現在メルマガを休止しております。お問い合わせの場合は問い合わせフォームまたはLINEにメッセージを下さい。

Amazon輸入の必須拡張機能~smasurf~

SmaSurf

ど~も~ヒコマです!!

今日はAmazon輸入に必須のGoogleChrome拡張機能を紹介いたします。

と言ってもかなりメジャーな拡張機能になるので、導入がまだの人はぜひ導入しておきましょう(^^)/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

LINE@登録募集中!

リアルタイムな情報LINE@で流しています!(^^)/

今なら期間限定で、期間限定で、

・Amazon出店方法マニュアル

・Amazon出品方法マニュアル

など初心者に役立つ6つのマニュアル

をプレゼント中!!

ブログでは流せないような情報も配信中!

ぜひご登録ください(^^)/

友だち追加

LINE@登録は↑から!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

GoogleChromeと拡張機能とは

そもそもGoogleChrome?拡張機能?という方もいると思うのでそこから簡単に説明いたしますね。

それぞれ以下の記事にまとめていますので、わからない方は参考にしてくださいね。

GoogleChromeの導入!【初心者コース】GoogleChromeの導入! GoogleChromeの拡張機能とは【初心者コース】GoogleChromeの拡張機能とは

smasurfとは

smasurfとは

それではsmasurfについて解説いたします。

smasurfを簡単に説明すると、

  1. Amazon自動通貨換算
  2. Amazonから他サイトへのワンクリック移動

主にこの2つの機能を無料で利用することが出来ます。

要は時短ツールの役割を果たしてくれます。

リサーチは大量に商品を見る必要がありますよね?

となると、どれだけ1つの商品をリサーチする時間を短くする必要があります。

そうしないとライバルよりもたくさんの商品をリサーチ出来ないですよね。

なので出来るだけリサーチ時間は短くする必要があるのです。

その時に役立つのがこのsmasurfということです。

smasurfの機能1つ目~Amazon自動通貨換算~

ココからはより詳しく解説していきます。

まず1つ目の機能であるAmazon自動通貨換算について。

まずはイメージが付きやすいように下の画像をご確認ください。

機能紹介

自動通貨換算機能

これはアメリカのAmazonであるAmazon.comの商品ページです。

金額を見ていただくとわかりますが、本来はドル表記ですよね?

でもsmasurfを使うとドル表記を円表記に変換することが出来ます。

レートもその時のものに自動で合わせてくれているので、いちいち何かを設定する必要はありません。

ドル表記だとわかりにくい計算も円表記になればわかりやすくなりますよね。

設定方法

それでは設定方法についてです。

と言っても設定はとても簡単です。

Amazonのページを開くと右下辺りにsmasurfのアイコンが表示されます。

smasurf

 

そこをカーソルを合わせると以下のような画面が表示されます。

smasurfの設定

 

通貨換算という項目があるので、そちらのタブをクリックします。

すると以下のように通貨を選択することが出来ます。

smasurf通貨選択

 

あとは日本円(JPY)を選択すれば価格が円で表示されるようになります。

smasurfの機能2つ目~Amazonから他サイトへのワンクリック移動~

次に2つ目の機能です。

正直1つ目の機能よりこちらの機能の方がメインです。

この機能を簡単に説明すると、日本のAmazonの商品ページから他の国のAmazonのページにワンクリックで移動することが出来ます。

機能紹介と設定方法

先ほどと同様にAmazonの商品ページを開くと右下に出てくるsmasurfのアイコンにカーソルを合わせてください。

smasurfの設定

するとアイテムクイックという表示があります。

こちらのチェックボックスにチェックを入れましょう。

すると以下のような表示が現れます。

smasurf移動

これをクリックするとそれぞれのページにワンクリックで移動することが出来ます。

このまま使ってもいいのですが、これだと少しせどり寄りの設定です。

 

Amazon輸入用の設定に変更しましょう。

設定を変更をするにはオプションをクリックします。

すると以下のような画面が表示されます。

smasurf設定

ここでAmazon輸入の場合はAmazonにチェックを入れます。

もちろん他の使い方をする場合は他の項目にチェックを入れていただいてもOKです。

使いやすいように設定しましょう。

Amazonにチェックを入れると以下のような画面になります。

smasurfのAmazon設定

Amazon輸入に特化した項目だけが表示されましたよね。

あとはクリックしてそれぞれのページに移動しリサーチを行うだけです。

smasurfの機能を使ってリサーチの欠点と考え方

smasurfのAmazonから他サイトへのワンクリック移動の機能を使ってリサーチをする場合、少しだけ欠点があります。

それがASINによる検索しかできないということ。

smasurfのAmazon設定

上のURLから移動できるページは全てASINで関連付けられています。

よってASINが同じじゃないと検索できません。

ASINが違うと下のような犬の画像が出てきます。

ASINエラー

これが出るとASINが一致していないので検索できないということです。

でもここで諦めてはいけません!!

最近の記事でも紹介しましたが、ASINズレこそ狙うべき商品です。

犬の画像が出れば諦めるのではなくて積極的に深いリサーチをしていきましょう。

ASINのズレAmazon輸入のリサーチのコツ~ASINズレを狙え!!~

 

それでは今回は以上です!(^^)/

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

LINE@登録募集中!

リアルタイムな情報LINE@で流しています!(^^)/

今なら期間限定で、期間限定で、

・Amazon出店方法マニュアル

・Amazon出品方法マニュアル

など初心者に役立つ6つのマニュアル

をプレゼント中!!

ブログでは流せないような情報も配信中!

ぜひご登録ください(^^)/

友だち追加

LINE@登録は↑から!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください