»【無料】超有料級Amazon欧米輸入スタートアップマニュアルはこちらをクリック

【Amazon欧米輸入】メーカー交渉を外注化する基本の3ステップをわかりやすく解説

【Amazon欧米輸入】メーカー交渉を外注化する基本の3ステップをわかりやすく解説

はいみなさんこんにちは~~~~。
ひこーる(@hiko_ru)です。

悩む人
悩む人

メーカー交渉を外注化ってできるの?もっと効率よくメーカー交渉がしたい。方法を教えて欲しい。

こういった疑問や悩みにお答えいたします。

この記事のテーマ

【Amazon欧米輸入】メーカー交渉を外注化する基本の3ステップをわかりやすく解説

この記事の内容

  • 【Amazon欧米輸入】メーカー交渉を外注化する基本の3ステップをわかりやすく解説
  • メーカー交渉を外注化するために作業を細分化しましょう
  • 作業内容をPDFにまとめる方法
  • 作業内容を動画にまとめる方法
  • ランサーズクラウドワークスで外注さんを募集する方法を解説

このような内容になっています。

この記事の信頼性

この記事を書いている僕のメインの仕事はAmazon輸入というものになります。海外から商品を仕入れて日本のAmazonで販売をしています。販売歴は8年ほどになりました。Amazonだけの最高月収は120万円ほどです。
他にもブログやアフィリエイト、投資など幅広くやってます。

売上実績

読者さんへの前置きメッセージ

この記事ではAmazon欧米輸入のメーカー交渉を外注化する方法をわかりやすくまとめています。Amazon欧米輸入のメーカー交渉に興味はあるけど時間がないという人も多いはず。これらの作業は外注化することで効率化できます。Amazon欧米輸入のメーカー交渉の外注化に興味はあるけど方法がわからないという人には必見の内容です。

この記事の結論

スポンサードサーチ

目次

【概要】メーカー交渉を外注化する基本の3ステップをわかりやすく解説

【Amazon欧米輸入】メーカー交渉を外注化する基本の3ステップをわかりやすく解説

まずは全体像を簡潔にまとめて紹介します。
メーカー交渉を外注化する簡単な流れはこちら。

基本的にはこの流れになります。
それぞれ解説します。

外注化したい作業を決める

まずは外注化したい作業を決めていきましょう。
決める基準としては、

  • 時間が圧迫されている作業
  • 自分でやりたくない作業
  • 誰がやっても結果が同じ作業

こんな感じです。

外注化する目的をしっかりと決めて、それに合わせて外注化する作業を決めていきましょう。

作業内容をPDFや動画にまとめる

外注化する作業が決まったら、作業内容をまとめたPDFや動画を作成します。
資料を作成する時はできるだけ詳しく作成するようにしましょう。

クライアントさんはほぼ素人の可能性が高いです。

何も知らない人が資料を見ても理解できるレベルで細かく作成するとスムーズに外注化が進みます。

PDFの作成方法

PDFはWordやPowerPoint使って資料を作成しましょう。
作成が完了したらPDFで出力すれば簡単にマニュアルが作成できます。

動画の作成方法

画面キャプチャができるツールを使って作成します。

リサーチなどを視覚的に伝えることができるのでクライアントさんにも作業内容が伝えやすいです。

音声も一緒に入れてあげると更に効率よく作業内容を伝えることが出来ます。

ランサーズやクラウドワークスなどで外注さんを募集する

資料の作成が完了したらクライアントさんを探しましょう。
クライアントさん探しにオススメなサイトはこちら。

他にもありますがとりあえずこの3つでいいと思います。

1つのサイトで探すよりも複数のサイトで一気に募集してた方が早くクライアントさんが見つかります。

ベストなクライアントさんを見つけたいなら比べる必要がある

最初から1人だけに依頼するのではなく、まずは複数名と契約をしてみたほうがいいと思います。
失礼な話かもしれませんが、そうすることでクライアントさんの技量を確認することが出来ます。

こちらもビジネスでやっているので、より良い人材を探す必要があります。

ここを妥協してしまうと金銭的にも時間的にも損する可能性があります。

まずは費用が嵩んだとしても複数名と契約してみて、ベストなクライアントさんを見つけましょう。

【ステップ1】メーカー交渉を外注化するために作業を細分化しましょう

メーカー交渉を外注化するために作業を細分化しましょう

メーカー交渉の外注化について大まかな流れがわかったと思います。
では次にメーカー交渉でどの部分を外注化したいのか決めましょう。
メーカー交渉に必要な作業をまとめます。

  • 交渉できそうなメーカーのデータ化
  • メーカーのメールアドレスをデータ化
  • 交渉メールの送信
  • 交渉業務

大まかに分けるとこんな感じ。
それぞれ簡単にまとめます。

交渉できそうなメーカーのデータ化

交渉しようと思うという事は、何かしら理由があるはずです。

例えば、

  • 回転がいい
  • 利益率が高そう
  • 交渉が成立しやすそう

あなたの中で何かしら結果が出そうだと思ったから交渉するはずです。
こういった基準をできるだけわかりやすくまとめます。

メーカーリストを作ってもらう基準や数値を明確にする

外注化するときに重要になるのが基準や数値化です。
ここが曖昧だと収集されるデータも全て曖昧になってしまいます。

例えば、

  • ひと月に売れる平均個数
  • 販売金額
  • Amazon.comでの販売価格

こんな感じ。

まだまだ他にも基準はありますが、何をもとにどんなデータを集めて欲しいのかを明確にしておきましょう。

メーカーのメールアドレスをデータ化

メールアドレスを収集してもらうことも外注化できます。

方法は、

  • メーカー名をExcelなどに羅列する
  • メーカーのホームページからメールアドレスを抽出してもらう

こういった作業は非常に単純です。

あなたがやっても他の誰かがやっても結果は同じになりますよね。

このような単純作業を外注化することで効率よく業務を進めることができるようになります。

交渉メールの送信

交渉メールをコピペで送るのであれば外注化がしやすいです。

必要なものは、

  • メールアドレス
  • 安く仕入れをしたい商品名
  • こちらが希望する条件

こういった情報をまとめてクライアントさんに渡してメールを送ってもらいます。

ただしコピペのような文章では、返信がなかったり相手にされなかったりする可能性があります。

そういった場合は次に紹介する交渉業務自体を依頼するというのも1つの方法です。

交渉業務

交渉のメール内容によって契約の結果は大きく変わってきます。
コピペのようなメールを送っても反応がないメーカーが多いのも事実。

Google翻訳などを使って交渉しても良いですが、やはり英語がわかる人にきれいな文章で送ってもらったほうが成功確率は上がるといえます。

英語ができる外注さんに文章を作ってもらう

交渉に必要なデータを揃えて英語ができるクライアントさんにメールの作成を依頼すると交渉の成功確率は高くなります。
ただし専門性が高くなってくるので、外注費用は高くなる可能性が非常に高いです。

スポンサードサーチ

【ステップ2】外注化したい作業内容をPDFにまとめる方法

作業内容をPDFにまとめる方法

まずはPDFにまとめる方法から。

  • 作業内容をメモなどにまとめる
  • ワードやPowerPointに画像などもう使いつつわかりやすくまとめる
  • PDFとして書き出す

この流れになります。
詳しく解説します。

作業内容をメモなどにまとめる

まずはどういった作業内容なのかを箇条書きでもいいのでできるだけたくさん書き出します。
もうこれ以上細分化できないというところまで書き出しましょう。
ここは非常に重要なポイントになります。

あなたの頭の中でまとまっていないことを相手に伝えることは難しいです。

まずあなたの中でしっかりと作業内容をまとめるようにしましょう。

WordやPowerPointに画像なども使ってわかりやすくまとめる

依頼したい作業内容がまとまったら、WordやPowerPointにまとめていきましょう。
ここでも必ず分かりやすさを重視してください。

画像や太文字、赤文字などを使うと重要なポイントを伝えやすいです。

PDFとして書き出す

マニュアルの作成が完了したらPDFとして書き出しましょう。

書き出しは、

  • 印刷
  • 書き出し先でPDFを選択
書き出し

以上です。

【ステップ2】外注化したい作業内容を動画にまとめる方法

外注化したい作業内容を動画にまとめる方法

次に動画の作成方法について。

  • 作業内容をメモなどにまとめる
  • 画面キャプチャツールなどを使って録画
  • 動画データとして保存するかYou Tubeに限定公開する

こんな感じ。
それぞれ詳しく解説します。

作業内容をメモなどにまとめる

ここはPDFはを作成するときと同じです。
もうこれ以上細分化できないというところまで書き出しましょう。

画面キャプチャツールなどを使って録画

無料で使える画面キャプチャツールなどを使いながら作業内容を録画しましょう。

あなたの声で操作方法やポイントなどの解説を入れると更にわかりやすくなります。

無料のツールであればscreenpressoがオススメ

screenpressoは無料で使える画面キャプチャや録画ができるツールです。
簡単に使えるのでマニュアル作成にはオススメです。

» screenpressoのダウンロードはこちら

動画データとして保存するかYou Tubeに限定公開する

動画はmp4などのデータとして保存して、依頼するときに送ってもいいです。
回送るのが面倒な場合は、You Tubeで限定公開にしてアップロードしておいてもいいでしょう。

スポンサードサーチ

【ステップ3】ランサーズやクラウドワークスで外注さんを募集する方法を解説

ランサーズやクラウドワークスで外注さんを募集する方法を解説

クライアントさんを募集する時のポイントは、

  • まずはすでに掲載されている類似案件を調査する
  • 初めての依頼する時は複数名まとめて募集する
  • 厳選して長期で依頼できそうなクライアントを見つける

こんな感じ。
それぞれ深掘り解説します。

まずはすでに掲載されている類似案件を調査する

ここは結構重要なフェーズです。
まずは類似案件を探してみましょう。

類似案件で確認するポイントは、

  • 依頼文
  • 依頼金額
  • 集まっている人数

このあたりを確認しましょう。

いいと思うところは真似をする

完全にコピペをしてしまうとトラブルの原因になります。
募集に必要と思う部分や金額は参考にさせてもらいましょう。
集まっている人数も参考になります。

多く集まっているということは依頼文や金額が魅力的ということ。

積極的に参考にしてみましょう。

初めての依頼する時は複数名まとめて募集する

上でも少し触れましたが、クライアントさんは比べないと良さや悪さがわかりません。
お金が関わってくるのでここは妥協なく厳選するべきところです。

そのためには、複数の方に依頼をして作業の質やレスポンスなどを確認する必要があります。

初期投資は少し必要になりますが、今後安定した結果を残すためにも必要経費と割り切りましょう。

厳選して長期で依頼できそうなクライアントを見つける

いいクライアントさんが見つかったら、あとは仕事をガンガン振って作業を進めてもらいましょう。
ただし1人だけ見つかっても安心は出来ません。
クライアントさんはいつ契約を終了したいというかわかりません。

なので、1人が安定してきたら、また1人新しいクライアントさんを探したほうがいいです。

バックアップという言い方は失礼かもしれませんが、こちらの業務が滞らないためにも常時複数名のクライアントさんと繋がっておくことをオススメします。

という事で今回は以上です。

ぶっちゃけ外注化できない作業はほぼありません。
今回は交渉の外注化にフォーカスしましたが、応用すれば別の作業の外注化にも役立つと思います。
参考にしてみてください。

今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください