【期間限定無料】リサーチが100倍早くなるかもしれないスプレッドシートを受け取る

Amazon FBAとは?ネット物販初心者が絶対に知っておくべき概要を徹底解説

Amazon FBAとは?ネット物販初心者が絶対に知っておくべき概要を徹底解説

ひこーる
ひこーる

この記事は広告を含んでいる場合があります。広告収入はこのブログ運営を行なっていく上で非常に大切な収入源です。気になるサービスや商品があればこのサイトのリンクから登録や購入をしていただくことで、運営に必要な資金が集まり、さらに役立つ記事の作成時間が確保できます。ご協力いただけますと幸いです。

この記事ではAmazon FBAの概要を徹底解説しています。

今からAmazon物販を始めようと考えているけど、そもそもFBAって何?

と思う人も多いはず。

そんな人でもしっかりと概要が理解できるようにまとめました。

ひこーる
ひこーる

Amazon物販歴10年以上にひこーるが、できるだけわかりやすく解説します!

この記事を読めばこれらのことが分かるようになっています。

ひこーる
ひこーる

この記事を書いたひこーるの概要はこちら。

ひこーるの概要
  • 在宅副業を2014年に開始して2016年に独立
  • Amazon物販10年目/ブログ6年目
  • Amazon最高月利120万円/ブログ130万円
  • 詳しいプロフィールはこちら

この記事の結論

  • FBAはフルフィルメント by Amazonの略
  • 商品をAmazonの倉庫に預けて保管、梱包、発送などを全部任せられるサービス
  • FBAを使うとカート獲得率がUPして売れやすくなる
  • 唯一の大きなデメリットは手数料がそれなりに発生すること
  • しかし使わない理由がないくらい最高に便利なサービス
  • 副業セラーから本業セラーまでAmazon物販をするなら必須

目次 非表示

  1. Amazon FBAの概要を徹底解説!そもそもFBAって何?
  2. Amazon FBAが自動でやってくれる3つのこと
  3. Amazon FBAを利用する6つのメリット
  4. Amazon FBAを利用する4つのデメリット
  5. Amazon FBAの主な3つの手数料
  6. Amazon FBAの手数料を簡単にチェックできるツールを5つ紹介
  7. 【まとめ】Amazon物販はFBAのシステムを活用して効率よく稼ごう!
目次へ

1万件のデータを20秒以内にリスト化できる爆速抽出ツールはこちら。

Amazon FBAの概要を徹底解説!そもそもFBAって何?

Amazon FBAの概要を徹底解説!そもそもFBAって何?

まずは Amazon FBAの概要を解説します。

ひこーる
ひこーる

それぞれ詳しく解説します!

フルフィルメント by Amazon(FBA)とは

FBAはフルフィルメント by Amazonの略です。

フルフィルメントとは物流倉庫拠点のこと。

この物流倉庫に個人や法人などの販売事業者が商品を預けることができます。

そして商品が売れたら、Amazonの倉庫スタッフさんが梱包や発送作業を代行してくれる。

これらの一連のサービスを略してFBAと呼びます。

ひこーる
ひこーる

とりあえずここではAmazonの倉庫に商品を預けられて、売れたら勝手に送ってくれるんだってことがわかれば問題ありません!

Amazonの倉庫(FC)は全国に40ヶ所以上ある

ちなみに2024年現在、Amazonの倉庫は全国に40ヶ所以上あります。

全国にこれだけの倉庫があるからこそ、Amazonは注文の当日や翌日に配達できます。

ユーザーとして使っていると、本当に届くのが早くてビックリすることがありますよね。

ちなみにAmazonの倉庫一覧はこちら。

Amazon出品用アカウントを作成すれば誰でも利用できる

Amazon FBAのサービスはAmazon出品用アカウントを作成すれば誰でも利用できます。

もしあなたがこれからAmazon物販を始めようと考えているなら。

まず最初にすべきことはAmazon出品用アカウントの作成です。

さっそく始める

この出品用アカウントさせ作ってしまえば、個人でも法人でもAmazon FBAが使えます。

ちなみにAmazon出品用アカウントの作成方法はこちらの記事で詳しく解説しています。

Amazon FBAが自動でやってくれる3つのこと

Amazon FBAが自動でやってくれる3つのこと
悩む人
悩む人

Amazon FBAについてなんとなくわかった!でも、もっと詳しく知りたい。

そう思う人も多いと思うので、ここからはAmazon FBAについてもう少し掘り下げていきます。

ひこーる
ひこーる

それぞれ詳しく解説します!

商品を保管してくれる

Amazon FBAを使うと、あなたが販売する予定の商品を保管してくれます。

FBAを利用しない自己発送の場合。

あなたが発送するので、商品は自宅で保管する必要があります。

10個とか20個程度なら保管できるスペースがあるかもしれません。

しかし100個200個と増えてくると、保管場所に困りますよね。

でもFBAを使えば大丈夫。

何商品あったとしても関係ありません。

Amazon FBA倉庫に送ってしまえば、あなたの家や倉庫が圧迫される心配なし。

家族からAmazon物販ビジネスのチャレンジを認められていなくても、コッソリ始めることができます。

ひこーる
ひこーる

ちなみにコッソリ物販を始めたいなら、以下のサービスを活用した方がいいと思いますよ。

売れたら梱包から発送まで自動でしてくれる

Amazon FBAを使えば、納品さえすれば後は自動で物販が進みます。

以下に商品が売れてからの流れをまとめてみました。

自己発送FBA
梱包自分でやる自動
発送ラベルの印刷自分でやる自動
発送自分でやる自動
発送通知自分でやる自動
お客様対応自分でやる自動

ぶっちゃけ本来であれば売れてから面倒な作業が待ち構えています。

しかしFBAを使えば極論、何もしなくてもOK。

あなたは「売れましたよ!」という通知をワクワクして待っておくだけです。

プライスターの通知

物販の大半の作業を占める梱包〜発送までの作業を自動化できるので、あなたは商品の仕入れに集中できます。

もちろん空いた時間をリサーチに使ってもいいですし、家族との時間に使ってもいいです。

大変な作業をほんの少しの手数料だけで全て任せられるので、時間が少ない副業セラーにとっても心強いサービスといえます。

ひこーる
ひこーる

ちなみに上の「売れました!」という通知はプライスターを使えば届きます!

返品対応やカスタマサービスまで対応してくれる

Amazon FBAでは返品対応やカスタマサービスも対応してくれます。

例えば、売れた商品に不備があって返品したいとお客様が思った場合。

通常なら、あなたに連絡が届いて返品先の住所を伝えたり送料の負担を相談したりしなくてはいけません。

しかしFBAならそれも自動で完結します。

お客様はAmazonの購入履歴から返品を選択して、項目を選んでいくだけで簡単に返品手続きが完結するように作られています。

あなたは何もしなくても大丈夫。

ちなみに返品された商品は、

  • 新品ならそのまま新品として再販される
  • 開封済みなら自宅返送などで受け取れる
  • Amazonが原因の不具合と判断されたら補填される

などの対応が自動で取られます。

販売数が多くなればなるほど返品などの問い合わせが増えます。

こういった作業を自動化できるのもかなりありがたいですよね。

ひこーる
ひこーる

ちなみに返品と同時に悪い評価がついたなら、必ず早めに対応しましょう!

結論:空いた時間を有効に活用できる

Amazon FBAを使うと自動化できるおもな作業は以上です。

どうですか?かなりすごいと思いませんか?

あなたがこれからAmazon物販ビジネスにチャレンジするなら、これらの作業が自動化できるとどれくらい時間が確保できるか考えてみてくださいね。

FBAを使えば不要な作業を自動化して、最大限あなたがやるべきことに集中できます。

例えば、

  • Amazon物販で稼ぐためのリサーチに時間を割ける
  • Amazon物販以外の副業にもチャレンジできる
  • 家族や友人との大切な時間が確保できる

Amazon物販はFBAだけではなく、ツールや外注化を活用することでさらに効率よく稼げるビジネスです。

できるだけ無駄な時間を節約して確実に稼ぎたいと考えているなら、Amazon FBAは利用する価値があると思います。

Amazon FBAを利用する6つのメリット

Amazon FBAを利用する6つのメリット

それではここからはAmazon FBAのメリット6つ紹介します。

ひこーる
ひこーる

それぞれ詳しく解説します!

商品の保管〜発送まで全部FBAにおまかせ!=時間と場所の確保

上でも触れましたが、Amazon FBAを利用すれば商品の保管〜発送までをすべてAmazonが対応してくれます。

Amazon物販の流れをわかりやすくまとめてみましょう。

担当
リサーチあなた
仕入れあなた
受け取りあなた
納品あなた
保管Amazon
梱包Amazon
発送Amazon
発送通知Amazon

こんな感じです。

後半は全てAmazonがやってくれていますよね。

これだけを見ても、どれだけAmazon物販が楽かわかると思います。

Amazon FBAを使うことでお客様への発送作業や商品保管場所が確保できます。

ひこーる
ひこーる

さらに自動化したいならこちらの記事もどうぞ。

取扱商品がAmazonプライム対象になる=売れやすくなる

Amazon FBAを使うとあなたの商品はAmazonプライム対象に設定されます。

プライム対象に設定されると、商品ページ上で以下のようなバッジが付きます。

prime

この「prime」マークが付くと以下のようなメリットがあります。

  • アクセス数が伸びる=お客様に見てもらえる
  • 商品の回転が良くなる=すぐ届くからお客様に選ばれる
  • カート獲得率がアップする=お客様に選んでもらえる

要は購入されやすくなるということ。

あなたがお客様だとして、価格やセラー評価が同じセラーが2人並んでいたらどちら選びますか?

  • 「prime」マークが付いて明日到着する商品
  • 「prime」マークが無くて1週間後に到着する商品

おそらく「prime」マークが付いて明日到着する商品を選びますよね。

お客様も同じ考えの人が多いと思うので、売れやすくなると判断できます。

カート獲得率がアップする=売れやすくなる

カート獲得率についてもう少し深掘りします。

Amazonにはカートボックスというシステムがあります。

Amazonのカートボックスとは

このカートボックスを獲得することが、Amazon物販の攻略の鍵と言ってもいいくらい大切な項目です。

そしてこのカートボックスを取るにはいくつかの条件があります。

Amazonから正式に発表されている条件はこちら。

  • 競争力のある価格を設定する
  • より早くお届けできるオプションや配送料無料を提供する
  • 優れたカスタマーサービスを提供する
  • 在庫を切らさない

この4つの条件の中で、以下の2つはFBAを利用することで達成できます。

  • より早くお届けできるオプションや配送料無料を提供する
  • 優れたカスタマーサービスを提供する

あとは、価格や在庫を上手く調整すれば、Amazonが発表している条件を満たすことができます。

ただ価格改定や在庫調整は手動や目視だけでは難しいのでプライスターなどの総合管理ツールの導入が必須です。

ひこーる
ひこーる

プライスターって何って人はこちらの記事もどうぞ。

決済方法が増える=代引きが選択可能に!

Amazon FBAを使うと代引きが利用できます。

  • ネット通販ではクレジットカードを使わずに代引きしか使わない
  • クレジットカードを持っていない

こういった人に向けても販売が可能です。

少しでも売れる確率を上げたいなら代引き設定を導入しましょう。

ただし代引きには注意点もあります。

代引きは商品受け取り時に代金を支払うシステムです。

よって第三者に送りつけて嫌がらせすることも可能。

例えば、あなたのライバルがあなたの出品者情報を見て、あなた宛にあなたの商品を大量に送ることも可能です。

このような悪質なイタズラが簡単にできてしまうので、代引きを導入するときは注意しましょう。

ひこーる
ひこーる

ちなみにひこーるは無駄なトラブルは避けたいので代引きは使用していません!売上が多少下がったとしても平和に販売したいので!

海外発送対応=自動的に販路拡大

Amazon FBAは海外発送にも対応しています。

例えば、日本のAmazonをアメリカからチェックしているお客様があなたの商品を購入することが可能。

つまり通常なら日本に住所がある人だけが対象ですが、海外発送を使えば世界中のお客様に買ってもらえるチャンスがあるということ。

日本にいながら世界に向けたビジネスが簡単にできます。

ひこーる
ひこーる

手軽に販路を広げられるので使ってみる価値はあります!

FBAマルチチャネルサービスが利用可能=販路拡大

Amazon FBAを使っていれば、FBAマルチチャネルサービスが利用できます。

FBAマルチチャネルサービスは、Amazonの配送網を利用してAmazon以外の販路で販売した商品を出荷するサービスです。

例えば、Amazonで販売している商品を楽天市場でも販売したとします。

楽天市場で売れたら、Amazonの倉庫からお客様の元へ商品を発送することが可能。

配送指示は必要ですが、もちろん梱包や発送手続きについてはFBA利用時と同じように全て任せることができます。

多少の手数料は必要ですが、FBAのシステムを利用して手軽に販路を広げられます。

ひこーる
ひこーる

Amazon物販に慣れてきて、販路を増やしたいなと思ったら積極的に活用したいシステムですね。

Amazon FBAを利用する4つのデメリット

Amazon FBAを利用する4つのデメリット

それではここからはAmazon FBAのデメリット4つ紹介します。

ひこーる
ひこーる

それぞれ詳しく解説します!

手数料が発生する

後で詳しく解説しますが、FBAを利用するには手数料が発生します。

FBA配送代行手数料と呼ばれる手数料で、倉庫に預けている商品が売れた時に梱包や配送料金があわせて請求されます。

さらにFBAには在庫保管手数料という保管料も発生します。

特に在庫保管手数料は長期保管になると金額が大きくなります。

無駄な手数料を払わないためにも在庫管理は徹底しましょう。

倉庫に預けた商品の状態確認ができない

新品商品だけを扱っているセラーならあまり関係ないかもしれません。

中古を販売しているとお客様から「商品の状態を詳しく教えてください。」というメッセージが届くことがあります。

自己発送商品なら、手元に商品があるのすぐに状態を確認して返信が可能。

しかしFBA利用なら手元に商品がないので、チェックしていない状態については返信が難しいはず。

中古商品をFBA利用する予定なら、できるだけ詳しく状態をチェックしてからFBAに納品することをおすすめします。

どれくらい在庫があるか直感的に把握できない

自己発送の場合、自宅などに商品を保管します。

よって、すぐに目の届くところに在庫があるので溜まってきたら直感的に把握できますよね。

しかしAmazon FBAに預けてしまうと、直感的に在庫の判断ができません。

在庫をチェックするにはセラーセントラルにログインしたりプライスターのようなツールを使ったりしてチェックが必要です。

おそらく面倒でやらない人も多いと思います。

しかし在庫管理が雑になると、キャッシュフローが悪くなりビジネスがうまく回らなくなる可能性があります。

FBAを使ったネット物販は便利ですが、気を抜かずにお金や在庫の管理は徹底することをおすすめします。

Amazon以外のネット物販知識が獲得しにくい

Amazon物販ではAmazon FBAというシステムを使って物販ビジネスができます。

しかも、ぶっちゃけほとんど知識がなくてもリサーチスキルさえ高めれば稼ぐことが可能。

Amazonだけで今後も稼いでいくならそれで問題ありません。

しかしもっともっとビジネスを大きくするには知識が獲得しにくい環境といえます。

ただし、上でも紹介したようにAmazon以外の販路でも販売したければマルチチャネルサービスを使えばいいですし、FBAを使うことで時間にも余裕があるはずなので、その時間で勉強するのもあり。

デメリットとして挙げてはいますが、補う方法はいくらでもあります。

ひこーる
ひこーる

正直、FBAのデメリットがなさすぎて無理やり絞り出しています!それくらいFBAは素晴らしいシステム!

Amazon FBAの主な3つの手数料

Amazon FBAの主な3つの手数料

ここからはAmazon FBAの主な手数料を3つ紹介します。

ひこーる
ひこーる

それぞれ詳しく解説します!

出品プラン手数料

Amazon出品アカウントには大口プランと小口プランがあります。

それぞれ簡単に比較してみましょう。

小口プラン大口プラン
料金100円/1商品4,900円/月
適しているプラン月49個まで月49個以上販売
APIツール利用できない利用できる
制限カテゴリーへの出品できないできる

小口プランはあくまでもお試しプランのような位置付けですね。

基本は大口プランなので、毎月4,900円が固定費として必要です。

ちなみにこれはFBAだけではなく、自己発送でも必要です。

ひこーる
ひこーる

Amazonに出品する=出品プランの費用は必須!

カテゴリーごとの販売手数料

Amazonでは販売するカテゴリーによって手数料が異なります。

主な手数料はこちら。

カテゴリー販売手数料最低販売手数料
15%該当なし
ミュージック15%該当なし
DVD15%該当なし
ビデオ15%該当なし
テレビ・レコーダー8%30円
携帯電話・スマートフォン8%30円
カメラ8%30円
パソコン・周辺機器8%30円
家電アクセサリ10%30円
Amazonデバイス用
アクセサリ
45%30円
楽器・オーディオ10%30円
ドラッグストア商品1点あたりの売上合計が1,500円以下の場合は商品代金の8%
商品1点あたりの売上合計が1,500円を超える場合は商品代金の10%
30円
ビューティ商品1点あたりの売上合計が1,500円以下の場合は商品代金の8%
商品1点あたりの売上合計が1,500円を超える場合は商品代金の10%
30円
健康家電・理美容家電10%30円
スポーツ&アウトドア10%30円
カー&バイク用品10%30円
おもちゃ&ホビー10%30円
TVゲーム15%該当なし
TVゲーム機本体10%30円
PCソフト15%該当なし
ペット用品商品1点あたりの売上合計が1,500円以下の場合は商品代金の8%
商品1点あたりの売上の合計が1,500円を超える場合は商品代金の15%
30円
文房具・オフィス用品15%30円
電子辞書8%30円
ホーム&キッチン15%30円
生活・キッチン家電10%30円
浄水器・整水器10%30円
大型家電8%30円
DIY・工具15%30円
産業・研究開発用品15%30円
業務用医療用品商品1点あたりの売上合計が1,500円以下の場合は商品代金の8%
商品1点あたりの売上合計が1,500円を超える場合は商品代金の10%
30円
食品&飲料商品1点あたりの売上合計が1,500円以下の場合は商品代金の8%
商品1点あたりの売上合計が1,500円を超える場合は商品代金の10%
該当なし
ビール6.5%該当なし
腕時計15%30円
ジュエリー商品1点あたりの売上の合計のうち、
10,000円以下の部分については商品代金の10%
1商品あたりの売上合計が10,000円を超える部分は商品代金の6%
30円
ベビー&マタニティ商品1点あたりの売上合計が1,500円以下の場合は商品代金の8%
商品1点あたりの売上の合計が1,500円を超える場合は商品代金の15%
30円
服&ファッション小物商品1点あたりの売上の合計のうち、
3,000円以下の部分については商品代金の12%
1商品あたりの売上合計が3,000円を超える部分については商品代金の8%
30円
シューズ商品1点あたりの売上の合計のうち、
7,500円以下の部分については商品代金の12%
1商品あたりの売上合計が7,500円を超える部分には、商品代金の6%
30円
バックパック、ハンドバッグ、
旅行かばん&トラベル用品
商品1点あたりの売上の合計のうち、
7,500円以下の部分については商品代金の12%
1商品あたりの売上合計が7,500円を超える部分には、商品代金の6%
30円
その他のカテゴリー15%30円

ただしカテゴリー手数料もFBAだとしても自己発送だとしても固定で発生します。

カテゴリーによって手数料が大きく異なるので仕入れ前には必ずチェックしましょう。

ひこーる
ひこーる

チェックの方法が難しいと感じるなら、ひこーるが作ったスプレッドシートを活用してみてくださいね!

FBA配送代行手数料(梱包、配送料)

Amazon FBAを利用している商品は、サイズや重さによって手数料が変わります。

主な手数料はこちら。

FBA手数料
引用:https://sell.amazon.co.jp/pricing#fulfillment-fees

とりあえず今は大きくなればなるほど高くなるということだけ覚えておけばOKです。

ちなみにこういった計算をいちいちしないで済ませるためにはツールの活用がおすすめ。

無料でもいいツールがたくさんあるので、積極的に使っていきましょう。

ひこーる
ひこーる

ということで次からは手数料を簡単にチェックできるツールを紹介します!

Amazon FBAの手数料を簡単にチェックできるツールを5つ紹介

Amazon FBAの手数料を簡単にチェックできる5つの方法

ここからはAmazon FBAの手数料を簡単にチェックできるツールを5つ紹介します。

ひこーる
ひこーる

それぞれ詳しく解説します!

【公式】FBA料金シミュレーター

FBA料金シミュレーターはAmazon公式の手数料チェックツールです。

Googleで「FBA料金シミュレーター」と検索すれば出てきます。

【公式】FBA料金シミュレーター

公式なので正しい数字を出してくれますが、リサーチをするのにページを移動するのはなかなか面倒。

よってひこーるは全く使っていません。

ひこーる
ひこーる

手数料を確認したり粗利を計算するなら、商品ページに表示してくれる拡張機能が便利です!

クイックショップ

ということで無料で使えて商品ページに手数料や粗利計算を表示してくれるクイックショップがおすすめ。

イメージはこちら。

クイックショップ

インストールすれば、該当商品ページの情報を自動で表示してくれます。

手数料以外にも、商品サイズやASIN JANなどほしい情報は一通り揃っています。

無料で使えるので、とりあえずインストールしておいて損はないと思います。

ワカルンダ

ワカルンダはセラースケットというAmazonアカウント停止の復活予防サービス利用者だけが使える拡張機能です。

ワカルンダをインストールすると、以下のような画面が商品ページ常に表示されます。

ワカルンダ

こちらもクイックショップ同様、手数料以外に利益計算機能や商品サイズなどが表示されています。

ワカルンダだけの機能としては、危険度の表示があります。

危険度とは、該当商品を出品した場合にアカウント停止や閉鎖のリスクがある商品を知らせてくれる機能のこと。

この危険度を参考に仕入れをすれば、アカウントを無駄なリスクから避けて運用することができます。

ひこーる
ひこーる

セラースケットはひこーるのAmazon物販にとって無くてはならないサービスの一つです!

モノトレーサー

モノトレーサーは無料で使えるサイト型のサービスです。

モノトレーサー

しかしモノトレーサーは商品ページではないページに移動してチェックする必要があるので、少し面倒かもしれません。

その分、手数料以外の項目も一覧でチェックできます。

モノトレーサー1
モノトレーサー2
モノトレーサー3

リサーチに必要なランキンググラフも無料で見れるはかなり優秀。

本来であればKeepaや次に紹介するNEW TYPE DELTA TRACERなどの有料ツールが必須。

しかしモノトレーサーなら有料級のデータが無料で手に入ります。

Amazon物販初心者でできるだけツール代などを節約したい人にはおすすめのツールです。

NEW TYPE DELTA TRACER

最後に紹介するのはNEW TYPE DELTA TRACERというツール兼拡張機能。

NEW TYPE DELTA TRACERにはこのような利益計算器というツールがあります。

NEW TYPE DELTA TRACER

この機能を使えば手数料が簡単に確認できます。

NEW TYPE DELTA TRACERは手数料を確認する以外にも、

  • ランキンググラフの表示
  • 価格推移の表示
  • 他モールへのリンク
  • ASIN
  • JAN
  • カート獲得率

などさまざまなデータがチェックできます。

月額制のツールですが、リサーチに必要な情報が一通り手に入るので、使ったことがないなら使ってみる価値はあると思います。

【まとめ】Amazon物販はFBAのシステムを活用して効率よく稼ごう!

【まとめ】Amazon物販はFBAのシステムを活用して効率よく稼ごう!
Amazon FBAの手数料を簡単にチェックできるツールを5つ紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です