»【無料】超有料級Amazon欧米輸入スタートアップマニュアルはこちらをクリック

Amazon輸入ビジネスは儲からないのか?【結論:儲かるけど最初から楽して儲けようとすると失敗します】

Amazon輸入ビジネスは儲からないのか?【結論:儲かるけど楽ではない】

はいみなさんこんにちは~~~~。
ひこーる(@hiko_ru)です。

悩む人
悩む人

Amazon輸入ビジネスって儲かるの?儲かる人と儲からない人の違いは?楽しても受けたいけど・・・

こういった疑問や悩みにお答えいたします。

この記事のテーマ

Amazon輸入ビジネスは儲からないのか?【結論:儲かるけど最初から楽して儲けようとすると失敗します】

この記事の内容

  • Amazon輸入ビジネスは儲からないのか?【結論:儲かるけど楽ではない】
  • Amazon輸入ビジネスで儲からない人の特徴5つをまとめました【これを辞めれば稼げる確率UP】
  • Amazon輸入のスキルを身につければ他のビジネスにも応用出来る

このような内容になっています。

この記事の信頼性

この記事を書いている僕のメインの仕事はAmazon輸入というものになります。海外から商品を仕入れて日本のAmazonで販売をしています。販売歴は8年ほどになりました。Amazonだけの最高月収は120万円ほどです。他にもブログやアフィリエイト、投資など幅広くやってます。

売上実績

読者さんへの前置きメッセージ

この記事では「Amazon輸入ビジネスって儲からないの?という疑問に回答する内容です。結論としては、儲かるけどメチャメチャ楽ではないという回答になります。メチャメチャ楽ではないけどしっかりと真面目に取り組めば再現性も高く、更に他のビジネスにも応用しやすいので将来的には「やってよかった」といえるビジネスだと思います。Amazon輸入ビジネスに興味がある人には参考になると思います。

この記事の結論

  • Amazon輸入ビジネスは儲かるけど最初から楽して稼ぐのは難しい
  • でも継続してやることをやっていけば再現性はかなり高い
  • ツールに頼りすぎたり計算が雑だったりすると難しい
  • Amazon輸入ビジネスで稼げるようになると応用して他のビジネスでも稼ぐことができる

スポンサードサーチ

目次

Amazon輸入ビジネスは儲からないのか?【結論:儲かるけど最初から楽して儲けようとすると失敗します】

Amazon輸入ビジネスは儲からないのか?【結論:儲かるけど楽ではない】

結論から。

  • Amazon輸入ビジネスは儲かるけど最初から楽して儲けようとすると失敗する
  • Amazon輸入ビジネスが最初から簡単に儲からない主な理由は3つ
  • Amazon輸入ビジネスは正しい方向で継続できれば再現性が高く儲かりやすい

こんな感じ。
それぞれ深掘り解説します。

【結論】Amazon輸入ビジネスは儲かるけど最初から楽して儲けようとすると失敗する

Amazon輸入は儲かりますが最初から簡単に儲かるわけではありません。
しかし正しい方法で継続することができれば再現性も高いので稼ぐことは難しくありません。
理由は後ほど詳しく解説します。

しっかりと取り組めば月10万円は余裕

Amazon輸入はリサーチが重要です。
このリサーチのスキルを身につけることができれば月10万円程度なら簡単に稼ぐことが出来ます。

逆にリサーチをしっかりとしなければ稼げません。

リサーチツールに全部任せることはできない

ツールや外注化をうまく利用することでほぼ時間を使わずに稼ぐことは可能です。
しかしあくまでもツールはツールです。
ツールは使う人のスキルが必要になります。

つまりまずは自分のスキルを上げる必要があります。

最初からツールだけを使って儲けることはかなり難しいです。

Amazon輸入ビジネスが最初から簡単に儲からない主な理由は3つ

最初から儲からない理由3つはこちら。

  • 理由①:ライバルが一定数いる
  • 理由②:ツールが充実している
  • 理由③:リサーチスキルが必要

理由①:ライバルが一定数いる

Amazon輸入ビジネスはすでに10年以上前から存在するビジネスモデルです。
僕が始めた8年前でも、すでに飽和していると言われていました。

つまり僕が参入した8年ほど前からすでにビジネスモデルとして確立していたことになります。

ビジネスモデルが確立している=専業で稼いでいる人がいるということ。


Amazon輸入で稼ぐのは専業に混じって戦うということです。

だから片手間で簡単に儲けることは難しいと言えます。

理由②:ツールが充実している

Amazon輸入ではすでに有料無料問わずにツールが充実しています。
ツールを使えば簡単に日本と海外のAmazonの価格差などを比較することが出来るようになりました。

つまりツールでも見つけることが出来る商品はすぐに飽和するということです。

ツールに頼り切ったリサーチでは、そういった商品しかリサーチ対象にならないので儲けることができないということです。

理由③:リサーチスキルが必要

理由①②のことからある程度のリサーチスキルを身に付けないと儲けることが難しいということになります。

逆にリサーチスキルさえ付けてしまえば比較的簡単に儲けることが出来るビジネスモデルです。

Amazon輸入ビジネスは正しい方向で継続できれば再現性が高く儲かりやすい

上でもお伝えしたとおり、しっかりとビジネスとして向き合えばまだまだ儲けることができます。

そもそもビジネスはそんなに簡単ではない

Amazon輸入に限らずですが儲けることは簡単ではないですよね。

「誰でも簡単にスキルなく儲かる」はないと思った方がいいです。

リサーチの自力をつける

Amazon輸入で稼ぐならリサーチ力を付けましょう。
それだけです。

リサーチする力をつければAmazon輸入は簡単に稼ぐことが出来るようになります。

更に輸入だけではなく国内転売にも活かすことが出来るのでスキルの汎用性はかなり高いです。

常に考えて動き続ける必要がある

どうやって儲けるかを考えます。
Amazon輸入の場合は、

  • 安く仕入れができるタイミングは?
  • 安く仕入れができる場所は?
  • 高く売るタイミングは?
  • いつ売るのがベスト?
  • 価格は追従するべき?

これはあくまでも例ですが、こういったことを常に考えています。
ライバルよりも安く仕入れてライバルよりも高く売る。
これを考えながら取り組むことができればAmazon輸入は儲けることができますよ。

Amazon輸入ビジネスで儲からない人の特徴5つをまとめました【これを辞めれば稼げる確率UP】

儲からない人の特徴をまとめてみた【5選】

まずは結論から。

  • 楽に稼げると思い込んでいる
  • リサーチツールに頼り過ぎる
  • 計算が雑
  • リサーチしている時間に満足している
  • 固定費が圧迫している

こんな感じ。
それぞれ深掘り解説します。

楽に儲かると思い込んでいる

ネット上の情報を見ていると「Amazonで楽に儲けよう」というような情報も多く目にします。
これを間に受けて「Amazon=楽に儲けることが出来る」と思い込んでいる人もいるはず。

実際はそうではありません。

しっかりと時間を使ってスキルを身につける必要があります。

理想と現実のギャップで諦めてしまう

楽に儲けるという情報を見てAmazon輸入ビジネスを始めてみたけど、現実はそんなに簡単ではなかった。
こういった場合、儲かるようになる前に諦めてしまいます。

お伝えしているようにAmazon輸入はリサーチのスキルを身につけることができれば儲けることができます。

そこまで実践せずに諦めると儲けることができません。

リサーチツールに頼り過ぎる

Amazon輸入では活用できるツールがたくさんあります。
僕のブログではリサーチツールを使うのであれば、アマリストEXかPRIMAをオススメしています。

リサーチツールを売ることを仕事にしている人もいる

Amazon輸入に挑戦しようとする人にツールを売ることを仕事にしている人もいます。

「ツールを売る仕事=ツールをよく見せる仕事」ですよね。

もちろん有益なツールもありますが、ツールだけを使って儲けることは現実的には難しいです。

リサーチツールを真正面から使っても有益な商品はなかなか見つからない

ツールを使えば利益商品がゴロゴロ見つかると思いっている人も多いかと思います。
実際はコロッコロッくらいです。

理由は、ツールで簡単に抜き出せるということは他の人からしても同じ条件だからです。

つまりライバルが増えやすく飽和しやすい。

飽和すると価格を落とさないと売れないので結局赤字になっていまうということです。

リサーチツールを使うのであればうまく使いこなす必要がある

しかし全く稼げないというわけではありません。
ツールどう使うかは使う人次第。

真正面から使って利益が出ないならちょっとだけ斜めから使えばいいということです。

僕自身、今でもリサーチツールを使って効率的にリサーチをしています。

リサーチツールは使い方で全然印象が変わるので、ツールを使うならどう使えばいいか考えて試行錯誤してみましょう。

計算が雑

Amazon輸入は国際送料や関税や消費税などの計算が必要です。
国内転売にはない項目ですよね。

計算が大雑把すぎると大きな損失になる

国際送料や関税、消費税の計算が大雑把過ぎると大きな損失に繋がる可能性があります。
自分で計算できていると思って仕入れても、実際には赤字だったということも多くあります。

ちなみに僕の8年間の経験が詰まったAmazon欧米輸入マニュアルには国際送料や関税、消費税などが簡単に計算できる「オリジナル収支表」が特典として付いています。

Amazon欧米輸入で稼ぎたいと考えている人には参考になるかもしれません。

今なら限定特典で僕のリサーチ方法もそのままプレゼントしています。

リサーチしている時間に満足している

僕も昔そうだったんですが、「今日は3時間やったからOK ♪」とPCの前に座った時間に満足しているときがありました。

サラリーマンの場合はそれで良いときもあります。

しかし事業主の場合はそれでは意味がありませんよね。

◯時間やったかではなく◯万円儲けたかを意識する

事業主なら働いた時間は何時間だろうが関係ありません。
自分で儲けないと意味がないです。

つまり「3時間頑張ったからOK!」ではなく「3万円分の見込み利益分を仕入れたからOK!」じゃないと意味がありません。

3時間で3万円分の利益商品を仕入れるより、30分で3万円の利益商品を仕入れることが事業主に求められることです。

固定費が圧迫している

儲けても儲けても手元にお金が残らないことがあります。
これは以下の理由が考えられます。

  • お金が商品に変わっているから増えている気がしない
  • 利益と同じくらいツールや固定費、外注に費やしている
  • そもそも計算間違いをしている

こんな感じ。
計算間違いについては上でも解説したので省きます。
利益が出ているのにお金が増えていないと感じる場合は在庫の整理が必要かもしれません。

利益に対してツール代が高すぎる

ツールは月額利用のものが多いです。
これが利益額に対して多すぎると当然ですが圧迫します。

ツールを導入するときは必要最低限で順序を守って導入することをオススメします。

僕が最初に導入したのはプライスターでした。

理由はリサーチに集中するためです。

最低限必要なツールは3つ+1つ

Amazon輸入で僕が必須だと思う有料ツールはこの4つ。

利益に対して外注費が高すぎる

ツールと共に固定費が大きくなりがちなのが外注費です。
Amazon輸入の主な外注は以下です。

  • リサーチ外注
  • 納品外注

大きく稼いでいくには業務の外注化は必須といえます。
しかしあまり稼げていない段階から外注化を進め過ぎると赤字になる可能性もあるので注意が必要です。

リサーチの外注化は利益が出るようになってからがオススメ

リサーチは自分で出来るようになってから外注しましょう。
そうしないと依頼した時に正しいリサーチを依頼することができません。

依頼方法が正しくなければリサーチは思ったように進みませんし、費用だけが無駄にかかってしまう可能性もあります。

外注化したいのであれば、まずはあなた自身が成長する必要があります。

スポンサードサーチ

Amazon輸入のスキルを身につければ他のビジネスにも応用できる

Amazon輸入のスキルを身につければ他のビジネスにも応用出来る

「Amazon輸入は儲からないのか?」についてはこんな感じです。
「ビジネスとしてしっかりと向き合えば稼げそう」というのは何となく分かっていただけたかと思います。
最後にAmazon輸入ビジネスを真面目に取り組むとどうなるかを解説します。

  • Amazon輸入はビジネスの基礎を学ぶ場として最適
  • Amazonができるようになれば他の転売でも余裕で稼げる

それぞれ解説します。

Amazon輸入はビジネスの基礎を学ぶ場として最適

Amazon輸入は誰でも楽に儲けることはできませんがビジネスの基礎を学ぶ場としては最適です。
理由は以下です。

  • リスクが低い
  • ちょうど良い参入障壁
  • 「売る」ことは簡単

リスクが低い

物販ビジネスって普通は数十万円や数百万円をかけてビジネスの準備をしますよね。
場所代もそうですしお店の準備も必要です。
でもAmazonを使えば限りなくリスクを低くしてビジネスをスタートすることができます。

最低限の費用とすればAmazon販売アカウントの月額費と仕入れ代のみです。

これだけ安くで始められて物販の基礎が学べるビジネスモデルはかなり限られていると思います。

ちょうど良い参入障壁

Amazon輸入って聞くとどう思いますか?
おそらく「輸入ってちょっと難しそう・・・」って思うと思います。
でも実際に始めてみるとそんなに難しくありません。

このちょうど良い参入障壁があるおかげで、国内の転売よりもライバルが少ないです。

ライバルが少ないので儲けやすい場でもあります。

「売る」ことは簡単

Amazonは最強のネットショップですよね。
例えば、商品名を適当にググればAmazonのサイトが3番目以内には出てきます。

つまり集客はAmazonが勝手にやってくれます。
僕たちセラーは「いかに安く仕入れるか」だけに集中することができます。

物販の中でもいちばん重要な「安く仕入れる」を学ぶ場としては最高の場所と言えます。

Amazon輸入が出来るようなれば他の転売も余裕

Amazon輸入ができれば国内転売も余裕でできます。
理由は「やってることは同じだから」です。

海外で仕入れるか国内で仕入れるか

結局、Amazon輸入と言ってもやってることは同じです。
であれば国内で仕入れることも簡単ですよね。

むしろ海外というちょっと難易度の高い場所を経験していれば国内転売は簡単に見えるはずです。

仕入れる場所が変わるだけで基本は同じ「安く買って高く売る」

Amazonを使えば「仕入れる場所」が変わるだけで「売る」作業は全く同じです。

Amazon輸入のスキルを付ける=ネット物販は何でも出来る

ということでAmazon輸入のスキルを付けてしまえば、他のネット物販にも簡単に応用することが出来るようになります。
最初はリサーチに時間がかかって大変な時間もあります。

事実、僕も副業のときは仕事から帰宅して3~4時間リサーチして仕事してを繰り返していました。
正直フラフラになる時もありました。
でも自力を付けてしまえばあとは簡単になります。

ツールを使いこなしてもいいですし、外注さんを教育してリサーチしてもらってもいいです。

最初は大変ですが乗り越えれば月に数十万~数百万円は儲けることが出来るので副業の取っ掛かりとしてはかなりオススメなビジネスモデルと言えます。

つまりAmazon輸入はしっかりとやれば儲かるビジネスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください