【期間限定無料】リサーチが100倍早くなるかもしれないスプレッドシートを受け取る

eBayのアカウント作成方法を画像付きで詳しく解説|クレジットカードと住所の登録方法も

eBayのアカウント作成方法を画像付きで詳しく解説|クレジットカードと住所の登録方法も

ひこーる
ひこーる

この記事は広告を含んでいる場合があります。広告収入はこのブログ運営を行なっていく上で非常に大切な収入源です。気になるサービスや商品があればこのサイトのリンクから登録や購入をしていただくことで、運営に必要な資金が集まり、さらに役立つ記事の作成時間が確保できます。ご協力いただけますと幸いです。

この記事ではAmazon欧米輸入の仕入れ先として必須であるeBayのアカウント作成方法を解説しています。

eBayから仕入れてみたいけど登録方法がわからない。

そんな人の悩みが解決するピッタリな内容です。

ひこーる
ひこーる

Amazon物販歴10年以上のひこーるが解説します!

この記事を読めばこれらのことが分かるようになっています。

ひこーる
ひこーる

この記事を書いたひこーるの概要はこちら。

ひこーるの概要
  • 在宅副業を2014年に開始して2016年に独立
  • Amazon物販10年目/ブログ6年目
  • Amazon最高月利120万円/ブログ130万円
  • 詳しいプロフィールはこちら

この記事の結論

  • eBayに登録するとAmazon欧米輸入で稼げる可能性が高くなる

1万件のデータを20秒以内にリスト化できる爆速抽出ツールはこちら。

Amazon欧米輸入におけるeBayの役割とは

Amazon欧米輸入におけるeBayの役割とは

まずは簡単にeBayを紹介します。

ひこーる
ひこーる

それぞれ簡単に解説します!

eBayはアメリカに拠点を置く世界最大のインターネットオークションサイト

eBayはアメリカに拠点を置く世界最大規模のインターネットオークションサイトです。

日本でいうヤフオク!みたいな存在です。

ただし圧倒的に規模が違います。

eBayにないものはないと言われるくらい品揃えが豊富。

基本はオークションサイトですが、即決購入やオファーいう交渉機能も備わっています。

eBayをうまく活用すれば高利益商品もたくさん扱うことができるので、ぜひ活用してみてください。

ひこーる
ひこーる

ちなみにオークションを攻略するならGIXENという無料ツールがオススメです!

Amazon.comに売っていなくてもeBayなら仕入れできることが多い

Amazon欧米輸入の超基本的な仕入れ先は Amazon.comです。

しかしある程度慣れてくるとその他のサイトも活用した方が利益商品を多く確保できます。

そこでAmazon.comの次に活用したいのがeBayです。

リサーチをしていて、Amazon.comで見つからない商品に出会ったとします。

悩む人
悩む人

この商品はどこで仕入れているんだろう?

そう疑問に思うこともあると思います。

そんな時はeBayをチェックしてみるといいかもしれません。

他のセラーが扱っているということは、必ずどこかから仕入れています。

すぐに諦めてしまわず、eBayを含めて他のサイトもリサーチしてみるとAmazon欧米輸入の攻略に近づきます。

eBayに出品している卸業者やメーカーを見つけて交渉すれば安く仕入れができることも

eBayにはメーカーや卸業者が直接出品していることがあります。

そういったセラーを見つけたら、交渉をしてみましょう。

そうすれば、出品されている価格よりも安く仕入れできる可能性が高まります。

交渉をうまく活用すれば、ライバルの参入を防げます。

なぜなら、ライバルから見ると薄利もしくは赤字に見えるからです。

ひこーる
ひこーる

Amazon欧米輸入では交渉をうまく活用しよう!

eBayのアカウント作成方法を画像付きで解説

eBayのアカウント作成方法を画像付きで解説

それではここからはeBayアカウントの作成方法を解説します。

流れはこちら。

ひこーる
ひこーる

それぞれ画像付きで解説します!

eBayにアクセスする

まずはeBayにアクセスします。

開いたら、左上に「登録」もしくは「register」という表記があるのでクリックします。

eBay登録

「アカウントを作成」という画面で登録情報を入力

「登録」もしくは「register」をクリックすると「アカウントを作成」という画面が開きます。

名前やメールアドレスを登録しましょう。

eBay登録2
入力事項
英語で名前
英語で苗字
メールアドレス普段利用しているメールアドレス
パスワードeBayにログインするための任意のパスワードを登録

入力が完了したら「アカウント作成」をクリックします。

そうすると不正登録ではないかの確認ページが表示されることがあります。

チェックをして先に進みましょう。

eBay登録4

「電話番号を追加」という画面で普段使っている電話番号を登録

次に電話番号を入力します。

普段使っているスマホの番号を登録しましょう。

eBay登録3

入力をして「続行」をクリックしたら該当の番号にセキュリティコードが届きます。

1分以内に確認をしてコードを入力しましょう。

eBay登録15

これでeBayのアカウント作成は完了です。

配送先住所とクレジットカードの登録方法を画像付きで解説

配送先住所とクレジットカードの登録方法を画像付きで解説

アカウントの作成ができたら、このままの流れで配送先住所とクレジットカードも登録しておきましょう。

流れはこちら。

ひこーる
ひこーる

それぞれ画像付きで解説します!

「アカウント設定」を開く

eBayのページの左上あたりに「○○さん、こんにちは!」という表示があります。

そこにカーソルを合わせると「アカウント設定」という項目があるのでクリックします。

eBay登録14

クリックすると連絡先住所の登録画面が表示されます。

連絡先住所を登録

住所を登録しましょう。

登録は英語で進めます。

eBay登録1
入力事項
Japan
住所区以降の住所を英語で入力
その他の情報
(任意)
マンション名や部屋番号を英語で入力
市区町村市区町村を英語で入力
州/省/地域都道府県を英語で入力
郵便番号郵便番号を入力

英語の住所がわからない場合はこちらのサイトを参考に入力してみてください。

入力できたら「続行」をクリックします。

これで住所の登録は完了です。

「アカウント設定」の中の「個人情報」でメールアドレスを確認

次に登録したメールアドレスの確認をします。

「アカウント設定」の中の「個人情報」でメールアドレスを確認しましょう。

eBay登録9

「確認」をクリックすると該当のメールアドレスにセキュリティコードが届きます。

コードを確認して入力。

eBay登録10

入力が完了したら「確認」をクリックします。

これでメールアドレスの確認は完了です。

「住所」を選択して「お届け先」を設定する

つぎにへ配送先の住所を登録します。

アカウント設定を開いて「住所」をクリック。

eBay登録12

「お届け先住所」の編集をクリックします。

eBay登録5

おそらく先ほど登録した住所が表示されると思います。

ここにMyUSなど転送会社の住所も登録しましょう。

「別の住所を追加」をクリックします。

eBay登録11

住所登録画面が表示されます。

ここに転送会社の住所を登録します。

eBay登録6

入寮が完了すれば「保存」をクリック。

ちなみに左下の「既定の住所として保存」をクリックすると、決済画面で最初にこの住所が選択されます。

基本的にMyUSなどの転送会社で商品を受け取る場合はチェックを入れておきましょう。

複数の住所を登録する場合は同じ作業を繰り返します。

【おまけ】「支払い」を選択してクレジットカードを登録する

最後にクレジットカードの登録です。

eBayではPayPalが利用できます。

よって基本的にはPayPalを使って決済をした方がいいと思います。

ただ、念のためにクレジットカードを登録しておきたいという人もいると思うので方法をまとめておきます。

住所の時と同じように「アカウント設定」を開きます。

アカウント設定の中に「支払い」という項目があるのでクリックします。

eBay登録13

クリックをすると「支払い方法を追加」という項目が表示されるのでクリックします。

eBay登録20

「クレジットカード・デビットカード」にチェックが入った状態で「続行」をクリックします。

eBay登録8

クリックすると情報を入力する画面が表示されます。

eBayに登録するクレジットカードを入力しましょう。

eBay登録7

入力が完了したら「続行」をクリック。

以上でクレジットカードの登録は完了です。

ちなみに複数枚登録したい場合は、同じ作業を繰り返せばOKです。

【まとめ】eBayを活用してあなただけの高利益商品をゲットしよう!

【まとめ】eBayを活用してあなただけの高利益商品をゲットしよう!

ということで今回はeBayの登録方法についてまとめました。

もう一度カンタンにまとめます。

eBayはAmazon欧米輸入の仕入れ先としてかなり有名です。

また、うまく活用できれば大きく稼ぐことができるサイトでもあります。

Amazon欧米輸入をするなら使わない理由がないので、まだ登録していない人は早めに登録しましょう。

この記事が参考になった人にオススメな記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です