商品の一括登録はプライスターの「CSVファイルで出品」を使えば1分で終わる【手動で登録は時間の無駄です】

商品の一括登録はプライスターの「CSVファイルで出品」を使えば1分で終わる【手動で登録は時間の無駄です】

はいみなさんこんにちは~~~~。

ヒコマです。

 

商品登録をもっと効率的に済ませたい人

「新規商品を1つ1つ登録してるけどすごく時間がかかる」

「Amazon純正の一括登録は複雑でわかりにくい・・・」

「プライスターの価格追従や赤字ストッパーも併せて一括で登録した」

こういった疑問や悩みにお答えいたします。

 

この記事の内容

  • Amazon純正の一括登録機能がわかりにくい件
  • プライスターの「CSVファイルで出品」は超簡単!!何百商品あっても1分で登録完了
  • プライスターの「CSVファイルで出品」の方法を徹底的に解説します

このような内容になっています。

 

この記事を書いている僕のメインの仕事はAmazon輸入というものになります。海外から商品を仕入れて日本のAmazonで販売をしています。販売歴は7年ほどになりました。Amazonでの月商は常時400万円~450万円ほどをキープしAmazonだけでの月収は100万円ほどです。

売上実績

基本的に外注は使わずほとんどの作業を一人でやっています。一人でもこれくらいは出来るということが伝われば嬉しいです。

 

さて。

今回は商品一括登録に関しての記事になります。

商品登録って面倒ですよね

1つ1つやっていてはいくら時間があっても足りません。

かといってAmazon純正の一括登録ってわかりにくくないですか?僕は非常に分かりづらいと感じます。

そんな僕でも迷わずに使うことが出来たのがプライスターの「CSVファイルで出品」という機能です。

この機能を使えば面倒な商品登録も1分で完了します。使い方もビックリするくらい簡単。

この記事ではプライスターの「CSVファイルで出品」機能をわかりやすく解説します。

商品登録で悩んでいる方は参考にしてみてください。

プライスターって何?って方は以下の記事も併せてお読みいただけると理解がより深まります。

プライスターの使い方

Amazon純正の一括登録の使い方が非常にわかりにくい件

Amazon純正の一括登録の使い方が非常にわかりにくい件

無料で使えるAmazonの商品一括登録ではダメなのか?

商品一括登録はプライスターを使わなくてもAmazonセラーセントラルから行うことも出来ます。

僕の個人的な感想ですが、なんか使いにくいんですよね。

全体的にゴチャゴチャしているというか。

なので、特にAmazon純正の商品一括登録で満足している。という方や月額料金を払いたくないという方は無理してプライスターのものを使わなくてもいいと思います。

Amazon純正の商品一括登録機能でも最低限の仕事はしてくれます。

プライスターを使っているなら絶対に使うべき

逆に、すでにプライスターを使っている方や今後使う予定のある方はプライスターの「CSVファイルで出品」の方がわかりやすいです。

プライスターの機能である価格追従や赤字ストッパーなどの設定も一括でできます。

なのでプライスターを使うなら出品もプライスターの「CSVファイルで出品」を使ったほうが確実に効率的です。

わかりにくいから結局1つ1つて入力している人が多い

僕も以前はその一人でしたが、Amazon純正の一括登録がわかりにくすぎて結局1つ1つ商品登録をしていた時期がありました。

本当に時間の無駄

同じような作業をダラダラと繰り返すだけで、収入には全く直結しない作業です。

もしあなたも同じような状況なら今すぐに一括登録の方法を覚えることをオススメします。

僕も一括登録を覚えてから月で換算しても5時間以上は浮きました。

新規商品を大量に仕入れているセラーの場合、1つ1つ商品登録をしていると途方も無い時間がかかりますからね。

ぜひこの機会に使いこなせるようにしてください。

プライスターの「CSVファイルで出品」は超簡単!!何百商品あっても1分で登録完了

プライスターの「CSVファイルで出品」は超簡単!!何百商品あっても1分で登録完了

EXCELで商品管理していればコピペだけで登録完了

基本的に仕入れた商品情報などに関してはEXCELやスプレッドシートで管理していると思います。

管理しているシートから必要な項目を一括でコピーしてプライスターが用意してくれているテンプレートに貼り付けるだけでOKです。

最低限必要な項目はASINと出品金額だけ

「CSVファイルで出品」機能では最低限、ASINと出品金額だけ準備しておくだけで大丈夫です。

もし準備可能であれば仕入れ値も入力しておけば、売れたときに利益を自動計算してくれるので売上分析にも役に経ちます。

せっかくプライスターを使っているなら提供されている機能はフルで使うべきです。

面倒かもしれませんが仕入れ値も入力することをオススメします。

ついでに価格追従や赤字ストッパーの設定も一緒にできる

プライスターの「CSVファイルで出品」機能ではプライスターの機能である価格追従の方法や赤字ストッパー、高値ストッパーなども同時に設定することが出来ます。

もちろんポイントの設定も可能です。

Amazonでは商品を出品するだけではなく、価格の微調整や赤字の許容範囲など販売してから調整すべき点も多いですよね。

プライスターで出品しておくとそういった一人では到底管理しきれない部分もカバーしてくれます。

プライスターの他の機能については以下の記事も併せて参考にしてみてください。

プライスターの使い方

プライスターの「CSVファイルで出品」の方法を徹底的に解説します

プライスターの「CSVファイルで出品」の方法を徹底的に解説します

テンプレートをダウンロードする

まずは商品データをアップデートするためのテンプレートをダウンロードしましょう。

プライスターのトップページ左上にある【出品する】の中の【CSVファイルで出品】をクリックします。

CSVファイルで出品をクリックCSVファイルで出品のページが開きます。

ASINとJANそれぞれで出品するためのテンプレートが準備されています。

ASINとJANのテンプレート

ASIN.Verのテンプレートをダウンロード

Amazon欧米輸入商品の場合、JANではヒットする可能性が低いので特別な理由がない限りASIN.Verのテンプレートをダウンロードしましょう。

ダウンロードしたテンプレートを開く

ダウンロードしたテンプレートを開く

上の画像のようなデータが表示されます。

それぞれ解説いたします。

SKU

在庫管理を行うためのセラー独自の商品管理コード。

任意で入力することもできます。

空白ならプライスターが自動で割り当ててくれます。

ASIN(必須)

Amazon独自の商品管理コード。

ASINを入力しないと商品の判断が出来ないため入力は必須です。

title

商品名。自動入力されるため空白でOKです。

number(必須)

「0」以上の数値を入れておけば問題なし。

price(必須)

出品したい価格を入力。

該当商品のカート価格などあなたが出品したい金額を入力。

point

ポイントを付与したければ入力する。

不要なら空白のままでOK。

空白の場合は「0」が出力されます。

cost

仕入れ値を入力します。

売上や利益を正確に計算するためには必須の項目です。

できれば入れておいたほうが良い項目。

空白の場合は「0」が出力されます。

akaji

赤字ストッパーを設定できます。

価格追従の設定をする場合、設定した金額よりも金額が低下しないために設定をします。

空白の場合は「0」が出力されます。

takane

赤字ストッパーとは逆に販売価格が高額になりすぎないようにするための設定です。

販売価格が高額になりすぎるとカートが取れなくなり売上が落ちることがあります。

空白の場合は「0」が出力されます。

condition(必須)

基本は新品商品を出品するはずなので「11」を入力します。

その他はこちら。

1 = 中古品 – ほぼ新品

2 = 中古品 – 非常に良い

3 = 中古品 – 良い

4 = 中古品 – 可

5 = コレクター商品 – ほぼ新品

6 = コレクター商品 – 非常に良い

7 = コレクター商品 – 良い

8 = コレクター商品 – 可

11 = 新品

conditionNote

商品の説明文を入力。

空白の場合は、基本設定で設定しているコメントが入ります。

基本は空白でOKです。

priceTrace

価格追従の設定。

価格追従の設定はセラーそれぞれで戦略が違うと思うのであなたにあった追従方法を選択してください。

0 = 価格の自動変更をしない

1 = FBA状態合わせモードで自動変更

2 = 状態合わせモードで自動変更

3 = FBA最安値モードで自動変更

4 = 最安値モードで自動変更

5= カート価格モードで自動変更(※カート価格モードは新品限定の機能です)

※空白の場合は、【0 = 価格の自動変更をしない】として出品をします。

leadtime

出荷準備期間の設定。

通常のFBA出荷の場合は空白でOKです。

merchant_shipping_group_name

配送設定パターンの設定。

こちらも通常のFBAを利用する場合は空白でOK。

delete

商品登録を削除したい場合はこちらに「x」(半角小文字のエックス)を入力すると、その行の商品登録を削除できます。

必要項目だけを埋めたオリジナルのテンプレートを作成しておく

ここまで項目をズラッと解説しましたがほとんどの項目は不要です。

空白のままでOKです。

最初から埋めておくべき項目はたったの3つだけ

上でも解説したように入力をしないといけない、もしくは入力しておくべき項目がいくつかあります。

しかしその項目のうち3つは最初から埋めておくことが出来ます。

それが、numberとconditionとpriceTraceです。

  • number   → 0
  • condition → 11
  • priceTrace → 1

それぞれの項目の意味は上で確認してください。

これらの項目を埋めた状態でテンプレートを保存しておきます。

項目を埋めた状態でテンプレートを保存

こんな感じです。

埋める数字はセラーそれぞれの戦略で違いますが基本はこれでOKです。

このオリジナルテンプレートは商品登録するときに毎回利用するので必ず保存しておいてください。

登録する商品の情報を埋める

埋めるべき、または埋めないといけない項目は以下です。

  • SKU
  • ASIN
  • price
  • cost

以上です。

SKU

SKUは独自のルールで管理している方がいいです。

仕入れた日付を入れたり仕入れた金額を入れたり。

リピート仕入れするときなどに役立つ情報を入れた独自のSKUを作りましょう。

ASIN

ASINを入れないと商品登録できないので必ず入力。

price

販売金額を設定しないと販売が出来ませんので必ず入力。

cost

ここで仕入れ値を入力しておくと売上や利益計算をプライスターが自動でおこなってくれます。

利益計算などを自分でおこなっている場合はこういった部分もプライスターに任せれば更に時間を効率的に使うことが出来ます。

これらを入力するとこんな感じの表が出来上がります。

表が出来上がる

以上です。

上の画像で空白になっている部分は空白のままアップロードして問題ありません。

もちろん必要と考えるなら入力してもOKです。

ファイルをアップロードする

必要項目の入力が全て完了すればファイルをアップロードします。

アップロードする場所は、CSVファイルで出品画面の【FBAでアップロード】という項目です。

FBAでアップロードという項目

ASINとJANどちらで登録するかによってアップロードするボタンが違うので間違えないように注意してください。

【FBAでアップロード】ボタンをクリックして該当のファイルをアップロードしましょう。

アップロードをしようとすると危険物についてのポップアップが表示されます。

登録する商品が危険物でない場合は【このまま出品】をクリックします。

危険物の確認

アップロードしたデータに問題がなければSuccess!と表示されます。

Success!と表示

あとは画面に表示されているように20~30分ほど待てば情報が反映されます。

エラーの場合は修正が必要な場所を教えてくれる

もし何かしらのエラーが起きた場合はエラー箇所を教えてくれるので修正して再度アップロードしましょう。

エラー

商品登録は余裕を持ったタイミングで行う

商品登録を行うということは商品を販売するからですよね。

もしこの商品登録を納品作業のギリギリでやってしまうと、商品情報が反映されるまで納品作業をストップする必要があります。

そうなると時間がもったいないので、商品登録はリサーチした日の最後の作業として行ったり時間に余裕があったりするときに行っておくことをオススメいたします。

 

以上がプライスターの【CSVファイルで出品】機能を使った商品登録方法です。

入力すべき項目さえ知ってしまえばビックリするくらい簡単ですよね。

プライスターを使っている方はぜひ使いこなしてくださいね。

まだプライスターを使ったことがない方は無料で30日間お試しできます。

プライスターはその便利さから一度使うと抜け出せないと言われていますが、一度お試ししてみたはいかがでしょうか?

30日間無料体験

というより今のAmazonビジネスでガッツリと稼いでいくにはプライスターは必須ツールですので、まだ使っていない方は早めに導入することをオススメします。

 

それでは今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください