【バンドルカード】仮想通貨が使えるプリペイドカード

バンドルカード

はいみなさんこんにちは〜〜〜〜。

ヒコマです。

 

今回は仮想通貨(ビットコイン、BTC)をチャージして使えるプリペイドカード

【バンドルカード】というものをご紹介いたします。

 

日本ではまだまだ仮想通貨を使えるお店が少ないですよね。

でももし仮想通貨をカードにチャージすることでVASAカードのように使えたら便利じゃないですか?

それを叶えてくれるのがバンドルカードです。

仮想通貨をバンドルカードにチャージして使う

 

仮想通貨をチャージ仮想通貨の代表といえばビットコイン(BTC)でしょう。

仮想通貨やビットコインという言葉を最近はよく耳にすると思います。

耳にするだけではなく実際に保有している方も少なくないでしょう。

 

でもこの仮想通貨、まだまだ実際に決済に対応している店舗は少ないですよね。

 

なので仮想通貨で実際に決済しようとすると、

  1. 取引所で仮想通貨を売って円換金
  2. その円を銀行口座に送金
  3. ATMで引き出し
  4. 各店舗で決済

これだけの順序をたどる必要があります。

 

これってすごく遠回りですよね。

 

でもバンドルカードを使うと、

  1. ビットコイン(BTC)をバンドルカードにチャージ
  2. クレジットカードのように使用

たったこれだけであなたの仮想通貨を使うことが出来るようになります。

 

送金までの数日間を待つ必要もないです。

ATMに引き出しに行く必要もないです。

現金を持ち歩く必要もないです。

たった数分であなたのビットコイン(BTC)が街でもネット通販でも使えるようになります。

バンドルカードとは?

ここまでバンドルカードバンドルカードと何回も言ってますが、

そもそもバンドルカードって何?って話ですよね。

バンドルカード

引用:https://vandle.jp/

バンドルカードとは誰でも作れるVISAプリペイドカードの事です。

アプリから登録でき、バーチャルカードならすぐにネット通販で使う事が出来ます。

 

そしてリアルカードを作成すれば街のリアル店舗でもクレジットカードを使う感覚で利用できるようになります。

このバンドルカードのチャージ方法の中に仮想通貨(ビットコイン、BTC)が含まれているというわけです。

 

チャージ方法

  • ポチっとチャージ
  • コンビニ
  • クレジットカード
  • ドコモ払い
  • ソフトバンクまとめて支払い(一時停止中)
  • ビットコイン
  • ネット銀行
  • セブン銀行ATM
  • 銀行ATM(ペイジー)
  • ギフトコード(iTunesカードやAmazonギフト券ではありません)

 

バンドルカードは3種類ある

バンドルカードは全部で以下の3種類が用意されています。

  • バーチャルカード
  • リアルカード
  • リアルカード+(プラス)

 

バーチャルカード

バーチャルカード

アプリをインストールして簡単な登録作業をするだけですぐに利用可能になります。

本人確認等もないのでクレジットカードが作れない方でも利用することが出来ます。

登録手数料は無料。

リアルカード

リアルカード

アプリから発行手続きが可能です。

リアルカードは発行を行うのに本人確認がありません。

よって利用できる店舗が限られてしまいます。

以下のお店では利用することが出来ません。

利用できない店舗

引用:https://vandle.jp/

本人確認がない分、使える店舗が制限されているイメージですね。

 

その他主要情報

・発行手数料300円or400円(カードデザインのよる)

・年会費:無料

・解約手数料:残高

・一回あたりのチャージ上限額:3万円

・月間のチャージ上限額:12万円

・有効期限内のチャージ累計額:100万円

・残高の上限額:10万円

リアルカード+(プラス)

リアルカード+(プラス)

最後に紹介するのがリアルカード+(プラス)です。

リアルカード+(プラス)もアプリから発行手続きをすることが出来ます。

 

リアルカードとの違いは本人認証があること。

本人認証があることによりリアルカードでは利用することが出来なかったガソリンスタンドや宿泊施設・公共料金や自動発券機などでも利用することが出来ます。

 

クレジットカードに近い感覚で使いたいのであればリアルカードよりもリアルカード+(プラス)の発行をオススメします。

 

しかし少しだけ注意点があります。

それが以下です。

注意点

引用:https://vandle.jp/

宿泊施設・ガソリンスタンドについては上記のように自動で一定の金額が引かれます。

そして数日後に差額の返金があるので、そこだけ注意してください。

 

その他主要情報

・発行手数料600円or700円(カードデザインのよる)

・年会費:無料

・解約手数料:残高

・一回あたりのチャージ上限額:10万円

・月間のチャージ上限額:200万円

・有効期限内のチャージ累計額:上限なし

・残高の上限額:100万円

リアルカードと比べていただいてもお分かりいただける通りチャージの上限にかなりの差があります。

使えるところも増えますし、使える金額も大きく違います。

特別な理由がない限りリアルカード+(プラス)を発行することをオススメいたします。

まとめ

いかがでしたか?

ビットコイン(BTC)を持っているけど使い方や利便性に不満がある方にはすごく朗報かと思います。

仮想通貨は今後もっと便利に使えるようになると思いますが、まだまだ発展途上です。

それまではこのバンドルカードを使うのが比較的便利だと思います。

クレジットカード感覚でBTCを使いたいならぜひバンドルカードのリアルカード+(プラス)を発行してみましょう。

たった600円で作成できるので結構軽い気持ちで試せますよね。

 

それでは今回も最後までお読みいただきましてありがとうございましたm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください