FBA納品は160サイズのダンボールだと損する!【もっと格安で送れます】

FBA納品は160サイズのダンボールだと損する!

はいみなさんこんにちは~~~~。

ヒコマです。

悩む人

 

FBA用に160サイズのダンボールを格安で用意したい人

「FBAに送るとき受領サイズギリギリの160サイズのダンボールで送りたい。どこか160サイズのダンボールが格安で売っているところ知りませんか?

「そもそも160サイズで送ることが一番お得な方法なのだろうか・・・?

 

 

こういった疑問にお答えいたします。

 

この記事の内容

  • FBA納品に最適な160サイズのダンボールで厳選した2つを知ることが出来る
  • 160サイズでも受領拒否される例を紹介
  • 1個あたり数百円で送れる格安納品方法をご紹介

このような内容になっています。

 

この記事を書いている僕はAmazon輸入歴が6年ほどになります。

Amazonでの月商も常時400万円~450万円ほどをキープし月収は100万円ほどです。

Amazon売上実績

基本的に外注は使わずほとんどの作業を一人でやっています。

一人でもこれくらいまでは出来るんだぞ!って言うことが伝われば嬉しいです。

 

FBA納品の送料って高いですよね。

僕もいつも悩んでいます。

どうすれば今よりも安くFBAへ送れるか。

どうすれば160サイズのダンボールを安く仕入れできるか・・・。

僕も数えきれない回数のFBAに納品しているので「いかにFBA格安で送るか」を常に考えています。

今回は現段階で僕が最適と思う160サイズのダンボールの仕入れ方と、FBAへの格安納品方法をご紹介いたします。

FBA納品は160サイズのダンボールだと損する!

FBA納品は160サイズのダンボールだと損する!

まず、いきなりで申し訳ありませんがある程度の物量になってくると160サイズのダンボールでは損する可能性が高いです。

 

160サイズのダンボールが2箱以上になるなら次の章で紹介するヤマト便を使うことをオススメします。

 

しかしまだまだ物量が少なく160サイズで送りたい方もいらっしゃると思います。

なので、まずは160サイズのダンボールで出来るだけ安くFBA納品する方法をお伝えしますね。

FBAの受領可能サイズとその他のルールについて

サイズは50cm x 60cm x 50cm以下のダンボールを選ぶ

まずFBAの受領可能サイズの最大について。

Amazonでは小型・標準サイズの受領サイズの最大が160サイズと決まっています。

それ以上ダンボールが大きければ受領拒否される可能性があるの注意してください。

 

三辺の最大も決まっています。

50cm x 60cm x 50cmより小さい

このように規定があります。

 

例えば

49cm x 62cm x 49cm

この場合も160サイズになります。

しかし62cmが三辺の規定サイズ外になるのでサイズオーバーと判定され受領を拒否される可能性があります。

納品するときは必ず50cm x 60cm x 50cm以下のダンボールを選びましょう。

 

ちなみに重さの最大は30kg以内です。

その他、注意すべきルールについて

ここで簡単にその他の注意すべきルールについても解説しておきます。

 

受領されないダンボール例

  • 破損や汚れがあるもの
  • 複数のダンボールを束ねてあるもの
  • 耐久性のないダンボール
  • 改造したダンボール

 

以上のようなダンボールは160サイズ以内であったとしても受領を拒否される可能性があります。

FBA受領拒否される例
FBA受領拒否される例

引用:https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/external/200280260?language=ja-JP&ref=efph_200280260_cont_200141500

このようなダンボールはFBAでは受領拒否される可能性があるので十分に注意してください。

受領拒否されるとFBAまでの往復送料をあなたが負担することになります。

また納品も遅れてしまい販売機会損失も生じます。

 

Amazonの公式ページに更に詳しく記載があるので併せて参考にしてみてください。

参考 Amazonへの個口配送Amazon.co.jp

ダンボールを買わずに貰いに行くという方法

それではここからは格安で160サイズのダンボールを準備する方法です。

まず1つ目が貰いに行くという方法。

格安というより無料ですね。笑

 

近くのスーパーや薬局に行くと、お店の端っこ辺りに「ご自由にお持ち帰りください」と書いてダンボールが積んであることがあります。

もしそういったコーナーが無ければお店の人にダンボールをほしい旨を伝えましょう。

裏に取りに行ってくれることがあります。

 

ダンボール代を節約したいならこういったところで貰ってくるのも一つの手段です。

僕は少し恥ずかしいのであまりしませんけどね(^^;

 

ただしこういった場合、ピッタリ160サイズというのは少ないです。

どうしても大きすぎたり小さかったりします。

 

無料で調達できるので贅沢は言えませんが、その部分は覚悟しておきましょう。

160サイズのダンボールを買うならこの2つ

次に購入する場合です。

僕がいろいろと調べた結果、FBAに最適なダンボールを2種類見つけました。

 

160サイズと言っても形はたくさんあります。

FBAに納品するダンボールならできるだけ50cm x 60cm x 50cmのサイズに近いものを選びましょう。

そうすることで無駄なく納品することが出来ます。

 

一番無駄なのが150サイズなどのダンボールです。

日本郵政、ヤマト運輸、佐川急便などで送る場合、150サイズという発送サイズはありません。

150サイズで発送すると料金は160サイズと一緒になります。

150サイズを使うなら140サイズか160サイズのダンボールを選びましょう。

 

今回、厳選して選んだダンボールはどちらも160サイズでFBA規格ギリギリに設計されているため無駄なく納品することが出来ます

 

↑は本体価格は安いのですが送料が少々割高です。

こちらから購入する場合は20枚以上などでまとめて購入することをオススメします。

 

 

楽天やYahoo!ショッピングで購入する場合は出来るだけポイントが付与されるように意識しましょう。

この辺りについてはまた別の記事にまとめますね。

今よりももっと安くFBAに納品する方法

今よりももっと安くFBAに納品する方法

ヤマト便を使うと40%くらい送料を抑えることもできる

FBA納品をするとき、ダンボールのサイズを160サイズにこだわる必要はありません

なぜなら160サイズをパンパンに詰めて送ることが目的ではなく、いかに安く送るかが目的のはずだからです。

 

なので160サイズよりも小さなダンボールでも安く済むならそれでOKなはずですよね。

 

ヤマト便ならそれが可能です。

わかりやすいようにヤマト運輸とヤマト便を比較してみましょう。

例:神戸→小田原FC

 

ヤマト運輸で160サイズを2つ送った場合 4,276円

ヤマト便で160サイズを2つ送った場合  4,267円

ヤマト便で80サイズを4つ送った場合    2,453円

160サイズ2つを80サイズ4つにするだけで1,800円近くも安くなりました。

約4割引きですね。

 

ヤマト便の場合、【実重量】もしくは【容積換算重量】のどちらか思い方の計算になります。

上の例では【容積換算重量】で計算をしています。

 

もし80サイズ4箱の【実重量】40kg程度あったとしても2,885円で小田原まで送れます。

 

どうですか?

ヤマト便を使うと160サイズに詰めて送るより圧倒的に安いですよね。

 

下の記事にヤマト便について詳しくまとめていますので併せて参考にしてみてください。

ヤマト便とはヤマト便の料金を格安に抑えてFBA納品する方法

エコムー便を使えば近くの倉庫までなら格安

どうしても物量が足りなくて160サイズ1個で送りたい場合。

その場合はエコムー便というサービスはを使うのも一つの手です。

エコムー便
参考 エコムー便エコムー便

エコムー便はFBAまでの配送を格安で行ってくれるサービスです。

ただし条件としては比較的自宅から近いFCへの納品だけが格安になります。

それ以外はあまり恩恵を受けることが出来ません。

 

また住んでいる地域によっても安くならないことがあります。

料金表を確認して安くなりそうなら使うイメージで利用してみてもいいかもしれません。

参考 料金体系エコムー便

まとめ

いかがでしたか?

FBA納品に最適な発送方法はわかりましたか?

 

FBA納品のダンボールは160サイズにこだわる必要はありません。

目的はいかに安く送るかです。

 

なので必要に応じてヤマト便やエコムー便も利用してみてはいかがでしょうか?

 

それでは今回も最後までお読みいただきましてありがとうございましたm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください