【ほぼリスクなし】完全初心者がWebライターで月10万円稼ぐためのロードマップ

【ほぼリスクなし】完全初心者がWebライターで月10万円稼ぐためのロードマップ

ひこーる
ひこーる

このブログのリンクは広告を含んでいる場合があります。ひこーるのことを「応援してもいいよ!」という人はアフィリエイトリンクから購入していただけると嬉しいです!「お前なんか応援しない!」という人はリンクを踏まずに検索をしてお買い物や契約がオススメです。

未経験者でもほぼリスクなく、そして確実に稼げる在宅ワークがあればやりたいと思う方も多いのではないでしょうか。

それが今回紹介するWebライターという職業です。

Webライターは物販のように在庫を持つ必要がないので手元の資金を使うことなく収益化できるビジネスモデルです。

また開始するのに特別なスキルや知識が必要ありません。

最低限、PCもしくはスマホとネット回線さえあれば誰でも始めることができます。

つまりほぼノーリスクで開始できるのがWebライターの最大のメリット。

できるだけリスクを抑えて、しかも確実に稼げる。そんな在宅副業を探している方にはピッタリな仕事です。

この記事ではそんなWebライターについて、完全初心者が月10万円稼ぐためのロードマップを公開しています。

月10万円稼げる在宅ワークを探している方には必見の内容です。

プロフィール背景画像
プロフィール画像

ひこーる

在宅フリーランスを始めて10年以上が経ちました。
Amazon欧米輸入という物販ビジネスからスタートし中国輸入、国内電脳せどりなど様々なAmazon物販を経験。
それと並行し、ブログやアフィリエイトにも挑戦し歴は6年以上に。
2014年から副業でビジネスを開始して2016年に独立。
Amazon最高月利120万円、ブログ130万円など、サラリーマン時代よりも大きく稼ぐことに成功。
完全在宅かつ一人ぼっちでもできる在宅スモールビジネスを中心に紹介。
在宅副業や在宅フリーランスに興味がある人には参考になるブログなはず。

»ここまでのひこーるの道のりはこちら
»一番人気!!欧米輸入フルコンサルの概要はこちら

こちらから無料のメルマガに登録すると、Amazon欧米輸入のリサーチに使えるひこーるオリジナルスプレッドシートがすぐに受け取れます。

このシートを使えば、

  • ASIN一致商品の一括リサーチ
  • 利益計算
  • 商品管理
  • プライスターへの商品登録

など、Amazon欧米輸入に必要な商品管理のほぼ全てが完結します。無料配布はいつ終了するか分からないので、気になる人はお早めに。

シートの概要はこちら

目次 非表示

  1. Webライターとは?仕事内容をできるだけわかりやすく解説
  2. Webライターに必要なスキルや知識|本を数冊読めば準備完了
  3. Webライターになるための準備|環境と整えよう
  4. Webライターを始めてみよう|まずは低単価でも案件を受けてみる
  5. Webライターとして月10万円を稼ぐための4つの秘策
  6. 【まとめ】Webライターの成功はコツコツと経験を積むことから始まる
  7. 【FAQ】よくある質問
目次へ

Webライターとは?仕事内容をできるだけわかりやすく解説

Webライターとは?仕事内容をできるだけわかりやすく解説

まずは、

悩む人
悩む人

そもそもWebライターって何?

という方に向けて、Webライターの基本的な情報をお伝えします。さらに、平均的な収入や将来性、向き不向きなども紹介しているので、概要が気になる方はぜひ目を通してみて下さい。

Webライターとは?
  • Webライターの具体的な仕事内容
  • Webライターの平均的な収入
  • Webライターの収益イメージ
  • Webライターの将来性
  • Webライターの魅力
  • Webライターに向いている人の特徴
  • Webライターのメリットとデメリット

それぞれ紹介します。

Webライターの具体的な仕事内容

Webライターは、インターネット上で公開される様々な文章を書く仕事をします。主な仕事内容には以下のようなものがあります。

  • ブログ記事の執筆
  • YouTube台本の作成
  • コピーライティング
  • LP作成
  • ウェブサイトのコンテンツ作成
  • 商品説明文の作成
  • SNS投稿用の文章作成
  • メールマガジンの執筆

などがあります。これらの文章を、依頼主の要望に合わせて作成します。

ほとんどの場合、本やネットで情報などを集めながら作成することになります。

よってWebライターは文章を書く能力だけではなく情報収集能力も必要なビジネスといえます。

ひこーる
ひこーる

とは言ってもネット検索ができて、少しのコツさえ掴めば情報収集は難しくありません。

Webライターの平均的な収入

マイナビエージェントの「職種別平均年収ランキング【2020年版】」によると、Webライター全体の平均年収は382万円と紹介されています。

Webライター年収
引用:https://mynavi-agent.jp/helpful/income2020/category/creative02/

ただしWebライターは、

  • スキルがなくても誰でも始められる
  • 専業でも副業でも実践できる

などの特徴があり、実際のところ年収の個人差はかなり大きい傾向があります。

このデータも専業副業が入り混じっていると思われますので、正確な数字は正直なところ判断が難しいです。

当然ですが、スキルが低いうちは収入が低いですし、スキルが付いてくれば高くなります。

ちなみに私がネット物販やブログへ並行しながらWebライターに取り組んでみた結果、月10万円くらいなら初心者でも稼げると判断したので、今回の記事をまとめることにしました。

また、完全素人からでも本当に真剣に取り組めば毎月50万円くらいなら稼げます。

もちろん努力は必要ですが、人生の逆転を狙っているならやってみる価値はあると思います。

専門的な知識や資格があれば超高待遇を受けられる

例えば以下の知識や資格があれば、月収50万円や100万円などが狙いやすいです。

主な高待遇ジャンルはこちら。

高待遇が狙える知識やスキル
  • 医療系のスキルや経験
  • 不動産系のスキルや経験
  • 投資系のスキルや経験
  • 美容系のスキルや経験
  • IT系のスキルや経験

これらの業界で働いた経験があったり資格を持っていたりすると、比較的早い段階で高収入が狙えます。

こういった記事は、YMYLというジャンルに該当します。YMYLとは「Your Money or Your Life」の略で、お金や健康などのジャンルが該当します。

これらのジャンルは、直接的にお金や健康などに影響を与える可能性があるため、E-A-T(専門性・権威性・信頼性)が求められます。

評価基準は、

  • 誰が書いたか?
  • 社会的にどんな評価を受けている人か?
  • 明確なエビデンスは存在するか?
  • 正しい一次情報を発信しているか?

などが評価されます。

よって、Webライターをする場合はこれらの知識や資格を持っていることがかなり重要になるということですね。

ひこーる
ひこーる

もしあなたがこれらの知識や資格を持っているならチャンスかもしれません。

ただし専門的な知識や資格がなくても経験を積めば高待遇はあり得る

と、ここまでの話を聞くと、

悩む人
悩む人

なんだ、結局は資格とかいるじゃん…。

と思うかもしれません。が、安心して下さい。

上で紹介したような専門的な知識や資格がなくてもWebライターでは稼ぐことができます。

もちろん、最初から高待遇を受けることはできませんが、コツコツと経験と実績を積み重ねていけばサラリーマン以上の収益を狙うことも可能です。

ひこーる
ひこーる

この記事ではその方法について詳しく解説します。

Webライターの収益イメージ

Webライターの収益方法は主に3つあります。

文字単価1文字◯円などで計算される
初心者の場合は1文字0.5円〜1円程度、実績を積めば2円や3円などもある
専門的な分野だと10円なども存在する
1つの記事あたり1記事3,000円や10,000円などで契約する
時給単価企業との契約にたまにあるパターン
作業時間が決められていて時給で支払われる

こんな感じです。

ほとんどの場合は、文字単価もしくは1記事◯円などで支払われます。

Webライターはこの文字単価をどれだけ高くできるかが勝負になります。

例えば、5,000文字のライティングを依頼されたとしましょう。

それぞれの文字単価の収益はこちら。

文字単価収益
0.5円2,500円
1円5,000円
2円10,000円
3円15,000円
5円25,000円
10円50,000円

このように、同じ文字数を書いても文字単価が違えばこれだけの収益差が発生します。

よって、Webライターで安定した収益を上げていくには、あなたの文字単価を少しでも上げていく必要があります。

文字単価は実績を積んだり交渉したりして少しずつ上がっていくイメージです。

Webライターの将来性

ポジティブな話題とネガティブな話題を紹介します。

ポジティブな話題

まずはポジティブな話題から。

デジタルコンテンツの需要増加インターネット利用者が増え続ける中で、デジタルコンテンツの需要も増加している。
音声コンテンツの増加YouTubeなどの需要が高まり台本作成の需要が増加している。
専門知識を持つライターの需要YMYLの重要度が高まり、専門知識を持つライターの需要が高まっている
SNSの普及ソーシャルメディアの普及により、SNS向けの短文ライティングのスキルも求められている。

約20〜30年ほど前から一般家庭にPCがあることが普通になってきました。そして10年〜15年ほど前から一人一台のスマホが当たり前になりました。

そして今ではほぼ全ての人がネットでニュースを見たり気になることを検索したり、動画を見たりSNSをしたりしています。

つまり、Webライターが執筆するネット上のコンテンツは今まさに最高の需要を迎えている時期といえます。

それだけWebライターが必要とされているとも言い換えられるのです。

よって、仕事はたくさんある状況です。例えば、クラウドワークスで「記事・Webコンテンツ作成」カテゴリで見てみましょう。

クラウドワークスの検索結果

そうすると約600件もの仕事がヒットしました。

このように、Webライターとしての仕事はたくさんあるのが現状です。

ネガティブな話題

ただし、ポジティブな話題だけではありません。ネガティブな話題もあります。

AIと自動化の進化AIライティングツールが普及する中で、Webライターの仕事が一部自動化される可能性がある。
競争の激化Webライティング市場の競争が激化しており、低単価案件が増える可能性がある。
クライアントの要求の多様化デジタルコンテンツが増えれば増えるほど競争は激化し求められる要求が高まる可能性がある。

需要がある分、間違いなく競争は激しいといえます。

  • 特別なスキルが必要ない
  • リスクが低い
  • 自由度が高い副業として人気

こういった理由により、Webライターを志す方は多いです。しかし、正直なところライバルの数はあまり気にしなくていいと私は考えています。

理由はこちら。

  • ほとんどのライバルはすぐに辞めてしまう
  • ほとんどのライバルはあまり勉強をしない

という理由です。もちろん中にはレベルが高いライターも一定数いますが、ほとんどのライターはあまり勉強せず取り組んでいることが多いです。

よって質の低い記事しか書けないため単価が上がらずすぐに辞めてしまいます。

逆にいえば、しっかりと必要な知識を身につけて、コツコツと継続さえできれば稼げるWebライターの仲間入りができるということです。

AIの進化によりWebライターはどうなる?

今一番恐れることはAIの進化です。

私自身も最近はAIを使ってブログ記事の執筆の効率化を図っています。おそらく、他のメディア運営者もAIを駆使している人は少なくないと思います。

よって、今後のWebライターのライバルは無数に存在するWebライターではなくAIだと考えています。

ただし、私がAIを使っていて思うのは、まだまだ「しっかりと経験を積んだWebライター>AI」です。

確かに、AIによって記事作成にかかる時間は大幅に削減できました。しかし、だからと言ってAIだけに任せられるかといえばそんなことはありません。

ぶっちゃけ、AIが書いた記事にはまだそこまでの価値があるとは思えません。絶対に人の手が必要です。

結局、AIができることはすでにある情報をまとめることであり、新しい固有な経験談などは語れません。

人にはリアルに経験できるという強みがあります。

よって、AIによりWebライターが駆逐されるというよりは、AIを使いこなすWebライターが生き残ると考えています。

ひこーる
ひこーる

ということで、あなたがもしWebライターを志しているなら、ぜひAIの活用法にも目を向けてみましょう。

Webライターの魅力

私が考えるWebライターの魅力はこちらです。

副業として始められる特別なスキルが不要なので副業として始められる
在宅で働けるPCとネット環境さえあれば作業ができる
自由な時間でできる多くの場合、納期さえ守れば時間の使い方は自由
幅広い知識が身につく様々なテーマの文章を書くため、多くのことが学べる
文章力が上がる文章力が向上し本業や私生活にも役立つ

このように、まず始めるハードルが低いことが挙げられます。

すでに家にPCがあるなら今日からWebライターになることも可能です。また、副業の場合ならできれば自由な時間に取り組みたいですよね。

もちろんWebライターなら時間に制約がありません。例えば1週間後などの納期さえ守ればいつ取り組んでも問題ありません。

例えば、極論ですが納期前日まで何もせずに当日に一気に書き上げることも可能。おすすめはしませんけどね。

このように、やはり最大の魅力は参入ハードルが低く、自由な時間で作業できることではないでしょうか。

ひこーる
ひこーる

私は自由な仕事が好きなので、実際にやってみて楽しめています。家で取り組んだりIKEAのフードレストランでやったり自由に楽しんでいます。

Webライターに向いている人の特徴

Webライターに向いている人の特徴はこちら。

文章を書くのが好き文章を書くことに抵抗がない人
好奇心旺盛新しいことを学ぶのが好きな人
締め切りを守れる計画的に仕事を進められる人
柔軟性があるクライアントの要望に合わせて文章を修正できる人
粘り強い文章の推敲や修正を何度も行える忍耐力がある人
情報収集が得意必要な情報を効率よく集められる人

このような特徴がある人は、おそらくWebライターを楽しめると思います。

ちなみに私はこれらの項目に当てはまっている人間だと自分で思っています。

文章を書くことが好きですし、新しい知識を得ることも好きです。

もちろん社会人として、締切を守りますし、できる限りクライアントの期待に応えたいとも思っています。

つまり、Webライティングが転職であり楽しいんです。Webライターとして生きていく上で特に大切なことが、文章が書くことが好きということ。

あなたはどうですか?これらに当てはまりそうですか?おそらく、これらに該当しないならWebライターは辛いと思います。

副業で稼ぎたいけど、文章が書くことが苦手だなと思うのであればネット物販ビジネスなどに取り組んだ方がいいかもしれません。

Webライターのメリットとデメリット

最後に、Webライターという仕事のメリットとデメリットをまとめてみましょう。

まずはメリットから。

メリット
  • 低リスクで始められる:特別な資格や高額な初期投資が不要
  • 場所を選ばない:インターネットがあればどこでも仕事ができる
  • 年齢や経歴を問わない:未経験から始められる
  • スキルアップの機会が多い:様々なジャンルの文章を書くことでスキルが向上する
  • 人脈が広がる:クライアントや他のライターとの交流で人脈が広がる

やはり誰でもチャンスがあるというのがWebライターの最大のメリットと言えますね。

次にデメリットについて。

デメリット
  • 収入が不安定:仕事の量によって収入が変動する
  • 孤独を感じやすい:一人で黙々と作業することが多い
  • 健康管理が重要:運動不足やPC作業による体調不良に注意が必要
  • スキルアップが必須:常に新しい知識や技術を学び続ける必要がある
  • クレームへの対応:時にはクライアントからの厳しい要求やクレームに対応する必要がある

副業として取り組むならいいですが、本業とする場合は収入の不安定さがややデメリットです。

これは、複数のクライアントとうまく付き合いながら収入をコントロールするしかありません。

1つのクライアントに依存しずぎると危険なので、必ず複数のクライアントと契約がある状態を意識することでデメリットを軽減させることができます。

Webライターに必要なスキルや知識|本を数冊読めば準備完了

Webライターに必要なスキルや知識|本を数冊読めば準備完了

それではここからは、Webライターに必要なスキルや知識を身につける方法を紹介していきます。

Webライターに必要なスキルや知識
  • 【結論】特別なスキルは必要ない
  • 基本的な文章力を身につけよう
  • 基本的なウェブライティング力を身につけよう
  • 基本的なSEOライティング力を身につけよう

それぞれ解説します。

【結論】特別なスキルは必要ない

結論からですが、Webライターになるために、特別なスキルや免許などは必要ありません。

もしあなたが文章を書くことが得意なら、今日から始めることもできます。

ただし、やはり契約を続けてもらうWebライターになるにはそれなりの文章力やSEOの知識が必要です。

今日からWebライターを始めてもいいですが、まずは数冊でもいいので本を読んで勉強することをおすすめします。

ひこーる
ひこーる

私がブログやWebライターをするときに読んで、特に参考になったと思う本をいくつか紹介します。

基本的な文章力を身につけよう

まずは基本的な文章力が学べる本です。Webライターは当然ですが文章で相手の心を動かす必要があります。

相手の心を動かして、行動を促す。これがWebライターに求められる文章力です。

よって、必要最低限の文章力がないと契約を継続してもらえるWebライターにはなれません。

今あなたは、なんとなくこのブログ記事を読んでいると思います。でも実は、この文章の中にも色々と仕掛けがあったりするんですよ。

「あ、もう少し読み進めてみよう。」とか「よし!やってみよう!」と思わせるテクニックがあるんです。

そういった人に伝える、人を動かす文章力を身につけておくとWebライターとして重宝されます。

前置きが長くなりましたが、基本的な文章力を身につけるおすすめの本はこちら。

とにかくライターの中では教科書のような本ですね。まずはこの本を読んでおいて損はないと思います。

あとはこちら。

もうタイトルが面白いですよね。惹きつけられます。

そして内容も素晴らしい。Webライターに必要なブログの作り方なども書かれているので、こちらも読んでおいて損はない本です。

基本的なウェブライティング力を身につけよう

文章力を身につけたらWebライティング力も必要です。

WebライターはWeb用の文章を書く専門家です。本や新聞の文章とは少し毛色が違います。

ここを理解していないと、求められるWebライターには慣れません。

文章力を鍛えつつ、Webライティング力も身につけていきましょう。

おすすめの本はこちら。

これも鉄板の本です。ストーリー形式で進められている本なので、本を読むのが苦手な人でもサクサク読めると思います。

あとはこちら。

ブログ歴17年のプロが初心者にもわかりやすくライティングをまとめてくれています。

ちなみにこの本を買わなくても著者の中島さん(なかじさん)がYouTubeをやられています。

YouTubeを見るだけでもライティングの勉強になるので時間があるときにチェックしてみてください。

基本的なSEOライティング力を身につけよう

最後に必要な知識がSEOライティング力です。SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、日本語では「検索エンジン最適化」と訳されます。簡単に言えば、「ウェブサイトをGoogleなどの検索エンジンで見つけやすくする工夫」のことです。

Webライターが執筆する記事は基本的にブログなどに掲載されることが多いです。

ブログなどに掲載された記事は、SEOによって上位表示されユーザーの目に届きます。ユーザーの目に届くことで、クライアントは稼いでいるということですね。

つまり、このSEOライティング力がないと、せっかく書いた記事が誰にも検索されず読まれない記事を作成することになります。

となると、クライアントとしてもその記事を作った意味がなくなります。つまり、WebライターはSEOライティングができなければならないのです。

ということで最後にインプットしていただきたいのがSEOライティング力を鍛える本です。

おすすめはこの2冊。

正直なところ、SEOは信じられないくらい奥が深いです。深すぎて底が見えないレベルの深かさです。

でもWebライターはそこまで勉強する必要はありません。

とにかく、SEOを意識したライティングさえ知っておけばWebライターは務まります。

それよりも深い部分はクライアントさんに任せましょう。

とりあえずこの2冊に目を通しておけば、基本的なSEOライティングはできます。

ひこーる
ひこーる

これで準備は整いましたね。さて、いよいろWebライターになるための準備を整えていきましょう。

Webライターになるための準備|環境と整えよう

Webライターになるための準備|環境と整えよう

ということでここからはWebライターになるための準備方法を紹介します。

Webライターになるための準備
  • Webライターの作業を快適にする環境を整える
  • 【全部無料】Webライターに必要なツールを準備する
  • クラウドソーシングサービスに登録する
  • ポートフォリオを作成する
  • SNSアカウントを作成する

それぞれ解説します。

Webライターの作業を快適にする環境を整える

まずはWebライターとして活動していくための作業環境を整えましょう。

最低限必要なのはこの2つ。

  • PC
  • ネット回線

最低限この2つさえあれば活動することができます。

あとは、必要に応じて追加していけばいいと思います。

ちなみにWebライターは毎日数千から数万の文字を入力します。入力するにはキーボードが必須ですね。

つまりあなたの相棒は今日からキーボードということ。

キーボードによっては肩こりや手首の痛みが生じることがあるので、可能であればあなたにあったいいキーボードを使用しましょう。

ちなみに私は最高級キーボードのHHKBを利用しています。

ひこーる
ひこーる

打鍵感と品質がカンストしている最高の逸品です。

【全部無料】Webライターに必要なツールを準備する

次にツールを準備しましょう。といっても、基本的に全て無料で利用できるものばかりです。

用途
Googleドキュメント執筆
Microsoft Word執筆
WordPress執筆
ラッコキーワード記事の質向上
文字数カウント(ラッコツールズ)記事の質向上
Canva記事の質向上
ChatGPT記事の質向上
Chatworkコミュニケーション
Slackコミュニケーション
Zoomコミュニケーション
Google Meetコミュニケーション

これらのツールがあればWebライターとして最低限の対応はできると思います。

それぞれ簡単に紹介します。

Googleドキュメント

グーグルドキュメント

作成した記事を納品するときに指定される形式で多いのがGoogleドキュメントです。

執筆した記事のURLを伝えるだけで簡単に共有できます。

Googleアカウントを持っている人なら誰でも無料で使用でき、ネットがつながっている端末ならどこからでも気軽にアクセスできます。

例えば、家ではPCで作業して、外出先ではスマホで執筆という使い方もできます。

≫ Googleドキュメントはこちら

Microsoft Word

Microsoft Word

Googleドキュメントの他にMicrosoft Wordでも納品を依頼されることがあります。

Microsoft Wordはサブスクタイプの有料ツールです。Windowsには標準搭載されていることが多いですが、Macの場合はサブスク登録するかAmazonなどで買い切りタイプを購入するしかありません。

ちなみにできるだけ初期費用を抑えたいなら、Googleドキュメントで作成してWord形式でダウンロード可能です。

ただし、表示が崩れなどの不具合がある可能性があるので、Microsoft Wordでの納品を希望するクライアントの場合はあらかじめWordを持っていないことを伝えるか、サブスク契約した方が賢明です。

≫ Microsoft Wordはこちら

WordPress

ワードプレス

WordPressはブログや企業のサイトなど、ほとんどのサイトが使っているプラットフォームです。

WordPressで直接納品を希望するクライアントも多いです。よって、Webライターとして稼ぎたいならWordPressの扱いにも慣れているに越したことはありません。

直接入稿できることで、単価アップも狙えます。

Webライターとしてクライアントの気持ちに立つことは重要なので、本気で稼ぐのであればWordPressで自分のブログを作り、操作に慣れておくことをおすすめします。

ちなみにブログはレンタルサーバーを契約してWordPressを設置します。私のおすすめはシェアNo. 1のエックスサーバーです。

毎月1,000円以下でブログ運営ができるので、Webライターとして稼ぎたいなら作っておきましょう。

また、後で詳しく解説しますが、ポートフォリオの意味でもブログは持っておいて損はありません。

≫ エックスサーバーはこちら

ブログの解説方法がわからない場合は、以下のエックスサーバー公式ブログがとても丁寧に解説してくれています。

≫ 初心者のためのブログ始め方講座

ラッコキーワード

ラッコキーワード

ラッコキーワードはWebライターに嬉しい機能が基本無料で使えるツールです。

Webライターとしてよく使う機能はこちら。

  • サジェスト(Google)
  • 見出し抽出

これらのデータを活用することで、記事構成の作成がスムーズに行えます。

特に見出し抽出はライバル記事を丸裸にできるので重宝します。

≫ ラッコキーワードはこちら

文字数カウント(ラッコツールズ)

文字数カウント

ラッコキーワードの関連ツールです。

原稿を貼り付ければ簡単に文字数がチェックできます。

文字数カウントは、GoogleドキュメントやMicrosoft Wordなどでも行えますが、以下の4つの特徴があるのでおすすめです。

  • htmlコードを除去する
  • 句読点を除去する
  • HTMLエンティティを1文字としてカウントする
  • 任意の指定文字を除去する

このようなオプションを活用することで、より正確な文字数が簡単に把握できます。

≫ 文字数カウント(ラッコツールズ)はこちら

Canva

Canva

Canvaは無料で簡単に画像が作れるツールです。アイキャッチや図解などの作成に便利です。

より高機能な機能を使いたい場合は有料プランが必要ですが、ブログのアイキャッチや図解レベルであれば無料でも十分対応できます。

案件によっては画像などの作成が必要な場合があります。そんなとき、Canvaを使えるようになっておけば報酬アップにも繋がるので、ぜひ活用していきましょう。

まずはあなたが運営するブログのアイキャッチなどで練習してみてはいかがでしょうか。テンプレートがたくさんあるので、すぐにそれっぽいデザインが完成すると思います。

≫ Canvaはこちら

ChatGPT

Chat GPT

ChatGPTは言わずと知れた生成AIのトップランナーです。

ChatGPTは、OpenAIが開発した高度なAIチャットボットです。GPT-4という最新の言語モデルを基にしており、自然な対話を通じてさまざまな質問に答えたり、文章の生成や編集を行ったりすることができます。

多様なテーマに対応できるため、個人の疑問解決からビジネス用途まで幅広く活用されています。

もちろんWebライターとしても活用が可能。

使い方の例はこちら。

  • タイトルを考えてもらう
  • 見出しを考えてもらう
  • 記事本文を考えてもらう
  • データを収集してもらう
  • 要約してもらう
  • 推敲してもらう

など幅広く利用できます。

Webライターは自分一人で考えることが多いので、ChatGPTを活用して客観的な意見を取り入れるとより良い記事が作りやすくなります。

また誤字脱字なども一瞬で教えてくれるので、ミスを極力減らすことができます。

≫ ChatGPTはこちら

Chatwork

チャットワーク

Chatworkは無料で使えるチャットツールです。シンプルなチャットツールで使っているクライアントがとても多いです。

Webライターをするならほぼ100%使用するので、今のうちに登録して使い方に慣れておきましょう。

注意点としては、無料プランの場合は直近40日以内の投稿までしから閲覧できなくなることです。

40日以前のチェットが確認したい場合は、有料プランに登録するか手動もしくは自動ツールでチャットログをとっておくことをおすすめします。

≫ Chatworkはこちら

Slack

Slack

SlackもChatworkと同様に使用頻度が高いチャットツールです。

こちらも無料で利用できます。

Chatworkと同様にSlackも登録して使い方に慣れておきましょう。

≫ Slackはこちら

Zoom

Zoom

Zoomはビデオミーティング用のツールです。無料の場合、機能制限が多いですが、基本的にクライアント側から招待されてのミーティングが多いと思うので問題ありません。

Zoomのビデオミーティングに参加するときはクライアントから送られてきたURLをクリックすると参加できます。

PCでもアプリでも利用できるので、使いやすい方を利用しましょう。

≫ Zoomはこちら

Google Meet

Google Meet

Google MeetもZoomと同じようなビデオミーティングツールです。Zoomよりも制限が少ないため、こちらを採用しているクライアントも多いです。

Webライターの場合、Google MeetもZoomも両方使う可能性が非常に高いので、使い方に慣れておきましょう。

≫ Google Meetはこちら

クラウドソーシングサービスに登録する

Webライターで稼ぐにはクライアントと繋がる必要があります。

繋がり方の基本はこちら。

  • クラウドソーシングサービス
  • SNS
  • ブログ

が基本です。特に、実績のない最初のうちはクラウドソーシングでこちらから仕事を取りにいきましょう。

登録しておくべきクラウドソーシングサービスはこちら。

サービス名概要
クラウドワークス国内シェアNo. 1のクラウドソーシングサービス
シェアNo. 1なだけあって募集数が多い
ランサーズクラウドワークスと並ぶ有名なクラウドソーシングサービス
こちらも募集集が多いので登録して損はない
ココナラ個人のスキルや知識が売買できるクラウドソーシングサービス
自身のWebライティングを出品して購入してもらうことができる
ライターステーション文章作成に特化したクラウドソーシングサイト
ただし募集期間があるのでいつでも登録できるわけではない

それぞれ簡単に紹介します。

クラウドワークス

クラウドワークス

クラウドワークスは、日本最大級のクラウドソーシングサービスです。

企業や個人が仕事を投稿し、それに対してフリーランサーが応募する形で仕事を獲得できます。

クラウドワークスは、初心者でもスムーズに仕事を始められる環境が整っており、サポート体制も充実しています。

利用者のレビューや評価システムもあるため、自分の実績を積むことで信頼性を高め、次の仕事に繋げることができます。

Webライターを目指す方にとって、まず登録するべきクラウドソーシングサービスです。

ちなみにクラウドワークスにはスキル検定というものがあり、Webライター検定が準備されています。

スキル検定

Webライター検定3級は無料で受験できるので、興味がある人は受けてみましょう。

無料で受けられますし、受験のときに勉強用の資料として渡される動画などを使えばWebライターの基本を学ぶことができます。

検定に合格すればクラウドワークス内の「スキル検定 合格実績」に表示されるので、仕事を取るときに少しだけ有利になるかも。

ちなみに私も受験してみて「WEBライター検定3級」は取得できました。

WEBライター検定3級

≫ クラウドワークスに登録する

ランサーズ

ランサーズ

ランサーズは、クラウドワークスと並ぶ人気のクラウドソーシングプラットフォームです。

仕事の種類は多岐にわたり、特にライティングや翻訳、デザインなどが盛んです。

初心者向けの低単価案件から、高単価のプロジェクトまで幅広く用意されています。

評価制度もあり、実績を積むことで信頼度が上がり、報酬の高い仕事に挑戦しやすくなります​

≫ ランサーズに登録する

ココナラ

ココナラ

ココナラは、個人のスキルや知識をサービスとして販売するプラットフォームです。

ライティング以外にも、占いや相談、デザインなど多岐にわたるカテゴリーがあります。

自分の得意分野をサービスとして出品し、クライアントからの依頼を受けて仕事を行います。

初心者でも始めやすく、自己PRや評価を通じて信頼を築くことができます​。

評価が増やせば、少しずつ文字単価を上げることができます。

≫ ココナラに登録する

ライターステーション

ライターステーション

ライターステーションはライターに特化したクラウドソーシングサービスです。どの仕事もライターステーション編集部から直接依頼が届くので、自分で仕事を探す必要はありません。

サポート体制が充実しており、初心者でも安心して利用することができます。

ただし、ライターステーションへの登録は募集期間内に限られており、さらに審査もあります。

ライターとしてのスキルの腕試しとして審査に挑戦してみるのもありですね。

≫ ライターステーションを見てみる

ポートフォリオを作成する

ポートフォリオとはあなたの実績のことです。

例えば、

  • どんな記事を作成したか
  • どんな結果を出したか(検索順位一位など)
  • 運営しているブログの状況

などです。ほとんどの場合はどんな記事を作成したかが重要視されるイメージがあります。

ただし、初心者の場合は、実績が少ないため魅力的なポートフォリオを作成するのは難しいですよね。

だからこそブログを運営するのがおすすめです。ブログを運営しておけば、あなたがどんな記事を書くのかを簡単に伝えることができます。

クライアント側も判断基準の一つにできるので、Webライターとブログ運営は相性が良いと言えます。

SNSアカウントを作成する

SNS運用する理由は、

  • 発信の練習
  • あなたというWebライターを見つけてもらう
  • 直接契約の窓口
  • ブランディング

など、さまざまなメリットがあります。

今の時代はSNS運用がかなり重要なので、Webライターを目指すのであれば専用のアカウントも作成しておきましょう。

ちなみに現状ではXアカウントさえあれば良いと思います。

Webライターを始めてみよう|まずは低単価でも案件を受けてみる

Webライターを始めてみよう|まずは低単価でも案件を受けてみる

さて、色々と準備が整ったところで、ここからは実際にWebライターとして案件を取る方法を紹介します。

案件の取り方はいくつかありますが、まずはイメージを掴むためにもクラウドソーシングサービスを使っていきましょう。

流れはこちら。

Webライターを始めてみよう
  • クラウドソーシングで案件を探してみよう
  • 【注意】詐欺案件には気をつけよう
  • 低単価案件をいくつか受けてみよう
  • 得意なジャンルの高単価案件に応募してみよう

それぞれ解説します。

クラウドソーシングで案件を探してみよう

今回は例としてクラウドワークスで探してみましょう。

無料の会員登録ができたら、以下の手順でWebライターの仕事を探してみましょう。

  • 画面上部の「仕事を探す」をクリック
  • 仕事カテゴリから「ライティング・記事作成」をクリック
  • 「オウンドメディア・ブログ記事作成」もしくは「記事・Webコンテンツ作成」をクリック

これで初心者Webライターでもチャレンジしやすい仕事の一覧が表示されます。

クラウドワークスの仕事一覧

あとは気になる仕事をクリックして詳細を見て、やってみたいと思うなら応募してみましょう。

クラウドワークスの仕事に応募してみる

【注意】詐欺案件には気をつけよう

案件を探すとき、1つだけ注意点があります。

それが詐欺案件です。

詐欺案件にはいくつか特徴があります。

  • 本人確認や発注ルールチェックが済んでいない
  • 報酬が高すぎたり安すぎたりで相場通りではない
  • 案件の説明があいまい
  • 総合評価が低い
  • 募集実績が少ない
  • プロジェクト完了率が異常に低い

このようなクライアントには注意が必要です。

Webライターはどうしても評価を集める必要があります。それを狙ってやたらと条件がいい内容で釣り、記事を書かせるだけ書かせて音信不通になる詐欺案件が紛れ込んでいます。

メルカリやAmazonで購入するときも同じだと思いますが、やっぱりプラットフォーム上で他人とやり取りするときは評価や実績などを必ず確認したほうがいいです。

無駄に記事を執筆させられるだけの可能性があるので、クライアント情報は必ず確認してから応募しましょう。

低単価案件をいくつか受けてみよう

私たちWebライターがクライアントの評価を見るように、クライアントも私たちWebライターの評価を見ています。

もう少しわかりやすくいうと、評価がないうちはいい案件は取れないと考えたほうがいいです。

クライアントの立場になって考えてみるとわかりますよね。何の実績もないWebライターにいきなり高額報酬を渡すのはリスクしかありません。

よって、クラウドソーシングサービスに登録してまずやるべきことは初心者でも採用される可能性が高い低単価案件です。

低単価案件を受けている間は思っているように稼げません。しかし低単価案件を受けるにはしっかり理由があります。

  • 経験を積むことができる:低単価でも様々なジャンルのライティングを経験することで、スキルが磨ける
  • 実績を増やすことができる:実績が増えれば、今後高単価案件に応募する際のアピールポイントになる
  • レビューを集める:良い評価を積み重ねることで、クライアントからの信頼度が高まる

というように、初めは報酬よりも経験を重視し、少しずつ実績を増やしていきましょう。

得意なジャンルの高単価案件に応募してみよう

一定の経験と実績が積めたら、自分の得意なジャンルで高単価の案件に挑戦してみましょう。以下のポイントに注意して応募を進めます。

  • ポートフォリオを充実させる:これまでの実績や作品をまとめたポートフォリオを作成する
  • 提案文を工夫する:クライアントのニーズを理解し、それに応える提案文を書くことで採用率が高まる
  • 自分の強みをアピールする:得意なジャンルやスキルを具体的にアピールすることで、クライアントに信頼感を与える

高単価案件に挑戦することで、報酬を増やしながらさらなるスキルアップを目指すことができます。自分の強みを活かして、ステップアップしていきましょう。

Webライターとして月10万円を稼ぐための4つの秘策

Webライターとして月10万円を稼ぐための4つの秘策

基本的なWebライターとしての活動方法がわかったところで、最後に月10万円を稼ぐための秘策を紹介します。

月10万円を稼ぐための秘策
  • 明確な目標設定と計画を立てる
  • 安定した取引があるクライアントに価格交渉する
  • ポートフォリオを充実させる
  • SNSやブログなどを使って直接案件をゲットする

それぞれ解説します。

明確な目標設定と計画を立てる

月10万円という具体的な目標を達成するためには、明確な計画が不可欠です。

まず、1記事あたりの単価と、必要な記事数を算出しましょう。

例えば、以下の条件の場合で考えてみます。

  • 1記事あたり平均5,000文字
  • 1記事を執筆する平均時間5時間

この条件だとして、文字単価別の必要な記事数や稼働時間、時給換算などをまとめました。

文字単価1記事の収入
(5000文字)
10万円稼ぐのに
必要な記事数
必要な総時間
(1記事5時間)
時給換算
0.5円2,500円40記事200時間500円
1円5,000円20記事100時間1,000円
2円10,000円10記事50時間2,000円
3円15,000円7記事35時間3,000円
5円25,000円4記事20時間5,000円
10円50,000円2記事10時間10,000円
※ 1記事5000文字、執筆時間5時間として計算

このように、あなたの執筆速度や単価を考えて、どれくらいの単価がもらえれば効率よく10万円稼げるのかを考えて目標設定する必要があります。

この目標設定があいまいだと、なかなか理想通りに報酬を増やすことができません。

今回は例として5時間と設定しましたが、執筆スピードは人によってバラバラです。

もっと早い人もいれば遅い人もいるので、まずは実践してみてどれくらいのスピードで執筆できるのかをチェックしてみてもいいと思います。

安定した取引があるクライアントに価格交渉する

継続的に仕事を依頼してくれるクライアントがいる場合、そのクライアントとの関係性を強化することが重要です。

信頼関係ができたら、品質向上や効率化をアピールしつつ単価アップの交渉をしてみましょう。

例えば、

  • より単価が高い他案件を優先したい
  • 他の業務もするから単価を上げてほしい
  • 長期的な取引を約束するから単価を上げてほしい

などの理由を持って交渉します。

特に「他の業務もするから単価を上げてほしい」は有効な交渉方法です。クライアントはできるだけ楽したいと考えています。

よって、例えば今は記事を書いているだけだけど画像選定をしたりワードプレスに直接入稿したりすると助かります。

このように、クライアントの立場に立って交渉すれば、信頼を得つつ単価アップできる可能性が高いです。

ただし、交渉は失敗する可能性もあります。あなた自身の信頼がなければ「じゃあいいよ。今日で打ち切りで。」という可能性も0ではないです。

交渉するときはしっかりと実績を作り、クライアントにあなたの存在が必要と思わせてからにしましょう。

そんなときのためにも、クライアントは1つに絞らず常に複数と契約することをおすすめします。

ポートフォリオを充実させる

高単価案件を獲得するためには、自身の実力を証明するポートフォリオが欠かせません。

過去に書いた記事の中から、特に質の高いものや、様々なジャンルの記事を選んでポートフォリオを作成しましょう。

可能であれば、それぞれの記事がもたらした具体的な成果(PV数の増加、コンバージョン率の向上など)も併せて記載するとより効果的です。

ポートフォリオを作るためには実績作りが非常に重要です。よって、コツコツと案件を受けて実績を積んでいきましょう。

SNSやブログなどを使って直接案件をゲットする

Webライターとして活動しているあなたの存在を世に広める必要があります。そのためにはSNSやブログの運営が不可欠です。

特にWebライター初心者の間はポートフォリオの作成が難しいので、ブログでライティング力をアピールしましょう。

ブログを書くことで、ライティング力アピールの他に、

  • SEOについての知識が深まる
  • ワードプレスの操作方法に慣れる
  • 画像選定や装飾などもできるようになる
  • 直接案件の窓口として使える
  • ブログからも収益が発生する

などいいことしかありません。Webライターとブログは相性抜群なので、Webライターを志すなら一緒にブログ運営にも挑戦してみましょう。

またSNSも運用しておくことで、直接案件などの窓口になります。高単価案件を手に入れるためには直接契約が必須なので、SNSの運用も忘れずに取り組みましょう。

【まとめ】Webライターの成功はコツコツと経験を積むことから始まる

【まとめ】Webライターの成功はコツコツと経験を積むことから始まる

この記事では、未経験者でもほぼリスクなく始められる在宅ワークであるWebライターについて詳しく解説しました。以下に主要ポイントをまとめます。

  • Webライターの特徴: 在庫を持たず、PCとネット回線さえあれば始められるリスクの少ないビジネスモデル。
  • 仕事内容: ブログ記事、YouTube台本、コピーライティング、LP作成、ウェブサイトのコンテンツ作成、商品説明文、SNS投稿用の文章作成、メールマガジンの執筆など。
  • 収入と将来性: スキルが上がれば高収入も可能。特定の知識や資格があればさらに有利。
  • メリット: 低リスク、場所を選ばない、年齢や経歴を問わない、スキルアップの機会が多い、人脈が広がる。
  • デメリット: 収入が不安定、孤独感、健康管理の必要、継続的なスキルアップが必要、クレーム対応。
  • 適性: 文章を書くのが好き、好奇心旺盛、締め切りを守れる、柔軟性がある、粘り強い、情報収集が得意。
  • 必要なスキルや知識: 基本的な文章力やSEOライティングの知識があると良い。具体的な書籍のおすすめもあり。
  • 準備: 作業環境の整備、必要なツールの準備、クラウドソーシングサービスの登録、ポートフォリオ作成、SNSアカウントの作成。

未経験からでも始められるWebライターは、特別なスキルがなくても高収入を目指せる魅力的な職業です。まずはクラウドソーシングサービスに登録し、実績を積みながらスキルを磨いていきましょう。

Webライターとしての第一歩は、クラウドソーシングサービスへの登録です。特にクラウドワークスは初心者でも案件を見つけやすく、サポート体制も充実しています。

まずはクラウドワークスに登録してみて、案件を眺めてみてもいいかもしれませんね。それだけでも何となくWebライターのイメージが湧くと思います。

≫ 無料でクラウドワークスに登録してみる

【FAQ】よくある質問

【FAQ】よくある質問
Q1: Webライターを始めるために必要なスキルは何ですか?
特別なスキルや知識は必要ありません。基本的な文章力と情報収集能力があれば誰でも始められます。SEOライティングの知識があるとさらに有利です。
Webライターとしての収入はどれくらいですか?
収入には個人差があります。初心者でも月10万円は十分に可能で、スキルを磨けばさらに高収入も狙えます。
Webライターの具体的な仕事内容を教えてください。
主な仕事内容には、ブログ記事の執筆、YouTube台本の作成、コピーライティング、LP作成、ウェブサイトのコンテンツ作成、商品説明文の作成、SNS投稿用の文章作成、メールマガジンの執筆などがあります。
どのようにしてWebライターとしての案件を見つけられますか?
クラウドソーシングサービス(例: クラウドワークス、ランサーズ、ココナラ)に登録し、初心者向けの低単価案件から始めて経験を積みます。実績が増えたら、高単価の案件に挑戦しましょう。
Webライターとして成功するためにはどうすれば良いですか?
明確な目標設定と計画を立てることが重要です。継続的に案件をこなし、実績を積みながらスキルを磨きましょう。また、安定したクライアントを見つけて価格交渉を行い、SNSやブログを活用して直接案件を獲得することも成功の鍵です。
ポートフォリオを作成する方法は?
過去に執筆した記事や成果をまとめ、様々なジャンルの記事を掲載します。ブログ運営を通じて、ライティング力をアピールすることも効果的です。
AIの進化によるWebライターの将来性はどうですか?
AIの進化により一部の作業は自動化される可能性がありますが、経験や独自の視点を持つWebライターは依然として需要があります。AIを活用しながら、自身のスキルを磨くことで競争力を維持できます。