»【無料】超有料級Amazon欧米輸入スタートアップマニュアルはこちらをクリック

Amazon欧米輸入で返品された商品や破損して届いた商品をできるだけ損せず処分する4つの方法【破棄は絶対にダメです】

Amazon欧米輸入で返品された商品や破損して届いた商品をできるだけ損せず処分する4つの方法【破棄は絶対にダメです】

はいみなさんこんにちは~~~~。
ひこーる(@hiko_ru)です。

悩む人
悩む人

返品された商品って廃棄していいの?破損して届いた商品はどうすればいいの?中古としてできるだけ高く売る方法を教えてほしい。

こういった疑問や悩みにお答えいたします。

この記事のテーマ

Amazon欧米輸入で返品された商品や破損して届いた商品をできるだけ損せず処分する4つの方法【破棄は絶対にダメです】

この記事の内容

  • 返品商品と破損商品の4つの処分方法とは【Amazonで中古出品、フリマサイト、返品、買取業者】
  • Amazon欧米輸入では返品や破損商品が生じて当たり前です【諦めが必要】
  • 返品商品や破損商品をできるだけ高く販売する方法【嘘はダメです】

このような内容になっています。

この記事の信頼性

この記事を書いている僕のメインの仕事はAmazon輸入というものになります。海外から商品を仕入れて日本のAmazonで販売をしています。販売歴は8年ほどになりました。Amazonだけの最高月収は120万円ほどです。他にもブログやアフィリエイト、投資など幅広くやってます。

売上実績

読者さんへの前置きメッセージ

この記事ではAmazon欧米輸入で仕入れた商品が返品されたり破損して届いた場合の対処方法を解説しています。物販をしていると不良在庫はどうしても発生しますよね。僕もたくさん辛い経験をしました。今回はそんな不良在庫をどのようにして処分するのかを解説しています。不良在庫の対応方法に困っている人には参考になると思います。

この記事の結論

  • Amazon物販は返品や破損があって当たり前
  • 返品された商品は捨てずにできるだけお金に変えるように努力する
  • 中古として販売する時はできるだけキレイにしてから販売する
  • 販売先はAmazonもしくはフリマサイトなど
Amazon物販をするなら他販路も増やすべき3つの理由【併売先10個とツール4個も紹介】 Amazon物販をするなら他販路も増やすべき3つの理由【併売先10個とツール4個も紹介】 【超重要】Amazon物販で現金を増やしたいなら余剰在庫と滞留在庫を徹底的に管理する 【超重要】Amazon物販で現金を増やしたいなら余剰在庫と滞留在庫を徹底的に管理する

スポンサードサーチ

目次

返品商品と破損商品の4つの処分方法とは【Amazonで中古出品、フリマサイト、返品、買取業者】

返品商品と破損商品の4つの処分方法とは【Amazonで中古出品、フリマサイト、返品、買取業者】

返品商品と破損商品の4つの処分方法を紹介します。
まずは結論から。

  • 基本はAmazonFBAの中古として出品する
  • 可能であればメルカリやラクマなどのフリマアプリも使う
  • Amazon.comからの仕入れなら返品するのもあり
  • どうしても売れないなら買取業者などに買い取ってもらう

それぞれ深掘り解説します。

基本はAmazonFBAの中古として出品する

返品商品と破損商品を中古として販売する場合、基本はAmazonFBAの中古として出品するのがオススメです。

AmazonFBAは新品でも中古でも納品するときの作業はほとんど変わりません。

新品で出品していたものを中古で出品し直す場合は、コンディションを中古にして新しいSKUを作成するだけで簡単に出品することが出来ます。

中古でもFBAの恩恵は十分に受けることができる

AmazonFBAはよく出来たサービスです。
やはり商品管理や発送管理などを全て任せられるのは新品中古問わず関係のないことなので中古でもFBAを使っての販売をオススメします。

回転が悪すぎる場合は自己発送で手数料0円にして出品し続けてもいいです。

しかし資金の回収を優先するなら、ある程度金額を下げて早めに売ることも必要です。

Amazon.comからの仕入れなら返品するのもあり

Amazon.comならMyUSのような転送会社を介して通して輸入した商品でも返送料無料で返品することができます。
これをうまく使えばリスクを抑えながら仕入れもできるので返品方法を知っておいて損はないと思います。

日本からAmazon.comへの返品方法をわかりやすく解説【MyUSを使って輸入した商品でも日本から返品出来ます】 日本からAmazon.comへの返品方法を解説【MyUS→日本の商品も返品出来ます】

可能であればメルカリやラクマなどのフリマアプリも使う

これは中古出品に限った話ではありませんが、より早く商品を売りたいのであれば複数販路を持つことをオススメします。

最近ではメルカリやラクマなどのフリマアプリで簡単に商品を出品することが出来ます。

全部の商品の出品は面倒かもしれませんが早く売りたい商品だけでも出品することで資金の回収も早くなります。

Amazon物販をするなら他販路も増やすべき3つの理由【併売先10個とツール4個も紹介】 Amazon物販をするなら他販路も増やすべき3つの理由【併売先10個とツール4個も紹介】

どうしても売れないなら買取業者などに買い取ってもらう

どうしても売れない商品が残ってしまった場合は買取業者やリサイクルショップに持っていくのも一つの手段です。
中古で販売するよりも安く買い取られる可能性が高いですが、廃棄をして0円になるよりはマシですよね。

Amazon欧米輸入では返品や破損商品が生じて当たり前です【諦めが必要】

Amazon欧米輸入では返品や破損商品が生じて当たり前です【諦めが必要】

Amazon欧米輸入を実践しているとお客様からの返品やアメリカから破損して商品が届くことは日常茶飯事です。
ここでイライラしても仕方がないのである程度は諦めましょう。

  • Amazon物販では返品が生じて当たり前です【一定数の返品は諦めが必要】
  • 返品された商品をAmazonで処分してもらうのはもったいない
  • 返品商品も破損して届いた商品もそのまま破棄せずに少しでも取り返す努力が必要です

こんな感じで話を進めますね。

Amazon物販では返品が生じて当たり前です【一定数の返品は諦めが必要】

Amazonはお客様ファーストです。
よって他のECサイトや小売店などよりも圧倒的に返品に対するハードルが低く設定されています。

現状、たとえお客様自身のミスで生じた破損であっても、ただただ気に入らないだけであったとしても簡単に返品手続きが出来てしまいます。

どれだけ完璧な商品でも返品されるときは返品される

輸入をしてパッケージも商品本体も傷一つなく完璧な商品だったとしても返品されます。

Amazonではほとんどの商品を「気に入らない」「やっぱりいらない」レベルで返品できてしまいます。

当たり前のことなので腹を立てている時間がもったいないです

ということでAmazonというプラットフォームを利用している限り返品からは逃げることは出来ません。
返品0のセラーなんていませんし、返品は当たり前のことと捉えて取り組むようにしましょう。

最初は返品に対してショックだったり腹が立つかもしれません。

しかしそれもすぐに慣れます。

そこに腹を立てるよりも、次の仕入れに向けて時間を使ったほうが精神的にも金銭的にも安定します。

返品された商品をAmazonで処分してもらうのはもったいない

AmazonFBAを利用しているなら返品された商品をAmazonに廃棄してもらうことが出来ます。
返品された商品を再出品するのは面倒ですし、家に返品商品を置いておくスペースがない方の場合は廃棄を選択しているかもしれません。

確かにAmazonに廃棄をしてもらったほうがスペースは取りませんし、商品自体を目にすることもないので気持ち的なダメージは少ないかもしれません。

しかしもともとは数千円数万円で仕入れた商品です。

そんなに簡単に廃棄してしまっては非常にもったいないです。

小型・標準商品なら30~60円で廃棄可能

AmazonFBAでは小型・標準商品なら30円~60円で廃棄を代行してくれます。
1kg以上の商品や大型商品についてはもう少し高くなります。

返送/所有権の放棄依頼手数料
引用:https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/help.html?itemID=G200685050&language=ja_JP

自宅に返送してもどうしても廃棄するしかない商品の場合は利用してもいいですが、よほどの商品でない限り買い手はいるはずです。

もともと需要があるから仕入れた商品=中古でも売れるはず

Amazon欧米輸入ではほとんどの場合、需要があるからこそ仕入れをしているはずです。
つまり中古だったとしても価格が安ければ買い手はいるはずです。

Amazonで新品5,000円で売っている商品があるとします。

その商品が箱開封済みだけど商品が新品同様で2,000円で売っていた場合、購入したいと思う方はたくさんいるのではないでしょうか?

返品商品も破損して届いた商品もそのまま破棄せずに少しでも取り返す努力が必要です

AmazonFBAを使って新品商品を出品している人は効率化をしていることが多いので中古で再出品や動作確認などが面倒に感じる人も多いはず。

何度もお伝えしますが、そもそもは需要がある商品です。

よって中古でも安ければ買い手はたくさんいることを忘れてはいけません。

面倒でも動作確認や状態確認をして中古としての再出品は必ず実施することをオススメします。

Amazonは中古商品でも売れる【実際に僕も中古でガンガン出品しています】

新品商品しか扱っていない方は中古商品の出品に抵抗があるかもしれません。

  • 本当に売れるのだろうか?
  • 出品作業が面倒
  • 商品説明になんて書いたらいいかわからない

様々な理由があると思います。
しかしAmazonでは中古商品でも普通に売れます。

僕は返品された商品や破損して届いた商品はしっかりと検品や動作確認をしてから中古として販売しています。
しっかりと説明欄を記載しておけば新品商品よりも早く売れていくと実感しています。

中古商品でもお客様の目に止まれば売れる

新品商品が出品されている商品ページでは中古商品はカートを取ることが出来ません。
「カートを取れなければなかなか売れないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、実際は売れます。

中古商品はほぼカートが取れません。

しかし見てくれるお客様がいるのも事実です。

新品商品よりも安く購入できるので”魅力的な商品説明”ができれば新品商品よりも高回転で売ることが出来ます。

【せどり】新品と中古はどちらが稼ぎやすいのか【それぞれのメリットとデメリットを比較します】 【せどり】新品と中古はどちらが稼ぎやすいのか【それぞれのメリットとデメリットを比較します】

スポンサードサーチ

返品商品や破損商品をできるだけ高く販売する方法【嘘はダメです】

返品商品や破損商品をできるだけ高く販売する方法【嘘はダメです】

仕入れた商品は、返品されたとしても破損した状態で届いたとしてもあなたの資産の一部です。
簡単に諦めずにどうすれば多くのお金を回収できるかを考えてみましょう。

  • 商品の状態をできるだけ詳しく把握する【箱のダメージや商品の動作確認など】
  • 中古として出品するときはできるだけ詳しく商品説明欄を埋める
  • 可能であれば実際の商品の写真も掲載する

こんな感じで進めます。

商品の状態をできるだけ詳しく把握する【箱のダメージや商品の動作確認など】

新品商品と中古商品の決定的な違いは商品の状態です。
新品は当たり前ですがパッケージも商品本体もきれいな状態を指しますよね。

中古は商品1つ1つで状態が全く異なります。

一度使用しただけの商品も中古ですし、5年間使った商品も中古です。

商品の状態をできるところまで把握する

返品商品や破損商品を中古品として出品する場合、まずはできるところまで商品の状態を把握しましょう。

外箱の状態、動作確認、使用感などを詳しく確認します。

汚れや使用感のある商品はできるだけきれいにする

商品や外箱の汚れなどはできるだけきれいにしましょう。
汚れた商品をそのまま再出品する必要はないです。
可能な限りきれいな状態にすることで中古としての商品価値も上がりますよね。

汚れがあるなら、このような除菌シートで拭くだけでも印象が変わります。

修復できる部分は修復する

外箱が破損している場合などは透明なテープで止めるだけでも印象は変わります。

嘘はいけませんが、商品をできるだけきれいな状態にすることは悪いことではありません。

中古で購入したとしてもボロボロのまま届くよりも少しでもきれいな箱で到着したほうがお客様も喜んでくれるはずです。

OPP袋などに入れて保護をする

どんな商品であっても外箱にそのまま商品ラベルを貼ってしまうよりは、OPP袋に入れた方が届いてからの印象がいいです。
これはあとから悪い評価を付けられにくくするためでもあります。

中古で販売するときは新品よりも、よりお客様の気持ちになって商品の準備をしましょう。

そうすることで少しでも高く売ることに繋がりますしクレームにもなりにくくなります。

中古として出品するときはできるだけ詳しく商品説明欄を埋める

返品商品や破損商品を中古で販売するときは、中古商品を購入するお客様が何を知りたいのかを理解することが非常に重要になります。
例えば以下のようなことではないでしょうか。

  • 商品自体の状態【新品同様なのか使用感があるのか】
  • 外箱の状態【箱はあるのかないのか、傷があるのか】
  • 付属品の有無【説明書は付いているのかなど】
  • 実際の商品の状態【写真で見てみたい】

これくらいの情報が揃っていて、価格に納得がいくなら購入をしますよね。

他の中古商品よりも詳しい説明がある方が安心感がある

中古品として売られている商品の説明欄に何も書かれていない商品を見つけた場合、あなたならどう感じますか?
おそらく「この商品はどんな状態だろう?」と疑問に思うはずです。

中古で商品を購入するお客様は中古は中古でもどれくらいの状態なのかを知りたいはずです。

よって、同じ中古でもたくさんの情報が記載されている方が安心して購入できますよね。

説明無記入の中古商品としっかり説明がある商品

当たり前ですが売れやすいのは説明がしっかりとある商品です。
金額が多少高くても状態がしっかりと把握できる商品を手に入れたいですよね。

可能であれば実際の商品の写真も掲載する

Amazonで中古出品をする場合は写真を掲載することも出来ます。

正直面倒ではありますが、写真を掲載している方がより売れやすくなります。

それだけ中古で買う場合は商品の状態を把握しておきたいからですよね。

中古での出品は商品状態が詳しければ詳しいほど売れる

ということで中古品をできるだけ高く、そして売れやすくする方法を解説しました。
正直面倒ですよね。僕も面倒です。

しかし商品をできるだけ清潔にして丁寧な説明文を記載することで、中古でも十分に売れるということを理解しておいてください。

返品商品でも破損商品でもそれはあなたの資産ということを忘れてはいけません。

面倒であったとしても仕事のうちです。

たとえ利益が100万円出たとしても仕入れ値50万円分の返品・破損商品を廃棄してしまうと利益は50万円しか残らないことになりますからね。

できるだけ全ての商品を赤字でも売り切ることが利益を守る

ということで今回は返品商品や破損して届いた商品の対応方法について解説しました。
まとめると、

まとめ
  • Amazonで販売する限り返品は絶対にある
  • 輸入では破損して到着することがあることを理解する
  • よほどのことがない限りAmazonで廃棄しない
  • Amazonは中古でも売れる
  • より高く売るためには状態をできるだけ良くする
  • お客様が求めるであろう情報をしっかりと説明する
  • できれば写真も添付する
  • 基本はAmazonFBAに中古出品する
  • 必要であればメルカリやラクマなどでも併売する
  • 最終手段は買取業者やリサイクルショップ

ということで今回は以上です。
今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

プレゼントバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください