ゲインスカイ(GAINSKY)の出金方法(BTC、USDT、カードに出金可能)【投資は元本回収が最優先】

ゲインスカイ(GAINSKY)の出金方法(BTC、USDT、カードに出金可能)【投資は元本回収が最優先】

はいみなさんこんにちは~~~~。

ヒコマです。

 

ゲインスカイの配当を得たけど出金方法がわからない人

「ゲインスカイでお金が増えたけど出金方法がわからない」

「どの出金方法が一番お得に出金出来るの?」

「配当は全額複利で運用するべき?」

こういった疑問や悩みにお答えいたします。

 

この記事の内容

  • ゲインスカイ(GAINSKY)の出金方法(BTC、USDT、カードに出金可能)
  • 一番お得な出金方法とは
  • 配当は全額投資?それとも出金するべき?【元本回収が最優先】

このような内容になっています。

僕自身、ゲインスカイには2019年の6月からお世話になっています。

大げさではなく開始から一度も資産が減ったことがありません。

大きな爆発力はないかもしれませんが確実に資産を増やすことが出来ています。

※投資は自己責任です。ゲインスカイに参加される場合はご理解の上ご参加ください。

今回はゲインスカイの出金方法を詳しく解説いたします。

ゲインスカイの出金方法がわからない方はこのページをお読みいただくとスムーズに出金することが出来る内容になっています。

なんでヒコマが投資を勧めるのかについては以下の記事も併せてお読みください。

Amazon欧米輸入で稼げるようになったら次は投資をオススメします【上流はみんなやってます】Amazon欧米輸入で稼げるようになったら次は投資をオススメします【上流はみんなやってます】

ゲインスカイに参加希望の方は以下よりご連絡ください。

登録から参加後のフォローまでしっかりと対応いたします。

質問やセミナー日程についてもお気軽にお問合あせください。

お問い合わせ

スポンサードサーチ

ゲインスカイ(GAINSKY)の出金方法(BTC、USDT、カードに出金可能)

ゲインスカイ(GAINSKY)の出金方法(BTC、USDT、カードに出金可能)

ゲインスカイの出金方法は3通

  • BTC(ビットコイン)
  • USDT(テザー)
  • デビットカード

3つの中からご自身の一番出金しやすい方法を選択してください。

出金できるのは「利用可能な残高」に表示されている金額

出金できる金額は「利用可能な残高」の部分に表示されている金額です。

「利用可能な残高」の部分に表示されている金額

出金はトップページのタブ「マイアカウント」内の「出金」から行なう

「マイアカウント」内の「出金」

出金をクリックすると以下のページが表示されます。

出金申請ページ

上の項目から順に解説します。

出金タイプの選択

「出金タイプの選択」の部分でBTC、USDT、カードの中から希望の出金方法を選択しましょう。

BTC、USDT、カードの中から希望の出金方法を選択

出金期間の選択

「出金期間」は2通りの選択肢があります。

「出金期間」は2通り

最大20日間を選択した場合

20日間の間に出金手続きが進められます。

こちらを選択すると出金手数料は無料です。

出金を急がない場合はこちらを選択した方がいいでしょう。

約15~20日くらいの間で出金されてることが多いです。

最大3営業日を選択した場合

土日祝などのゲインスカイの休みを除いた営業日内に出金作業が進められます。

こちらを選んだ場合は出金金額の5%が手数料として引かれます。

例えば100ドル出金した場合は5%の手数料が引かれ95ドル分の選択した通貨が出金されます。

月曜日に出金依頼をしたなら3営業日後の木曜日の夕方頃に出金されることが多いです。

特に出金を急がない場合は「最大20営業日」を選択したほうが5%の手数料が引かれないのでオススメです。

依頼金額の設定

「依頼金額」は最低50ドルからとなります。

出金したい金額を50ドル以上10ドル刻みで入力してください。

1桁や小数点以下は出金出来ません。

最後の項目は「出金タイプ」の選択によって変わる

BTCを選択した場合

BTCを選択した場合

出金するBTCアドレスを入力します。

コインチェックやビットフライヤーなど、日本の仮想通貨取引所に出金することが出来ます。

USDTを選択した場合

USDTを選択した場合

出金するUSDTアドレスを入力します。

現在、USDTは主な日本の仮想通貨取引所では取り扱われていません。

USDTで出金する場合は海外の取引所のアカウントを作成する必要があります。

カードを選択した場合

カードを選択した場合

ゲインスカイでは配当を引き出すことが出来るデビットカードを作成することが出来ます。

カードに出金をすることで銀聯カード(ユニオンペイ)が利用できるお店で直接利用することが出来ます。

またATMから日本円で引き出すことも可能です。

ユニオンペイ

最近はキャッシュレス化が進んでいるのでほとんどのお店でクレジットカード感覚で使うことが出来ます。

全ての項目を埋めたら「ネクスト」をクリックする

すべての項目を埋めると以下のようになります。

すべての項目を埋める

入力が完了すれば「ネクスト」をクリックしましょう。

確認画面が表示される

確認画面

英語の警告文を要約すると、

○○○ドル引き出し後、あなたの新しい投資額は○○○ドルになります。

という感じです。

問題がなければ「I Agree」をクリックしてください。

ここで投資額の残高が1000ドル以下になってしまうとアカウントが停止します。

(ゲインスカイは1000ドル以上の入金が必要です)

出金する場合は必ず1000ドル以上が「投資金額」に残るように出金金額を調整しましょう。

リーガルコアマーケットのトランザクションピンを入力する

最後にリーガルコアマーケットのトランザクションピンを入力します。

リーガルコアマーケットのトランザクションピンを入力

ゲインスカイに投資したお金はリーガルコアマーケットに預けていることになります。

よって出金申請はリーガルコアマーケットに行います。

リーガルコアマーケットのトランザクションピンはゲインスカイのアカウントを作成しKYC(本人確認)が完了するとメールで送られてきます。

メールが届く

メールに記載されているトランザクションピン(Transaction Pin)を入力してネクストをクリックしましょう。

ネクストをクリック

これで出金申請は完了です。

出金履歴で状況を確認できる

出金申請が完了すればあとは出金されるのを待つだけです。

出金の状況は「出金履歴」で確認することが出来ます。

「出金履歴」で確認

ステータスが「処理中」なら出金待ち

ステータスが処理中

ステータスが「処理中」ならまだ出金はされていません。

選択した日数内には出金されるのでステータスが変化するまでしばらく待ちましょう。

ステータスが「許可された」なら出金手続き完了

ステータスが「許可された」

ステータスが「許可された」になっていれば出金手続きは完了しています。

出金先の仮想通貨取引所またはカードの残高を確認しましょう。

アクションの「詳細を閲覧する」をクリックすれば詳細を確認できる

アクション項目にある「詳細を閲覧する」をクリックすれば取引の詳細を確認することが出来ます。

詳細を閲覧する

出金されたお金をどうするかは自由

僕の場合、出金されたお金は基本的に日本円に替えて銀行に入金しています。

人によってはBTCのまま保有して運用する方もいらっしゃると思います。

自由に使って更に資産を増やせるようにできればいいですね。

一番お得な出金方法とは?

一番お得な出金方法とは?

上でも解説した通りゲインスカイの出金方法は3通りあります。

この3通りでどれが一番お得に出金できるのかについてカンタンに解説いたします。

結論からお伝えすると、

  • 人による
  • タイミングによる
です。

 

どういったお金の使い方をするか、どういった運用をするかで変わってきます。

なので、一概にこの方法がいい!とは言い切れません。

3通りそれぞれの特徴を解説いたします。

BTC(ビットコイン)

BTCはコインチェックやビットフライヤーなど日本の仮想通貨取引所サービスを利用して受け取ることが出来ます。

ゲインスカイの入金は基本的にBTCなので入金するときに利用した取引所を利用すればスムーズに出金ができます。

コインチェックから入金したならコインチェックの「コイン受取」機能を使えばカンタンですよね。

BTCの価値変動は激しい

BTCはコインチェックやビットフライヤーなど国内の仮想通貨取引所へカンタンに出金することが出来ます。

しかしBTCは平気で1日の間に5%や10%の値動きをすることがあります。

出金される金額は出金を依頼したタイミングです。

出金されるのは早くても3日後で遅くて20日が必要です。

例えばBTC=100万円のときに出金を依頼したとします。

20日後、BTC=90万円になっていれば10%も出金した金額が減ることになります。

逆にBTC=110万円に上がっていることもあるので得をすることもあります。

このようにBTCは値動きが激しいので出金するタイミングは少し注意が必要かもしれませんね。

USDT(テザー)

USDTはアメリカのドルとほぼ同じ動きをする仮想通貨です。

ドルと同じ動きなので価値が非常に安定しています。

価値が安定してるので出金手続き中の価値変動が少なくイメージ通りの金額を出金することが出来ます。

しかしUSDTは主な日本の仮想通貨取引所では扱っていません。

USDTでは出金する場合は海外の仮想通貨取引所を利用する必要があります。

これには少し慣れが必要なので仮想通貨初心者の方には少々難しいかもしれません。

銀聯カード

ゲインスカイでは銀聯カード(ユニオンペイ)のデビットカードを40ドルで作成することが出来ます。

このデビットカードには以下の特徴があります。

  • 出金までの期間:7日~20日
  • 出金手数料無料
  • チャージされたお金はATMを使って日本円で出金可能
  • 銀聯カード(ユニオンペイ)対応店舗で利用可能

 

他の出金方法より換金までの手数料が安く済む

BTCやUSDTで出金した場合、BTC→円、USDT→BTC→円に替えるときに手数料が発生します。

銀聯カードの場合はこういった手数料なくATMで直接日本円を出金できるのでお得ですし、かなり便利ですよね。

ATMで出金するときは少額の出金手数料が必要

ただしATMで出金する場合は約400円の手数料は必要になります。

現金として持つ必要がない場合はデビットカードとして利用していれば手数料が発生することなくスムーズに利用することが出来ます。

最近はかなりの店で銀聯カード(ユニオンペイ)を利用することが出来るので何不自由なく生活することが出来ますね。

あなたが一番出金しやすい出金方法を選べばいい

ということで3通りの出金方法について解説しました。

それぞれいいところ悪いところはあるので、ご自身にあった出金方法を選択してください。

スポンサードサーチ

配当は全額再投資?それとも出金するべき?【元本回収の優先をオススメします】

配当は全額投資?それとも出金するべき?【元本回収が最優先】

最後に投資で得た配当の使い方について僕の考えをお伝えしておきます。

こちらも結論からお伝えします。

結論:元本回収を最優先にすべき

ゲインスカイはすでにサービスが開始してから1年以上が経過しました。

この間、一度もマイナスを出すことなく運営を続けています。

僕としてもかなりのオススメ案件です。

しかしやはり投資は投資です。

投資は元本があってこそ出来るもの

もし何らかのハプニングが発生して資産がすべて消えてしまっては投資することすら出来ません。

正直、複利で運用すれば配当も増えていきます。

増えていくお金を眺めるのは楽しいですからね。

でもまずは欲をグッと抑えて配当の数%でも出金をしていきましょう。

そしてまずは手元に元本を回収することを意識しましょう。

極論、元本さえ回収してしまえば後はどうなってもいい

もともと無かったお金として考えれば1円たりとも損をしたことにはなりませんからね。

まずは配当の50%や60%程度を出金して、残りを複利運用。

また次の配当も50%や60%程度出金して、残りを複利運用。

そうすれば複利も増やせますし、元本も回収できます。

あなたの丁度いい運用バランスを見つけてみてください。

そうすることで更にリスクを低くして投資を運用していくことが出来ます。

ゲインスカイに参加希望の方は以下よりご連絡ください。

登録から参加後のフォローまでしっかりと対応いたします。

質問やセミナー日程についてもお気軽にお問合あせください。

お問い合わせ

それでは今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください