»【無料】超有料級Amazon欧米輸入スタートアップマニュアルはこちらをクリック

【Amazon物販】リサーチツールは稼げないのか?【結論:使い方次第で余裕で稼げます】

【Amazon物販】リサーチツールは稼げないのか?【結論:使い方次第で余裕で稼げます】

はいみなさんこんにちは~~~~。
ひこーる(@hiko_ru)です。

悩む人
悩む人

リサーチツールを使ってみたいけど稼げないって本当?どんな使い方をすれば稼げるようになるの?あとオススメのリサーチツールも教えて欲しい。

こういった疑問や悩みにお答えいたします。

この記事のテーマ

【Amazon物販】リサーチツールは稼げないのか?【結論:使い方次第で余裕で稼げます】

この記事の内容

  • Amazon物販のリサーチツールが稼げないと言われる理由とは
  • リサーチツールは正しく使うのではなく斜めから使うイメージで使用する
  • 結局はツール利用者のリサーチスキルも重要になる
  • Amazon欧米輸入で本当に優秀なリサーチツール2選【PRIMAアマリストEX
  • Amazon電脳せどりで本当に優秀なリサーチツールとは【雷神一択です】

このような内容になっています。

この記事の信頼性

この記事を書いている僕のメインの仕事はAmazon輸入というものになります。海外から商品を仕入れて日本のAmazonで販売をしています。販売歴は8年ほどになりました。Amazonだけの最高月収は120万円ほどです。他にもブログやアフィリエイト、投資など幅広くやってます。

売上実績

読者さんへの前置きメッセージ

この記事ではAmazon物販でよく耳にするリサーチツールについて解説しています。リサーチツールを使うとリサーチが楽になって稼げると聞く。でも逆にリサーチツールを使っても稼げないとも聞く。結局どっちなの?と思っている人も多いはず。結論としては使い方次第です。リサーチツールの利用を悩んでいる人には必見の内容です。

この記事の結論

  • リサーチツールは使い方次第で余裕で稼げる
  • 稼げいないのはリサーチツールを真正面から使ってしまっているから
  • リサーチツールはそのまま使うのではなく少しずらして使うイメージをする
  • リサーチツールを使う側のリサーチ力も必要になる
  • 欧米輸入でオススメは「アマリストEX」と「PRIMA
  • 電脳せどりでオススメは「雷神」一択
【30日無料】PRIMAとは【10カ国のAmazonのデータを高速で収集できるリサーチツール】 【30日無料】PRIMAとは【10カ国のAmazonのデータを高速で収集できるリサーチツール】 【雷神】Amazon電脳せどりのリサーチツール【人間の8倍以上の作業を24時間自動でやる】 【激ヤバ購入特典あり】電脳せどりリサーチツール雷神とは【あなたの8倍自動で働く】

スポンサードサーチ

目次

【Amazon物販】リサーチツールは稼げないのか?【結論:使い方次第で余裕で稼げます】

【Amazon物販】リサーチツールは稼げないのか?【結論:使い方次第で余裕で稼げます】

まずは結論からです。

  • Amazon物販のリサーチツールが稼げないと言われる理由とは
  • リサーチツールは正しく使うのではなく斜めから使うイメージで使用する
  • 結局はツール利用者のリサーチスキルも重要になる

こんな感じ。
それぞれ深掘り解説します。

Amazon物販のリサーチツールが稼げないと言われる理由とは

結論からお伝えすると、リサーチツールの使い方で解説されているとおりに使っても稼ぎにくいということです。
理由は、みんな同じ使い方をするからどうしても飽和してしまいやすいためです。

稼げないと言っている人に話しを聞くと、ほとんどの人が普通に使っているだけ。

普通に使うということはその他大勢の普通に使っている人と同じデータ収集しかできないということです。

つまり飽和しやすく、思った通りに稼げない。

だから「リサーチツールは稼げない」という結論に至ります。

リサーチツールは正しく使うのではなく斜めから使うイメージで使用する

じゃあどのように使えばリサーチツールで稼ぐことができるようになるのか?
それは「まっすぐに使わず少し斜めから使う」が正解だと考えています。

日米のASIN一致抽出ツールを例に解説します

普通に使うと「抽出されたデータの中から利益が出る商品を仕入れる」が正解になります。

しかし上でも解説した通り、ほとんどの人はこの使い方をします。

つまり圧倒的に飽和しやすいということ。

では少し斜めから見てみましょう。

ASIN一致ツールを少し斜めから見ると面白い

普通に使えば圧倒的に飽和しやすい。
つまりその商品たちに大した価値はないということです。
じゃあどこを見ればいいのか?

例えば、

  • ASINが一致しているけどAmazon.comよりも安くで仕入れができる商品
  • ASINが一致しているけど一見すると利益があまり出ていない商品
  • ASINが一致しているけど一見すると赤字の商品
  • ASINが不一致の商品

ちょっと分類するだけでもこれだけあります。
これらをどのようにリサーチするかをそれぞれ解説します。

ASINが一致しているけどAmazon.comよりも安くで仕入れができる商品

まずこれですね。
通常なら「利益が出ている=そのまま仕入れ」という流れになるはず。
でもそうしてしまうと何度もお伝えしているようにすぐに飽和してしまう可能性があります。

ASINが一致していてもそのまま仕入れるのではなくて他のサイトなどでもっと安く仕入れが出来ないかをリサーチしてみましょう。

Amazon.comが一番安い仕入先ではない可能性があります。

ここでひと手間加えることができるか出来ないかが重要になります。

ASINが一致しているけど一見すると利益があまり出ていない商品

薄利の商品はツールで抽出した段階でリサーチ対象外にしがちですよね。
そのまま仕入れても利益が大きく出るわけではないので。

しかしこれも潜在的な利益商品の可能性は十分にあります。
上でも解説した通りAmazon.comが最安とは限りません。

他のサイトならもっと安く仕入れができる可能性もあります。

メーカーや卸業者に交渉をすれば安定して仕入れができる商品かもしれません。

このような薄利の商品はツールを使っていないセラーもスルーしがちです。

こういった商品をどこまでリサーチできるかが結構重要だったりします。

【欧米輸入】卸契約の交渉方法と狙うべきポイントをわかりやすく解説【コツはメリットを示す事】 【欧米輸入】卸契約の交渉方法と狙うべきポイントをわかりやすく解説【コツはメリットを示す事】

ASINが一致しているけど一見すると赤字の商品

ここはさらにスルーされる商品ですね。
明らかに赤字の商品をわざわざ詳しくリサーチする人は少ないと思います。

だからこそ本気でリサーチすべき商品です。

何度もお伝えしているようにAmazon.comから仕入れると赤字だったとしても、他ではそうとは限りませんよね。

【欧米輸入】Amazon.com以外の仕入れサイトを見つける3つの方法を紹介します 【欧米輸入】Amazon.com以外の仕入れサイトを見つける3つの方法を紹介します 【Amazon欧米輸入】Google検索を使ったリサーチ方法を解説【Amazon以外からの仕入れでライバルが激減します】 【Amazon欧米輸入】Google検索を使ったリサーチ方法を解説【Amazon以外からの仕入れでライバルが激減します】

ASINが不一致の商品

不一致商品も詳しくリサーチすべき商品です。
ASIN不一致商品に関しては実は結構簡単にリサーチができることも多いです。

例えば、Amazon.comでEANでリサーチをする。

ASINがズレていてもEANが一致していることは多いです。

他のサイトをリサーチしなくても比較的簡単に利益商品にたどり着くことも多いです。

【欧米輸入】高確率で利益商品が見つかるリサーチ方法をコッソリ解説【稼いでる人はココを見る】 【欧米輸入】高確率で利益商品が見つかるリサーチ方法をコッソリ解説【稼いでる人はココを見る】

結局はツール利用者のリサーチスキルも重要になる

こんな感じですね。

リサーチツールが見つけてきた商品をそのまま信用して仕入れるだけではダメ。
手にしたデータをどう使うかが非常に重要になります。

リサーチツールが見つけてくる利益商品は誰でも簡単に見つけることができる商品

つまりそれを知れたというだけでもリサーチツールを使っている意味はかなり大きいはず。
なぜなら、その商品をリサーチする無駄な時間を圧倒的に短縮できたから。

そう考えるとリサーチツールの必要性が理解できると思います。

あとはどれだけツールで簡単に抽出できなかった商品をリサーチできるかがポイントになります。

リサーチツールを使う=楽して稼げるではなく、リサーチツールを使う=時短できたと考える

おそらくほとんどの人はリサーチツールを使えば楽をして稼げると考えて導入する。
でも実際はそうではないから、期待から大きく外れてリサーチツール=稼げないという結論に至ります。

しつこいようですが、リサーチツールはまっすぐ使うのではなく斜めから使う。

そして無駄なリサーチを省くために使うものとして捉えましょう。


そう考えるとリサーチツールに対する印象が大きく変わるはずです。

リサーチで楽をしたいなら外注化も視野に入れる

リサーチツールで抽出したデータを外注さんに渡してリサーチをしてもらう。
これで飽和もしにくく利益率も高い商品をリスト化することが可能といえます。

リサーチの外注化をすることで、ほぼ自動で利益商品を集めることが出来ますよね。

ツールだけでは安定して稼ぐのが難しいかもしれませんが、更に外注さんを通してリサーチしてもらうことでほぼ自動の収益化を狙うことは可能です。

【Amazon欧米輸入】リサーチを外注化する方法を解説【コツはクライアントの気持ちを理解する事】 【Amazon欧米輸入】リサーチを外注化する方法を解説【コツはクライアントの気持ちを理解する事】 Amazon欧米輸入の自作ツールを作成する方法を解説【クラウドソーシングを使います】 Amazon欧米輸入の自作ツールを作成する方法を解説【クラウドソーシングを使います】

Amazon欧米輸入で本当に優秀なリサーチツール2選【PRIMAアマリストEX

Amazon欧米輸入で本当に優秀なリサーチツール2選【PRIMAとアマリストEX】

リサーチツールの使い方や考え方について解説します。
じゃあどんなツールがオススメなのか。

まずはAmazon欧米輸入でオススメなツールを2つ紹介しておきます。

この2つです。
それぞれの特徴を簡単に解説します。

PRIMA【最大10カ国のAmazonデータを抽出できる万能ツール】

まずはPRIMAから。
PRIMAの特徴はこちら。

  • ASINやEANだけで抽出可能
  • 全10カ国のAmazonデータを抽出できる
  • 抽出できるデータ量が超豊富
  • その分、月額料金が高めに設定されている

こんな感じ。
それぞれ深掘り解説します。

ASINやEANだけで抽出可能

KeepaなどでASINを集めて、あとはPRIMAに読み込ませるだけで簡単にデータの収集が可能です。
これはPRIMAに限らずアマリストEXでも同じです。

【保存版】KeepaでASINを一瞬で集める方法【10,000ASINを約5分でリスト化】 【保存版】KeepaでASINを一瞬で集める方法【10,000ASINを約5分でリスト化】 【無料】ASINFetcherでASINとセラーIDを抽出する方法【相性抜群のリサーチツールも紹介】 【無料】ASINFetcherでASINとセラーIDを抽出する方法【相性抜群のリサーチツールも紹介】 Keepaを使ってセラーIDを一括で集める方法をわかりやすく解説【セラーIDがあればリサーチ時間を短縮できます】 【Keepa】セラーIDを一括で集める方法をわかりやすく解説【リサーチが激速になる】

全10カ国のAmazonデータを抽出できる

PRIMAは全10カ国のAmazonからデータを抽出することが出来ます。

  • 日本
  • アメリカ
  • カナダ
  • メキシコ
  • イギリス
  • ドイツ
  • フランス
  • イタリア
  • スペイン
  • オーストラリア

ぶっちゃけここまで色んな国のAmazonからデータを取れるツールは少ないです。

データを抽出するには各地域の大口アカウントが必要になります。

しかし現在、特にヨーロッパではかなり大口アカウントの取得が難しくなっています。

逆にヨーロッパAmazonのアカウントを既に持っている人や今からでも取得できた人はかなり有利にリサーチができると思います。

抽出できるデータ量が超豊富

抽出できるデータの一覧はこちら。

PRIMA1
PRIMA2
PRIMA3
PRIMA4
PRIMA5
PRIMA6
PRIMA7

かなり多いです。

正直、ここまで多くのデータを抽出する必要はないです。

でもこれらのデータを上手く使いこなすことができればリサーチに有利なのは間違いないですね。

その分、月額料金が高めに設定されている

PRIMAの月額料金は7,980円です。
安いとは言えません。

しかし上で解説した通り、抽出できるデータがかなり多いので使いこなせば余裕で回収できる金額だと思います。

PRIMAは初回30日間は無料で利用できます。

興味がある人は試してみ損はないと思いますよ。

» 【30日無料】PRIMAを試してみる

PRIMAの登録方法と使い方をわかりやすく解説【オススメの設定方法とASIN抽出方法も公開します】 PRIMAの登録方法と使い方をわかりやすく解説【オススメの設定方法とASIN抽出方法も公開します】

アマリストEX【日米Amazonに特化した抽出ツール】

次にアマリストEXについて。
アマリストEXの特徴はこちら。

  • ASINやEANだけで抽出可能
  • 日米Amazonに特化した抽出ツール
  • 抽出できるデータは比較するのに必要最低限
  • その分、月額料金はPRIMAよりリーズナブル

こんな感じ。
それぞれ深掘り解説します。

ASINやEANだけで抽出可能

KeepaなどでASINを集めて、あとはアマリストEXに読み込ませるだけで簡単にデータの収集が可能です。
これはアマリストEXに限らずPRIMAでも同じです。

日米Amazonに特化した抽出ツール

アマリストEXPRIMAとは違い日米Amazonに特化したツールです。
アメリカ以外のAmazonからは仕入れる予定がないという人はアマリストEXで十分だと思います。

抽出できるデータは比較するのに必要最低限

アマリストEXで抽出できるデータはこちら。

  • タイトル(商品名)
  • カテゴリ
  • 販売価格
  • ASIN(仕入先)
  • 販売者
  • 出品者数
  • 仕入れ価格(ドル)
  • 仕入れ価格(円)
  • 価格差
  • 販売手数料
  • FBA手数料
  • サイズ
  • 重量
  • 利益
  • ランキング

PRIMAよりは少ないですが、通常のデータ比較であれば特に問題ないレベルですね。

その分、月額料金はPRIMAよりリーズナブル

アマリストEXの月額料金は5,000円です。
PRIMAよりはかなり安く抑えられていますね。

  • アメリカ以外からは仕入れる予定がない
  • データは必要最低限でOK
  • できるだけ安く使いたい

これらに該当するならアマリストEXで問題ないと思います。

【注意】アマリストEXは現在、新規の会員募集を停止しています。

理由はPA-の利用条件が変更される可能性があるから。

このあたりの情報が揃ってくれば再開される可能性があるので、アマリストEXを使ってみたい人は募集再開をお待ち下さい。

【無料体験あり】アマリストEXとは【Amazon欧米輸入リサーチ自動化ツール】 【無料体験あり】アマリストEXとは【Amazon欧米輸入のリサーチを自動化してくれるツール】

【必見】特別なツールを使わなくてもASIN一致商品を比較できる方法はあります

上で紹介したPRIMAアマリストEXはもちろん優秀なツールです。
しかしこれらのツールを使わなくてもASIN一致商品を比較できる方法はあります。

かなり有益な方法なのでブログ上には掲載していませんが、コンサルやマニュアル購入者さんにはプレゼントしています。

リサーチを圧倒的に効率化したい人には参考になる内容だと思います。

詳しくはこちら。

【無料体験あり】Amazon欧米輸入マニュアルの概要【6ヶ月で月20万円の粗利を目指します】 【無料おためし版あり】Amazon欧米輸入マニュアルの概要【6ヶ月で月20万円の粗利を目指す】

スポンサードサーチ

Amazon電脳せどりで本当に優秀なリサーチツールとは【雷神一択です】

Amazon電脳せどりで本当に優秀なリサーチツールとは【雷神一択です】

次にAmazon電脳せどりです。
電脳せどりの場合は「雷神」一択です。

ぶっちゃけ国内電脳せどりの自動リサーチツールとしては頭一つ飛び抜けている印象があります。

今でも進化し続けているので今後の動向にも期待ですね。

雷神の特徴はこちら。

  • 飽和を避ける条件設定がある
  • サブツールが優秀過ぎる
  • 動画やテキストで実践型のノウハウをかなり深く学べる

こんな感じ。それぞれ解説しますね。

ASINやJANだけでリサーチが自動でできる

これはリサーチツールなら当たり前の機能ですね。
ASINやJANをキーにして楽天市場やヤフーショッピングをリサーチしてくれます。

飽和を避ける条件設定がある

雷神は条件設定の幅が非常に広いです。

雷神/雷神極で抽出ができるデータ

このように様々な条件設定があるので他のセラーとも被りにくい商品を抽出することが可能です。

サブツールが優秀過ぎる

雷神は簡単に言うとツールの集合体です。
雷神というツールを中心に様々なツールを使うことが出来ます。

例えば、

主なサブツールはこんな感じ。
それぞれ簡単に解説します。

ブレイカー【ネットショップ情報収集ツール】

現在は19サイトの情報を数クリックで抽出できます。

ブレイカー

ブレイカーを使えばわざわざ1つ1つの商品をリサーチしなくても自動でデータを抽出してくれます。

そのデータを雷神で解析して利益商品を炙り出すことが出来ます。

セラーブレイカー【セラーリサーチの自動化ツール】

セラーブレイカーにセラーIDを登録しておくと毎日自動でセラーリサーチをしてくれます。
新規の商品が登録されればすぐに確認することが出来ます。

セラーブレイカー

今までは1つ1つセラーIDからセラーフロントを開いてリサーチする必要がありましたよね。

でもセラーブレイカーを使えばそれすらも自動化出来てしまいます。

これは電脳せどりプレイヤーだけではなく欧米輸入プレイヤーなどにも役立つ機能だと思います。

ミリオンサーチ【利益商品選別ツール】

雷神で抽出したデータを解析してくれるツールです。
様々な絞り込み条件を設定することで好みの商品だけを抽出することができます。

ミリオンサーチ

ミリオンサーチの設定をうまく活用することで収益を大きく伸ばすことができます。

上で解説した通り、ここがツールをうまく使いこなせるかそうでないかの分かれ道になると思います。


まっすぐ使うのではなく少し斜めに考えて使ってみると面白いかもしれません。

カートプラス【価格改定ツール】

雷神を契約している人だけが無料で使える価格改定ツールです。
プライスターとかマカド!のように価格改定ができたり商品の一元管理ができたりします。

雷神を使うのであればカートプラスを使うことで費用を抑えることができます。

ツールの完成度もかなり高いのでプライスターなどと遜色なく利用できますよ。

【価格改定ツール】カートプラスとは【雷神利用者は無料!非会員は業界最安レベル月額3980円】 【3ヶ月お試し無料】カートプラスとは【価格改定ツール業界最安レベル月額3980円】

動画やテキストで実践型のノウハウをかなり深く学べる

雷神を利用するメリットでもかなり上位を占めるのがこのサービスです。
実は雷神というツールは現役のせどらーさんが作っています。

つまり完全にプレイヤー目線で作られたツールということ。

プレイヤー目線なので僕たちにもかなり使いやすく、そして本当に稼げるロジックで作られています。

そしてそれだけでは終わらずに、動画やテキストでかなり詳しくサポートもしてくれています。

サポート内容は雷神の使い方だけではなくAmazonの基本的な攻略方法も掲載されている

ぶっちゃけ雷神を使わなくてもこのコンテンツを見るためだけに利用するのもありなくらい充実しています。
これは参加した人にしかわからないですが、全部しっかりと目を通して実践すれば稼げるようになる可能性は非常に高いと思います。

【Amazon物販】リサーチツールは稼げないのか?【まとめ】

【Amazon物販】リサーチツールは稼げないのか?【まとめ】

ということで最後にまとめます。

リサーチツールは稼げないのか?【結論:使い方次第で余裕で稼げます】
  • リサーチツールは使い方次第で余裕で稼げる
  • 稼げいないのはリサーチツールを真正面から使ってしまっているから
  • リサーチツールを使う時はそのまま使うのではなく少しずらして使うイメージをする
  • データを有効活用してメーカーや卸業者に交渉するのも有効
  • 薄利や赤字商品ほど真剣にリサーチをする
  • 抽出されたデータを外注さんにリサーチしてもらうとほぼ自動収益化も狙える
Amazon欧米輸入で本当に優秀なリサーチツール2選【PRIMAアマリストEX
  • 日米以外の地域もリサーチを自動化したいならPRIMAがオススメ
  • 日米かつ最低限のデータ収集でOKならアマリストEXがオススメ
Amazon電脳せどりで本当に優秀なリサーチツール【雷神一択です】
  • 雷神なら抽出以外のツールも揃っているので効率的にリサーチができる
  • カートプラスを使えばプライスターやマカド!を使わなくても価格改定ができる

ということで今回は以上です。
今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Amazon輸入ビジネスは儲からないのか?【結論:儲かるけど楽ではない】 Amazon輸入ビジネスは儲からないのか?【結論:儲かるけど最初から楽して儲けようとすると失敗します】 コロナ禍の今でもAmazon欧米輸入は稼ぐことができるのかを解説【結論:余裕で稼げます】 コロナ禍の今でもAmazon欧米輸入は稼ぐことができるのかを解説【結論:余裕で稼げます】
プレゼントバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください