【無料】欧米輸入スタートアップマニュアルを受け取る

セラースケットはいらない?いる人に共通する4つの特徴と、いらない人に共通する5つの特徴を紹介

セラースケットはいらない?いる人に共通する4つの特徴と、いらない人に共通する5つの特徴を紹介

ひこーる
ひこーる

この記事は広告を含んでいる場合があります。広告収入はこのブログ運営を行なっていく上で非常に大切な収入源です。気になるサービスや商品があればこのサイトのリンクから登録や購入をしていただくことで、運営に必要な資金が集まり、さらに役立つ記事の作成時間が確保できます。ご協力いただけますと幸いです。

悩む人
悩む人

セラースケットっているの?自分に必要なのかどうかを知りたい。逆にどんな人にはいらないの?

こういう悩みがある人も多いはず。

そこで今回は、

  • セラースケットを導入すべき人の4つの共通点を知ることができる
  • セラースケットが不要な人の5つの共通点を知ることができる
  • セラースケットを導入することで得られる4つのメリットを知ることができる

この記事を読めばこれらのことが分かるようになっています。

今回の記事では、セラースケットを導入すべき人の4つの共通点や、不要な人の5つの共通点を紹介します。また導入することで得られる4つのメリットについても解説。この記事を読めば、あなたにとってセラースケットが必要か不要かを判断することができるように仕上げました。

この記事を書いた人
icon
ひこーる
  • 在宅副業を2014年に開始して2016年に独立
  • Amazon物販9年目/ブログ5年目
  • Amazon最高月利120万円/ブログ130万円
  • Twitterもやってます
  • 詳しいプロフィールはこちら
この記事の結論
  • 転売やせどりがメインなら保険的に導入しておいても損はない
  • 会員間で情報を共有しているので、危険な商品やブランドなどをいち早く得られる
  • ワカルンダという拡張機能を使えばリサーチを効率化できる
  • OEMやメーカーとの直接取引が多いセラーには必要がない可能性が高い
  • アカウントが停止した時に自分で解決できるならセラースケットはいらない

とりあえず無料で20日間、体験利用してみたい人はこちらからどうぞ。

セラースケットがいる人に共通する4つの特徴を紹介

セラースケットがいる人に共通する4つの特徴を紹介

まずはセラースケットがいる人に共通する4つの特徴から紹介します。

いる人に共通する4つの特徴
  • 転売やせどりがメインの仕入れ方法の場合
  • リサーチの効率化に役立てたい場合
  • 価格改定ツールをできるだけ安く利用したい場合
  • アカウント停止時に細かいサポートを受けたい場合

それぞれ深掘りします。

そもそもセラースケットって何?って人は、まずはこちらの記事を参考にどうぞ。

転売やせどりがメインの仕入れ方法の場合

あなたが実践している物販モデルが、転売やせどりがメインの場合。

知的財産権の侵害などによってアカウントが停止するリスクが非常に高いです。

特に最近アカウントを開設したばかりなら、なおさら注意する必要があります。

ぶっちゃけ僕が始めた頃よりも、明らかに規制にかかわる動きが厳しくなっています。知的財産権の侵害や真贋調査などからアカウントを守り、長く安定してAmazon物販を続けたいのであれば、セラースケットの導入は必須と言えます。

セラースケットを導入することで仕入れ前に危険な商品を知ることができる

セラースケットを導入するとワカルンダという拡張機能が使えます。

ワカルンダを使うと商品ページに危険度というリスクの指標を表示させられます。

危険度Dと他の危険度が両方適用されている商品

この情報を仕入れる前に知ることができるので、あらかじめ危険な商品の仕入れが避けられ、無駄なアカウントリスクの回避が可能になります。

リサーチの効率化に役立てたい場合

セラースケットのサービスはアカウント停止や閉鎖時のサポートだけではありません。

上でも紹介したワカルンダを導入すればリサーチの効率化もできます。

ワカルンダ

画像のように危険度の他にも、予想利益額や手数料、販売数、売り切り確率なども一覧で表示してくれます。

これらのデータを活用すれば、リサーチの効率化が図れると思います。

僕はこのワカルンダのデータをかなり活用しています。危険度の判定はもちろん、簡単に手数料や利益計算ができるのはかなり便利。たった数秒かもしれませんが、その数秒を節約するのに重宝しています。

価格改定ツールをできるだけ安く利用したい場合

セラースケットは会員限定で月額500円の価格改定ツールを提供していることを知っていますか?

セラースケットの価格改定ツール

おそらく、ほとんどのセラーはプライスターマカド!を利用していると思います。

しかしこの2つのツールは、およそ月額5000円が必要です。

それに比べてセラースケットの価格改定ツールなら、会員限定で月額500円という破格で利用できます。

ちなみに3社の価格改定ツールの利用料を比較するとこんな感じ。

月額特徴ポイント体験してみる
セラスケスタンダード
セラースケット
2480円+500円=2980円セラースケットのアカウント保護サービスが使えるセラースケットの機能+安く価格改定ツールが利用できる20日体験
セラスケプレミアム
セラースケット
4980円+500円=5480円
アカウント停止時にフォローが受けられるアカウントを本気で守りながら価格改定ツールが利用できる20日体験
プライスター
プライスター
5280円プライスターパートナーが熱い業界最多レベルのユーザーが使うツールがいいならこれ30日体験
マカド!
4980円価格追従でライバルよりも1円値下げ可能
1円値下げなど他にない機能も使いたいならこれ
30日体験
比較表

価格改定ツールを最安で利用することを考えるなら、セラースケットのスタンダードコース+価格改定ツールの月額2,980円がぶっちぎりの安さです。価格改定ツールを含めて固定費を抑えたいのであればセラースケットを使う価値は十分にありますね。

アカウント停止時に細かいサポートを受けたい場合

セラースケットの代表的なサービスは、アカウント停止や閉鎖時に再開までのフォローをしてくれることです。

もしあなたが自分の力だけで、アカウントを再開できる自信があるならセラースケットは不要です。

しかし少しでも書類作成やメールの作成に不安があるなら、導入して損はないと思います。

正直なところ、アカウントが停止や閉鎖してしまうと適当な書類やメールだけでは再開できない可能性が高いです。そんなときにセラースケットで添削やフォローをしてもらえば、アカウントを再開できる可能性はグンとアップします。

セラースケットのフォローを受けて、再開に向けて動いた場合のアカウント再開率は87%

アカウントが停止してしまっても、87%の確率で再開できます。

もし一人でアカウントスペシャリストと戦うことになった場合。おそらくこの再開率は難しいと思います。

普段は契約費がもったいないと思うかもしれません。しかし万が一のときのために入っていても損はないサービスだと僕は考えています。生命保険やがん保険に入る感覚に似ていますね。

アカウントの停止や閉鎖時にフォローを受けられるのはプレミアムコースのみです。セラースケットに加入する場合はご注意ください。

セラースケットがいらない人に共通する5つの特徴を紹介

セラースケットがいらない人に共通する5つの特徴を紹介

次にセラースケットがいらない人に共通する5つの特徴を紹介します。

いらない人に共通する5つの特徴
  • OEMやメーカー直取引がメインの場合
  • アカウントの停止や閉鎖が怖くない場合
  • 危険な商品を自分で判断できる場合
  • リサーチ効率化は他のツールに任せる場合
  • アカウントの停止しても自分で解決できる場合

それぞれ深掘りします。

OEMやメーカー直取引がメインの場合

セラースケットの代表的なサービスは、アカウントが停止や閉鎖したときに、アカウントスペシャリストとのやり取りをフォローしてくれるサービスです。

そしてアカウントが停止や閉鎖する主な原因は知的財産権の侵害です。

つまりOEMやメーカーとの直接取引が主な場合、知的財産権の疑いなどの影響を受けることはあまりありません。

アカウントが停止される可能性は非常に低いので、契約するメリットは少ないと言えます。

ただし電波法や電気用品安全法、意匠権などには注意が必要

アカウント停止の原因は知的財産権の侵害だけではありません。

例えば、

アカウント停止の原因例
  • 電波法
  • 電気用品安全法
  • 意匠権
  • 家庭用品品質表示法

など注意すべき法律があります。

これらの法律に関してはセラースケットだけでは補いきれない可能性が高いです。

これらの法律に引っかかる場合、Amazonのアカウントだけではなく最悪の場合、逮捕もあり得ます。

無駄にリスクを上げないためにも、仕入れようとしている商品が法律に触れないか、しっかりと確認しましょう。

アカウントの停止や閉鎖が怖くない場合

アカウントが停止したり閉鎖しても問題ないという人は不要です。

あくまでもAmazon物販はサブで、他に収入源を確保しているという人がこれに当てはまると思います。

とは言ってもせっかく作った販路ですし、軌道に乗れば安定した収入源になります。もったいないので、大事にして欲しいという気持ちは個人的にあります。

Amazonでも稼ぎながら、その他のビジネスでも成功する。そうすることで、より安定した収入を作れると思います。

危険な商品を自分で判断できる場合

危険な商品を自分で判断できる自信があるならセラースケットは不要です。

その場合、セラースケットの出番はありません。

上で紹介したように、リサーチの効率化に役立てたり価格改定ツールを格安で利用したりという目的があるなら使ってもいいと思います。

リサーチ効率化は他のツールに任せる場合

上でも触れましたがセラースケットに加入するとワカルンダという拡張機能が使えます。

ワカルンダ

このワカルンダが結構優秀。僕はかなり重宝しています。

ぶっちゃけワカルンダ目的が7割くらいを占めるくらいお気に入りの拡張機能です。

ただしこのようなデータを表示してくれるツールは他にもあります。

例えば、

リサーチに役立つツール

無料で使えるリサーチ効率化ツールもあります。

ワカルンダだけを目的に月額料金を支払うのが嫌なら、契約する必要はないと思います。

アカウントが停止しても自分で解決できる場合

何度もお伝えしている通り、セラースケットの主なサービスはアカウント停止や閉鎖状態から回復までのフォローです。

この部分を自力で解決できるのであればセラースケットの機能は不要と言えます。

ちなみにココナラなどのサービスを使えば、復活までのサポートをしてくれるサービスが出品されています。

こういったサービスを使ってもいいと思います。しかし復活までフルサポートを依頼すると、それなりの値段になるので注意が必要です。

セラースケットを導入することで得られる4つのメリットを紹介

セラースケットを導入することで得られる4つのメリットを紹介

ここからは、この記事を読んでみて、少しでもセラースケットに興味が湧いた人だけお付き合いください。

「自分には必要ないな」と感じたなら、これ以上読んでも時間の無駄になるので閉じてもらった方がいいと思います。

ということで、ここからはセラースケットを使うことで得られる4つのメリットを紹介します。

  • アカウントが停止したり閉鎖したりしたときにサポートを受けられる
  • ワカルンダという拡張機能を使うことで危険の回避とリサーチの効率化が図れる
  • 危険速報や専用掲示板からリスクが高い商品の情報を得られる
  • 業界最安値で価格改定ツールが利用できる

それぞれの項目を簡単に解説します。もっと詳しく知りたい人はこちらの記事も参考になると思います。

アカウントが停止したり閉鎖したりしたときにサポートを受けられる

セラースケットを導入する一番の目的は、アカウントが停止や閉鎖したときにサポートを受けるためだと思います。

このサービスがあるだけでAmazon物販に安心して取り組むことができますよね。

ただしこのサービスが受けられるのはプレミアムコースのみです。

プレミアムコースに加入するためには月額4,980円が必要です。

高い!と思うかもしれませんが、アカウントが閉鎖してしまうリスクを考えれば許容範囲だと思います。加入せずにアカウントが閉鎖するか、加入していてアカウントが再開できるか。どちらが長期的に安心なのかを考えれば、個人的には入っておいて損はないと判断しています。

ワカルンダという拡張機能を使うことで危険の回避とリサーチの効率化が図れる

セラースケットに加入していてれば無料で使えるワカルンダという拡張機能があります。

この拡張機能がかなり優秀です。

ワカルンダをインストールすると以下のような情報が商品ページ上に表示されます。

「危険度の表示」が便利
ワカルンダで表示される項目
  • 危険度
  • ASIN
  • 商品サイズ
  • 標準商品か大型商品かの確認
  • 重量
  • Amazon本体は在庫切れ率
  • 販売価格
  • アマゾンの手数料
  • 仕入れ価格入力欄
  • 仕入れ個数入力欄
  • 予想利益
  • 利益率
  • 販売数
  • 売り切り率

このように危険度や手数料、回転率などを一括で表示してくれます。

タブを開いたりページをスクロースしたりせずに、たくさんの情報を簡単に確認できます。

危険度が高ければその時点でリサーチをストップ、利益が出ないと判断すればその時点でリサーチをストップ。

ワカルンダを導入することでリスク回避にもリサーチ時間の短縮にもつながります。

危険速報や専用掲示板からリスクが高い商品の情報を得られる

セラースケットの加入すると危険速報をLINEやメールで受けたり専用の掲示板を見たりできます。

セラースケット登録者専用掲示板で情報を得られる

危険速報はその名の通り、新たの危険と判断されたブランドやASINが知れます。

専用掲示板では過去にあった事例やアカウントスペシャリストの裏話などを見ることができます。

Amazon物販におけるリスクのほとんどは、知っているか知っていないか。知るだけで回避できるリスクも多いです。セラースケットに加入すれば、このような情報も手に入れられるのでリスクを回避しやすくなります。

業界最安値で価格改定ツールが利用できる

セラースケットの利用者は月額500円で価格改定ツールが使えます。

月額500円ですが必要な機能は一通り備わっているので、特別なこだわりが無いならこれで十分だと思います。

上でも少し触れましたが、例えばセラースケットのプレミアムコース+価格改定ツールなら月額約5,500円。

セラースケットとプライスターを別々に契約すれば約10,000円です。

プライスターマカド!にしかない機能をどうしても使いたいなら別々に分けておくべきです。しかし必要最低限の価格改定機能で満足なら、セラースケットにまとめたほうが固定費を安く抑えられますね。

【まとめ】リスク回避や固定費の削減を目指すならセラースケットを導入する価値あり

【まとめ】リスク回避や固定費の削減を目指すならセラースケットを導入する価値あり

あなたにセラースケットは必要か、それとも不要か判断できましたか?

もう一度、この記事の内容をまとめます。

セラースケットがいる人に共通する4つの特徴
  • 転売やせどりがメインの仕入れ方法の場合
  • リサーチの効率化に役立てたい場合
  • 価格改定ツールをできるだけ安く利用したい場合
  • アカウント停止時に細かいサポートを受けたい場合
セラースケットがいらない人に共通する5つの特徴
  • OEMやメーカー直取引がメインの場合
  • アカウントの停止や閉鎖が怖くない場合
  • 危険な商品を自分で判断できる場合
  • リサーチ効率化は他のツールに任せる場合
  • アカウントの停止しても自分で解決できる場合
セラースケットを導入することで得られる4つのメリット
  • アカウントが停止したり閉鎖したりしたときにサポートを受けられる
  • ワカルンダという拡張機能を使うことで危険の回避とリサーチの効率化が図れる
  • 危険速報や専用掲示板からリスクが高い商品の情報を得られる
  • 業界最安値で価格改定ツールが利用できる

もしあなたが、セラースケットがいらない人に該当していないなら導入するメリットのほうがいいと思います。

セラースケットを導入することで、アカウント停止時のサポートを受けられたり、危険商品の回避できたりリサーチの効率化ができたりします。

更に業界最安値の月額500円で価格改定ツールを利用することも魅力的なはず。

Amazon物販ビジネスをより安定して展開するのであれば、セラースケットの導入を検討する価値はあると思います。

Q&A

セラースケットはどのようなセラーに向いていますか?
セラースケットは、主にAmazon物販で転売やせどりを行っているセラーやリサーチの効率化を図りたいセラーに向いています。
セラースケットが不要な人の特徴を教えてください。
OEMやメーカーから直接仕入れをしているようなセラーは不要な場合が多いです。しかし他セラーからの嫌がらせでアカウントが停止することもあるので導入するという選択肢もあります。
セラースケットを導入するとどのようなメリットがありますか?
セラースケットを導入することで、アカウント停止時のサポートを受けられたり、危険商品の回避できたりリサーチの効率化ができたりします。更に業界最安値の月額500円で価格改定ツールを利用することも魅力的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です