【無料】» ひこーるのAmazon欧米輸入マニュアルを覗き見する

中国OEM代行業者から返信がない!【それ、中国の祝日が原因かも】

中国OEM代行業者から返信がない!【それ、中国の祝日が原因かも】

悩む人
悩む人

OEM代行業者と契約をしたけどなかなか返信が届かない。返信が遅くて不安だけど何か原因があるの?

そもそも国が違うので文化も違いますし休みの捉え方も違います。
なので返信のスピード感や考え方も違うので不安になることもありますよね。
僕自身も最初は不安になりましたがすぐに慣れちゃいました。

ということで今回は、

  • 中国の祝日や大型連休を知ることができる
  • 中国OEM代行業者から返信がないときの原因3個を知ることができる

この記事を読めばこれらのことが分かるようになっています。

この記事を読んでいる人は、中国のOEM代行業者から返信が数日間なくて不安になっている人が多いはず。OEM代行業者から返信がない原因のほとんどは祝日や大型連休です。中国の祝日を知っていれば不安になることもないのでカレンダーに登録をしておきましょう。

僕自身も中国のOEM代行業者とやり取りを始めた頃は不安なことが何度もありました。その代表が連絡がなかなか返ってこないことだと思います。僕自身も経験したことなので経験談も含めて紹介します。

この記事を書いた人
icon
ひこーる
  • 在宅副業を2014年に開始して2016年に独立
  • Amazon物販8年目/ブログ4年目
  • Amazon最高月利120万円/ブログ130万円
  • Twitterフォロワー1800名突破
  • 詳しいプロフィールはこちら
この記事の結論
  • 中国には大きく分けて7つの祝日や大型連休がある
  • 返信がない時は連休中の可能性が高いので焦らずに連休が終わるのを待ちましょう

スポンサードサーチ

中国の祝日や連休7個を一覧にまとめました【カレンダーに登録しよう】

中国の祝日や連休7個を一覧にまとめました【カレンダーに登録しよう】

まずは中国の祝日と連休を一覧にまとめてみました。

  • 元旦
  • 春節
  • 清明節
  • 労働節
  • 龍船節
  • 中秋節
  • 中華人民共和国国慶節

2022年と2023年分をまとめます。

元旦

日本でもおなじみの祝日ですね。
基本的に1日~3日が休みとされています。

しかし地域などにより若干の違いがあるようなので、年をまたぐ時は代行業者さんに休みを確認したほうがいいと思います。

とは言ってもOEM代行業者以外の業者も休みになるので、年末年始はそれに合わせて休んでもいいと思います。

期間連休
2022年1月1日~1月3日3連休
2023年1月1日~1月3日3連休

春節

春節は中国の旧暦の元旦を指します。
中国圏で最も重要な祝祭日の1つです。

ここは1年の中でも大型連休になる期間です。

OEM代行業者さんに休みを予め確認して輸送などのプランを立てておきましょう。

期間連休
2022年1月31日~2月6日7連休
2023年1月21日~1月27日7連休

清明節

日本のお盆のような日です。

期間連休
2022年4月3日~4月5日3連休
2023年4月5日1日

労働節

毎年5月1日は労働節。
日本のゴールデンウィークとも重なっているので観光地は混雑します。

期間連休
2022年4月30日~5月4日5連休
2023年4月29日~5月1日3連休

龍船節

この日は伝統行事のドラゴンボートフェスティバルが開催される日です。
詳しく知りたい人はググってみてください。

期間連休
2022年6月3日~6月5日3連休
2023年6月22日~6月24日3連休

中秋節

2022年は中秋節と国慶節が少し離れているので3連休と7連休です。
しかし2023年は中秋節と国慶節の日付が近いので合体されて8連休になるので注意が必要ですね。

期間連休
2022年9月10日~9月12日3連休
2023年9月29日~10月6日8連休

中華人民共和国国慶節

春節と同じくらい長い連休が国慶節。
2022年は7連休。2023年は8連休。

国慶節周辺は中国輸入関係がピタッと止まる可能性があるのでスケジュール管理には注意が必要です。

期間連休
2022年10月1日~10月7日7連休
2023年9月29日~10月6日8連休

中国OEM代行業者から連絡が途絶えた時に考えられる原因3選

中国OEM代行業者から連絡が途絶えた時に考えられる原因3選

祝日や大型連休について分かったと思います。
ここからはOEM代行業者から連絡が途絶えたときの3つの原因を深掘りしていきましょう。

  • 祝日や大型連休による休み
  • そもそも業者があまり密に連絡をしてくれるタイプではない
  • 業者が飛んだ

それぞれ解説します。

祝日や大型連休による休み

これは上で解説したとおりです。
中国の祝日や大型連休に被っている場合は返信がないことは普通にありえます。

逆に返信がないことが当たり前なので焦らずに休みが終わるのを待ちましょう。

そして休みが明けても他のメールや仕事が溜まっている可能性が高いので休み明け数日は待ってみましょう。

そもそも業者があまり密に連絡をしてくれるタイプではない

業者選びに失敗すると返信が極端に遅い業者もあり得ます。
僕自身は返信が遅い業者があまり好きではないので、そういった業者に当たった場合は早めに契約を解除するようにしています。

返信が遅いと作業もなかなか進みませんからね。

できるだけスムーズにビジネスを進めるためにも返信や作業が速い業者を選ぶことをオススメします。

【初心者OK】ひこーるが提携しているOEM代行業者を紹介【安い!早い!丁寧!】

業者が飛んだ

これは大手企業ではなかなかありませんが、掲示板などで見つけた小さな企業や個人パートナーならあり得ます。
飛ばれる前はだいたい大きな金額を動かしたときなのでダメージも多きいです。

特にクレジットカードなどの決済代行を使わずに現金でのやり取りの場合は、ほぼ100%お金が返ってきません。

掲示板にもいい業者さんはいますが、こういった詐欺まがいな業者も紛れ込んでいるのでOEM代行業者を探す時は注意が必要です。

【厳選】中国OEM代行業者(パートナー)を見つける4つの方法【信頼できる業者を見つけたもん勝ち】

スポンサードサーチ

【まとめ】連休中に中国OEM代行業者から返信がないならとりあえず連休が終わるのを待ちましょう

【まとめ】連休中に中国OEM代行業者から返信がないならとりあえず連休が終わるのを待ちましょう

ほとんどの場合は連休によって連絡が一時的に返ってこないことが多いです。
いつもレスポンスがよかったのに急に数日間途絶えた場合、まずは中国のカレンダーを確認してみてください。

もし連休中なら、代行業者さんも休んだり旅行に行ったりしているはずなので連絡は控えて待ってあげましょう。
休み中に催促の連絡がバンバン届いたら嫌ですからね。

それでは簡単にまとめておきます。

中国の祝日や連休7個を一覧にまとめました
  • 元旦
  • 春節
  • 清明節
  • 労働節
  • 龍船節
  • 中秋節
  • 中華人民共和国国慶節
中国OEM代行業者から連絡が途絶えた時に考えられる原因3選
  • 祝日や大型連休による休み
  • そもそも業者があまり密に連絡をしてくれるタイプではない
  • 業者が飛んだ

祝日や連休中なら数日は待ちましょう。

もし連休じゃなくただただ何日も返信がない場合はそれ以外を疑った方がいいです。
その場合は業者選びに失敗している可能性があります。

中国OEMにおいて業者選びは本当に重要です。

OEMをしてくれる工場探し、交渉や料金、出来上がる商品のクオリティなど全てが代行業者さんの腕にかかっていると言ってもいいくらいです。

ぜひ慎重に業者さんを探してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください