~Twitter毎日配信中~詳細はこちらをチェック!

Amazon欧米輸入にメーカー卸は必要なのかを解説します【結論:資金力と目指す方向性】

Amazon欧米輸入にメーカー卸は必要なのかを解説します【結論:資金力と目指す方向性】

はいみなさんこんにちは~~~~。

ヒコマです。

Amazon欧米輸入のメーカー卸に興味がある人

「メーカー卸って楽に稼げるの?」

「簡単に契約は取ることができるの?」

「メーカーから直接仕入れないと稼げないの?」

こういった疑問や悩みにお答えいたします。

この記事の内容

  • Amazon欧米輸入にメーカー卸は必要か?
  • メーカー卸をする=楽にたくさん稼げるではない
  • メーカー卸をしなくても上手くやれば十分稼ぐ事ができます

このような内容になっています。

この記事を書いている僕のメインの仕事はAmazon輸入というものになります。海外から商品を仕入れて日本のAmazonで販売をしています。販売歴は7年ほどになりました。Amazonだけの最高月収は120万円ほどです。

売上実績

基本的に外注は使わずほとんどの作業を一人でやっています。一人でもこれくらいは出来るということが伝われば嬉しいです。ちなみにAmazon欧米輸入に関係する業務は1日2時間もしていません。業務の簡略化や外注化をうまく使うことで比較的簡単に稼げるビジネスモデルです。

本記事ではAmazon欧米輸入をする上でメーカー卸が必要かどうかについて解説しています。

Amazon欧米輸入でメーカー卸を検討している方には必見の内容になっています。

スポンサードサーチ

Amazon欧米輸入にメーカー卸は必要か?

Amazon欧米輸入にメーカー卸は必要か?

【結論】目指す方向性や稼ぎたい金額による

Amazon欧米輸入には主にAmazon.comやeBayなどの小売店から仕入れる単純転売とメーカーや卸業者から仕入れる手法の2種類があります。

メーカー卸をする場合は目指す場所や稼ぎたい金額により必要か不要かが分かれるのであなたが該当する方を選択してみてください。

メーカー卸を進めるべき人の特徴

まずはメーカー卸を進めた方がいい人についてまとめます。

  • 輸入業者としてガッツリ稼ぎたい
  • 独占して販売したい
  • 英語で交渉することに抵抗がない

メーカー卸を進めない方がいい人の特徴

次にメーカー卸を進めない方がいい人についてまとめます。

  • 副業としてお小遣いを稼ぎたい
  • 単純な作業だけで稼ぎたい
  • 資金があまり多くない

メーカー卸を進めるべき人の特徴を更に詳しく解説

ここからはメーカー卸を進めるべき人の特徴について詳しく解説します。

メーカー卸に興味がある場合は参考にしてみてください。

輸入業者としてガッツリ稼ぎたい

Amazon欧米輸入を本気でやってガッツリと稼ぎたい場合はメーカー卸がオススメです。

ただし、ガッツリ稼ぐということは簡単ではありせん。

ライバルがしないようなこと、出来ないようなことをじっくり考えて行動する必要があります。

独占して販売したい

Amazon転売では飽和することが少なくありません。

それはAmazonというプラットフォーム上、仕方がないことでもあります。

メーカー卸をして独占販売権を獲得する事ができれば安定した利益で独占して販売する事が可能です。

ただし独占販売権を獲得するのは簡単ではありせん。

なぜならメーカー側はあなただけに卸べきメリットがないと契約をする必要がないからです。

メーカー側も安定した売上かつベストな売上ができることが目的です。

それをあなたが提案する事ができればいい契約を取る事が出来るかもしれません。

英語で交渉することに抵抗がな

Amazon欧米輸入では当たり前ですが英語が必要になります。

Google翻訳等でなんとかなる事が多いですが、英語に慣れていない場合は少し不安になるかもしれません。

メーカー卸を進めない方がいい人の特徴を更に詳しく解説

次にメーカー卸を進めないほうがいい人についてまとめます。

副業としてお小遣いを稼ぎたい

副業として数十万円程度稼ぎたいならメーカー卸は必要ないかもしれません。

Amazon欧米輸入であれば小売店からの単純転売だけでも数十万円から数百万円程度なら稼ぐ事は可能です。

単純な作業だけで稼ぎたい

メーカー卸をする場合、契約をするためにメールの文面を深く考える必要があります。

もしあなたがメーカーだとして、テンプレのような卸交渉メールが届いたら契約をするでしょうか?

メーカー卸は「数打ちゃあたれ」とも言われますが、適当なメールを送っていてもいい契約は取れません。

メーカーのことや商品のことをしっかりと理解して、なぜその商品を取り扱いたいのかを丁寧に説明する必要があります。

その反面、単純転売は価格差のある商品を小売店から購入するだけなので難しいことはありません。

ただただリサーチをして仕入れれば売上や利益を上げることができます。

資金があまり多くない

メーカー卸の場合、ロットでの購入が必要になる事が多くあります。

例えば100個とか500個とかです。

この場合、ある程度まとまった資金を持っていないと仕入れる事ができません。

また仕入れが出来たとしても次はその商品を売る必要があります。

売れるまでは資金も回収できないので資金がない場合はハードルが高くなります。

手元の資金があまりない場合は単純転売で少しずつでも資金を増やすことをオススメします。

メーカー卸をする=楽にたくさん稼げるではない

メーカー卸をする=楽にたくさん稼げるではない

メーカー卸をするには交渉力が必要な場合が多い

上にも記載しましたがメーカー卸をする場合はただメールを送るだけではなかなかいい条件で卸してもらうことはできません。

交渉をする時はいかに相手側にメリットを見せることができるかや他のライバルを参入されないような交渉が出来るかが重要になります。

メーカーや卸業者にあなたと契約するメリットをみせる必要がある

交渉ではどれだけメリットがあるかを示す必要があります。

ただ単に「あなたの商品を卸価格で売ってください」ではダメです。

私にあなたの商品を卸せばこんなメリットがありますよ。というのをしっかりと説明してやっとスタートラインになります。

ライバルと契約をさせないようにする必要がある

卸交渉は卸してもらうだけの交渉ではありません。

ライバルが参入できないような交渉をする必要があります。

日本ではあなただけがその商品を正式に売ることが出来るような交渉が必要です。

そうしないとライバルも同様に交渉をしてしまい、結局は飽和し価格競争になってしまうからです。

メーカー卸をするには資金が多く必要になる場合が多い

こちらも上で説明した内容ですが、メーカーから直接仕入れる場合はロットでの購入がほぼ必須になります。

理由はそうしないとメーカーにメリットがないからです。

小ロットで卸す意味はメーカーにはないですからね。

大量購入をしないと割引率が高くならない

メーカー卸の場合、ロット数によって割引率が変わることがあります。

例えば100個買えば定価の2割引、500個買えば定価の4割引という感じでです。

この場合、当然多く仕入れれば仕入れるほど利益率も上がります。

しかしそれと引き換えに多くの資金が必要になることにもなります。

捌けるだけ回転がいい商品を見つける必要がある

いくらいい条件で契約ができても売れなければ意味がありません。

回転が良くいい条件の契約はなかなか取ることが難しいです。

もちろんライバルもそういった商品のメーカーを狙ってくるので競争に勝つ必要があります。

長期で売る場合はそれだけ資金力が必要

メーカー卸はロットでの購入が基本です。

利益率が高くて価格が安定している商品でも在庫を捌くまでは手元の資金は減ったままです。

手元の資金が減るということはそれだけ他の仕入れを圧迫することになります。

使える資金と相談しながら交渉や仕入れをする必要があります。

一個人が契約出来るメーカーは限られている【上手く交渉しないと結局飽和する】

メーカー卸ができれば楽に稼げる可能性もあります。

しかし一個人である僕たちが契約できるメーカーというのは多くないということを理解しておく必要があります。

一個人に卸してもメーカーにメリットがない場合が少ない

あなたがメーカー側の担当者だと仮定します。

もし海外のカタコトの日本語で「あなたの商品を安く売ってください。10個くらい買いたいです。」ってメールが届いたら返信しますか?おそらく無視することの方が多いと思います。

しかししっかりとした日本語で法人格のある企業から「あなたの商品をアメリカで展開したいです。我が社がリサーチしたところアメリカでこれくらいの需要があります。ぜひ1000個単位で契約させてください」と連絡があれば。

当然後者と契約したいですよね。

メーカーと契約するというのはそういうことです。

一個人が契約出来る卸業者は他のライバルも同様に契約出来ることが多い

一個人が契約できるメーカーはあなた意外からの契約も同様に結んでいることが多いです。

なぜならそういったメーカーも小さな企業が多く、出来るだけたくさん商品を売りたいからです。

なので、中小様々な小売業者と契約していることが多いです。

結局、単純転売と同様に飽和する可能性が高い

そうなるとせっかく頑張って契約した商品も同様に契約したライバルが多数いて結局は飽和してしまい価格競争になることがよくあります。

よって「メーカー卸イコール楽に稼げるようになる」ではないことを知っておく必要があります。

もちろんうまく契約を取れば独占して販売することも可能です。

スポンサードサーチ

メーカー卸をしなくても上手くやれば十分稼ぐ事ができます

メーカー卸をしなくても上手くやれば十分稼ぐ事ができます

単純転売でもリサーチをしっかりすれば稼げる

Amazon欧米輸入は今でも単純転売だけで十分に稼ぐ事が可能です。

リサーチ方法もたくさんありますし、仕入れる小売店を少し工夫すればメーカー卸と同等の独占販売やリピート、利益を得る事ができます。

ライバルが仕入れていない小売店を発掘する

Amazon欧米輸入のメジャーな仕入れ先といえばAmazon.comやeBayが挙げられます。

しかし仕入れができるショップは当たり前ですがこれだけではありまません。

他にも無数にネットショップがあります。

これらの数え切れないショップから仕入れることが出来ることを忘れてはいけません。

Amazon.comから仕入れるならASINが不一致の商品を仕入れる

Amazon.comはメジャーな仕入先です。

よって雑なリサーチをして仕入れしてしますとすぐに飽和し価格競争に巻き込まれてしまいます。

しかしAmazon.comからの仕入れがすべてNGというわけではありません。

リサーチ方法や仕入れる商品を工夫すれば十分高利益を得ることができます。

その代表格がASINの不一致商品です。

eBayなどのオークションサイトで値下げ交渉や大量購入を持ちかける

Amazon欧米輸入ではeBayのようなオークションサイトも仕入れ対象になります。

eBayには卸業者なども数多く出品しているので上手く交渉することが出来れば有利な仕入れをすることが出来ます。

外注化をすれば効率的に稼ぐ事ができる

Amazon欧米輸入はほとんどの業務を外注化することができます。

その代表例を紹介します。

リサーチを外注化する

まずはAmazon欧米輸入の核であるリサーチです。

リサーチはセラーそれぞれで仕入れ基準やリサーチ方法が様々です。

リサーチをしっかりとマニュアル化できればあなた自身がリサーチをしなくても外注化することが可能です。

納品を外注化する

納品はAmazon欧米輸入において必須の作業です。

しかし納品作業は誰がやっても同じ結果であり、更にお金を生む作業ではありません。

こういった作業はできるだけ早く外注化することをオススメします。

納品代行は代行業者が多くあるので自分に合った業者と契約をしましょう。

ちなみに僕はこちらの「オススメ納品代行サービスの福富サポートを紹介します【登録から利用方法まで一挙に解説】」に書いてある福富サポートを利用しています。

納品代行業者選びの参考にしてみてください。

オススメ納品代行サービスの福富サポートを紹介します【初回2箱分の手数料無料特典あり】オススメ納品代行サービスの福富サポートを紹介します【登録から利用方法まで一挙に解説】

カスタマ対応を外注化する

Amazon物販では商品への問い合わせなどに対して対応する必要があります。

地味に時間を取られる部分でもあるのでこちらもマニュアルを作って外注化してもいいかもしれません。

Amazon欧米輸入と他の手法をハイブリッドする

Amazon欧米輸入は他のビジネスと上手く組み合わせることで更に収入を加速させる事ができます。

Amazon欧米輸入だけで十分に稼げなくても他の手法と掛け合わせることで十分稼ぐことは可能です。

例えばAmazon欧米輸入で20万円程度、Amazon中国輸入で20万円程度稼げば合計で40万円稼げることになりますよね。

高度なことをしなくても自分が楽と思えるレベルの事業を積み重ねることでそれなりの稼ぎを作り出すことは可能です。

Amazon国内転売とハイブリッド

Amazon国内転売は最近では楽天やヤフーショッピングなどのECサイトから仕入れてAmazonで販売する転売方法です。

もちろん家電量販店などから仕入れて売る方法もこちらに含まれます。

Amazonで販売するという大前提は同じなのでリサーチ方法さえマスターすれば特につまづく事なく取り入れる事ができる方法です。

Amazon中国輸入とハイブリッド

Amazon中国輸入はその名の通り中国から仕入れた商品を売る手法です。

中国輸入は主にノーブランド商品の相乗り出品と独自ブランド商品を作成して販売する手法があります。

ブログなどの情報発信とハイブリッド

Amazon物販は副業として始めるにはちょうどいい難易度であり、リスクも低い手法です。

よってあなたが稼げるようになればその手法を知りたい人は多くいます。

僕が今こうやって書いている内容もそうですよね。

このようにブログという形に情報をまとめる事で誰かの役に立ち、更にキャッシュポイントを作ることも可能です。

まとめ

ということで今回は以上です。

メーカー卸をするかしないかは資金力、そして目指す利益額を考慮して取り入れることをオススメします。

特に資金があまり潤沢ではない場合は、まずは少しずつ単純転売から資金を増やすことをオススメします。

また交渉も簡単ではありません。

毎回練習だと思って何回もアタックして上達する必要があります。

今からメーカー卸するか悩んでいる方にこの記事が参考になれば幸いです。

今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

【PR】無料メルマガについて

今だけ、無料メルマガに登録することでAmazon欧米輸入の教材の一部をプレゼント中です。

これを見るだけでAmazon欧米輸入を始める準備が整います。

本気で稼ぎたい人は受け取ってみる価値があると思います。

» 無料メルマガに登録してみる

※メールアドレスのみで登録できます。

ちなみにブログやTwitterでは書けないリアルな商品情報もメルマガ限定で配信しています。

初心者の方にはかなり勉強になる内容だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください