バーチャルオフィス診断

在宅副業で頑張るあなたにおすすめのバーチャルオフィスを診断します。

ぜひゲーム感覚で試してみてください。

バーチャルオフィス診断

あなたに最適なバーチャルオフィスを見つけましょう!

バーチャルオフィスが在宅副業に必要な4つの理由

結論:バーチャルオフィスが必要な4つの理由

結論ですが、在宅副業でバーチャルオフィスを使う理由はあなたとあなたの家族を守るためです。

ビジネスでお金を稼ぐことは時に危険を伴います。

そういった危険などから少しでもリスクを減らすためにバーチャルオフィスの導入は必須と考えています。

バーチャルオフィスが必要な4つの理由
  • 自宅住所を不特定多数に公開せずに済む
  • 危険人物からプライバシーを守れる
  • 顧客や取引先に信頼感を与えられる
  • 副業バレにも活躍してくれる

これらのリスクについて1つずつ解説します。

自宅住所を不特定多数に公開せずに済む

バーチャルオフィスを利用することで、自宅住所を不用意に公開する必要がなくなります。

例えば、Amazon物販の場合は以下のように特商法の記載に表示されます。

「特定商取引法に基づく表記」

これは誰にでも閲覧できる場所に表示されています。怖くないですか?

ブログなどでも実は同じです。ブログで商品を売る場合は特商法の記載が義務付けられているので誰にでも名前や住所が丸見えの状態になります。

バーチャルオフィスを導入することで、特商法の記載に自宅住所を晒す必要がなくなるので、個人情報の流出リスクを減らすことができ、安心してオンラインビジネスを展開することができます。

危険人物からプライバシーを守れる

バーチャルオフィスを利用することで、危険人物からの接触を防ぐことができます。

不特定多数に自宅住所を公開するリスクを避けることで、自分や家族の安全を確保できます。

特に以下に該当するなら必須です。

  • 女性1人で住んでいる
  • 小さなお子さんがいる

これらに該当するなら、特に注意が必要です。

あなたが真っ当なビジネスをしていても、逆恨みをされたり変な人に狙われたりする可能性は十分あります。

バーチャルオフィスを利用することで、プライベートな住所を非公開にできるので、安心して日常生活を送ることができます。

顧客や取引先に信頼感を与えられる

自宅住所ではなく、ビジネス専用の住所を使うことで、顧客や取引先に対してプロフェッショナルな印象を与えることができます。

例えば、登録している住所が小さなアパートの住所よりも一等地のオフィス街の方が信頼できそうですよね。

仮に本当にその住所が本当のオフィスじゃなかったとしても、そういった細かな部分にまで気を遣える人として見てもらえます。

ビジネスは印象が大切なので、細かな気配りとしてバーチャルオフィスの利用はおすすめです。

副業バレにも活躍してくれる

バーチャルオフィスの利用は副業がバレるリスクも低減してくれます。

例えばAmazon物販をするとしましょう。特商法の記載が必要です。

「特定商取引法に基づく表記」

あなたが会社に伝えずこっそりと副業をしていたとしましょう。

疑われていても、ショップに登録されている住所が違えば疑惑だけで済む可能性があります。

よほど珍しい名前でなければ、同姓同名の可能性もありますからね。

名前と住所が一致していれば逃れようがありませんが、名前が一致していても、住所がバーチャルオフィスであれば、会社はあなたを強く追及できない可能性が高いです。

副業をこっそりやっているなら、バーチャルオフィスはぜひ活用したいサービスです。