【期間限定無料】リサーチが100倍早くなるかもしれないスプレッドシートを受け取る

Amazonセラーの住所がバレる2つの理由と3つの対策【バーチャルオフィスを活用する】

Amazonセラーの住所がバレる2つの理由と3つの対策【バーチャルオフィスを活用する】

ひこーる
ひこーる

この記事は広告を含んでいる場合があります。広告収入はこのブログ運営を行なっていく上で非常に大切な収入源です。気になるサービスや商品があればこのサイトのリンクから登録や購入をしていただくことで、運営に必要な資金が集まり、さらに役立つ記事の作成時間が確保できます。ご協力いただけますと幸いです。

この記事ではAmazon物販をするときに自宅の住所がバレる理由とその対策をまとめています。

自宅の住所は公開したくないけどAmazon物販にはチャレンジしてみたい。

そういった人も多いはず。

そんな人に向けて住所の住所がバレる理由とその対策をわかりやすくまとめてみました。

悩む人
悩む人

Amazonで販売してみたいけど自宅の住所ってバレるの?バレないようにする方法はない?

ひこーる
ひこーる

OK!任せて!Amazon物販歴10年以上のひこーるがAmazonセラーの住所がバレる理由と対策方法を解説します!

この記事を読めばこれらのことが分かるようになっています。

ひこーる
ひこーる

この記事を書いたひこーるの概要はこちら。

ひこーるの概要
  • 在宅副業を2014年に開始して2016年に独立
  • Amazon物販10年目/ブログ6年目
  • Amazon最高月利120万円/ブログ130万円
  • 詳しいプロフィールはこちら

この記事の結論

  • 自宅の住所がバレる主な理由は特商法の表記
  • 住所を公開したくないならバーチャルオフィスやリアルオフィスを準備する
  • バーチャルオフィスを使うなら月額600円程度の格安プランでOK

先に結論をお伝えしておくと、住所をバラしたくないならバーチャルオフィスがコスパ最強です。

そしてコスパとサービスのバランスが最高に取れているのがGMOオフィスサポート

興味がある人はこちらからどうぞ。

1万件のデータを20秒以内にリスト化できる爆速抽出ツールはこちら。

Amazonセラーの住所がバレる主な2つの理由【特商法と返送先住所】

Amazonセラーの住所がバレる主な2つの理由【特商法と返送先住所】

Amazonセラーの自宅住所がバレる主な理由はこの2つ。

それぞれ深掘りします。

特定商取引法に基づく表記を見られてバレる

特定商取引法に基づく表記とは、商品やサービスを販売するときに表示が定められている表記のことです。

表示の中には住所や連絡先の記載が必要です。

Amazonの場合はセラーフロントに表記されます。

特定商取引法に基づく表記の例
ひこーる
ひこーる

わざわざここを見る人は少ないと思いますが、見る人が0ではないですよね!

基本的に事務所としている場所の住所などを表記する必要があります。

自宅を事業所としているなら、自宅の住所を表示されなければなりません。

ひこーる
ひこーる

ただし、条件を満たしていれば自宅の住所を公開しなくてもいい場合があります!それについては後で詳しく解説します!

自己発送商品の返送先住所を自宅に設定しているとバレる

AmazonではFBA出品と自己発送出品の2通りの出品方法があります。

FBA出品の場合は返品があってもAmazonが対応して返送先もAmazonです。

しかし、自己発送出品をしている場合、返品はAmazonではなく自分で受け取る必要があります。

すべての事業を自宅でやっていて、返送先住所にも自宅住所を登録しているなら、そこからバレる可能性があります。

ひこーる
ひこーる

かなり限定的ではありますが、絶対に自宅住所を誰にも知られたくないなら、ここも対策が必要です!

自宅の住所がバレると高まる3つのリスク【あなただけじゃなく家族にも危険があるかも】

自宅の住所がバレると高まる3つのリスク【あなただけじゃなく家族にも危険があるかも】

基本的に住所がバレても何も困ることはないはず。

しかし稀に危険な目に遭う可能性も否定できませんよね。

例えば、

それぞれ深掘りします。

個人情報を不正に利用されるリスク

特商法の記載により名前や住所、電話番号が不特定多数に見られる状態になります。

これを自宅住所や自宅の電話番号で登録していた場合。

あなたの大切な個人情報の大部分を全世界に公開している状態といえます。

ひこーる
ひこーる

誰でも簡単にあなたの個人情報を使ってイタズラできるということ!

知らない訪問者や盗難のリスク

情報だけではなくてリアルでも危険があるかもしれません。

全く知らない人が家に訪問してきたり、あなたの家の大切なものを狙っていたりするかもしれません。

ひこーる
ひこーる

ぶっちゃけメチャメチャ怖いですよね!

勧誘や迷惑行為に遭遇するリスク

電話番号や住所を公開するということは、電話番号や住所を簡単にリスト化される危険があるということ。

リストに登録されてしまえば、迷惑な勧誘の電話やメールなどが頻繁に届く可能性があります。

ひこーる
ひこーる

基本的に無視でいいと思いますが、電話が頻繁に鳴ったり、無駄なメールが増えたりするのは地味に迷惑ですよね!

自分と家族の身を守るためにも自宅バレはできるだけ避けたほうがいい

絶対に公開しなければいけないのであれば、それはビジネスをする上で諦めなければいけません。

しかし正当な方法で自宅住所の公開を避けることができるのであれば活用しない手はないと思います。

繰り返しになりますが、あなたとあなたの家族を守るためにも不用意に住所は公開せず、何かしらの対策は取ったほうがいいです。

さらに副業でやっていて、会社にバレたくない人も多いはず。

そういった人も、できることなら自宅住所を公開せずにAmazon物販に取り組みたいですよね。

ひこーる
ひこーる

ということでリスクについて紹介しました!ここからはそのリスクをできるだけ減らす方法を紹介します!

自宅の住所をバレないようにAmazonで出品をする方法3選【プライバシーは守ろう】

自宅の住所をバレないようにAmazonで出品をする方法3選

Amazonで出品はしたいけど自宅住所をネット上への表示は避けたい人も多いはず。

そんな人に向けて今から3つの方法を紹介します。

こんな感じで進めます。

バーチャルオフィスを利用する

一番現実的な方法がバーチャルオフィスの利用です。

バーチャルオフィスとは、事業用の住所を貸し出すサービスのことです。

バーチャルオフィスを利用するメリットはこちら。

  • 格安で事業用の住所が借りられる
  • 電話番号も同時に貸してくれるサービスも多い
  • 荷物の受け取りや転送にも対応
  • 法人登記に対応しているサービスも多数

こんな感じですね。

カンタンに説明すると、あなたの拠点が家だとしても、ネット上にはバーチャルオフィスで事業をしていると記載ができます。

しかも月々たったの数百円です。

たった数百円で自宅の住所や電話番号を全世界に公開しなくていいなら、使わない手はないですよね。

ひこーる
ひこーる

ただし、いくつかの注意点もあるので、バーチャルオフィスの利用を検討している場合は、こちらの記事も参考にどうぞ!

ただし、いくつかの注意点もあるので、バーチャルオフィスの利用を検討している場合は、こちらの記事も参考にどうぞ。

別居している家族や知人に事業所として住所を借りる

バーチャルオフィス以外の方法としては、別居している家族や知人宅を事業所として借りる方法です。

この方法は、家族や知人が了解していることが前提条件です。

家族がすでにサラリーマンを引退していたり、そもそも事業をしていて事務所の住所を持っていたり。

これに関しては全員に当てはまるわけではありませんが、使える住所がありそうなら周りに相談してみましょう。

ひこーる
ひこーる

使える住所がある人はラッキーですね!

Amazon物販用の事務所を借りる

それなりに費用が必要になる方法ですが、あなた自身がビジネス用の事務所を借りるのも一つの方法です。

ワンルームなどで事業用OKの部屋を借りる。

これができれば自宅の住所がバレることなくAmazon物販に取り組むことができますね。

ひこーる
ひこーる

現実的には収益が安定してから検討した方がいいかもですね!

【現実的】格安バーチャルオフィスを活用する【オススメを3つ紹介】

【現実的】格安バーチャルオフィスを活用する【オススメを3つ紹介】

色々と解説してきましたが、この中で一番現実的なのがバーチャルオフィスの利用だと思います。

特にAmazon物販用に使うのであれば月600円程度くらいからの格安で契約できます。

特に安くておすすめの3つを紹介するので参考にしてみてくださいね。

こんな感じ。

それぞれの特徴を簡単に紹介します。

とにかく最安値の月550円(税込み)で使いたいなら和文化推進協会

和文化推進協会
会社名一般社団法人 和文化推進協会
初期費用0円
最安プラン月額550円
オフィス住所京都府京都市
サービス内容住所、電話番号(受信のみ)、郵便転送、法人登記OK

おそらく現状で一番安くてそれなりの実績があるのは和文化推進協会だと思います。

まだ比較的新しいサービスで、過去にちょっとした炎上もありましたが安さとサービス内容ならここよりもコスパがいいサービスはないと思います。

ポイントはこちら。

  • 業界最安値の月額550円
  • 電話や法人登記、郵便転送などの基本的なサービスがコミコミで利用できる
  • ただし過去に炎上騒動があるので気にならない人は使ってもいいと思う

Amazon物販でほしいサービスはコミコミといった感じなのでかなりオトクだと思います。

最低限でOKという人はこれ一択ですね。

和文化推進協会について更に詳しく知りたい人はこちらもどうぞ。

大手の安心感で最低限のサービスでOKならGMOオフィスサポート

GMOオフィスサポート
会社名GMOオフィスサポート株式会社
初期費用0円
最安プラン月額660円
オフィス住所渋谷、新宿、銀座、青山、名古屋、大阪梅田、横浜(予定)、京都(予定)、福岡天神(予定)、福岡博多(予定)
サービス内容住所のみ(プランをアップグレードすれば転送サービスなどあり)

大手なのに安い!これがGMOオフィスサポートの売りだと思います。

おそらくこの価格帯のバーチャルオフィスでは圧倒的に会社規模が大きいと思います。

ポイントはこちら。

  • 東証プライム上場企業であるGMOのグループ会社が運営
  • 月額660円の業界最安水準で利用できる
  • 必要であればプランを変更をしてサービス内容を充実させられる

契約してすぐに倒産されても困るという心配がある人は、親会社が大手のGMOオフィスサポートがピッタリかもしれません。

GMOオフィスサポートについて更に詳しく知りたい場合はこちらの記事もどうぞ。

格安で利用したいけど細かくトッピングをしたいならレゾナンス

レゾナンス
会社名株式会社ゼニス
初期費用0円(キャンペーン期間につき無料)
最安プラン月額990円~
オフィス住所〒104-0061 東京都中央区銀座(以降は会員のみに公開)
サービス内容住所、週末郵便転送(別途費用が必要)

できるだけ安く転送サービスを利用したいならレゾナンスもありです。

おそらく転送サービスが利用できる最安のプランがレゾナンス。

ポイントはこちら。

  • 月額990円~でリーズナブル
  • 今だけキャンペーンで3ヶ月分の月額料金が無料
  • 郵便物の転送は週1程度でOK

レゾナンスはかなりたくさんのオプションから自由にトッピングをして利用できます。

あれは欲しいけど、これはいらないなど、あなたオリジナルな契約がしたいならレゾナンスがオススメ。

レゾナンスについてもっと詳しく知りたい人はこちらもどうぞ。

【まとめ】住所をバラさずにAmazon物販をするなら格安バーチャルオフィスの利用が現実的

【まとめ】住所をバラさずにAmazon物販をするなら格安バーチャルオフィスの利用が現実的

ということで今回はAmazon物販で住所がバレる原因と対策についてまとめました。

もう一度カンタンにまとめます。

ネット上に安易に住所を公開するのはあなた自身もそうですが、同居する家族も危険です。

少しの費用や手続きで自宅住所をネット全体に公開せずに済むのであれば優先的に対応したほうがいいとひこーる考えています。

この記事でも書きましたが一番現実的な方法はバーチャルオフィスですね。

まだバーチャルオフィスを使っていないなら導入して損はないと思いますよ。

ひこーる一番のオススメはこちら。

バーチャルオフィスについてのその他の記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です