現在メルマガを休止しております。お問い合わせの場合は問い合わせフォームまたはLINEにメッセージを下さい。

【スキャンおよびラベル貼付】の設定と使用方法

スキャン納品の設定方法と利用方法

こんにちは!

ヒコマです!

 

前回はスキャン納品のメリット・デメリットや必要なものについて説明いたしました。

まだお読みでない方は下のリンクから確認してくださいね(^^)/

スキャン納品とは?必要なものは?スキャン納品とは?必要なものは?

それでは本日は実際の設定方法と利用方法についてご説明いたします!

納品をご自身で行っている場合は出来るだけ効率化した方がいいのでぜひ導入しましょう!

ラベルプリンターの設定

昨日もお伝えした通りスキャン納品にはラベルプリンターが必要になります。

ラベルプリンターが必要になります。

BROTHER PC宛名ラベルプリンター QL-700 並行輸入品

 

BROTHER PC宛名ラベルプリンター P-touch QL-700

こちらの準備が出来ましたら実際に設定を行っていきましょう!

お使いのPCにラベルプリンターを接続しドライバをインストールしておいてください。

ドライバのインストールが終わればプリンターの設定画面を開きます。

設定画面を開きます。

 

赤い枠の3つに注意して設定を行ってください。

設定が完了すれば右下の「適用」をクリックしてこの画面での設定は完了です。

 

セラーセントラルでの設定

次にセラーセントラルを開きます。

セラーセントラルから「在庫」のタブを開き「FBA納品手続き」をクリックします。

すると以下のように「スキャン納品」が出てくるのでクリックします。

クリックします。

右上辺りにプリンターの設定という項目があるのでクリックしましょう。

クリックしましょう。

上の図と同じ数字に設定してください。

もしQL-700以外のラベルプリンターをご準備されているのなら、テスト印刷をしながらこちらの数字を少しずつ変更してみてください。

設定が終わりましたら右下の「保存」をクリックして画面を閉じます。

 

印刷をする

これで設定は完了になります。

あとは実際に商品のバーコードを読み取り印刷をしていくだけです。

ラベルプリンターとバーコードリーダーをPCに接続して以下の手順で進めましょう。

商品ラベルの印刷方法

先ほどの画面の中に「商品にラベルを貼付」という項目がありますのでクリックします。

ありますのでクリックします。

すると以下のような画面が表示されます。

画面が表示されます。

すると以下のような画面が表示されます。

ような画面が表示されます。

赤枠にカーソルを合わせてスキャンをしてみましょう。

ここで注意があります。

入力形式が「半角英数」になっていないと正常に利用できません。

「ひらがな」などに設定されていると全角でバーコードが記入されてしまいますので

必ずバーコードをスキャンする前に確認しておいてください。

スキャンをすると以下のような画面が表示されます。

画面が表示されます。

商品に間違いがなければ右側にある「ラベルの印刷」をクリックしましょう。

そうすると以下のような印刷画面が開きます。

先ほどプリンターの設定画面でレイアウトや用紙サイズなどを設定しているので

設定に誤りがなければ以下のような状態になるかと思います。

状態になるかと思います。

 

もしもうまく表示されなかったら

うまくPCの設定が完了していないとA4サイズの用紙にラベルが表示されていたり

ラベルが真っ二つに割れた状態で表示されていることがあります。

表示されていることがあります。

 

こういった状態です。

こういった状態です。

まず上のエラーの場合は「余白」の設定が間違っている可能性が高いです。

余白は「規定」ではなく「なし」に設定しましょう。

下の画像のエラーはプリンターがラベルプリンターではなく普通のプリンターが選択さ

れていると思われます。

送信先」をクリックしてラベルプリンターを選択しましょう。

実際に印刷

それでは実際に印刷しましょう。

印刷枚数は実際に納品する枚数を印刷します。

5つ同じ商品があるなら5枚印刷します。

 

5枚印刷します。

印刷をすると1枚ずつカットされ上のように印刷されます。

あとはこれをスキャンした商品に貼り付けるだけです。

 

バーコードがない商品について

バーコードがない商品についてはスキャンすることが出来ません。

そういった商品についてはASINSKUで対応できますので、在庫画面などからコピペして利用するようにしましょう。

 

納品を作成

商品のスキャンとラベルの貼付が終われば次に納品を作成します。

スキャン納品のトップページにある「新規の納品を作成」欄に納品名を記入し「Go」をクリックしましょう。

クリックしましょう。

すると新規の納品が作成されて、以下のような画面になります。

以下のような画面になります。

左側にある「新しい箱にする」をクリックしましょう。

すると下のような画面になります。

1つ目のダンボールに詰める商品をスキャンしていきます。

スキャンしていきます。

この時スキャンするのは先ほど貼り付けたラベルです。

ここではJANは読み取れませんので必ず貼り付けたラベルをスキャンしましょう。

読み取ると以下のような画面になります。

納品する数量を入力

納品する数量を入力できるので入力しましょう。

入力が終わりましたら「数量を追加」ボタンをクリックします。

追加すると上のように

追加すると上のように商品を箱に追加してくださいと表示されるので箱に詰め込みます。

あとはこれと同じ作業を繰り返していくだけです。

ダンボールがいっぱいになりましたら、「新しい箱にする」をクリックしましょう。

そうすると項目が新し箱に変わりますので、また同じようにスキャンして個数を入力し箱に詰めていきます。

全ての商品が詰め終わりましたら、右側に「配送業者を選択」という項目がありますのでそちらをクリックします。

そうするといつもの納品画面の配送業者選択画面になりますので、利用する配送業者を選択しいつも通り納品を完了してください。

 

以上がスキャン納品の流れになります。

いかがでしたか?

慣れるまでは少し戸惑うところもあるかもしれませんが、慣れてしまえばかなり効率的に作業を進めることが出来ます。

 

スキャン納品の小技

スキャン納品をするときラベルの印刷・貼付とダンボール詰めを並行して進めたい方もいらっしゃると思います。

しかし今回説明した方法では商品にラベルを貼り付けてから、

もう一度商品に貼ったラベルをスキャンする必要があるので少し非効率になります。

もし並行して行うならば、商品ラベルを1枚余分に印刷しておくことをオススメします。

そして余分に印刷したラベルに、どの箱に入れたか、商品数はいくつかなどのメモをして手元に置いておきます。

そうすることで商品をダンボールに詰め終わってからでも、

そのラベルのメモを見ながらそのラベルをスキャンして納品作業を行うことが出来ます。

 

例えば、「1-5」などを空白に記載しておきます。

この場合、1番のダンボールに5つ入れているという意味になります。

 

ラベルは少しもったいないかもしれませんが、商品数が多い場合はラベルを貼り付けた商品からダンボールに詰め込んだ方が効率がいいと思いますので、ぜひ試してみてください。

 

まとめ

以上がスキャン納品の方法になります。

いかがでしたか?

特に難しい内容はないので後はやるかやらないかだけです(^^)/

副業でも本業でも無駄な作業はできるだけ効率化した方がいいので、ご自身で納品されているからはぜひ導入しましょう!

 

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました(^^)/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

LINE@登録募集中!

リアルタイムな情報LINE@で流しています!(^^)/

ブログでは流せないような情報も配信中!

ぜひご登録ください(^^)/

友だち追加

LINE@登録は↑から!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください