コロナ禍の今でもAmazon欧米輸入は稼ぐことができるのかを解説【結論:余裕で稼げます】

コロナ禍の今でもAmazon欧米輸入は稼ぐことができるのかを解説【結論:余裕で稼げます】

はいみなさんこんにちは~~~~。

ヒコマです。

コロナ禍でもAmazon欧米輸入が稼げるのかを知りたい人

「今でもAmazon欧米輸入は稼げるの?」

「コロナの影響はあるの?」

「将来が不安です」

こういった疑問や悩みにお答えいたします。

この記事の内容

  • 【結論】コロナ禍の今でもAmazon欧米輸入は余裕で稼げます
  • Amazon欧米輸入を今から始めるのは遅いのか【結論:全く遅くないしむしろ始めるべき】
  • 未来に向けて何かしらの稼ぐ力をつけておくべき

このような内容になっています。

 

この記事を書いている僕のメインの仕事はAmazon輸入というものになります。海外から商品を仕入れて日本のAmazonで販売をしています。販売歴は7年ほどになりました。Amazonでの月商は常時450万円~600万円ほどをキープしAmazonだけで月収は120万円ほどです。

売上実績

基本的に外注は使わずほとんどの作業を一人でやっています。一人でもこれくらいは出来るということが伝われば嬉しいです。ちなみにAmazon欧米輸入に関係する業務は1日2時間もしていません。業務の簡略化や外注化をうまく使うことで比較的簡単に稼げるビジネスモデルです。

 

本記事ではコロナ禍の今でもAmazon欧米輸入は稼ぐことができるのかについて解説しています。

Amazon欧米輸入について興味はあるけど稼げるか疑問に感じている方には必見の内容になっています。

スポンサードサーチ

【結論】コロナ禍の今でもAmazon欧米輸入は余裕で稼げます

【結論】コロナ禍の今でもAmazon欧米輸入は余裕で稼げます

流通は一時的に遅延したがすぐに回復した

新型コロナが世界的に流行し始めた2020年の中旬ごろには一時的に流通が遅延しました。

理由としては以下が挙げられます。

  • ロックダウンなどによる出社制限
  • 優先すべき製品の輸送に伴った遅延【医療関係製品】

ロックダウンによる出社制限

Amazon欧米輸入で主に輸入する国の一つにアメリカがあります。

アメリカは日本よりも新型コロナが流行しました。

今でもアメリカの方が流行していますよね。

アメリカでは各州ごとにロックダウンも実施されました。

そのロックダウン伴い転送会社であるMyUSなどでは社員が出社出来ずに受領が遅れたり転送が遅れたりしました。

しかし今はそういった規制も緩和されMyUSでも通常に近い運営状態で受領や転送が再開されています。

優先すべき製品の輸送に伴った遅延

マスクや医療品を優先するために一般商品の転送が後回しにされました。

日本でもマスクが不足しましたよね。

その時期には日本を含む世界的にマスクや医療品が不足していたため、そういった製品の転送が優先されることがありました。

こちらに関わる遅延もほぼ解消されたと言っていい状態と判断出来ます。

外出自粛によりネット通販の需要は増えている

現状ではまだまだ新型コロナウイルスの影響が世界中で続いている状況です。

よって外出制限や自粛はまだ当面の間、続ける必要があると考えられます。

外出を控えた場合、必要なものを仕方がなくネットで購入する人の割合が増える

今までなら外出をしたついでに生活必需品や必要な家具や家電、おもちゃやゲームなどを購入していた人も多くいたはずです。

しかしこういった状況ですので外出を控える人の数も増えていますよね。

今まで生活に必要なものを店頭で購入していた人たちも仕方がなくネットで購入する機会が増える状況となっています。

ついで買いで他の商品も売れる可能性が高くなる

嫌な世界の状態ではありますがそれによってネット通販の需要は確実に増しています。

ネットで購入する人が増えると合わせが買いやついで買いが増えるので更にネット通販の売上は向上しやすいと考えられます。

実際にAmazonの純利益は3倍となった

こちらはAmazon.com(アメリカのAmazon)の発表です。

2020年7月~9月期決算で純利益が前年同期比の3倍である63億3,100万ドル(約6,591億円)だったようです。

これは四半期としては過去最高益とのことなので、それだけネット通販の需要が増しているということがわかりますよね。

参考 Amazon純利益3倍 7~9月、コロナ下で通販好調日本経済新聞

この結果から日本でもネット通販の需要増が予測される

この結果から日本でも同様にネット通販の需要が増えることが予測されます。

実際に外出を控えている方はゴロゴロしながらスマホを見る時間が増えているのではないでしょうか。

僕自身も外出自粛をして家にいることが多くなりました。

そうするとボーッとスマホでAmazonなどを眺めてついつい衝動買いしてしまいます。

ネット通販の需要は今後も増えていくと考えられる

今回の新型コロナウイルスの影響でネットで買い物をするということは今まで以上に広がったと考えられます。

そして今後も今まで以上に需要が増え続けると僕は考えています。

理由としては以下です。

  • 今回の件でネットで買い物をするということを覚えた層が一定数いる
  • 新型コロナが落ち着いても一定数はネット通販を続ける
  • ネット通販に小さな頃から慣れている層が更に増える

ここ数年でネット通販の需要は間違いなく増えています。

そして今後も更にネット社会化が進みネット通販需要はましていくと考えられます。

Amazon欧米輸入を今から始めるのは遅いのか【結論:全く遅くないしむしろ始めるべき】

Amazon欧米輸入を今から始めるのは遅いのか【結論:全く遅くないしむしろ始めるべき】

Amazon物販は副業の入門として最適【ビジネスの基本を低リスクで学べます】

Amazon欧米輸入を含むAmazon物販は副業で始めるには最もオススメの手法です。

理由は以下です。

  • ビジネスの基本を学べる
  • 比較的低リスクで稼ぐことができる
  • 他のビジネスにも繋げやすい

これらに理由を詳しく解説します。

ビジネスの基本を学べる

物販の基本は”安く仕入れて高く売る”です。

Amazon物販ではこの古来から受け継がれてきたビジネスモデルの基本を学ぶことが出来ます。

どこで仕入れをすれば安く仕入れができるのか、どんな交渉をすればいいのか。

こういった基本的なビジネススキルを身につけることが出来ます。

比較的低リスクで稼ぐことができる

Amazon物販では基本的に売れていることがわかっている商品を仕入れることになります。

Amazon物販の基本的な話はAmazon欧米輸入とは【副業を始めるなら物販がオススメな理由を解説します】で詳しく解説しています。

Amazon欧米輸入とは【副業を始めるなら物販がオススメな理由を解説します】Amazon欧米輸入とは【副業を始めるなら物販がオススメな理由を解説します】

売れていることがわかって仕入れをするので不良在庫が残りにくい手法です。

よって価格競争などで赤字になってしまったとしても数百円から数千円程度の赤字にしかなりません。

他のビジネスにも繋げやすい

Amazon欧米輸入で稼げるようになったとしましょう。

そうすると他のビジネスに繋げることが出来ます。

  • Amazon中国輸入
  • Amazon国内転売
  • Amazonメーカー仕入れ
  • 楽天やヤフショなどの他ネット通販
  • ブログやコンサル等の情報発信

一つのビジネスモデルで成功すると派生させることが出来ます。

派生させることによりリスクも分散出来ますし更に収入アップが期待出来ます。

Amazon欧米輸入が今でも稼げる理由を解説

「Amazonはもう稼げない」というツイートや記事を見かけることがあります。

しかし実際に僕は今でも稼ぎ続けています。

理由は以下です。

  • セラーは常に流動している
  • 新しい商品が常に販売され続けている
  • 少しライバルと違うことをすることで稼ぐことができる

それぞれ詳しくみていきましょう。

セラーは常に流動している

Amazonで物販をしているセラーは流動しています。

理由としては稼げないからフェードアウトするセラー、稼げるようになって他のビジネスに移行するセラー、ほそぼそと稼ぎ続けるセラー。

様々な理由がありますがずっと同じセラーが居続けることは少ないです。

稼げない人はすぐに辞めますし、稼ぎ方を学んだ人は更に効率的な稼ぐ方法を目指して他のフィールドに移動します。

よってセラーが増えすぎて稼げなくなることはないと僕は考えています。

新しい商品が常に販売され続けている

世界では数え切れないくらいの商品が販売され続けています。

そしてAmazonではこれらの商品のほとんどを販売することが出来ます。

新しい商品が販売され続ける限り出品できる商品も増えるので、稼げなくなることは考えにくいですよね。

少しライバルと違うことをすることで稼ぐことができる

Amazon物販の最大の敵は不毛な価格競争を仕掛けてくるライバルです。

セラーの誰も得をしない価格競争をすることでセラーは利益を失い、メーカーは商品価値を失います。

得をするのはAmazonとそのタイミングで購入が出来たお客様だけです。

Amazonというプラットフォームの特性上、多少の価格競争は仕方がないですが、できるだけ避けたいですよね。

こういった不毛な価格競争に巻き込まれる商品ばかりを扱っているセラーは利益が出ないのですぐにAmazonビジネスから撤退します。

この争いにできるだけ巻き込まれないように独自の仕入れを出来たセラーが稼ぎ続けることが出来ます。

難しいことをしすぎなくても、少しだけ視点を変えるだけでAmazonは稼げます。

スポンサードサーチ

未来に向けて何かしらの稼ぐ力をつけておくべき

未来に向けて何かしらの稼ぐ力をつけておくべき

なんらかのネットビジネスのスキルを今のうちに身につけておく

ここまでコロナ禍の中でAmazonは稼げるのかについて解説しました。

しかしAmazonにこだわる必要は全くありません。

今のうちから何かしらのネットビジネスに触れておく

今後、世界は大きく変わる可能性が非常に高いです。

今でもだいぶ変わりましたよね。

今まで当たり前だったことが当たり前ではなくなっています。

仕事の形も例外ではありません。

これからは今まで以上にインターネットの力が強くなってきます。

その次代の中で生きていけるように今から何でもいいのでインターネットを使ったビジネスに触れておくことをオススメします。

SNSでもブログでも物販でも何でもいい

インターネットを活用したビジネスモデルはたくさんあります。

  • SNSやYou Tube
  • ブログ
  • ネット物販

SNSやYou Tube

今後は更に”個”が重要になってくる時代と言われています。

SNSやYou Tubeを使うことで自分の個性を売りにすることが出来ます。

そうすることが自分の価値が上がり様々なビジネスに繋げることができるようになります。

ブログ

ブログも”個”の力で稼げる方法です。

あなたの考えや経験をまとめて書くことで、それを読んでくれる人に価値を供給することが出来ます。

それによりサービスが売れたり商品が売れたりして稼ぐことが出来ます。

ネット物販

Amazonを始め楽天やヤフーショップ、メルカリやラクマ、BASEなど様々な形態のネット物販があります。

転売でもいいですし、独自の商品を作って売ってもいいです。

”ネットで商品を売る方法”の基礎を知っておけばあとは大体同じです。

稼ぎ方の基本を知ることができるので身につけておいて損はありません。

自分一人で稼げる力を付ける

今回の新型コロナウイルスのように今後もいつどんなことがあるかはわかりません。

よって今後は会社に属しているだけで一生安泰とは言えない世の中になってきました。

会社+αを考える

今後、もしなにかがあったときのためにも+αは常に考えておくことをおすすめします。

それはどんなことにも言えることです。

会社にプラスして副業をする。

1つの副業である程度の成功を収めたなら更に別の事業も展開する。

複数の柱を持つことで精神的にも金銭的にも余裕が生まれます。

現状、収入源が1つしかないのであればぜひいろいろと検討してみてください。

それがAmazon輸入じゃなくてももちろんOKです。

何でもいいので、まずは今とは全く別のキャッシュポイントを作ることをおすすめします。

それが小さくてもいいです。

まずは自分自身でビジネスをするということを経験してみてください。

将来に対する漠然とした不安はある程度の収入を得ることでほとんどが解決すると思います。

ということで今回は以上です。

今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

【PR】無料メルマガについて

今だけ、無料メルマガに登録することでAmazon欧米輸入の教材の一部をプレゼント中です。

これを見るだけでAmazon欧米輸入を始める準備が整います。

本気で稼ぎたい人は受け取ってみる価値があると思います。

» 無料メルマガに登録してみる

※メールアドレスのみで登録できます。

ちなみにブログやTwitterでは書けないリアルな商品情報もメルマガ限定で配信しています。

初心者の方にはかなり勉強になる内容だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください