»【無料】超有料級Amazon欧米輸入スタートアップマニュアルはこちらをクリック

【Amazon欧米輸入】有料ツールはどのタイミングで導入すべきか【結論:早い方がいい→理由も解説】

【Amazon欧米輸入】有料ツールはどのタイミングで導入すべきか【結論:早い方がいい→理由も解説】

はいみなさんこんにちは~~~~。
ひこーる(@hiko_ru)です。

悩む人
悩む人

有料ツールを使いたいけどいつ頃から使えばいいの?月額料金を回収できるかが不安。節約したいけど無理をしてでも有料ツールを使うべき?

こういった疑問や悩みにお答えいたします。

この記事のテーマ

【Amazon欧米輸入】有料ツールはどのタイミングで導入すべきか【結論:早い方がいい→理由も解説】

この記事の内容

  • 有料ツールはどのタイミングで導入すべきか【結論:早い方がいい→理由も解説】
  • 【ひこーる厳選】Amazon欧米輸入で絶対に導入しておいた方がいい有料ツール4種

このような内容になっています。

この記事の信頼性

この記事を書いている僕のメインの仕事はAmazon輸入というものになります。海外から商品を仕入れて日本のAmazonで販売をしています。販売歴は8年ほどになりました。Amazonだけの最高月収は120万円ほどです。他にもブログやアフィリエイト、投資など幅広くやってます。

売上実績

読者さんへの前置きメッセージ

この記事ではAmazon欧米輸入で使う有料ツールをどのタイミングで導入するべきかを解説しています。有料ツールって毎月の負担になることが多いので導入のタイミングが難しいですよね。僕も結構悩みました。結論としては早いほうが間違いなくいいです。その理由も解説しますね。有料ツールの導入タイミングで悩んでいる人には参考になると思います。

この記事の結論

  • 早めに導入して効率よく稼いだほうがいい
  • とりあえず使ってみてコスパが悪いと感じればすぐに解約すればいいだけ
  • 数千円くらいの投資を躊躇するようでは長くビジネスを続けるのは難しい

スポンサードサーチ

目次

有料ツールはどのタイミングで導入すべきか【結論:早い方がいい→理由も解説】

【Amazon欧米輸入】有料ツールはどのタイミングで導入すべきか【結論:早い方がいい→理由も解説】

まずは結論から。

  • 有料ツールを早めに導入すべき理由は「どうせ使うことになるから」です
  • 有料ツールを使うことで圧倒的な効率化が見込める【結果が出るまでの時間を最短にできる】
  • 【結論】だから早めに入れておいて損はない【いらなければ解約すればいい】

こんな感じ。
それぞれ解説します。

有料ツールを早めに導入すべき理由は「どうせ使うことになるから」です

僕がこのブログで主に紹介している有料ツールがこちら。

あとで詳しく紹介しますが個のブログでは基本的にはこの4種類を紹介しています。

あなたがもしAmazon欧米輸入で今後も稼ぎ続けようと考えるのであれば、おそらくどこかのタイミングでこれらのツールを導入することになると思います。

有料ツールを紹介している理由は導入した方が間違いなく効率的だから

ぶっちゃけ、僕が8年位やってきた本当に必要な有料ツールの答えがこれです。
単純転売だけをするのであればこれ以外は必要ないと考えています。

逆にこれだけあれば稼げるはず。

実際に僕は単純転売に関してはこれだけで稼いでいます。

おそらくあなたもAmazon物販を長年続けていけばこれに近い結論にたどり着くはず

であれば、早めに導入をして早く結果を出した方がいいはず。

月額料金を節約して結果が出ず挫折したり、結果が出るまでに時間がかかってしまうよりも、有料ツールを早めから使って正しい方向に早く結果が出る方が最終的には良い結果になると思います。

有料ツールを使うことで圧倒的な効率化が見込める【結果が出るまでの時間を最短にできる】

有料ツールを使う目的は圧倒的な効率化です。
例えば、

  • 人間がやってもツールがやっても同じ結果になる作業
  • 人間がやるよりもツールの方が正確にできる作業
  • 人間にはできない作業量

こういった作業をツールにうまく任せることで効率よく稼げるようになります。

例えば、ASIN一致商品のリサーチはこれに当てはまる

ASIN一致商品はツールで簡単かつ高速でリサーチすることができます。
人間が1つ2分くらいでリサーチしているところ、ツールだと数十倍のリサーチを疲れることなくやり続けてくれます。

つまり、僕たちがヘトヘトになりながらするリサーチもツールに任せれば全く体力消費することなくリサーチができるということです。

全く文句を言わない、そして疲れることもない、さらに正確に作業を淡々とこなしてくれる外注さん。

そう考えれば月額5000円程度は安く感じるはずです。

自分ならリサーチしないであろう部分もツールならリサーチできる

例えば数万件の商品リストがある無在庫セラー。
無在庫セラーを手動でリサーチしていてはいくら時間があっても足りません。

しかしリサーチツールに任せることで自動で数万件の商品データをリサーチすることができます。

ゲームに例えるなら、リサーチツールを使っているセラーは剣を持って戦っている人。

リサーチツールを使っていないセラーは木の枝を持って戦おうとしている人。

どちらが強いかは言うまでもありませんよね。

納品作業の代行もこれに当てはまる

ツールとは違いますが納品代行もこれに当てはまります。
納品作業は基本的に誰がやっても結果が同じ作業です。

商品を返品してシールを貼ってダンボールに詰めるだけなので。
つまりこの作業もあなたがやるべき作業ではないということ。

納品作業をする数時間をリサーチの時間に回せばさらに利益商品を見つけることができます。

その利益商品を見つけて納品代行料以上に稼ぐことができるのであれば早めに納品代行も導入することをオススメします。

【結論】だから早めに入れておいて損はない【いらなければ解約すればいいだけ】

有料ツールをできるだけ早めに入れた方が良い理由は以上です。
それでもやっぱりまだ迷うなぁという人は、とりあえず使ってるのがいいと思います。

なぜなら、ツールは使い続ける必要がないから。
ひと月だけ使ってみて、いらないと感じれば解約すればいいだけなので。

勉強代と考えれば数千円位は何とかなるはず

むしろビジネスをする上で数千円のリスクを背負えないのであればおそらくこの先、ビジネスを続けていくのは難しいと思います。

初回30日無料体験ができるツールも多いので、使わないときめこまずにまずは使ってみてから判断することもできます。

使ってみて月額料金以上の結果を感じた、もしくは使い続けることで回収ができると判断したなら使い続ければ良いと思います。

【ひこーる厳選】絶対に使った方がいい有料ツール4種

【ひこーる厳選】Amazon欧米輸入で絶対に導入しておいた方がいい有料ツール4種

じゃあどんな有料ツールがオススメなの?と疑問に思うかもしれません。
上でも少し紹介しましたが僕が8年間やった中で使うべきか判断した4種類の有料ツールを紹介しておきます。

以上の4つです。
それぞれ必要な理由を解説します。

プライスターもしくはマカド!【価格改定および納品や売上管理の効率化】

プライスターもしくはマカド!のような価格改定及び納品や売上管理ツールは必須です。
僕が、もし有料ツールを1つしか使ってはいけないと言われたら間違いなくプライスターを選びます。

人によってはマカド!でもいいかもしれません。
それぞれ似たような特徴があるので、ここでは代表的な機能を紹介しておきます。

  • 自動価格改定
  • 売り上げの自動計算
  • 新規商品登録
  • 納品プラン作成
  • サンクスメール
  • 棚卸し

こんな感じの機能があります。
要は、Amazon物販をする中で必要な細かな作業をほとんど任せることができます。

人の手でやっていたら何時間あっても足りないような作業を全て任せることができるので効率化には必須のツールといえます。

どちらも30日間無料で試せるので興味があったら使ってみてもいいと思います。

【30日無料】プライスターを試してみる

【30日無料】マカド!を試してみる

Keepa【リサーチ効率化ツール】

リサーチには欠かせないツールです。
Keepaを導入すると以下の機能を使えるようになります。

  • ランキンググラフ
  • プレミアムデータアクセス
  • 詳細な商品情報
  • トラッキング

代表的な機能はこんな感じ。
リサーチをする上では欠かせないツールなのでこちらも導入しておいて損はないと思います。

それぞれの詳しい使い方などはこちらの記事にまとめているので参考にしてみてください。

モノサーチPRO【リサーチ効率化】

こちらもリサーチには欠かせないツールです。

特に、ドック機能はワンクリックで複数のサイトをリサーチできたり、商品Watchという機能は使い方によってはかなりリサーチの効率化ができます。

この使い方については、マニュアルで紹介しているので興味がある方は手に取ってみてください。
僕自身はこれがないとリサーチ速度が半分以下になると思います。
それくらい重宝しているツールの1つです。

PRIMAもしくはアマリストEX【リサーチ自動化ツール】

PRIMAとアマリストEXはどちらもASIN一致商品の比較ツールです。
簡単にそれぞれの特徴をまとめておきます。

アマリストEXの特徴
  • 月額料金が若干安い【月額5,000円】
  • 自分が管理しているExcelファイル任意のセルに情報を落とし込める
  • 対応している国はアメリカのみ
  • 現在は募集停止中
PRIMAの特徴
  • 月額料金が若干高い【月額7,980円】
  • 全10ヶ国のAmazonに対応【それぞれの国の大口契約必須】
  • 現在も募集継続中

こんな感じ。
比較したい国が日本とアメリカだけならばアマリストEXで十分だと思います。

しかし現在Amazonの仕様変更に伴いアマリストEXは募集を停止しています。

なのですぐにでもASIN比較ツールを使いたいのであればPRIMAがオススメ。

若干、月額料金は高額になりますがアメリカ以外のリサーチにも使えるのでオススメです。

アマリストEXでもPRIMAでもそれぞれの国の大口契約が必須

データ比較ツールは基本的にAmazonのSA-APIというシステムを利用します。
これは大きなデータを抽出するツールならほぼ100%利用します。

グローバルセリングを使えば月額料無料で海外のAmazonに登録できるので、アマリストEXやPRIMAを使う場合は必ずグローバルセリングを利用しましょう。

» グローバルセリングとは(Amazon公式)

おそらくこの部分を見ると「めんどくさそう」「難しそう」と思う人も多いはず。

だからこそ、ここにチャンスがあることを忘れてはいけません。

ほとんどの人が面倒、難しそうと考えるということはそれだけライバルが減るということなのでチャンスも広がるということですよ。

» 【30日無料】PRIMAを体験してみる

スポンサードサーチ

【Amazon欧米輸入】有料ツールはどのタイミングで導入すべきか【まとめ】

【Amazon欧米輸入】有料ツールはどのタイミングで導入すべきか【まとめ】

こんな感じです。
最後に簡単にまとめておきます。

有料ツールはどのタイミングで導入すべきか【結論:早い方がいい】
  • 早めに導入して効率よく稼いだほうがいい
  • とりあえず使ってみてコスパが悪いと感じればすぐに解約すればいいだけ
  • 数千円くらいの投資を躊躇するようでは長くビジネスを続けるのは難しい
【ひこーる厳選】Amazon欧米輸入で絶対に導入しておいた方がいい有料ツール4種
  • プライスターもしくはマカド!【価格改定および納品や売上管理の効率化】
  • Keepa【リサーチ効率化ツール】
  • モノサーチPRO【リサーチ効率化】
  • PRIMAもしくはアマリストEX【リサーチ自動化ツール】

ひこーるが8年間くらいやってきたベストな布陣【単純転売用】

僕自身8年間くらいAmazon欧米輸入をやってきました。
単純転売をするのであればこの4種類が必須かつベストだと思っています。

これらの4種類を導入することで圧倒的に時短することができますしリサーチの効率もアップすると思います。

利益商品が見つかりにくいのもほとんどの場合は経験不足とツールの使い方が間違っているから

経験不足は、実践を繰り返すことで身に付きます。
しかし間違ったツールの使い方や本来使うべきツールを使わないことでリサーチの質を落としているということも十分に考えられます。

稼げてないうちから有料ツールを使うことに抵抗があるかもしれません。
しかしライバルが当たり前のように導入して効率的にリサーチしているなか、あなたは1つ1つの商品を手動でリサーチして勝ち目があるかも考える必要があります。

Amazon欧米輸入という舞台で勝ち残りたいと思うのであれば早めに導入して損はないと思いますよ。

ほとんどのツールは初回30日間無料などの体験期間があります。

まずは体験期間でツールの使い心地や効果を確認してみてはいかがでしょうか。

コスパが悪いと感じればすぐに解約すればいいだけ【無理に継続する必要なし】

月額料金に見合う効率化ができるのであればそのまま継続すれば良いですし、見合わないと感じたのであれば解約をすればOKです。

月額料金がもったいないからと使ったこともないツールを使わないまま進み続けるよりも、まずは使ってみてどれくらいの効果があるのかを確認した方が良いと思います。

ツールを使うか使わないかの判断は月額料金以上の回収が見込めるかどうか

例えばツールの料金が5000円だとします。
そのツールを使って得ることができた利益商品や時間が5000円以上の価値なら使い続ける理由になります。

ツールを使うことでツール代よりも多くのお金を稼げるのであれば間違いなく使ったほうがいいです。

もしくは5000円以上稼ぐことが出来る時間を捻出できる。

どちらにせよツール代よりも少しでも多く稼げるなら使わない理由はありません。

外注化の考え方も同じ

ここではツールに絞って話を進めましたがこれは外注化でも同じです。
今やっている作業を外注化することで時間が捻出できたり今よりも大きく稼げたりするなら積極的に外注化も進めるべきです。

ということで今回は以上です。
今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください