現在メルマガを休止しております。お問い合わせの場合は問い合わせフォームまたはLINEにメッセージを下さい。

Amazon欧米輸入を本気でやるならデュアルディスプレイは必須【僕はトリプルディスプレイです】

Amazon欧米輸入を本気でやるならデュアルディスプレイは必須【僕はトリプルディスプレイです】

はいみなさんこんにちは~~~~。

ヒコマです。

 

 

悩む人

 

Amazon欧米輸入を効率的にしたい人

リサーチをもっと効率的にする方法はないかな?」

「EXCELとブラウザをもっと広々と表示したい

「できるだけリサーチを効率化する方法を知りたい」

こういった疑問や悩みにお答えいたします。

 

 

この記事の内容

  • リサーチをするならデュアルディスプレイ以上が必須の理由
  • ディスプレイは多ければ多いほうがいい
  • ちなみに僕はトリプルディスプレイです【写真あり】
  • オススメのディスプレイはコレ!
  • デュアルディスプレイの設定方法とは

このような内容になっています。

 

この記事を書いている僕はAmazon輸入歴が6年ほどになります。

Amazonでの月商も常時400万円~450万円ほどをキープし月収は100万円ほどです。

Amazon売上実績

基本的に外注は使わずほとんどの作業を一人でやっています。

一人でもこれくらいまでは出来るんだぞ!っていうことが伝われば嬉しいです。

 

Amazon欧米輸入を真剣に取り組んでいるならリサーチをしっかりと行っているはずです。

そんなときにみんなが考えること。

それが「もっと効率よくできないかな?」ということでしょう。

 

例えば1つの商品をリサーチするのに1分必要な人と、30秒で出来る人がいたとしましょう。

もし1時間同じペースでリサーチが出来たとすると、1分必要な人は60個の商品をリサーチできます。

30秒でリサーチ出来る人は120個リサーチできます。

1日3時間をリサーチ時間に充てるとするならば180個もリサーチできる商品数が変わってきます。

これが1週間になると1260個です。

1ヶ月になると・・・。

もういいですね。笑

 

リサーチ時間というのはそれだけ重要ということです。

そして速ければ速いほど他のセラーと差をつけることが出来ます。

たった数十秒の違いが1日、1週間、1ヶ月となれば大きな違いになります。

 

なのでたった数秒の違い、数件の違いと思わずに、出来ることは徹底的に時短を意識しましょう。

 

稼いでいる人は総じて時短を意識しているんです。

逆に言うと、時短を意識しなければいつまで経っても大きく稼ぐことは難しいということですね。

 

そしてその時短に欠かせないのがデュアルディスプレイということです。

今回の記事ではデュアルディスプレイにすることでどれだけ時短が出来るのかをご紹介いたします。

リサーチをするならデュアルディスプレイ以上が必須

リサーチをするならデュアルディスプレイ以上が必須

上でも少し解説しましたが数秒の違いが後々の大きな違いになります。

そしてその数秒の時短を実現するのに必須なのがディスプレイです。

おそらく大半のセラーはディスプレイを一枚でリサーチをおこなっていると思います。

 

でもよく考えてみてください。

ディスプレイが一枚だと少し不便ではないでしょうか?

 

リサーチに必要なページっていくつかありますよね。

例えば、

  • Amazon商品ページ
  • モノレート
  • 利益計算のためのEXCEL
  • 仕入先サイトの商品ページ
  • ツール画面

この辺りのページを開いている方は多いのではないでしょうか?

他にもYou TubeとかNetflixなんかも観ながら作業がしたという方もいますよね。

 

もしディスプレイが一枚だと、これらのページを行ったり来たりする必要があります。

たった一枚のディスプレイでこれだけ多くの情報を表示することはかなり難しいですからね。

もし表示できたとしても、ビックリするくらい文字が小さいはずです。笑

 

Amazon商品ページを見ながらモノレートを見るのも大変ですし、EXCELに金額などを入力するのにも金額を覚えたり手数料を覚えたり・・・。

 

要は一括して複数ページを確認することが難しいということです。

事実、僕もシングルディスプレイのときはかなり無駄な時間を浪費していました。

 

FBA料金シミュレーターの金額を覚えて、EXCELに入力。

そしてまた料金シミュレーターを開いて商品の重量を確認してEXCELを開いて・・・。

 

時間がもったいないですよね。

 

そんなときディスプレイがもう一枚あったらどうでしょう?

 

例えば1つのディスプレイにはブラウザ。

もう一つのディスプレイにはEXCELの計算表を表示。

 

ブラウザでリサーチして、利益が出そうならモノレートやFBA料金シミュレーターを確認。

確認した数字を見ながらEXCELに金額などを入力。

サブのディスプレイにEXCELは表示されっぱなしですのでノンストップで利益計算ができます。

 

たったそれだけ?と思うかもしれません。

しかしたったそれだけのことが後々の大きな違いになってしまうのです。

ディスプレイは多ければ多いほうがいい

ディスプレイは多ければ多いほうがいい

そしてディスプレイは多ければ多いほど効率的に作業が出来るようになります。

例えば3つのディスプレイにしたとしましょう。

 

メインのディスプレイはブラウザを開いてリサーチをメインに進めます。

サブディスプレイにはEXCELの利益計算表を開いておきます。

そしてもう一枚のサブディスプレイにはモノレートやツールなどを開きます。

 

そうすることで、わざわざアプリ間を行ったり来たりする必要がなくなり、ひと目ですべての情報を得ることが出来ます。

 

もちろんもう一枚ディスプレイを増やせばひと目で見ることが出来る情報を更に増やすことが出来るということです。

 

リサーチというのは情報の確認作業です。

ということはそれらの情報がひと目で確認できるようになれば必然的にスムーズにリサーチが出来ることになりますよね。

 

もちろんPCのスペックや作業スペースの関係で、ディスプレイの増設が難しい方もいらっしゃると思いますが、ライバルはそうやって時短しているということは知っておいてください。

ちなみに僕はトリプルディスプレイです【写真あり】

ということでここからは実際の僕の作業スペースを公開します。

ヒコマのディスプレイ1

僕の場合はこんな感じです。

 

簡単に説明すると、左から

  • モノレートやツール画面
  • Amazon商品ページ
  • 収支計算のためのEXCEL

というように配置しています。

 

こうすることで必要な情報をひと目で確認することが出来るようになっています。

アプリの重なりが少ないので見たい情報をひと目で確認できますよね。

 

You Tubeとかを見るときはこんな感じです↓

ヒコマのディスプレイ2

左側のディスプレイが変わっただけですが・・・。笑

僕にとっては左のディスプレイはあくまでもサブなのでその時の気分や作業内容に応じて表示する内容は変わってきます。

かる~くリサーチするときはYou Tube流したり、Netflix流したり。

 

真剣にリサーチするときはツールとかモノレートとか。

ブログ書くときは参考ページを開いたり。

ディスプレイが増えれば増えるほどバリエーションも増えますよね。

 

あなたも「もし自分が使うならどうするか」を考えてみてください。

そして実際にそうなったときに時短や効率化できそうと感じたならば絶対に導入するべきです。

 

初期費用は少しかさむかもしれませんが、その出費はすぐに回収できます。

なぜならデュアルディスプレイはそれだけの威力があるからです。

必要経費と割り切って増設してみてもいいと思いますよ。

オススメのディスプレイはコレ!

ということで、ここでは僕のオススメのディスプレイを紹介いたします。

僕自身、何種類かディスプレイを使用してきました。

その中でもコスパが一番いいと感じたものを紹介しますね。

 

正直、ディスプレイってピンキリです。

良いディスプレイはとことん高いですし、中古なら格安のディスプレイもあります。

 

でもあんまり高価なディスプレイは必要ありません。

4K対応とかありますが、映画を観るためにディスプレイを購入するわけではないですよね。

あくまでもリサーチを効率化するために購入するので、それなりのディスプレイでOKです。

 

「じゃあどんなのがいいの?」って話ですが。

まずはデュアルディスプレイを格安で試してみたいという人向けです。

格安で試してみたいなら中古のディスプレイで必要十分です。

ディスプレイって基本は設置した後はあまり触らないですよね。

なので中古で購入したとしても傷とか手垢とかはあまり付いていません。

中古のディスプレイを買うときに注意スべき点は、画面の焼け付きの有無です。

ここだけは必ず確認しておいてください。

 

僕のオススメは20~23インチくらいで5000~6000円くらいのディスプレイです。

作業スペースが狭い場合はもっと小さなディスプレイでもいいかもしれませんね。

 

次に新品のオススメです。

僕自身、仕事道具を中古で買うのはあまり好きではないので基本的には新品で全て揃えています。

その中でもオススメなのがコレです↓

 

これは実際に僕が使っているディスプレイです。

写真の左側に写っているやつですね。

 

なぜコレがオススメかというと、

  • 他の同インチ商品に比べて割安
  • ベゼルが薄い
  • 画質がそれなりにいい

といった感じです。

 

まず安いというのは大前提になってきますよね。

僕も仕事に支障をきたさない程度のクオリティでできるだけ安いディスプレイを探した結果、このディスプレイにたどり着きました。

 

そしてベゼルの薄さ。

ベゼルというのは画面の外側の枠のことです。

ベゼルが太いと、目の移動距離も多くなるので目が疲れやすくなります。

そして何よりもスタイリッシュじゃない。笑

やはり仕事をするからにはスタイリッシュさも欲しいですからね。

 

最後に画質がそれなりにいい。

正直、ただリサーチの作業をするのであれば文字さえ読めれば問題ありません。

しかし、リサーチの合間とかにYou Tubeなどの動画を流すのであれば話は変わってきます。

やはり多少の画質は必要になってきますよね。

このディスプレイはかなり安いのですが、画質はなかなかいい感じです。

 

フルHDまで対応しているのでYou TubeやNetflixを観るのには十分満足出来ます。

 

これらを総合的に判断した上でこのディスプレイにたどり着きました。

何でもいいけどそれなりのクオリティで割安なのが欲しいな~とお考えならコレにしておけば間違いないと思いますよ。

 デュアルディスプレイの設定方法とは

最後にデュアルディスプレイの設定方法についてです。

僕はWindows10使っているのでWindows10の設定方法について簡単に解説しますね。

その他のOSやMacでもGoogleなどで「Mac デュアルディスプレイ 設定」とかで調べれば出てくるので、やり方が分からなければ調べてみてください。

デュアルディスプレイまでは本当に簡単に設定できますよ。

 

それではWindows10での設定についてです。

設定と言っても基本的には接続するだけです。

 

ディスプレイを購入し、あとはPCに接続するだけ。

接続した状態でPCを起動すると勝手にディスプレイを認識してくれます。

 

PCが起動すればデスクトップ上で右クリックをします。

「ディスプレイ設定」という項目があるのでクリックしてください。

ディスプレイ設定

そうすると下のような画面が開きます。

ディスプレイ設定画面

僕の場合はトリプルディスプレイなので3つ表示されています。

ディスプレイの位置を確認して、設置した場所と違っているようならここで設定をしましょう。

ほかは特に変更するべき点はないと思います。

まとめ

いかがでしたか?

今回はちょっと長くなりましたがデュアルディスプレイについて解説しました。

リサーチはスピードが命です。

ほんのちょっとのことでも大きな差が生まれます。

効率化・時短が出来るところは積極的に意識して改善していきましょう!

 

最後に!

ディスプレイを増設するときはPCの入力端子は必ず確認しておいてください。

HDMIに対応しているのか?D端子しか対応していないのか。

入力端子がなければディスプレイの増設は出来ません。

 

その場合、USB端子が余っているなら「USB-HDMI変換アダプタ」などでも対応できます。

入力端子に余裕がないタイプのPCなら「USB-HDMI変換アダプタ」も検討してみてくださいね。

安いものもありますが突然使えなくなったりのトラブルも多いので注意してください。

長期間使うものですので、ある程度のメーカー品の方がおすすめです。

 

それでは今回も最後までお読みいただきましてありがとうございましたm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください