遅くに設定されています。

プライム会員と同じスピードで配達してほしいなら、1回の注文あたり6.99ドルの送料を支払わなければなりません。

Amazon欧米輸入を含むAmazon物販はスピード感がかなり重要。

毎月たった数千円のプライム会員費を節約して、それ以上の販売機会損失が発生する可能性があります。

ひこーる
ひこーる

ビジネスとして本気で取り組むなら、必要経費と割り切って登録した方がいいと思います!

【結論】キャッシュフローとリードタイムを考えるなら登録しない理由がない

以上の理由から、プライム会員に入らないと

  • 送料負担が発生する可能性がある
  • リードタイムが遅くなる
  • キャッシュフローが悪くなる

など全くいいことがありません。

固定費の節約は重要なことですが、プライム会員に関して言えば節約すべき場所ではないと考えています。

【おまけ】Amazon.comのアカウントを作成すると他の国のアカウントも自動で作成される

【おまけ】Amazon.comのアカウントを作成すると他の国のアカウントも自動で作成される

最後におまけを紹介しておきます。

Amazon.comのアカウントを作成すると以下の国のAmazonアカウントも自動で作成されます。

同じ電話番号もしくはメールアドレスとパスワードでログイン可能。

Amazon欧米輸入ではアメリカのAmazonであるAmazon.com以外からも仕入れができます。

基本的なAmazon.comを使ったAmazon欧米輸入に慣れてきたら、他の国のAmazonもリサーチしてみてはいかがでしょうか?

【まとめ】Amazon欧米輸入をするならサクッとアカウントを作っておきましょう!

【まとめ】Amazon欧米輸入をするならサクッとアカウントを作っておきましょう!

ということで今回はAmazon.comの購入アカウントの作成方法を解説しました。

もう一度カンタンにまとめます。

Amazon欧米輸入の超基本的な仕入れ先であるAmazon.com。

ぶっちゃけAmazon.comは超基本的な仕入れ先ですが、Amazon.comさえあれば10万円以上稼ぐことも余裕でできます。

基本であり最強の仕入れ先でもあるので、まだアカウントを作っていない人はサクッと作って早速仕入れに進んでみましょう。

この記事が参考になった人はこちらも参考になるはず

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です