現在メルマガを休止しております。お問い合わせの場合は問い合わせフォームまたはLINEにメッセージを下さい。

Amazon輸入で稼ぎたいなら面倒なことをする【マインド的な話】

Amazon輸入で稼ぎたいなら面倒なことをする

はいみなさんこんにちは~~~~。

ヒコマです。

 

悩む人

 

Amazon輸入転売稼げない人

「Amazon輸入転売で全然稼げない。なんでだろう・・・」

「ネットに書いている方法を実践しているのに稼げない」

 

こういった疑問や悩みにお答えいたします。

 

この記事の内容

  • Amazon輸入で稼げない原因について
  • Amazon輸入で稼いでいる人はあなたが面倒と思うことをやっている

このような内容になっています。

 

この記事を書いている僕はAmazon輸入歴が6年ほどになります。

Amazonでの月商も常時400万円~450万円ほどをキープし月収は100万円ほどです。

Amazon売上実績

基本的に外注は使わずほとんどの作業を一人でやっています。

一人でもこれくらいまでは出来るんだぞ!って言うことが伝われば嬉しいです。

 

僕もAmazon輸入を始めたばかりのころは思ったように稼げませんでした。

月に10万円くらいはすぐに稼げるようになりましたが、そこからなかなか伸びませんでした。

「どうして利益が伸びないんだろう?」

「何がいけないんだろう?」

いろいろと考えましたがなかなか結果にはつながりませんでした。

 

そして分かったこと。

それは【簡単なことや楽なことしかやっていなかったから】でした。

要は挑戦していなかったのです。

そんな内容を書いていきますね。

Amazon輸入で稼ぎたいなら面倒なことをする

Amazon輸入で稼ぎたいなら面倒なことをする

あなたが簡単と思うことはみんなにとっても簡単【そんなものはツールで十分】

恐らく今Amazon輸入で稼げていない方のほとんどは簡単なことしかやっていません。

そしてツールで出来るようなことばっかりです。

 

例えば、

  • ASINが一致する商品だけをリサーチする
  • ツールを使ってヒットした商品だけをリサーチする
  • Amazon.comからだけしか仕入れない

 

 

逆にこういったことはほとんどやっていないはずです。

  • ASIN不一致の商品をリサーチする
  • Amazon.com以外のショップもリサーチする
  • 交渉する

 

 

どうですか?

稼げていない人は上で挙げた例の方ばっかりやっていませんか?

 

上の例の方は簡単過ぎますよね。

恐らくやっていても退屈になるくらい簡単です。

そんな簡単なことは誰でも出来ます。

 

そして単純過ぎるんです。

 

そう。

ツールで出来るレベルなんです。

 

ツールが出来るレベルの事を手動でやっていても絶対に勝てません。

ツールは単純なことをするのが得意です。

 

だからそこでツールには勝てないのです。

そんな単純なレベルで戦って勝てるわけがないのです。

 

そういったツールがある時代だからこそ、あえて手動で面倒なことをする必要があります

僕たち人間がやるのは”ツールごとき”では出来ないことです。

 

だからオレンジの枠で囲った例で挙げたような面倒なことをやる必要がります。

狙うべきは”ツールごとき”では抽出できない商品です。

ネットには情報がたくさんあるけどそれだけじゃない

今の世の中、大半のことはググったら出てきますよね。

簡単なリサーチ方法ならすぐに出てきます。

 

例えば「Amazon 輸入 リサーチ方法」とかで検索です。

 

こうやってリサーチの方法を検索すれば確かに方法は出てきます。

でもこれはあくまでも超入門編的なリサーチ方法です。

誰もが思いつくような、誰でもできるような方法です。

 

なので、ググって出てくるくらいのリサーチ方法だけをひたすら繰り返していても大きく稼ぐことは出来ません。

 

ちょっと例を挙げてみます。

あなたはAmazon輸入に関するブログを書いています。

あなたは毎月ある仕入れ先から100万円分の利益商品を仕入れています。

この仕入れ先・・・あなたはブログで公開しますか?

たぶん公開しないですよね?

だって不特定多数の人が見るブログに自分の収入源を教えないですよね?

もしブログで公開したら飽和するのが目に見えています。

 

その仕入れ先を教えるときはうまみがなくなった時です。

ライバルが増えて、利益が薄まってきたギリギリの段階で情報を発信します。

 

そうすれば読者さんをギリギリ稼がせることが出来ます。

そして発信した人は読者さんに感謝されます。

 

まあその頃には発信者はもっと違う美味しい稼ぐ方法をやっているんですけどね。

 

何が言いたいかというと、

本当に良い情報はブログレベルには出てこないということです。

 

じゃあブログから何を学ぶべきなのか。

それは本質を見ること。

 

このブログはこう言っている。

「ということは・・・」

とか

「なんで・・・」

という風に表面的な部分を受け止めるのではなくて裏を覗こうとしてみてください。

 

表面的な情報だけを鵜呑みにしていても稼ぐことは出来ません。

注意

※ちなみにこれはAmazon輸入ビジネスなどのライバルがいると自分が損をするビジネスに限ります。

他の学び系のブログは一概にそうとは言えませんのでご注意ください。

かなり詳細に教えてくれているブログももちろんあります。

この章で伝えたいことは、表面だけを見ないこと。です。

分析することが次のステージへのステップとなる

分析することが次のステージへのステップとなる

今までのデータを確認してみよう

先ほどとはちょっと変わった視点からお話をします。

稼げていない方のほとんどは過去のデータを確認していません。

 

もしあなたが稼げていないなら、

  • あなたはExcelなどでデータを取っていますか?
  • 今すぐに過去1か月の利益率を言うことができますか?
  • 在庫は何万円分がFBAに残っていますか?

 

この辺が出来ていない方は稼げていない可能性が非常に高いです。

 

だってこれだと何も理解せずにビジネスを進めていますよね?

 

リサーチしたときに何となく利益が出る商品を仕入れて、

なんとなーく売ってみて、

あれ?赤字だ。

まあいいや。

 

そのレベルでビジネスをしています。

これじゃあ稼ぐのは難しいですよね。

 

Amazon輸入を副業でやるとしても立派なビジネスです。

ビジネスをするなら、しっかりと稼ぎたいなら・・・

しっかりと過去のデータを振り返りながら次の仕入れに役立てていく必要があります。

 

もし今あなたがドキッとしたなら、すぐにデータを管理するようにしてください。

データ管理の方法は下の記事にまとめています。

Amazon輸入ビジネスで失敗しない方法【わかりやすく解説します】Amazon輸入ビジネスで失敗しない方法【原因はたったの4つだけ】

データを基に仮説を立てて仕入れをしてみよう

過去のデータを見てやることはまだあります。

それは仮説を立てること。

 

この商品は価格競争に巻き込まれた。

じゃあ何で価格競争に巻き込まれたんだろう。

 

ライバルが多かったから?

モノレートのグラフはどんな動きをしていた?

仕入れ先は簡単?

ASINが一致していた?

 

価格競争が起きるのはいろいろな要因があります。

その要因をリストアップして次の仕入れに仮説を立てましょう。

 

まあ上で説明したことと被ることは多いです。

要は過去のデータをしっかりと見ることは大事ということです。

基礎を学んだら次は応用に挑戦し続ける

基礎を学んだら次は応用に挑戦し続ける

ネットで基礎を学んだら次は応用

ネットに落ちている情報、これらはほとんどが基礎の部分です。

なので月に50万、100万と大きく稼ぐにはそれらを応用する必要があります。

 

「じゃあコンサルを受けるべきなのか?」

と聞かれると・・・そうでもありません。

 

コンサルティングはあくまでも近道でしかありません。

圧倒的に近道がしたいならコンサルティングを受けてもいいと思います。

指導してくれる人がすでに経験したことをお金を払うことで短縮して学ぶことができます。

あなた一人なら2年かかる道のりも一か月もあれば到達できます。

 

ネットにある情報を自分で整理できて、応用して自分の力に出来るならコンサルティングは不要です。

ただし時間はかかるかもしれませんけどね。

 

ブログや人から学んだことをただそのままやっていてもダメということです。

学んだら自分なりに解釈して自分なりに応用する。

 

それが本当の稼ぐ力になります。

応用を失敗してもまた違う応用をしてチャレンジし続ける

そしてこの応用はチャレンジし続ける必要があります。

 

応用して失敗した・・・

じゃあ次の応用にチャレンジします。

 

ビジネスで立ち止まると衰退しかありません。

「10万円稼げたからこのままでいいや。」

と思っていると次の月には痛い目を見ます。

 

常に新しい事。

上を見続けないといけません。

 

そうしないとライバル達はあっという間に成長していきます。

すぐに背中も見えないほど進んでいきます。

 

Amazon輸入ビジネスで稼ぐことは難しくはありません。

でも常に考える必要はあります。

 

しかしその考える事はとっても難しいというわけではありません。

それだったら一流企業と呼ばれる会社に入る方がよっぽど難しいです。

 

一流企業に入らなくても一流企以上に稼ぐことが可能なのがAmazon輸入ビジネスです。

せっかくAmazon輸入ビジネスに出会って稼げそうだなと希望が抱けたなら、ちょっと頑張ってみてもいいんじゃないでしょうか?

 

ほんのちょっと頑張るだけで本当に稼げるようになりますよ。

 

Amazon輸入ビジネスで稼ぐコツはほんのちょっとだけ他のライバルよりも面倒なことをする。

たったこれだけです。

 

僕がこの記事で説明した内容のことを全部実践しようとすると・・・

面倒でしょ?笑

 

でもこの面倒なことをするだけで稼げるようになります。

面倒なだけで難しいことは何もありません。

 

っていう感じで今回は終わりたいと思います。

ちょっとまとまりがないですが、何となく意図を読み取っていただけると幸いです。

今回も最後までお読みいただきましてありがとうございましたm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください