>> 【無料】超有料級Amazon欧米輸入スタートアップマニュアルを受け取る

【失敗談あり】Amazon輸入ビジネスの失敗事例を紹介します【結論:失敗してもOK】

【失敗談あり】Amazon輸入ビジネスの失敗事例を紹介します【結論:失敗してもOK】

はいみなさんこんにちは~~~~。

ヒコマ(@hikoma12121212)です。

悩む人
悩む人

Amazon輸入ビジネスの失敗について教えて欲しい。失敗しちゃいけないことは?失敗しないい方法を教えて欲しい。

こういった疑問や悩みにお答えいたします。

この記事のテーマ

・Amazon輸入ビジネスの失敗事例を紹介します【結論:失敗してもOK】

この記事の内容

  • 法律違反・規約違反の商品を仕入れてしまって失敗した事例
  • 確認不足が原因で失敗した事例
  • 結論:同じ失敗を繰り返さなければOK【ダメージはそれほど大きくありません】

このような内容になっています。

この記事の信頼性

売上実績

読者さんへの前置きメッセージ

この記事では僕の実際の失敗談も含めてAmazon輸入ビジネスの失敗事例を紹介します。

Amazon輸入ビジネスに挑戦したいけど失敗したくない人はこの記事を一通り目を通しておくことで失敗の可能性を大きく減らすことが出来ると思います。

結論、失敗は誰でもします。僕自身も何度も失敗を繰り返してきました。Amazon輸入ビジネスでも失敗することがあります。最悪、法律関係だけはしっかりと守っていれば大きなダメージにはなりにくいです。

記事の後半には失敗を回避するための「仕入れ前チェックリスト」を作ったので参考になるかもしれません。

スポンサードサーチ

法律違反・規約違反の商品を仕入れてしまって失敗した事例

法律違反・規約違反の商品を仕入れてしまって失敗した事例

法律違反の商品を仕入れてしまった

これは僕も始めたばかりの頃に多く失敗をしました。

「ライバルも少ないし、利益率も高い。回転もいいやん!」という商品は注意が必要な場合が多いです。

Amazon輸入ビジネスの中では一番やってはいけない失敗のひとつなので法律面はしっかりと確認して取り組みましょう。

法律関係の商品事例についてはこちらの記事も参考になるかと思います。

» Amazon欧米輸入で仕入れに注意する必要がある商品を実例付きで紹介【初心者の方は必見です】

偽物を販売してしまう

これも関税法やその他の法律に違反します。

eBayなどからの仕入れで多いのが本物だと思って仕入れた商品が偽物だったという例です。

Amazonでも稀に偽物が混ざっているので出品者の評価などには十分注意が必要です。

昔、あえて中国セラーから仕入れてみた商品があったのですが素人目から見ても「偽物やん・・・」という商品も普通にAmazonで販売されています。

そのまま販売してしまうとあなたが犯罪者になってしまうので注意してくださいね。

特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権

このあたりの権利についても一通りは知っておいた方がいいです。

知らずに販売してしまうとアカウント停止や最悪の場合は訴えられることもあります。

» Amazonで商標権や意匠権の訴えに遭遇したときの対処法【まずは落ち着いてください】

【要注意】食品衛生法【許可を取ればOK】

意外と落とし穴なのが食品衛生法です。

「はいはい。食べ物とか飲み物を仕入れなければいいんでしょ?」と思うかもしません。

事実、僕もそう思っている時期があり、かなり多くの失敗を繰り返してしまいました。

食品衛生法で失敗しがちな商品事例
  • 子どものおもちゃ(6歳未満)
  • ぬいぐるみ
  • 積み木
  • コップ
  • キャンプ用の食器
  • タンブラー
  • 水筒
  • 台所用品
  • ラッパなど口で咥える楽器
  • ホイッスル
  • 浄水機器

このあたりの商品も食品衛生法の対象に含まれます。

あなたもこれらの商品を知らないうちに仕入れてませんか?

僕自身も誤って仕入れてしまったことがあり税関から電話がかかってきたことがあります。

この場合は正直に「ごめんなさい。知らなかったです・・・」と答えて破棄してもらうか、食品衛生法の申請を通すことになります。

どちらにせよ時間と費用がかかるので仕入れないほうがいいかもしれません。

確認不足が原因で失敗した事例

確認不足が原因で失敗した事例

並行輸入品を正規品のページに出品する

これも結構多いと思います。

正規品と並行輸入品は明確な違いがあるので、「正規品」と記載があるページに並行輸入した商品を出品するのは規約違反になります。

正規品と並行輸入品の違いについてはこちらにまとめています。

» Amazonで見かける並行輸入品とは【正規品との違いを理解しよう】

そもそも出品できない商品を仕入れてしまった

Amazonでは出品規制されているカテゴリやブランドがあります。

リサーチをして利益が出るからといって確認せずに仕入れてしまうと、「実は出品できないブランドだった」ということもよくあります。

これは仕入れる前に出品登録画面を確認することで回避出来る失敗ですね。

面倒ですが、1商品ずつ出品登録確認をしてから仕入れるようにすればミスすることは減ると思います。

間違った商品を仕入れてしまった

これは僕は今でもあります。

ASIN不一致で画像検索や型番検索などでリサーチしたときによく起きます。

型番の末尾が微妙に違う

よくあるのが型番の末尾が微妙に違う商品です。

商品画像を見ても違いがわからない。

商品説明もほぼ同じ。

にもかかわらず別の商品ということがあります。

素人目から見たら同じに見えても微妙な型番の違いで不適合の場合もあります。

ASINやEANが一致していないなら最新の注意を払って確認しましょう。

色違い・サイズ違い

これも今でも時々します。

同一ページ内に複数バリエーション販売されているときは注意が必要ですね。

同一商品ページに複数SKUを出品してしまった

Amazon新品の同一商品を複数のSKUを使って販売することを禁止しています。

これをOKにしてしまうと利用者の利便性が大きく損なわれます。

例えば「新品の商品」をクリックしたら1ページ丸々同一出品者で2ページ目から別の出品者が出てくるなど。

もし間違って複数SKUで出品してしまった場合はすぐに出品を呈してい同一SKUにまとめましょう。

計算ミスをしてしまった

Amazon輸入ビジネスの場合は国際送料や関税消費税の計算が必須になります。

これを適当にしてしまうと大きな計算ミスが起こります。

特に重たいものや大型商品などの計算が狂いやすいので、そういった物を取り扱うときは注意して計算しましょう。

過去に仕入れた事あるならなんとなく計算も出来ると思います。

仕入れすぎてしまった

ライバルの増え方や回転の予測が外れてしまったときに起きる失敗ですね。

「この商品よく売れてるし利益率も高いな!ライバルも少ないし50個仕入れよう!」

だいたいこのパターンは失敗します。

特に仕入先がAmazon.comの場合はほぼアウトです。

大量仕入れするなら、Amazon.comの在庫をすべて仕入れて売り切れさせるか、Amazon.comで売り切れで他のサイトでしか仕入れができないか。

などライバルが増えにくい、もしくは増えないテクニックを使う必要があります。

納品ミスをしてしまった

単純にラベルを貼り間違えてしまうこともよくある失敗だと思います。

自分で納品するときは特に注意が必要ですね。

特にラベルシートの場合。

こういうのですね。

シートは一括で24枚くらいのラベルが出てきます。

なので類似商品名の場合は貼り間違いが多くなりがちです。

納品ミスを減らすには

僕はラベルシートではなくてラベルプリンターを使っています。

ラベルプリンターを使うことで総合的な経費も安くなりますし、ミスも大幅に減らすことができます。

初期投資は多少必要ですが納品効率も確実にUPしますよ。

» プライスターの納品機能を使って圧倒的に高速で納品する方法【体感で2倍速になりました】

スポンサードサーチ

結論:同じ失敗を繰り返さなければOK【ダメージはそれほど大きくありません】

結論:同じ失敗を繰り返さなければOK【ダメージはそれほど大きくありません】

法律違反以外は大ダメージにはなりにくい

Amazon輸入ビジネスで一番気をつけるべきは法律違反です。

逆にそれ以外であれば繰り返さなければ大ダメージにはなりにくいです。

もちろん注意されているのに繰り返し同じ違反を繰り返していたらアカウント停止などの措置も取られるので注意が必要です。

輸入に関する法律については専門機関に問い合わせる

ネット上にはいろいろな情報が落ちていますが、法律に関しては専門機関に問い合わせることをオススメします。

輸入関係の場合はミプロとジェトロがオススメです。

» ミプロ

» ジェトロ

Amazonアカウントも意識して守る

法律関係に注意していても確認しきれな部分もあります。

僕自身はAmazonアカウントはセラースケットを使って守っています。

登録者同士でアカウントリスクを回避するサービス

セラースケットは登録者が協力してアカウントを守るサービスです。

詳しく書き始めるとここでは書ききれないので興味がある方は下からどうぞ。

» セラースケットの使い方や登録方法を徹底的に解説します【Amazon物販必須サービス】

確認作業を徹底して失敗を繰り返さない【チェックリスト】

これは意識次第になります。

特にリサーチのミスは少し意識するだけで大幅に減らすことができますよね。

リサーチ時のチェックリストを作ってみました。

仕入れ前チェックリスト
  • 法律に違反していないか
  • Amazonの規約に違反していないか
  • 転送会社の規約に違反していないか
  • 商品は一致しているか
  • 出品ページは間違っていないか
  • 出品できる商品か
  • すでに別SKUで出品していないか
  • 原価計算は間違っていないか
  • 仕入れ数は適正か
  • ラベルの貼り間違いはないか

このあたりを意識すれば間違いないかと思います。

ということでちょっと長くなってきたので今回はこのあたりにしておきます。

今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

無料メルマガについて

今だけ、無料メルマガに登録することでAmazon欧米輸入の教材の一部をプレゼント中です。

これを見るだけでAmazon欧米輸入を始める準備が整います。

本気で稼ぎたい人は受け取ってみる価値があると思います。

» 無料メルマガに登録してみる

※メールアドレスのみで登録できます。

ちなみにブログやTwitterでは書けないリアルな商品情報もメルマガ限定で配信しています。

初心者の方にはかなり勉強になる内容だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください