LUC888のオートBETツールで使うべきロジックを紹介します【結論:勝率50%以下でも負けにくいロジックがベスト】

LUC888のオートBETツールで使うべきロジックを紹介します【結論:勝率50%以下でも負けにくいロジックがベスト】

はいみなさんこんにちは~~~~。

ヒコマです。

オートBETツールでオススメのロジックを知りたい人

「オートBETツールを使ってるけどどのロジックがオススメ?」

「2in1法ってどんなロジックなの?」

「Mint Spiderについてもっと知りたい」

こういった疑問や悩みにお答えいたします。

この記事の内容

  • LUC888のオートBETツールで使うべきロジックを紹介【結論:勝率50%以下でも負けにくいロジックがベスト】
  • バカラは長くBETし続ければ負けに収束するように設定されたゲーム【素早く勝ち逃げするのがセオリー】
  • 自動テーブル移動機能を搭載したオートBETツールMint Spider【フィフティーズハッカーに含まれないロジックも多数】

このような内容になっています。

今回は、LUC888のオートBETツールで使うべきロジックについて徹底的に解説します。

LUC888のオートBETツールを使ってみたいけどどんなロジックを使ったらいいか悩んでいる方には必見の内容となっています。

スポンサードサーチ

目次

LUC888のオートBETツールで使うべきロジックを紹介【結論:勝率50%以下でも負けにくいロジックがベスト】

LUC888のオートBETツールで使うべきロジックを紹介【結論:勝率50%以下でも負けにくいロジックがベスト】

【オートBETツールにおすすめ】勝率50%以下でも1セット終了時にはプラスまたは±0にできるロジック

バカラをプレイするとき、僕は1ゲームずつプレイするのではなくロジックの1セットを1つのゲームとして考えています。

1ゲームずつ勝敗を気にしているとすぐに熱くなってしまい勝てるものも勝てません。

ポイント

バカラは極論、プレイヤーが勝つかバンカーが勝つかの2択です。

よって1ゲーム単位で見ると負けるのは当たり前です。

1ゲームずつ一喜一憂せずに1セット終了したときにプラスまたは±0になっていればOKと捉えています。

LUC888はツールの使用が許可されている

今までのバカラではツールを使うことが出来ませんでいた。

もちろんリアル店舗のカジノでもツールは使えませんし、オンラインバカラでもツールの利用を禁止しているサイトがほとんどです。

しかしLUC888は違います。

ポイント

LUC888はいかにチップを増やせるかのe-sportsバカラなのでツールを使ってのBETも許可されています。

オートBETツールだからこそできるロジックを採用する

LUC888はツールの利用が許可されているのでオートBETをすることも可能です。

フィフティーズハッカーという公式の無料で使えるオートBETツールも提供されているくらいです。

フィフティーズハッカーについて詳しく知りたい場合はフィフティーズハッカーを使ってLUC888でオートベットする方法【完全無料で使えます】で解説しています。

【LUC888オートベットツール】フィフティーズハッカーの使い方を徹底解説【完全無料で使えます】フィフティーズハッカーを使ってLUC888でオートベットする方法【完全無料で使えます】
ポイント

オートBETツールが使えるからこそ手動では出来ないほどの地道なロジックを採用してバカラを楽しむことが出来ます。

地道なBETを繰り返し最終的にプラスもしくは±0になればOK

オートBETであれば自分自身の時間を使うわけではありません。

よって超地道なロジックを使って、ほんの少しずつでもチップを増やすことができればいいと思いませんか。

例えば、自動で1ゲーム100FGC(10円程度)のBETをして最終的にその日一日で2,000円くらい増えていれば嬉しいですよね。

収支がマイナスにならない限りダメージはないに等しいはずです。

ポイント

僕がオートBETツールを使うときに重要としている考えが【負けないこと】です。

±0でも良いんです。

負けなければOKなので、いかにローリスクで運用し続けることができるかが重要となります。

勝率50%以下でも収支がマイナスにならずローリスクなロジックを推奨します

ということでオートBETツールで利用するロジックは、できるだけローリスクなものを選択するようにしています。

僕自身、様々なロジックを試してましたが地道にローリスクで少しずつチップを増やすなら今から紹介する2通りに落ち着きました。

注意

ただし今から紹介するBET方法も必ず勝てるというわけではありません。

運が悪いときは当たり前のように損切りします。

オートBETでバカラを楽しむときは利確値と損切値の設定に十分に注意して遊ぶようにしましょう。

【オススメ】2in1法【ローリスク・ローリターンの超守備型ロジック】

おそらくバカラの有名なロジックの中で最もローリスク・ローリターンな手法だと思います。

2in1法の本来の使い方は【負け額を回収するためのロジック】と言われています。

ポイント

2in1法はロジックの性質上、長期戦になりやすいです。

よって手動でチップを増やすときに使うロジックとしては不向きです。

あくまでも負け額を回収するときに使われるロジックとして有名です。

オートBETだからこそローリスクな2in1法がオススメ

上でも解説したとおり2in1法は負けを回収するためのロジックです。

よって、いかに負けないかを最大限に考えられたロジックになっています。

2in1法を使ってチップを増やすためには2in1法のセットが始まる前のタイミングで連勝をするしかありません。

ポイント

負けを回収することに全振りされたロジックなのでプラス収支に持って行くのが難しいです。

だからこそオートBETツールを使ってローリスク・ローリターンで少しずつ勝ちを積み上げていくことに最適なロジックと判断しました。

2in1法のデメリットは連敗や負けが込むとベット額が大きく膨らむこと

ここまでで2in1法はローリスクと解説してきましたがもちろんデメリットもあります。

それが、連敗や負けが込んでくると徐々にBET額が大きくなってしまう点です。

通常バカラでは勝率は50%前後に推移するはずです。

しかし稀に10戦で1勝9敗のような場面にも遭遇します。

こういった場面では2in1法は大きく凹むことになり、なかなか修復することが難しくなります。

ポイント

2in1法を使うときは連敗が続くと回収が難しくなるので損切値は早めに設定しておくことをおすすめします。

早めに損切をして勝てるときに勝つようにします。

利確損切を繰り返し、一日総合してプラスであればOKと考えて設定しましょう。

2in1法についてはこちらのページで詳しく解説をしてくださっているので、ロジックについて詳しく知りたい方は参考にしてみてください。

参考 2in1法で2回分の損失を1回で回収&利益を確保する!2in1法の使い方、実践方法、メリット・デメリットなどを詳しく解説。VEGAS ONLINE

マーチンゲール法【ハイリスク・ローリターンの代表ロジック】

マーチンゲール法はとても有名なので知っている方も多いと思います。

勝つまでBET額を2倍でBETし続けるロジックですね。

連敗をしてもどこかで1勝でもすればプラスで1セットを終了することが出来ます。

5回負けて1回勝っても+です。

10回負けて11回目に勝てばプラスです。

ポイント

2in1法よりもハイリスクですが1セット終了時には必ず1単位プラスになります。

ただしバンカーで勝った場合はハウスエッジの関係でマイナスになることがあります。

2in1法よりもチップを増やすことには長けていますが、失敗したときの損失は圧倒的にマーチンゲールの方が大きいです。

マーチンゲール法をオートBETツールで使うなら超少額BETかつプレイヤーオンリーBETがオススメ

オートBETツールは自分ではやってられないほどの少額BETを自動でBETし続けてくれることに魅力があります。

よってマーチンゲール法をオートBETで使うときは欲張らずに超少額BETで設定することをオススメします。

ポイント

超少額BETでも10マーチンすれば初期BET額の1024倍のBET額になります。

初期BETが100FGCなら10マーチン後には102,400FGCのBETが必要となり、そこまでの合計BET額は204,700FGCとなります。

10マーチンを失敗する確率は0.048%だけど1ゲームの勝敗は常に50%

初期BET+10マーチンの11ゲームに連敗する確率は0.048%です。

これだけをみるとなかなか出現しない確率のようにも見えます。

しかしバカラは1ゲームの集合体なので常にゲームは1ゲームずつ進行します。

よって11連敗の確率は0.048%かもしれませんが、目の前のゲームに勝つ確率は常に50%ということを理解しておく必要があります。

ポイント

ちょっと自分でも何が言いたいのかわからなくなりそうな内容ですが、11連敗は結果としては0.048%の事象かもしれません。

しかし目の前のゲームは常に50%の戦いなので11連敗でも20連敗でも独立したゲームとして見れば十分に起こりえるということです。

マーチンゲール法を利用するときはそれを十分に考慮する必要があります。

マーチンゲール法をオートBETツールで利用するときも早めのロジックリセットと損切をオススメします

ということでマーチンゲール法は1セット単位で見れば2in1法よりも収支の増え方が大きいです。

しかし設定したマーチン回数を連敗してしまった場合の損失は2in1法よりも圧倒的に大きくなります。

ポイント

マーチンゲール法を利用するときは必ず◯マーチンまでと設定することをオススメします。

また損切値も大きく取りすぎないことをオススメします。

損切は必ず発生するので、利確値と損切値の設定のバランスを考えて利用してみてください。

バカラは長くBETし続ければ負けに収束するように設定されたゲーム【素早く勝ち逃げするのがセオリー】

バカラは長くBETし続ければ負けに収束するように設定されたゲーム【素早く勝ち逃げするのがセオリー】

オートBETツールであってもこまめに利確・損切設定をするべき理由

オートBETツールを利用するとき、ついつい自動でフル稼働させてしまいがちですよね。

僕もよくそういった設定にしていました。

ポイント

しかし自動でフル稼働させ続けるといつかは負ける可能性が非常に高いです。

それはバカラというゲームの期待値が100%を下回っているため逃げることが出来ません。

損切は利確よりも小さく設定することをオススメします

バカラで勝つためには損切が非常に重要です。

僕も昔は損切が出来ずズルズルと負けることが多くありました。

ポイント

損切はできるだけ早くすることをオススメします。

2in1法やマーチンゲール法を含むロジック全般に言えることですが、負けが込むと取り返すのは非常に難しいです。

負けが混んだときはそれをしっかりと認めて、新たにやり直したほうが取り返せる確率が高くなります。

よってどんなロジックを使うときでも損切は早めの設定をオススメします。

損切なしで勝ち続けることは出来ない

バカラを含むギャンブルでは損切なしで勝ち続けることは不可能です。

むしろ損切の設定が上手い人だけが勝つことが出来ていると思われます。

ポイント

何度も言いますが損切は絶対必要です。

そして損切するときは深く追い過ぎずに早めの損切をオススメします。

バカラは基本的にプレイヤーかバンカーの2択のゲーム

バカラは流れや罫線など色々と言われていますがすべては結果論です。

BETパターンも結果論でしかない【結果的に勝ったか負けたかだけ】

バカラでは様々なBETパターンがあります。

しかしこれらも全ては結果的にたまたまプラスだったかマイナスだったかに過ぎません。

罫線BETも所詮は結果論でしかない【未来は予測できない】

バカラではよく罫線の読み方などが解説されています。

しかしこれも結果論です。

勝つときは勝つし負けるときは負けます。

ポイント

罫線などについては何も考えずにBETするよりは自分の方針を作ってBETするほうがわかりやすいだけであって、結局は運要素でゲームをプレイしているに過ぎませんよね。

バカラにおいては過去の事象から未来の結果は予測できないと僕は思います。

しかし2択だとしても場の流れはある【ダメなときは早く逃げる】

とは言っても勝ちが続くときと負けが続くときは誰にでもあると思います。

これが場の流れなのであるならば早めに切り上げるか別のテーブルに移動したほうがいい場合もありますよね。

ポイント

オートBETの場合、設定したBETパターンが今いるテーブルに合わないときがあります。

例えばBPBPBPと設定しているときに、逆の流れのテレコが来た場合。

Bオンリーにしているのにプレイヤーのドラゴンが来た場合。

このようなとき、オートBETツールは一気に刈り取られます。

オートBETツールの場合はコレにハマらないことが重要になります。

オートBETツールを使うときはテーブル移動やLOOK機能が重要

場の流れから逃げたり流れを変えるためにもテーブル移動やLOOKは非常に重要です。

純正ツールであるフィフティーズハッカーにはLOOK機能は備わっていますが、テーブル移動機能がありません。

ポイント

オートBETツールで一気にマイナスになるとき、大概はBETパターンとテーブルの流れが合わないときです。

どんなBETパターンでもなぜか負け続けるときがあるのでそういったときは早々にテーブル移動をして仕切り直すことが損切の回避に繋がります。

スポンサードサーチ

自動テーブル移動機能を搭載したオートBETツールMint Spider【フィフティーズハッカーに含まれないロジックも多数】

自動テーブル移動機能を搭載したオートBETツールMint Spider【フィフティーズハッカーに含まれないロジックも多数】

上でも少し解説したようにMint SpiderというオートBETツールにはオススメのロジックである2in1法や自動テーブル移動機能が搭載されています。

オススメロジックの2in1法が搭載されている

僕がオススメしているオートBETツールであるMint Spiderには2in1法を含め23個ものロジックが搭載されています。

ポイント

2in1法は無料ツールであるフィフティーズハッカーには含まれていません。

Mint Spiderの利用者さん考案ロジックも含まれる

Mint SpiderにはMint Spiderの利用者さん考案の独自ロジックも搭載されています。

もちろんマーチンゲールなどの超有名なロジックも搭載いされています。

自動テーブル移動機能が搭載されている

上でも解説したとおりバカラではテレコと呼ばれるプレイヤーとバンカーが交互に出る出目のパターンやドラゴンと呼ばれるプレイヤーかバンカーが勝ち続ける出目のパターンが存在ます。

BETパターンによってはテレコやドラゴンが出現すると一気に連敗して損切に持っていかれることがあります。

ポイント

Mint Spiderではこれを回避するために連敗時LOOK機能とテーブル移動機能が搭載されています。

例えば【◯連敗すればテーブル移動】などを設定することができるので、オートBETの設定とテーブルの流れが合わないときはすぐに移動することができるようになっています。

Mint Spiderは20万FGC(約2万円)買い切りツール

Mint Spiderは20万FGCが買い切りツールで購入後のサポートやアップデート等は無料で受けることが出来ます。

現在もMint Spiderは進化し続けているので興味がある方はぜひ手に入れていみてください。

ポイント

現在開催中のExtreme GPのRGCやRECにも対応しているのラウンドの消化にも最適なツールです。

Mint Spiderの詳しい解説についてはこちら

Mint Spiderに興味がある方はこちらの【LUC888】RGC/REC対応オートBETツールのMint Spiderを詳しく解説【搭載ロジックが優秀です】で詳しく解説しています。

購入申請方法についてもこちらの記事で解説しているので参考にしてみてください。

【LUC888】RGC/REC対応オートBETツールのMint Spiderを詳しく解説【搭載ロジックが優秀です】Mint Spiderについてできるだけ詳しく解説します【RGC/REC対応オートBETツール】

ということで今回は以上です。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

超大型案件!!Three for 3 BURST GUARDが始動!!

LUC888史上最大の大型案件であるThree for 3 BURST GUARDが動き始めました。

Three for 3 BURST GUARDについてはこちらのThree for 3 BURST GUARDとは【LUC888新案件を徹底的に解説します】で詳しく解説しています。

Three for 3 BURST GUARDとは【LUC888新案件を徹底的に解説します】Three for 3 BURST GUARDとは【LUC888新案件を徹底的に解説します】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください