Keepaのサブスクを解約する方法|無料の代替ツールも併せて紹介

Keepaのサブスクを解除する方法|無料の代替ツールも併せて紹介

ひこーる
ひこーる

このブログのリンクは広告を含んでいる場合があります。ひこーるのことを「応援してもいいよ!」という人はアフィリエイトリンクから購入していただけると嬉しいです!「お前なんか応援しない!」という人はリンクを踏まずに検索をしてお買い物や契約がオススメです。

Keepaのサブスクを使い始めたけど、やっぱりいらない。

そう思う人も多いはず。

そんな人に向けてKeepaのサブスクを解約する方法を画像付きで簡潔に解説します。

また、Keepaを解約してリサーチ効率を落としたくない人に向けて、無料で使える代替ツールも後半で紹介しているので、興味がある人はぜひチェックしてみてください。

プロフィール背景画像
プロフィール画像

ひこーる

在宅フリーランスを始めて10年以上が経ちました。 Amazon欧米輸入という物販ビジネスからスタートし中国輸入、国内電脳せどりなど様々なAmazon物販を経験。 それと並行し、ブログやアフィリエイトにも挑戦し歴は6年以上に。 2014年から副業でビジネスを開始して2016年に独立。 Amazon最高月利120万円、ブログ130万円など、サラリーマン時代よりも大きく稼ぐことに成功。 完全在宅かつ一人ぼっちでもできる在宅スモールビジネスを中心に紹介。 在宅副業や在宅フリーランスに興味がある人には参考になるブログなはず。 »ここまでのひこーるの道のりはこちら»一番人気!!欧米輸入フルコンサルの概要はこちら

    こちらから無料のメルマガに登録すると、Amazon欧米輸入のリサーチに使えるひこーるオリジナルスプレッドシートがすぐに受け取れます。

    このシートを使えば、

    • ASIN一致商品の一括リサーチ
    • 利益計算
    • 商品管理
    • プライスターへの商品登録

    など、Amazon欧米輸入に必要な商品管理のほぼ全てが完結します。無料配布はいつ終了するか分からないので、気になる人はお早めに。

    シートの概要はこちら

    Keepaのサブスクを解約する方法を画像付きで解説

    Keepaのサブスクを解除する方法を画像付きで解説

    まずはKeepaのサブスクを解約する方法を画像付きで解説します。

    流れはこちら。

    ひこーる
    ひこーる

    それぞれ解説します!

    Keepaのサイトを開いてアカウント名からサブスクリプションを選択

    Keepaのサブスクの解約はKeepaのサイトで行います。

    Keepaのサイトを開きましょう。

    ≫ Keepaを開く

    画面上部にあなたが登録している名前が表示されています。

    そこにカーソルを合わせるとタブが表示されるので「サブスクリプション」をクリックしましょう。

    「サブスクリプション」をクリック

    「CANCEL」をクリック

    サブスクリプションに加入しているなら「CANCEL」というオレンジ色のボタンが表示されているはずです。

    「CANCEL」をクリックしましょう。

    キャンセル

    ポップアップが表示されるので「CANCEL SUBSCRIPTION」をクリック

    「CANCEL」をクリッククリックすると最終確認のポップアップが表示されます。

    「CANCEL SUBSCRIPTION」というボタンが表示されるのでクリックしましょう。

    これでKeepaのサブスクリプションの解約は以上です。

    ひこーる
    ひこーる

    ここからはサブスクのキャンセルの小技2つとKeepaの代替ツールを紹介します。

    Keepaのサブスクをキャンセルするときの2つの小技

    Keepaのサブスクをキャンセルするときの2つの小技

    ここからはKeepaのサブスクをキャンセルするときの2つの小技を紹介します。

    ひこーる
    ひこーる

    それぞれ解説します。

    サブスクはキャンセルしても期限内は利用可能|解約忘れ防止

    Keepaのサブスクはキャンセルしてもすぐに解約されるわけではありません。

    例えば月額で登録した場合。

    5月1日に登録したなら5月31日までは登録が継続されます。

    たとえ5月2日に解約したとしても5月31日までは利用できるということ。

    もし、お試しで1ヶ月だけ使いたいと考えているなら、登録してすぐに解約手続きをしてもいいかもしれません。

    そうすることで、解約忘れを防ぐことができます。

    もしも2ヶ月目以降も契約したいと思うなら、またその時に再契約すればいいだけですからね。

    ひこーる
    ひこーる

    登録後すぐキャンセルはお試し利用を考えている人におすすめです。

    エラーで解約できないときは直接Keepaにメールで問い合わせる

    基本的にKeepaの解約は上記の手順で解決することがほとんどです。

    しかし本当に稀に解約できないことがあるようです。

    そんなときはKeepaにメールで問い合わせましょう。

    Keepaのメールアドレスはこちら。

    • info@keepa.com

    念のため、問い合わせ用のテンプレートも紹介しておきます。

    宛先:info@keepa.com

    件名:Cancellation of Subscriptions

    本文

    Hello.
    I tried to cancel my subscription but it did not work.
    Please help me with the cancellation procedure.

    My email address:Keepaに登録してるメールアドレスを記載

    My subscription:Month/Year(月額もしくは年額を記載)

    Best regards.

    こんな感じで伝わります。

    必要であれば追記などしてもいいと思います。

    ひこーる
    ひこーる

    ちなみに問い合わせたことがある人は少ないと思いますが、Keepaの返信は結構早いです。

    【無料】Keepaの代わりになる代替ツールを3つ紹介

    【無料】Keepaの代わりになる代替ツールを3つ紹介

    ここからはおまけとして、Keepaを解約したあとにあると便利な無料の代替ツールを3つ紹介します。

    Keepaのサブスク料金は払いたくないけど、効率は落としたくないという人には参考になると思います。

    ひこーる
    ひこーる

    それぞれ解説します。

    ランキンググラフ:モノトレーサー

    Keepaのサブスクを解約して一番困るのがランキンググラフが非表示になることだと思います。

    商品ページ上にランキンググラフ

    こんな感じの緑のギザギザです。

    Amazon物販のリサーチではこのギザギザがかなり重要ですよね。

    これがこうなります。

    Keepaのグラフ

    価格の推移だけしかなくなりますよね。

    これだとリサーチに困るはず。

    そんなときにおすすめな無料のツールがモノトレーサーというツールです。

    イメージはこちら。

    モノトレーサー3

    こんな感じで、

    • 価格の推移
    • 出品者数の推移
    • ランキンググラフ

    完全無料でチェックできます。

    唯一のデメリットは商品ページ上にグラフが表示されず、モノトレーサーのサイトを開かなくてはいけないということ。

    しかし、その一手間さえ我慢すれば無料でKeepaのランキンググラフと同じような機能を持ったデータを見ることができます。

    完全無料なので、Keepaを使っている人でも比較データとして使う価値は十分ありますね。

    ちなみに同じ会社が作っているクイックショップと一緒に使えば、商品ページ上からワンクリックでモノトレーサーを開くことができます。

    クイックショップからならワンクリックでモノトレーサーが開く

    どちらも無料なので、Amazon物販をする人ならとりあえずインストールしておいて損はありません。

    それぞれのツールは別の記事で詳しく解説しているので、興味がある人はあわせてチェックしてみてください。

    データ収集:Code 2 Asin

    Code 2 Asinは完全無料でデータ収集ができるツールです。

    code2asinの抽出結果

    ASINやJAN(EAN)をコピペするだけで簡単かつ超高速でデータが集められます。

    サンプルデータはこちら。

    ≫ code2asinのサンプルデータを見てみる

    無料でこれだけのデータが集められるってすごくないですか?

    KeepaだとSeller lookupなどの代替ツールですね。

    データ収集系の無料ツールを探しているならかなりおすすめです。

    まだ使ったことがないなら一度使ってみてはいかがでしょうか?

    登録方法や詳しい使い方はこちらの記事をどうぞ。

    データ収集:ASINFetcher

    ASINFetcherもデータ収集系の無料拡張機能です。

    例えば、セラーリサーチがしたい場合。

    該当のセラーフロントを開いた状態でASINFetcherを稼働させるだけで、自動でASINを含むデータを抽出してくれます。

    ASINFetcherで抽出できる主なデータはこちら。

    • ASIN
    • セラー名
    • セラーID
    • 商品名

    などが抽出できます。

    さらに、抽出したデータのセラーを選択するとそのセラーが扱っているASINなどの抽出も可能。

    ASIN抽出を半自動化したい人にはぴったりな拡張機能だと思います。

    無料なので気になる人は使ってみてはいかがでしょうか?

    詳しい内容はこちらの記事をどうぞ。

    【まとめ】サブスク解約は簡単!無料で穴埋めできるツールを使って効率を維持しよう!

    【まとめ】サブスク解除は簡単!無料で穴埋めできるツールを使って効率を維持しよう!

    ということで今回はKeepaの解約についての内容を中心に紹介しました。

    無事にKeepaの解約はできましたか?

    解約したら、効率が落ちる場面もあると思うので、必要であれば紹介したツールも使ってみてくださいね。

    もう一度この記事の内容をまとめます。

    最近は円安の影響で海外製ツールの料金が高くなってしまっています。

    特にKeepaのようなサブスク系ツールのダメージは大きいですよね。

    Keepaは便利ではあります。

    しかし機能を分割していけば代替できるツールはいくつかあるのも現状。

    月額料金が厳しいと感じたら、一度解約してみて他のツールで代用してみるものありだと思います。

    便利なランキングツールなら、日本製のDelta Tracerもありですね。

    NEW TYPE DELTA TRACERのグラフは4つ

    Delta Tracerは日本の会社が作ったツールなのでサブスク料金が為替に影響することはありません。

    月額2,200円なのでKeepaよりも1,000円ほど安い。

    たった1,000円でも年間で考えると12,000円です。

    そう考えると馬鹿にできませんよね。

    毎月発生する維持費だからこそ、定期的に見直して無駄な手数料はガンガン削っていきましょう。