Amazonで見かける並行輸入品とは

Amazonで商品を見ていると「並行輸入品」と書いた商品があります。

これってどういう意味だろう?と疑問に思っている方もいらっしゃると思うのでこちらで簡単に解説させていただきます。

輸入品とは

まず輸入品とは何なのか。

これはそのまま外国(海外)から運んできた物品のことを指しています。

そしてAmazonを含むお店などで販売されている輸入品には大きく分けて「正規輸入品」と「並行輸入品」の2つに分けることができます。

この「正規輸入品」と「並行輸入品」は商品が全く同じでもそれぞれ違う特徴を持っているので購入するときには注意が必要です。

正規輸入品

まず正規輸入品について解説いたします。

正規輸入品とは、海外のメーカーやブランドの日本法人や正規販売代理店が直接メーカーから買い付けて日本で流通を行なっている商品を指します。

MEMO

海外のメーカーやブランド

日本法人や正規販売代理店

日本の小売店や販売店

消費者

このようなルートになります。

海外のメーカーが日本の法人や代理店に販売を依頼しているので、万が一故障や不良があったとしても法人や代理店がしっかりとアフターフォローをしてくれる可能性が高いです。

また正規輸入品の多くは輸入品を日本人向けに販売する為にパッケージや説明書等を日本語に作り直しています。

他にもカスタマーサポートがあったり、保証がしっかりと備わっていることが多いです。

なので使い方がわからない商品等でも日本語の説明書を読んだりカスタマーサポートに電話をすれば解決することが多いです。

このようにしっかりと法人や代理店が入って日本人向けに流通をさせている商品を正規輸入品と言います。

しかし正規輸入品にもデメリットがあります。

それは「価格の高さ」です。

ご覧いただいてお分りいただける通り、日本で販売するにあたりパッケージの変更や日本語の説明書の作成、カスタマーサポートなど人件費や手間がかかっています。

それゆえにどうしても後述する並行輸入品よりは金額が高くなりがちです。

またメーカーやブランド価値を落とさない為に販売価格を強く取り締まられているケースも多いです。

 

正規輸入品のメリット

  • アフターフォローがしっかりしていることが多い
  • 日本仕様のパッケージや説明書が付属している
  • 正規品という安心感がある

 

正規輸入品のデメリット

  • 並行輸入品と同一の商品でも割高になる傾向がある
  • 海外では発売されているのに日本では売っていない商品がある

 

並行輸入品

次に並行輸入品についてです。

並行輸入品とは、メーカーやブランドに関係のない第三者がメーカーから直接もしくは卸業者や小売店/販売店から購入した商品を日本で販売している商品のことを言います。

正規輸入品と同じ商品だけれど違うルートを通っているので並行という文字が付きます。

MEMO

海外のメーカーやブランド

海外の卸業者・海外の小売店/販売店

メーカーに関係のない第三者の輸入業者

日本の小売店や販売店

消費者

このように海外の商品を正規のルートを通さずに購入し日本で販売しているものです。

ご覧いただいてお分りいただける通り、日本法人や正規代理店を通っていません。

なので並行輸入品は基本的に海外のパッケージでそのまま手元に届くことになります。

パッケージも日本語ではないですし、説明書も日本語がないケースが多いです。

また故障や不具合がある時も販売店が保証サービスを行なっていれば交換等はできますが、正規輸入品のように手厚いサポートは受けることができない可能性が高いです。

しかし並行輸入品には並行輸入品のメリットがあります。

それが「価格の安さ」です。

正規輸入品は上でも説明した通り、日本で販売するにあたり手間や人件費を使ったサポート体制がしっかりしているので割高になる傾向にあります。

またブランドイメージも大切なので日本での販売価格も管理されています。

しかし並行輸入品は基本的に海外から買い付けて売るだけですので、安く仕入れることができれば安く販売することができます。

またパッケージや説明書もそのままのことが多いので手間もかかりません。

海外ブランドからの価格の縛りもありません。

なので正規輸入品よりは比較的安く購入することができます

また並行輸入品ならではのメリットとして、日本の正規輸入品では取り扱っていない商品を購入することができます

海外メーカーが日本では販売するつもりのない商品でも並行輸入をする業者が海外から仕入れれば正規代理店が扱っていない商品を日本で購入することができます。

並行輸入品のメリット

  • 正規輸入品に比べて安いことが多い
  • 正規輸入品にはない海外限定の商品も購入できる

 

並行輸入品のデメリット

  • パッケージ等が海外仕様のまま
  • 正規ルートを通っていないという不安感がある
  • アフターフォローがないことが多い

 

並行輸入品は本物なのか

並行輸入品は本物です。

そもそもブランド商品の偽物を販売することは違法になります。

いわゆる「商標権」というものに引っかかりますので、もしブランドの偽物を売っていたとすればその販売者は捕まることになります。

と言いつつも、並行輸入品と偽ってコピー品を売っている業者も少なからず紛れ込んでいる可能性もありますので、購入するときはそのお店の評判や評価などをしっかりと確認した上で購入することをオススメいたします。

並行輸入品は違法ではないのか

正規輸入品があるのに並行輸入品は違法にはならないの?と疑問に思う方もいるかもしれません。

まず結論から言うと現状では並行輸入品は違法ではないとされています

これは1970年の「パーカー事件判決」の判例によって、

真正ブランド品の並行輸入は国内の商標権者の権利侵害を構成しない

という判決のため合法と判断されています。

もっと詳しく知りたい方は「パーカー事件判決」でググってみてください。

正規輸入品と並行輸入品の例

ではAmazon.co.jpのページを見て正規輸入品と並行輸入品の違いを確認してみましょう。

LOGICOOL ワイヤレス ゲーミングマウス G602

Logitech G602 ロジクール G602 ワイヤレスゲーミングマウス [並行輸入品]

これはロジクールのゲーミングマウスです。

上の商品が正規品で下が並行輸入品です。

どちらも同じ商品ですが、記事作成時(2018/02/14)現在では、正規品が9,100円並行輸入品が6,200円で売られています。

上で解説した通りやはり並行輸入品の方がかなりお買い得ですね。

しかし正規品には3年間のメーカー保証が付きます。

この部分ですね。

しかしこれは並行輸入品にはありません。

このように正規品は割高ですがしっかりと保証されています。

並行輸入品は保証はありませんがかなり安く購入することができます。

まとめ

いかがでしたか?

並行輸入品についてなんとなくお分りいただけたと思います。

正規輸入品と並行輸入品のどちらを購入するかは購入者が何を重要視するかがポイントになります。

正規品ならではの安心感や保証か並行輸入品の安さを重視するか。

どちらも根本は同じ商品なのでそれぞれのメリットデメリットを知った上でお好みに合った方を購入してください。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください