»【無料】超有料級Amazon欧米輸入スタートアップマニュアルはこちらをクリック

PRIMAはいらないのか?【結論:稼いでいる相乗りセラーはだいたい使ってます】

PRIMAはいらないのか?【結論:稼いでいる相乗りセラーはだいたい使ってます】

はいみなさんこんにちは~~~~。
ひこーる(@hiko_ru)です。

悩む人
悩む人

リサーチ自動化ツールのPRIMAってどうなの?使う価値はあるの?本当に稼げるのか知りたい。

こういった疑問や悩みにお答えいたします。

この記事のテーマ

PRIMAはいらないのか?【結論:稼いでいる相乗りセラーはだいたい使ってます】

この記事の内容

  • PRIMAはいらないのか?【結論:稼いでいる相乗りセラーはだいたい使ってます】
  • ASIN一致商品をほぼ自動でリサーチできる【ただしASIN一致はライバルが増えやすい】
  • 【超重要】PRIMAで”うまく抽出できなかった商品の取り扱い”が稼げるセラーとそうじゃないセラーを分ける
  • 【PRIMAを使って稼ぐコツ】ASIN一致でも不一致でもAmazon.com以外のリサーチを忘れない

このような内容になっています。

この記事の信頼性

この記事を書いている僕のメインの仕事はAmazon輸入というものになります。海外から商品を仕入れて日本のAmazonで販売をしています。販売歴は8年ほどになりました。Amazonだけの最高月収は120万円ほどです。他にもブログやアフィリエイト、投資など幅広くやってます。

売上実績

読者さんへの前置きメッセージ

この記事ではリサーチ自動化ツールのPRIMAがあなたにとって必要なのかどうかを詳しく解説しています。リサーチってできるだけ効率化したいですよね。でも高額な月額費を払って稼げなかったら嫌だし。そんな人に向けてPRIMAはどんなツールでどんな人に向いているのかをわかりやすく解説します。PRIMAの利用に悩んでいる人には参考になると思います。

この記事の結論

  • PRIMAの本来の目的は「リサーチしなくていい商品」を見つける事
  • ASIN一致商品にリサーチ時間を割くのはもったいない
  • ASIN一致はツールで抽出できてライバルも増えやすいので条件が良い商品だけ仕入れる
  • ASIN一致商品と不一致商品を切り分け出来るだけでもPRIMAを使う価値はある
  • リサーチすべきはツールで抽出できないようなASIN不一致商品やAmazon.comでは仕入れが出来ない商品

スポンサードサーチ

目次

PRIMAはいらないのか?【結論:稼いでいる相乗りセラーはだいたい使ってます】

PRIMAはいらないのか?【結論:稼いでいる相乗りセラーはだいたい使ってます】

PRIMAを使ってみて稼げないという人はおそらく使い方を間違っている可能性が高いです。
リサーチツールは利益商品を見つけるために使うのではありません。

リサーチしなくてもいい商品を見つけるためにあると僕は考えています。
つまりツールを動かすだけで利益商品が簡単に見つかると思って使うとイメージ通りに利益商品が見つからず「PRIMAは稼げない」となります。

  • PRIMAを使うと更に売上UPが見込める人の特徴を紹介します
  • PRIMAで抽出された商品だけを仕入れようとするから稼ぎにくい
  • 利益が出ない商品をリサーチしなくて済むと考えると見え方が変わってくる

PRIMAを使うと更に売上UPが見込める人の特徴を紹介します

まずは結論から。

  • Amazon欧米輸入で並行輸入品を相乗り出品している人
  • リサーチ時間を今よりも短縮したい人
  • 効率のいいリサーチツールを探している人

これらに当てはまる人なら使って損はないと思います。

Amazon欧米輸入で並行輸入品を相乗り出品している人

Amazon欧米輸入で並行輸入品を相乗り出品しているならほとんどの人はAmazon.comからも仕入れをしているはず。
であればPRIMAを使わないと圧倒的に損していると思います。

なぜなら、ほとんどの商品はASINが一致していて手動でリサーチをする必要がないから。

PRIMAを導入すればASIN一致商品は自動で一括リサーチが出来ます。

ツールで自動的にできることを手動で時間をかけてやるのは時間がかなりもったいないです。

リサーチ時間を今よりも短縮したい人

PRIMAを導入することでリサーチ時間は間違いなく短縮できます。
今まで1件1件手動でやっていたリサーチのほとんどの部分をPRIMAに任すことができるからです。

PRIMAであれば数千件でも数万件でも文句も言わずにあなたに変わってリサーチをし続けてくれます。

効率のいいリサーチツールを探している人

リサーチに慣れてくるとだんだん効率化したくなると思います。
僕自身もそうでした。

そんな時に見つけたのがPRIMAです。
ぶっちゃけ今までの時間は何だったんだってくらい効率化できます。

リサーチを効率化するにはツールが必須です。
効率化を検討している人はPRIMAを使ってみてもいいかもしれません。

PRIMAで抽出された商品だけを仕入れようとするから稼ぎにくい

PRIMAを使って稼げていない人はおそらく抽出された商品だけを見ているから。
抽出できる商品はASIN一致商品ですし、他のセラーも簡単に抽出できるので稼ぎにくいのは当たり前です。

PRIMAを使ってリサーチをするのであれば、抽出できなかった商品に注目してみると面白いです。

利益が出ない商品をリサーチしなくて済むと考えると見え方が変わってくる

この考え方が非常に重要になります。
大切なのでもう一度書きます。

利益商品を見つけるのではなくリサーチしなくて良い商品を見つける事が出来る。

これを理解して使うと、PRIMAの見え方や使い方が変わってくるはずです。

もう少し詳しく解説していきます。

ASIN一致商品をほぼ自動でリサーチできる【ただしASIN一致はライバルが増えやすい】

ASIN一致商品をほぼ自動でリサーチできる【ただしASIN一致はライバルが増えやすい】

ASIN一致商品の比較をするツールなので、まずはこういった商品のリサーチに使います。
ただし、ASIN一致商品は簡単に抽出ができるのでライバルも多いです。

もう少し詳しく解説します。

  • ASIN一致商品はツールで簡単に抽出できるから手動でリサーチする必要はない
  • ASIN一致商品はツールで簡単に抽出できるからライバルが増えやすい

こんな感じ。
それぞれ解説します。

ASIN一致商品はツールで簡単に抽出できるから手動でリサーチする必要はない

ここはかなり重要です。
PRIMAを使えばリサーチ対象のASINを適当に収集して後は任せるだけです。

1000件でも10,000件でも稼働させておけば自動でリサーチをしてくれます。

それこそあなたが寝ていても他の作業していても、子育てをしていてもお風呂に入っていても。

ASINの抽出も簡単にできる

KeepaのPremium Data Accessなどを使えばASINも簡単に収集することが出来ます。

KeepaでASINを集めてPRIMAに登録すればあとは自動でリサーチが進んでいきます。

例えば、ASIN一致商品のリサーチを手動でやったとしましょう

リサーチを1件するのに2分かかったとします。
そうすると、1000件で2000分が必要になる計算になりますよね。
つまり約33時間。

でもPRIMAでデータを抽出すればツール稼働の設定などだけで5分ほど。
圧倒的にリサー時間が短縮される事がわかると思います。

毎月少しのお金を払えばツールで自動でできることを貴重な時間を使ってやるのは効率が良いとは言えません。

貴重な時間は正しい方向に使うようにする

コツコツする事は大切ですが、そのコツコツは本当にあなたがやるべきこと、あなたにしかできない事に時間を割くべきだと僕は考えています。

上でも説明した通りASIN一致商品はPRIMAを使えば1000件でも10,000件でも数分の僕たちの作業は終了です。
あとはツールが勝手に情報を集めてくれるのを待つだけ。

ツールができるような単純作業に時間をかけるのではなく、あなたのしかできない作業に貴重な時間を割きましょう。

ASIN一致商品はツールで簡単に抽出できるからライバルが増えやすい

ASIN一致商品はPRIMAで簡単に抽出することができます。
つまりPRIMAを使ってリサーチしているセラーにはかなり見つかりやすい商品ですよね。

もちろんPRIMAを使っていなくてもASIN一致商品はリサーチしやすいのでライバルが増えやすいです。

ライバルが増えやすいという事は価格競争が起こりやすいということ。

価格競争が起こりやすいという事は利益が取りにくい商品ともいえます。

ASIN一致が全く稼げないか?と言われるとそうではありません。

しかしずっと稼ぎ続けられるような商品ではないので、あなたの貴重な時間を全力でそこに注ぎ込む必要はないと思います。

スポンサードサーチ

【超重要】PRIMAで”うまく抽出できなかった商品の取り扱い”が稼げるセラーとそうじゃないセラーを分ける

【超重要】PRIMAで”うまく抽出できなかった商品の取り扱い”が稼げるセラーとそうじゃないセラーを分ける

ここが重要。
まずは結論をまとめます。

  • 稼いでいるセラーはASIN不一致商品やAmazon.comで仕入れが出来ない商品を詳しくリサーチする
  • 面倒なリサーチが必要な商品はライバルが減る
  • ASIN不一致商品を炙り出すことができるだけでもPRIMAを使う価値はある

こんな感じ。
それぞれ解説します。

稼いでいるセラーはASIN不一致商品やAmazon.comで仕入れが出来ない商品を詳しくリサーチする

こういった商品の扱い方が稼げるセラーとそうじゃないセラーを分けることになります。
ASIN一致商品はツールでリサーチしやすくライバルも増えやすいので全力でリサーチする商品ではありません。

PRIMAで自動でリサーチしつつ条件が良い商品だけを拾っていくイメージでOK。

あなたが全力を注ぐべきはツールでうまく抽出できなかった商品たちです。

【Amazon欧米輸入】ASIN不一致商品とは【うまくリサーチすればお宝商品がザックザク】

例えばASIN不一致やAmazon.comに売っていないもしくは売り切れている商品など

ツールで抽出ができない商品は手動でリサーチするしかありません。
もしくは外注化で外注さんにリサーチを依頼するなど。

どちらにしてもツールではなく人がリサーチをしないと利益商品を見つけることが出来ません。

そういう商品からは、楽をしたい、ツールでしかリサーチをしないというライバルは自然といなくなります。

こういったところに良い商品は眠っています。

【欧米輸入】高確率で利益商品が見つかるリサーチ方法をコッソリ解説【稼いでる人はココを見る】

面倒なリサーチが必要な商品はライバルが減る

ライバルが少なくなるという事は回転が良かったり利益率が良かったりします。
つまり狙うべきはこういった商品ということ。

めんどくさいと思うかもしれませんが、ツールを使ってデータを抽出するだけで誰でも稼げるならみんなお金持ちです。

みんなが面倒だなとか、やりたくないなと思うことをすることでやっとお金が稼げると思った方がいいです。

ASIN不一致商品を炙り出すことができるだけでもPRIMAを使う価値はある

PRIMAを使わなければ、ASIN一致も不一致も手探りでリサーチをすることになります。
頑張ってリサーチをしたのに結局ASIN一致商品ですぐに飽和、価格競争が起きたら悲しいですよね。

だからこそASIN一致と不一致を切り分け出来るPRIMAには価値があると言えます。

【PRIMAを使って稼ぐコツ】ASIN一致でも不一致でもAmazon.com以外のリサーチを忘れない

PRIMAでリサーチをしてASIN一致商品で利益が出る商品を見つけたとします。
それをそのまま仕入れてはもったいないです。

ここからはリサーチの例を紹介します。

  • もっと安く仕入れができるタイミングがあるかもしれない
  • もっと安く仕入れができるショップがあるかもしれない
  • メーカーや卸業者から仕入れができるかもしれない

この3つの「かもしれない」を忘れずにやってみるといいです。
それぞれ詳しく解説します。

もっと安く仕入れができるタイミングがあるかもしれない

仕入れのタイミングが重要です。
利益が出るならもちろんそのまま仕入れてもいいですが、もしかするともっと安く仕入れができるタイミングがあるかもしれません。

Keepaのランキンググラフなどで過去の販売価格も確認をしておきましょう。

もっと安く仕入れができるタイミングがあるならトラッキングの設定も忘れずに。

もっと安く仕入れができるショップがあるかもしれない

Amazon欧米輸入の仕入れ先はAmazon.comだけではありません。
他にも数え切れない位のショップがあります。

例えば、

  • eBay
  • Walmart
  • macy’s

ぶっちゃけ仕入れが出来るショップは挙げきれないくらいあります。
こういったショップをリサーチすることで更に安く仕入れができる可能性があります。

そのまま仕入れる方が楽ですが、ビジネスとして長く安定して稼ぎたいのであればもっと深く掘り下げるリサーチ練習していきましょう。

メーカーや卸業者から仕入れができるかもしれない

Amazon欧米輸入の最終目標はここだと思います。

まずは小売転売から初めて最終的にはメーカーや卸業者と直接取引。
もしくはOEMなどで自社製品の販売をすること。

ここをゴールとするならば、早いうちからメーカーやおろし業者等と交渉する練習をしていてもいいと思います。

利益が出そうな商品を見つけたらメーカーサイトや卸業者のページを見つけて積極的に交渉する癖をつけていきましょう。

そうすることで少しずつ安定した利益商品のリストができます。

スポンサードサーチ

【結論】PRIMAを使うと不要なリサーチ時間を短縮して本来リサーチすべき商品に集中できる

【結論】PRIMAを使うと不要なリサーチ時間を短縮して本来リサーチすべき商品に集中できる

ということで結論です。
簡単に最後にまとめておきます。

まとめ
  • PRIMAの本来の目的は「リサーチしなくていい商品」を見つける事
  • ASIN一致商品にリサーチ時間を割くのはもったいない
  • ASIN一致はツールで抽出できてライバルも増えやすいので条件が良い商品だけ仕入れる
  • ASIN一致商品と不一致商品を切り分け出来るだけでもPRIMAを使う価値はある
  • リサーチすべきはツールで抽出できないようなASIN不一致商品やAmazon.comでは仕入れが出来ない商品

こんな感じです。

PRIMAは初回30日間は無料で体験できるので、まだ使ったことがない人は体験してみても損はないと思います。
PRIMAを使うときは、この記事で解説した事を頭に入れつつ使ってみるとリサーチの結果も変わると思います。

» 【30日無料】PRIMAをお試しで使ってみる

ということで今回は以上です。
今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください