【無料】欧米輸入スタートアップマニュアルを受け取る

【2分でできる】モノサーチPROの解約方法を画像付きで解説【代わりになるリサーチツールも紹介】

【2分でできる】モノサーチPROの解約方法を画像付きで解説【代わりになるリサーチツールも紹介】

0 0 votes
この記事を評価すると星いくつ?

この記事はで読むことができます。

悩む人
悩む人

モノサーチPROを契約したけどやっぱり解約したい。モノサーチPROの代わりになるツールってあるの?

こういう悩みがある人も多いはず。たくさんのツールを使ってきた僕がお答えします。

そこで今回は、

  • モノサーチPROの解約方法がわかる
  • モノサーチPROから無料版モノサーチへのデータの以降方法がわかる
  • モノサーチPROの代わりになるツールを知ることができる

この記事を読めばこれらのことが分かるようになっています。

この記事ではモノサーチPROの解約方法を画像付きでわかりやすく解説しています。モノサーチPROを使ってみたけどやっぱりいらないという人には参考になると思います。更にモノサーチPROの代わりになるツールも6つ紹介。良いツールがないか探している人にはピッタリな内容だと思います。

僕自身、Amazon物販は8年目。色んなツールを使ってきました。モノサーチPROはオススメなツールですが合わない人もいると思います。解約方法に悩んでいる人に向けて画像付きでわかりやすく解説しているので参考にしてみてください。

この記事を書いた人
icon
ひこーる
  • 在宅副業を2014年に開始して2016年に独立
  • Amazon物販8年目/ブログ4年目
  • Amazon最高月利120万円/ブログ130万円
  • Twitterフォロワー1800名突破
  • 詳しいプロフィールはこちら
この記事の結論
  • モノサーチPROは簡単に解約できる
  • モノサーチPROからモノサーチ無料版にドック機能を移行するのも超簡単
  • モノサーチPROで満足できなかった人でも他のツールなら使ってみる価値があるかもしれません

スポンサー

parasell

【2分でできる】モノサーチPROの解約方法を画像付きで解説します

【2分でできる】モノサーチPROの解約方法を画像付きで解説します

まずはモノサーチPROの解約方法を解説します。2分ほどで簡単に解約ができます。流れは、

  1. PROを解約して無料版を利用するなら予めドックの設定をエクスポートしておく
  2. モノサーチの会員ページを表示して「現在のプランを解約」をクリック
  3. 解約ページ内の「解約へと進む」をクリック
  4. 解約の最終確認画面が表示される
  5. モノサーチPROの拡張機能も消しておく
  6. ドック機能など無料で使える機能だけでも使いたいなら無料版のモノサーチをインストールする

この流れです。それぞれ画像付きで解説します。

PROを解約して無料版を利用するなら予めドックの設定をエクスポートしておく

モノサーチPROを解約して無料版を利用予定の人も多いはず。その場合もドック機能などは利用できます。

ドックの設定をそのまま引き継ぎたいなら予めエクスポートしておきましょう。方法は、

  1. ドックから「option」を開く
  2. 「インポート/エクスポート」をクリック
  3. チェックボックスを確認して「エクスポートする」をクリック
  4. 表示されたデータをコピーしておく

こんな感じ。それぞれ深掘りします。

ドックから「option」を開く

モノサーチPROのドックの一番右にある「OPTION」をクリックして設定画面を開きます。

モノサーチの設定画面

「インポート/エクスポート」をクリック

左側の項目から「インポート/エクスポート」を選択します。

「インポート/エクスポート」をクリック

チェックボックスを確認して「エクスポートする」をクリック

「インポート/エクスポート」の画面が表示されます。チェックボックスが2つあります。必要ならチェックをしておきましょう。

チェックボックスの確認

チェックボックスの確認ができたら、その下の「エクスポートする」をクリックします。

「エクスポートする」をクリック

表示されたデータをコピーしておく

「エクスポートする」をクリックするとデータが表示されます。

エクスポートしたデータが表示される

すべてメモ帳などにコピーしておきましょう。

ドック設定のエクスポートの準備はこれでOK。あとでモノサーチの無料版をインストールした時に使うので大切に保管しておいて下さい。

モノサーチの会員ページを表示して「現在のプランを解約」をクリック

ここからはモノサーチPROの解約方法です。まずはモノサーチPROを解約するにはモノサーチの会員ページを開きます。

こちらから開けます。

開くと画面下部に「現在のプランを解約」という表記があるはずです。画像では1か月プランですが年間プランを契約の場合は、年間プランの表内に表示があるはず。

このまま解約希望の場合は「現在のプランを解約」をクリックしましょう。

モノサーチPRO解約画面

解約ページ内の「解約へと進む」をクリック

「現在のプランを解約」をクリックするとアンケートページに移動します。アンケートは回答してもしなくてもOK。

画面下部の「解約へと進む」をクリックします。

モノサーチPRO解約ボタン

解約の最終確認画面が表示される

解約の最終確認ページが表示されます。

このまま解約してOKなら「解約」をクリックしましょう。

モノサーチPRO解約確定

モノサーチPROの金額が変更になった場合、今の価格で再契約はできません。そこだけ注意しておいて下さい。

モノサーチPROの拡張機能も消しておく

モノサーチPROの解約が完了したらGoogleChromeから拡張機能も消しておきましょう。

モノサーチPRO解約完了
モノサーチPROの拡張機能を削除

ドック機能など無料で使える機能だけでも使いたいなら無料版のモノサーチをインストールする

モノサーチは無料版でもドックなどの基本的な機能を使うことができます。商品Watchや出品者Watchの機能は必要ないけど、ドックは役立つから使いたいという人は無料版をインストールしておきましょう。

モノサーチ無料版の拡張機能インストールページはこちら

モノサーチの拡張機能インストール

「Chromeに追加」をクリックして、出てきたポップアップの「拡張機能を追加」をクリックすればインストール完了です。

モノサーチの拡張機能を追加

ドックの設定などはPRO版と分離されています。PRO版で登録したドックの設定をそのまま使いたいなら、上でエクスポートしておいたデータをインポートしましょう。

モノサーチ無料版の「OPTION」を開く

エクスポートしたときとほぼ同じ手順です。

ドックから「OPTION」→「インポート/エクスポート」をクリックします。そうすると「インポート/エクスポート」画面が表示されます。

「インポート」をクリックしましょう。

「インポート」をクリック

エクスポートしたデータを1つずつ貼り付ける

上でエクスポートしたデータを1つ1つ貼り付けます。貼り付けて、「インポートする」をクリックすると以下のような画面が表示されます。

インポート完了画面

同様に他のデータもインポートしましょう。

これでモノサーチPRO版で使っていたドック設定の引き継ぎは完了です。

モノサーチPROの代わりになるリサーチツールを6つ紹介します

モノサーチPROの代わりになるリサーチツールを6つ紹介します

それではここからはモノサーチPROの代わりになるツールを6つ紹介しておきます。モノサーチPROの活用方法は人それぞれだと思うので、色んな角度のツールを紹介しておきますね。

それぞれ簡単に解説します。

Keepa【必須なので使ってるはず】

説明不要のAmazon物販必須ツールですね。おそらくAmazon物販を本気でやっていて使っていない人はいないはず。

Keepaのデータ

簡単に機能を紹介しておくと、

  • ランキンググラフの表示
  • トラッキング
  • 商品データの表示
  • データのソート

書き始めたらキリがないほど優秀なツールです。以下にそれぞれの概要をまとめているので知らない人は参考にどうぞ。

モノトレーサー【無料で使える拡張機能】

モノトレーサーは無料で使える拡張機能です。

モノトレーサー①
モノトレーサー②
モノトレーサー③

無料で使えるクイックショップという拡張機能と相性がいいので、一緒に使うとより効率よくリサーチができます。

ワカルンダ【危険商品の把握と商品データの表示】

セラースケットというAmazonアカウントを守る保険のようなサービス利用者限定の拡張機能です。

ワカルンダ

ワカルンダをインストールすると、

  • 危険度
  • 粗利計算
  • 販売個数
  • 売り切れ確率

などの情報を商品ページ上で確認ができるようになります。ちなみに僕はこのツールをかなり気に入っています。

セラースケットに登録をする必要がありますが、セラースケット自体も個人的にはAmazon物販に必須ツールです。まだ使った事がない人は無料で体験もできるので使ってみてもいいかもしれませんね。

NEW TYPE DELTA TRACER【細かなデータの確認はこれ】

リサーチを効率化してくれるツールです。インストールすると欲しいデータを一覧で表示してくれます。

NEW TYPE DELTA TRACERのグラフは4つ

Keepaと並んでランキンググラフツールとしてはかなり有名ですね。僕はKeepaを使いつつNEW TYPE DELTA TRACERのグラフも参考にしています。それぞれ確認できるデータが微妙に違うので、両方使うとより正確なデータを確認することができるようになります。

雷神【国内電脳せどりのリサーチ自動化ツール】

リサーチを自動化してくれるツールです。国内電脳せどりの自動化ツールではかなり有名ですね。雷神の最大の特徴はデータの抽出です。

雷神/雷神極で抽出ができるデータ

雷神について書き始めるとここでは書ききれないのでこちらも気になる人は以下のページを参考にしてください。

PRIMA【欧米輸入のリサーチ自動化ツール】

PRIMAはAmazon欧米輸入で活躍するリサーチ自動化ツールです。日本のAmazonと海外のAmazonのデータをASINやEANをもとにデータを抽出して比較することができます。

PRIMAの見た目はこんな感じ

ASIN一致商品などを自動でリサーチすることができるのでリサーチを圧倒的に時短することが可能。

リサーチ時間がなかなか取れない人には力強い味方になってくれるはず。

【まとめ】モノサーチPROの解約は簡単!必要と感じた時に再契約すればOK

【まとめ】モノサーチPROの解約は簡単!必要と感じた時に再契約すればOK

モノサーチPROの解約方法とモノサーチPROの代わりになるツールについてはこれくらいです。もう一度簡単にまとめておきます。

【2分でできる】モノサーチPROの解約方法を画像付きで解説
  • PROを解約して無料版を利用するなら予めドックの設定をエクスポートしておく
  • モノサーチの会員ページを表示して「現在のプランを解約」をクリック
  • 解約ページ内の「解約へと進む」をクリック
  • 解約の最終確認画面が表示される
  • モノサーチPROの拡張機能も消しておく
  • ドック機能など無料で使える機能だけでも使いたいなら無料版のモノサーチをインストールする
モノサーチPROの代わりになるリサーチツールを6つ紹介

Amazon物販に使えるツールはたくさんあります。本当に良いツールもあれば微妙なツールも。そして使う人によって効果も全然違います。

ほとんどのツールは無料お試し期間があることが多いので、まずは使ってみてあなたに合っているか試してみるのが一番だと思います。

不要なら解約をすればOK。不要なツールをダラダラと契約するのはもったいないので、不要と思ったなら一度解約をしましょう。そしてまた必要と思った時に契約をすればいいだけです。

0 0 votes
この記事を評価すると星いくつ?
Subscribe
Notify of
guest

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments