>> 【無料】超有料級Amazon欧米輸入スタートアップマニュアルを受け取る

【Amazon欧米輸入】PRIMAを使って圧倒的にリサーチを効率化する方法を徹底解説します

【Amazon欧米輸入】PRIMAを使って圧倒的にリサーチを効率化する方法を徹底解説します

はいみなさんこんにちは~~~~。

ひこーる(@hiko_ru)です。

悩む人
悩む人

PRIMAを使っているけど効率的に使えているかわからない。利益商品が見つからない。

こういった疑問や悩みにお答えいたします。

この記事のテーマ

【Amazon欧米輸入】PRIMAを使って圧倒的にリサーチを効率化する方法を徹底解説します

この記事の内容

  • KeepaでASINを一括で収集する方法を解説します
  • ASINFetcherを使ってASINを一括で収集する方法を解説します
  • PRIMAでASIN一致商品を一括でリサーチする【ASIN一致で利益が出る商品はここで回収】
  • 【ここが本題】PRIMAで抽出できなかった商品を徹底的にリサーチする【利益に差がつく理由はこの部分です】

このような内容になっています。

この記事の信頼性

この記事を書いている僕のメインの仕事はAmazon輸入というものになります。国内のネットショップから仕入れることもあります。基本は海外から商品を仕入れて日本のAmazonで販売。販売歴は8年ほどになりました。Amazonだけの最高月収は120万円ほどです。

他にもブログやアフィリエイト、投資など幅広くやってます。

売上実績

読者さんへの前置きメッセージ

この記事ではリサーチツールPRIMAを使って圧倒的に効率よくリサーチする方法を解説しています。結論としてはツールで抽出されなかった商品や抽出されたけど利益が出ないように見える商品をどう扱うかが大切になります。PRIMAを使ってみたい、もしくは使っているけど使いこなせているか不安な人には必見の内容になっています。

この記事の結論

  • KeepaやASINFetcherを使うと簡単にASINが収集できる
  • PRIMAで抽出されたASIN一致商品は早く仕入れて早く売り切って逃げ切る
  • 大切なのはPRIMAで抽出が出来なかった商品のリサーチです
  • PRIMAのようなリサーチツールは利益商品を見つけるというよりリサーチが不要な商品を炙り出す目的と考えれば見え方が変わってきます

スポンサードサーチ

KeepaでASINを一括で収集する方法を解説します

KeepaでASINを一括で収集する方法を解説します

Keepaを使うとかなり高精度なASIN抽出が可能です。

流れはこんな感じ。

  • キーになる商品からセラーIDを収集する
  • プレミアムデータアクセスに貼り付けてASINを一括で収集する
  • 収集したASINをPRIMAで一括リサーチする

この流れになります。

それぞれ深掘り解説します。

Keepaってどんなツール?って人はこちらも参考になると思います。

【保存版】KeepaでASINを一瞬で集める方法【10,000ASINを約5分でリスト化】 【保存版】KeepaでASINを一瞬で集める方法【10,000ASINを約5分でリスト化】

キーになる商品からセラーIDを収集する

まずは何かしらキーになる商品を見つけましょう。

既に取り扱っている利益商品でも良いですし、並行輸入品で検索して表示された商品でもいいです。

Keepaの拡張機能からセラーIDを抽出していきます。

方法は、

  • Dataをクリック
  • Offersをクリック
  • FBAや自己発送、新品、中古などで絞り込み
  • Exportでデータをダウンロード
  • データ内からセラーIDを抽出

こんな感じの流れになります。

それぞれ解説します。

Dataをクリック

Dataをクリック

Offersをクリック

offers

FBAや自己発送、新品、中古などで絞り込み

ある程度の絞り込み機能もあります。

例えば、「Prime」「新品」「Include historical offers」にチェックを入れると、過去の出品していたセラーを含む新品FBAセラーの情報のみを表示させることが出来ます。

絞り込み機能

この商品では上の絞り込みをしたことで93セラー分のデータを取ることが出来ました。

Exportでデータをダウンロード

絞り込みが出来たら「Export」をクリックしてデータをダウンロードしましょう。

「Export」をクリック

クリックすると下のような画面が表示されます。

「EXPORT」をクリックしましょう。

「EXPORT」をクリック

以上で大量のセラーIDリストがダウンロードできます。

データ内からセラーIDを抽出

抽出されたデータがこんな感じ。

セラーID

このセラーIDを使ってASINをまとめて抽出していきましょう。

Premium Data Accessに貼り付けてASINを一括で収集する

上で抽出したセラーIDをPremium Data Accessを使って絞り込んでいきます。

方法は、

  • KeepaのPremium Data Accessを開く
  • 任意の絞り込み設定をする
  • 「Seller」に抽出したセラーIDを貼り付ける
  • 「FIND PRODUCTS」をクリック
  • 抽出されたデータのASINをExportでCSVに書き出す

この流れになります。

こちらも詳しく解説します。

KeepaのPremium Data Accessを開く

Premium Data Accessはこちらから開くことが出来ます。

Premium Data Access

任意の絞り込み設定をする

Premium Data Accessではかなり細かく任意の絞り込みが出来ます。

ここで不要な商品をふるい落としていきましょう。

任意の絞り込み

ここの絞り込みについてはこちらの記事で更に詳しく解説しています。

Keepaのビッグデータの使い方を徹底解説【圧倒的なデータ量を一瞬で簡単に入手する方法とは】 Keepaのビッグデータの使い方を徹底解説【圧倒的なデータ量を一瞬で簡単に入手する方法とは】

「Seller」に抽出したセラーIDを貼り付ける

さっき抽出したセラーIDを「Seller」の部分に貼り付けていきましょう。

複数セラーを同時にリサーチしたい時は「,」で区切ります。

「Seller」の部分に貼り付け

複数セラーを一括で貼り付ける理由はセラーリサーチを一括でできるからです。

どうせツールに任せるならセラーリサーチも一括でやると更に効果的ですからね。

「FIND PRODUCTS」をクリック

絞り込みとセラーIDの入力が完了したら「FIND PRODUCTS」をクリックします。

FIND PRODUCTS

抽出されたデータのASINをExportでCSVに書き出す

データが表示されます。

上の方に「Export」とあるのでクリックしましょう。

「Export」

出力形式など確認するページが表示されます。

ASINだけを抽出するなら以下の画像のチェックに合わせて「EXPORT」しましょう。

「EXPORT」

これでASINリストが抽出完了です。

ASINリスト

ASINFetcherを使ってASINを一括で収集する方法を解説します

ASINFetcherを使ってASINを一括で収集する方法を解説します

無料の拡張機能を使った方法です。

こちらからインストールすることが出来ます。

» ASINFetcherをインストールする

ASINFetcherは非常に簡単にデータを収集できます。

  • キーワードを入力してASINを抽出する
  • ライバルセラーのASINを一括で抽出する

こんな感じでASINを抽出することが出来ます。

キーワードを入力してASINを抽出する

例えばおもちゃカテゴリで「並行輸入品」と調べてみましょう。

検索結果が表示されたらASINFetcherの拡張機能をクリックしてASINを抽出します。

ASINFetcherの拡張機能をクリック

抽出データが多い場合はすぐわかる場合もあります。

気長に待ちましょう。

抽出できたらダウンロードする

ツール左下の「Export to CSV」をクリックすればデータをダウンロードすることが出来ます。

「Export to CSV」

簡単にASINリストを手に入れることができます。

ASINリスト

PRIMAでデータを使う時はいらない列は削除しておきましょう。

ライバルセラーのASINを一括で抽出する

ASINFetcherはライバルセラーのASINも一括で抽出することができます。

方法は、ライバルセラーのセラーフロントから商品一覧ページを開いてASINFetcherを起動するだけです。

Keepaよりも手軽にASINを収集することができると思います。

スポンサードサーチ

PRIMAでASIN一致商品を一括でリサーチする【ASIN一致で利益が出る商品はここで回収】

PRIMAでASIN一致商品を一括でリサーチする【ASIN一致で利益が出る商品はここで回収】

ASINの収集ができたら、いよいよPRIMAの出番です。

PRIMAの基本的な使い方についてはこちらのページで詳しく解説しています。

PRIMAの登録方法と使い方をわかりやすく解説【オススメの設定方法とASIN抽出方法も公開します】 PRIMAの登録方法と使い方をわかりやすく解説【オススメの設定方法とASIN抽出方法も公開します】

PRIMAは基本的にASINが一致している商品を比較することができる

つまり他のライバルも同じようにツールを使っていれば簡単に見つけることができる商品です。

利益が出るからといってそれだけで仕入れをしてしまうとすぐに飽和をして価格競争になる恐れがあります。

PRIMAのようなリサーチツールで見つけた商品は全て仕入れをするのではなく、しっかりと条件を確認した上で終了することをお勧めします。

例えば、

  • 販売されて間もない商品
  • FBAセラーが不在の商品
  • カートが誰にも獲得されていないけど価格を調整すれば売れるような商品
  • PRIMAはEANでもリサーチができる【これ結構重要です】

こんな感じを狙っていくと比較的利益を残しやすいです。

それぞれ深掘り解説します。

販売されて間もない商品

こういった商品はライバルにも見つかりにくい商品です。

早く仕入れて早く売ることで売り逃げすることができます。

ASINが一致していても、需要を見抜いて早く動くことで大きな利益を得ることができます。

見つけるコツとしては、人気商品の類似商品を探すことです。

例えば、人気ゲームのキャラクターグッズなどが該当します。

FBAセラーが不在の商品

無在庫セラーをリサーチすればFBAセラーが不在の商品を多く見つけることが出来ます。

無在庫セラーは1人で数十万件の商品を扱っていることも多いので手動ではリサーチしきれませんよね。

こういったリサーチもPRIMAを使えば簡単にできます。

上手く使えばライバル不在の高利益商品も多く見つけることが出来ます。

カートが誰にも獲得されていないけど価格を調整すれば売れるような商品

本来ならよく売れるはずの商品も、価格を上げすぎてカートが取得できず回転が鈍ってしまった商品もあります。

こういった商品は、適正価格に戻してあげればすぐに売れるようになります。

一見売れてないような商品でも、過去のデータを参考にすれば売れる商品はたくさんあります。

PRIMAはEANでもリサーチができる【これ結構重要です】

PRIMAで自動リサーチができるのはASINだけではありません。

EAN(JAN)でもリサーチすることができます。

AmazonではASINは一致していないけどEANは一致しているという事はよくあります。

これを見落としている人は結構多いです。

ASINだけリサーチしてすぐに諦めてしまうのはもったいない

ASINが不一致でもEANは一致していることが多いのでここはしっかりとリサーチしたほうがいいと思います。

これもPRIMAに全部任せることができるのでリサーチしてみる価値は十分にあると思います。

EAN一致商品はASIN一致商品よりも長期間利益が取れる

理由はASIN一致している商品よりもライバルにバレにくいからです。

ASINでリサーチするかEANでリサーチするかだけの違いですが飽和のしやすさは全然違います。

これもライバルとほんの少しだけずらしたリサーチをした結果ということになります。

Amazon欧米輸入で稼ぐコツは、ライバルと少しだけずらすこと。

たったこれだけです。

【ここが本題】PRIMAで抽出できなかった商品を徹底的にリサーチする【利益に差がつく理由はこの部分です】

【ここが本題】PRIMAで抽出できなかった商品を徹底的にリサーチする【利益に差がつく理由のはこの部分です】

PRIMAのような自動リサーチツールを使う上で1番大事なのがここです。

リサーチツールは利益商品を見つけることが目的です。

ただしこれだけでは他のライバルも簡単に利益商品を見つけることができる。

つまり飽和しやすい商品ということです。

じゃあどうすればいいかと言うと、

  • PRIMAでデータが一致しなかった商品を深堀りリサーチする
  • ASIN一致でも利益が薄かった商品をAmazon以外のショップでリサーチする
  • 利益が出なさそうな商品でも安定して売れているならメーカーや卸業者に交渉をする

こんな感じ。

それぞれ深堀り解説します。

PRIMAでデータが一致しなかった商品を深堀りリサーチする

ここが非常に重要になります。

PRIMAではASINが一致しているような手動でリサーチをする必要がない商品を自動でリサーしてくれます。

逆に残っている商品は、手動でリサーチをしないといけない商品ということになりますよね。

つまりこれだけでもかなりリサーチの効率化ができたと言えるはず。

リサーチツールは手動でリサーチをする必要がない商品を任せて、手動でリサーチする商品を見つけ出すために使うものと考えましょう。

リサーチツールを使う理由は利益商品を見つけるというより、本当にリサーチすべき商品を見つけるため

そう考えると、リサーチツールの見方が少し変わってくると思います。

リサーチツールだけを使って利益商品を見つけようとするから思ったように利益商品が見つからず期待はずれに感じると思います。

しかしリサーチツールをリサーチの一部とみなすことで見方は大きく変わります。

ぶっちゃけ、ツールで見つけられる商品だけで大きく稼げるのであればみんな余裕で稼ぐことができます。

そんな甘い話はありません。

こういったツールを使いつつ効率化をしてライバルと差をつけることで稼ぐことができるようになります。

ASIN一致でも利益が薄かった商品をAmazon以外のショップでリサーチする

利益が薄い商品もここで諦めてしまうのはもったいないです。

PRIMAで見つけることができたのはあくまでも日本のAmazonと海外のAmazonとの価格差のみです。

でも、その商品は海外のAmazon以外にも売っているはず。

もしくは別のタイミングで仕入れをすることができれば利益が出ることもあるかもしれません。

利益が薄いからといってそのまま終わるのではなくて、

  • 他のサイトをリサーチしてみる
  • 過去にもっと安く売っていたタイミングがあるかを調べてみる

などできる事はまだまだあるはずです。

あくまでも今Amazonから仕入れた場合に利益が出ないだけです。

Amazon以外の他のサイトもしっかりと確認するようにしましょう。

利益が出なさそうな商品でも安定して売れているならメーカーや卸業者に交渉をする

利益が出ないからといってそこで終わってしまうとなかなか収益を伸ばすことができません。

小売店から仕入れて利益が出ないのであれば、メーカーや卸業者にコンタクトを取るのも1つの手段です。

Amazon欧米輸入の最終的な目標はここだと思います。

メーカーや卸業者などより上流に近づいて安く安定した仕入れルートを開拓すること。

そうすることで利益も安定し理アカウントリスクを減らすことができます。

少しずつ難易度を上げていく

1番簡単なのは単純転売ですが、それだけではいつまでたっても安定する事はできないと思います。

少し難しいと感じるかもしれませんが少しずつメーカーや卸業者に交渉してみるといいと思います。

そうすることでamazon欧米輸入自体の見方も変わってくると思います。

【欧米輸入】eBayで交渉して安く仕入れる方法を解説【 Make Offerがなくても交渉可能です】 【欧米輸入】eBayで交渉して安く仕入れる方法を解説【 Make Offerがなくても交渉可能です】

ということで今回は以上です。

PRIMAのようなツールはまっすぐ使うのではなくて少し考え方をずらして使うと面白いと思います。

今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

【30日無料】PRIMAとは【10カ国のAmazonのデータを高速で収集できるリサーチツール】 【30日無料】PRIMAとは【10カ国のAmazonのデータを高速で収集できるリサーチツール】

【無料】超有料級Amazon欧米輸入スタートアップマニュアル公開中

今だけ、LINEか無料メルマガに登録することでAmazon欧米輸入スタートアップマニュアルをプレゼントしています。

これを見るだけでAmazon欧米輸入を始める準備が整います。

「本気で稼ぎたいけど、やり方がわからないから困っている」という人は受け取ってみる価値があると思います。

»無料でスタートアップマニュアルを受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください