~Twitter毎日配信中~詳細はこちらをチェック!

Amazon輸入ビジネスとは【大きく分けて欧米と中国の2つに分類されます】

Amazon輸入ビジネスとは【大きく分けて欧米と中国の2つに分類されます】

はいみなさんこんにちは~~~~。

ヒコマ(@hikoma12121212)です。

悩む人
悩む人

Amazon輸入ビジネスって何?Amazon輸入ビジネスは稼げるの?どうやったらできるの?

こういった疑問や悩みにお答えいたします。

この記事のテーマ

・Amazon輸入ビジネスとは【大きく分けて欧米と中国の2つに分類されます】

この記事の内容

  • Amazon輸入ビジネスとは【大きく分けて欧米と中国の2つに分類されます】
  • Amazon輸入ビジネスはどれくらい稼げるのか
  • 今からAmazon輸入ビジネスに参入しても稼げるのか

このような内容になっています。

この記事の信頼性

この記事を書いている僕のメインの仕事はAmazon輸入というものになります。海外から商品を仕入れて日本のAmazonで販売をしています。販売歴は7年ほどになりました。Amazonだけの最高月収は120万円ほどです。

売上実績

読者さんへの前置きメッセージ

この記事はAmazon輸入ビジネスに興味がある人に向けて書いています。

Amazon輸入ビジネスがどんなビジネスなのか。どれくらい稼げるか。今からやっても稼げるのか。こういった疑問や悩みを持っている方には必見の内容です。

詳しくは後半で解説しますが、結論からお伝えするとAmazon輸入ビジネスは稼げます。根拠としては今現在も僕が稼いでいるからです。Amazon輸入ビジネスにはいくつか手法がありますが、根本は同じです。「安く買って高く売る」これさえできれば利益を得ることができます。今回はこういった内容について詳しく解説します。

スポンサードサーチ

Amazon輸入ビジネスとは【大きく分けて欧米と中国の2つに分類されます】

Amazon輸入ビジネスとは【大きく分けて欧米と中国の2つに分類されます】

Amazon輸入ビジネスは海外から商品を仕入れて日本のAmazonで販売することです。

Amazon輸入ビジネスは大きく分けて欧米と中国に分類される

Amazon輸入ビジネスは大きく分けて欧米輸入と中国輸入の2つに別れます。

どちらも自宅のPCだけで作業を完結することができます。

それぞれ特色はありますが、基本は同じです。

Amazon欧米輸入とは

Amazon欧米輸入は僕が今メインで行っているAmazon輸入ビジネスの手法です。

アメリカやイギリス、イタリア、ドイツ、スペインなどから商品を仕入れて日本のAmazonで販売します。

Amazon中国輸入とは

Amazon中国輸入はその名の通り中国から商品を仕入れる方法になります。

基本的には中国人のパートナーと契約をして仕入れることになります。

仕入先はアリババやタオバオといったネットショップです。

» アリババを見てみる

アリババやタオバオは基本的に中国在住の中国人にしか購入ができません。

よって中国人パートナーとの契約が必要になることが多いです。

海外から仕入れて日本のAmazonで売る

Amazon輸入ビジネスでは上で解説した国から商品を仕入れて日本のAmazonで売る手法です。

安く仕入れが出来るならどこでもOK

Amazon輸入ビジネスは海外から仕入れます。

実は海外である必要はありません。

日本国内でも転売があるように、どこから仕入れてもOKです。

やっていることは国内のせどりや転売と同じと考えていいと思います。

要は「安く買って高く売る」これを国際的にやっています。

なぜ海外から仕入れるのか(国内転売じゃダメなのか?)

結論としては日本の転売でもOKです。

さっきもお伝えたように基本は安く買って高く売ることができればどこから仕入れでもいいということです。

つまり、わざわざAmazon輸入ビジネスをしなくても、日本国内の転売でもいいんです。

それでも海外から仕入れる理由とは

イメージしていただくとわかりますが、国内の方がライバルが多そうじゃないですか。

  • 国内の商品を転売する
  • 海外から輸入して転売する

どちらが難しそうに見えますか?

おそらく海外ですよね。

国内転売の方がライバルが多い

つまりほとんどの人は簡単そうな国内転売を選択します。

よって国内転売ライバルが多いから稼ぎにくいというのが現状です。

もちろんその中でも稼いでいる人は多くいますけどね。

海外から仕入れる=ハードルが高そう(実はそうでもない)

海外から仕入れるのってハードルが高そうに見えます実は簡単です。

僕自身もAmazon欧米輸入を独学で始めましたけど無料のブログとか見ながらできたくらいには簡単です。

ハードルが高そうに見えるので実行に移す人が少ない。

つまりライバルが国内よりも少ないので稼ぎやすいということです。

Amazon輸入ビジネスに向いている人とは

Amazon輸入ビジネスに向いている人はこんな感じです。

  • 家の中に引きこもって仕事がしたい
  • 在庫を持つことに抵抗がない
  • 英語に抵抗がない
  • 人と違ったことをしたい

家の中に引きこもって仕事がしたい

Amazon輸入ビジネスは最低でもPC1台とネット回線あれば稼ぐことができます。

つまり家の中に引きこもっても仕事ができますし、もっと言えば海外旅行しながらでも仕事ができます。

場所を選ばないのもAmazon輸入ビジネスの特徴と言えます。

在庫を持つことに抵抗がない

Amazon輸入ビジネスは基本的に仕入れてから商品を売ります。

無在庫という方法もありますがあまりオススメはしません。

商品を仕入れる→売れる→少し多くなってお金が返ってくる。

シンプルに言えばこの繰り返しです。

英語に抵抗がない

海外から仕入れをするので必然的に英語などの他言語が必要になります。

Google翻訳などで対応できますが、苦手な人には辛いかもしれません。

人と違ったことがしたい人

Amazon輸入ビジネスはまだまだマイナーなビジネスモデルです。

ちょっと人と違ったことをして「面白そうなことをしてるね」って言われることは多くなります。

Amazon輸入ビジネスはどれくらい稼げるのか

Amazon輸入ビジネスはどれくらい稼げるのか

僕は最高で120万円ほど稼ぎました

僕自身はAmazon欧米輸入の単純転売だけで最高120万円ほどを稼ぎました。

現状は100万円前後に押さえています。

理由はコンサルをしているから。

僕が教える立場として本気で稼いでいたらコンサルの邪魔になるので実践から離れすぎない位置をキープしています。

よってこの記事を読んでるあなたも慣れればこれくらいは稼げるということです。

利益率は15~20%くらい稼げれば優秀

Amazon輸入ビジネスでは利益率が15%~20%くらい取れればいい方だと思います。

低くて10%くらいだと思います。

10%を切るようだと何かしら改善をしたほうがいいかと思います。

戦略により利益率はバラバラです

とは言っても戦略によって利益率はバラバラです。

高利益低回転商品を狙うのか低利益高回転商品を狙うのか。

本来であれば、高利益高回転商品を狙うのがベストですが、そんないい商品はすぐに競合が集まります。

競合が集まれば価格競争が始まります。

よってAmazon輸入ビジネスでは基本的には常に新しい商品をリサーチし続ける必要があります。

» Amazon欧米輸入で価格競争に巻き込まれやすい原因3選とその対策をわかりやすく解説します

スポンサードサーチ

今からAmazon輸入ビジネスに参入しても稼げるのか

今からAmazon輸入ビジネスに参入しても稼げるのか

結論:今からでも稼げます

結論からお伝えすると今からでも十分稼げます。

冒頭でも伝えたとおり、理由は今現在も僕自身が稼いでいるからです。

なによりも現役で稼いでいるセラーなので説得力があると思います。

Amazon販売アカウントの制約は徐々に増えています

とは言っても数年前よりは少しずつ稼ぎにくくなっています。

理由は、以前よりも新規のAmazon販売アカウントに制約が増えているからです。

以前よりも申請を通さないと出品できないカテゴリやブランドが増えています。

Amazon物販を始めたいなら早めに始めたほうが多少は有利になるかもしれません。

商品は日々増え続けているので悲観し過ぎる必要はありません

多少の制限は増えていますが商品は世界中で日々増え続けています。

出品できないカテゴリやブランドがあったとしても十分に稼ぐことができます。

実際、今年のはじめにAmazon輸入ビジネスを開始したコンサル生さんも問題なく稼げるようになっています。

Amazon輸入ビジネスで稼げる人は継続出来る人

Amazon輸入ビジネスで結果を出している人はもれなく継続が出来る人です。

リサーチをする時間を確保して継続することができれば今でも余裕で稼げます。

稼げない人のほとんどは諦めるのが早い

この記事を読んでいる人はAmazon輸入ビジネスに興味があって「頑張って稼ごう!」と思っている人だと思います。

なので、あまり当てはまらないとは思うのですが、稼げない人のほとんどは諦めるのが早いです。

稼げいない人に話を聞くとほとんどの人が以下のような回答をします。

  • リサーチ時間が確保できない
  • ツールを使ってリサーチしたけど利益商品がない
  • リサーチしているけど利益商品が見つからない

Amazon輸入ビジネスはシンプルなビジネスモデルですが誰でも簡単に稼げるというわけではありません。

シンプル=簡単ではないですよね。

シンプルなゲームほど経験や訓練が重要

ゲームでも同じですよね。

ゲームを初めてすぐにラスボスは倒せません。

地道にザコ敵を倒して経験値を獲得してレベルアップする必要があります。

ビジネスも同様に地道な作業を繰り返して経験値を獲得。

レベルアップが必要です。

地道に向き合えるならAmazon輸入ビジネスは稼げる

ということでAmazon輸入ビジネスの概要について解説しました。

まとめます。

まとめ
  • Amazon輸入ビジネスは欧米と中国に分類される
  • 海外から仕入れて日本のAmazonで販売するビジネスモデル
  • 今でも十分に稼ぐことが出来る
  • 利益率は15%~20%くらいあれば優秀
  • Amazon輸入ビジネスで稼げる人は継続できる人

ちなみに僕の無料メルマガに登録をしていただくと教材の冒頭部分を今だけ無料開放しています。

ここを読んで実践するだけでもAmazon欧米輸入の準備を整えることができます。

Amazon欧米輸入に興味ある方は読んでみてもいいかもしれません。

» 無料で教材の冒頭部分を読んでみる

ということで今回は以上です。

今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

【PR】無料メルマガについて

今だけ、無料メルマガに登録することでAmazon欧米輸入の教材の一部をプレゼント中です。

これを見るだけでAmazon欧米輸入を始める準備が整います。

本気で稼ぎたい人は受け取ってみる価値があると思います。

» 無料メルマガに登録してみる

※メールアドレスのみで登録できます。

ちなみにブログやTwitterでは書けないリアルな商品情報もメルマガ限定で配信しています。

初心者の方にはかなり勉強になる内容だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください